Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ああ、憧れのMade in USA ジーパン編

この31年間(といってもぜんぜん短期間ですが)ず~っと不肖Wildmanはジーパンといえば”Lee”しか履いておりません。プライベートも仕事も何もかも全てLeeでまかなっているのですな。たぶん死ぬまでこの状態が続くのは間違いの無いところであります。 動物と同じように「最初に見た物が一番!!」という理論の元に人生が成り立っているので「時代と共に変化しない、流行にとらわれない、好きなものが変わらない」というWildman三原則は永遠不滅なのであります、どーだ参ったか!! 時は1978年、スーパーカーブームも過ぎ去ったあの頃、中学2年生の変態はジーパンなんてかーちゃんが買ってくれる日本の”Bobson”や”BIG JOHN”で十分でありました。しかしですね、ポパイを読み始めたりして色気づいたりなんかして「車&ミニカー」という人生の2本柱以外にちょっぴり洋服なんかにも興味がわいてきました。 そしてある日、いとこのオニーさんが履いてたジーパンに目が釘付けになりました。それはLeeのペインターパンツだったのですが、初めて見るシルエットとポケットの所に付けられた白い布タグには”Lee”というロゴが描かれ、さらにその下には”Made in USA”の文字が燦然と輝いておりました。 「ウォ~カッコいい、アメリカ製だ、夢のカリフォルニアだ!!」とこの頃より「ああ憧れのMade in USA」という奇病はスタートしていたのです。さらに追い討ちをかけるように我がホームグランドのミニカー屋さん元町「サンセット」に行った所、店主のUさんが履いていたそのジーパンはLeeだったのです。 レザーパッチのLeeの焼印ロゴのデザインにシビレまくり「さすがセンスのある人は違うな、ミニカーもファッションもセンスだぜ!!」と又もや勝手な解釈が出来上がりました。 「ダメだ、日本製のジーパンなんて履いてる場合じゃないぜ、男は黙ってLeeだ、Lee Ridersだ、Leeを履かなきゃ意味が無い」と今以上に単純な頭の中はLee一色となったのです。 ポパイを見ても「Leeのポッケのステッチは波のようなウェーブラインでカッコイイな!」となり「それに比べてなにこのリーバイスってやつのステッチときたら逆さ富士みたいでカッコ悪いや、ダメこれはぜんぜんダメダメ」!!とLeeを崇拝する気持ちは深まるばかりでした。 Levi’sの歴史やその偉大さは14歳のガキにはどーでもよい事で、何はともあれLeeの方がデザイン的に優れてると判断し「これからの人生はLeeで決めるぞ」と誓ったのでした。 それにしても高いのねLeeって・・・・と70年代当時軽く¥5,000を超えるジーパンなんて14才の変態の辞書には無く、どうやって親をだまして買えばいいのだろうと毎日考えておりました。 そしてある日、本当にBIG JOHNのジーパンのひざの所が切れてしまいました。「あのさあ、ジーパン切れちゃったから新しいの買ってほしいんだよね」と、かーちゃんに切り出し、さらに「いとこのシゲルくんの履いてたアメリカ製のリーってやつ、凄く持ちがいいらしいよ、ちょっと高いけど・・・・」と嘘八百のゴタクを並べたのです。人生には嘘も必要なのです。すると意外な返事が返って来ました「じゃあそれ買えば、自分で買ってきな」と憧れのLee Ridersへのパスポートが手渡されたのです(現金\6,000) 愛機ヤマハ・モトバイクに跨り、浜マーケット並びの国道16号線沿いにあった岡村中学校不良グループ御用達のお店「高浜屋」にGo!となりました。小心者としてはすでにLeeの在庫はリサーチ済みでありました。 そして手に取った1本のジーパン、アメリカ製のLee Riders 200はこちらになります。大枚\5,800を支払い、ついこの前の1978年に変態が購入した人生初のLeeは当然手元にございます。ネッ、持ちがいいでしょ嘘ではなかったのです。かーちゃん有難う!!あんまり嬉しかったから、買った時点で永久保存を決めてました。 でも残念ながらもう履けないのです。78年当時、マニアとしては十分に成長していたようですが、カラダの方は未成熟だったようでありました。サイズが27インチなのでとてもじゃありませんが2009年現在では手に負えないのです・・・・・このサイズは全てにおいて現在も成長し続ける本牧エリア-1・カリスマ店長ならいけそうですね!! その後はいつの時代もLeeを履き続けました。Levi’sもDickiesも知りましぇんね・・・ これはいとこが履いてたのと同じペインター・パンツでダイエー上大岡店にて1979年の購入です。ついこの前の81年頃までよく履いてました。 こちらは”77″と”88″というロガー・パンツでそれぞれジッパー・フライとボタン・フライになります。上大岡にあった「ジーンズショップ・ロッキー」にて1982年の購入になります。どっちもカッコいいなあ・・・ そしてこれは昔、横浜野毛にあった「モチヅキ」というジーパン屋で1986年に発掘した70年代デッド・ストックのカーペンター・パンツです。このお店は大量のストックがあって、ジーパンの山の下の方には結構旧いのが眠ってました。もちろんプレミアなんて付いてませんでした。 こんな縞々模様の恥ずかしいパンツもありましたが、60年代の製造のようです。ああ恥ずかしい・・・・・ これはさらに古くて”101Z”というモデルですが”200″番以前の旧いタイプです。70年代初頭の製造で、まだ一回も履いてません。いつ履こうかしら? といってもWildmanはビンテージ・デニムのマニアでもなんでも無いので、あのバブルなブームには踊らされておりませんのでご心配無く・・・・ このように1978年以来ず~っとLee一直線で、履かなくなっても捨てないので我が家はリサイクルショップもすぐに開く事が出来ます。 人生もリサイクル、ああ楽しきWildman道はEndlessなのです!!!

[…]

素敵だな、わき役の銘品スニーカーは5つ星だぜ!!

スニーカー歴30年、あくまでナイキを中心にたどって来た道のりでしたが、途中ちょっとだけ浮気した事もございます。 70年代後半から80年代初頭、雑誌ポパイにはスニーカーの記事がしょっちゅう出ておりました。ネットも無い頃、いち早くアメリカの情報をキャッチして読者に提供してくれていた同誌ですが、あるとき「ランナーズ・ワールド」というアメリカの雑誌の事が紹介されてました。この本は1975年に創刊されたほんとに走るランナーの為の物でしたが、おりからのジョギングブームに乗っかって飛躍的に発行部数を伸ばしていました。そのうち調子に乗ってスニーカーのランキングなんぞを作り年に一回10月号で発表するような企画を始めました。ブームの中、当然この10月号はとんでもない部数が売れたそうです。ミシュラン・ガイドのように星の数でランクを決めるもので、最高ランクの一等賞には”Five Star”という栄誉が与えられ、これを受けるか受けないかで売上は大きく左右されたそうで、ナイキ始めどのブランドもムキになってこの賞を取ろうと必至でした。 5スターは「重さ」「柔軟性」「衝撃吸収力」「フィット製」「耐久性」「グリップ性」等の各項目をチェックしポイントをつけて決めるものでした。ナイキは一時この判定を不服とし「5スター選出なんか辞退する!!」なんて豪語してた時もありました。 各ブランドの比較広告も凄くて「あっちよりこっちの方が凄い」「アディダスさん、ごめんなさい」等々、アメリカの自動車の広告並みの罵り合いをしてたのです。それぞれ広告に5スター受賞の事を報じて「この靴はすごいぜ!」とCMしていました。 そんなことを知ってしまうと、それまでデザインや製造国で決めていたスニーカー選びの路線が揺らぎ始めました。「ランナーズ・ワールドが欲しいぞ!!」と思い、伊勢佐木町は有隣堂本店の洋書売場に通いつめること数ヶ月、ついにランナーズ・ワールド1980年10月号を手にしたのです。「うおお~ポパイに載ってないのが出とるぞ!」「これも5スターに選ばれたのか」と興奮しまくり、29年前の変態は遥か遠いアメリカでの出来事に感動してたのです。ついこの前の事ですが・・・・・ この頃はまだエアソール等ハイテク技術が導入される前の時代ですが、各ブランドは必至になって新しいメカニズムを開発し「ライバルに差をつけてついでに5スターも取っちゃいましょう」と躍起になっていました。なのでとってもヘンテコなメカ搭載のスニーカーが目白押しなのでした。ランナーズワールド誌を手に取って天下を取った気分になり「オレはもう普通のスニーカーマニアじゃないぜ」と豪語し「ちょっとナイキはお休みだな」とうそぶくイヤな高校生になってました・・・ そして2年前のブログ「ああ、憧れのMade in USA」でおなじみのハム工場でのアルバイトを武器とした変態は、誰も履いてないスニーカーに一直線となったのです。 と言う事でついこの前の1981年に手元にやってきたのがこの美しいフォルムを持つ5スター獲得の”Etnic Eclipse Racer”であります。 元々ゴルフシューズで有名だったエトニックは70年代のジョギングブームに乗ってランニングシューズの分野でも成功したのです。このエクリプス・レーサーは「スタビライザー・システム」というのを売りにしていました。見ての通りシューレース(紐)が2本セットされていて変態の目を釘付けにしたのでした。 「な、なんじゃ、コリャ、何というハイメカニズムなんだ!!」とナゾの2本の紐に興奮する変態は即買いとなりました。何の事はない、ただアッパーサイドにぐるりと一周紐を回して締め付ける事でシューズと足のフィット感を高めると言うだけの事でした。でも当時は「何て、進んでるんだ!!さすが5スターだぜ」と感動しまくりなのでした・・・ 「この学校でアメリカ製のエトニックを履いてるのはオレだけだぜ、なんてカッコいいんだろ!」と勘違いしてる高校生がそこに一人いたのです・・・・ このスニーカーは大変気に入り、28年間で80回くらいしか履いてないのでまだまだ現役であります。 ちなみにこちらは当時のポパイのエトニック広告になります。カッコいいなあ・・・・ そしてお次は70年代後半にナイキやアディダスを一瞬だけ超えたブランド”Brooks”であります。当時”Vilanova”や”Vantage 430″という人気モデルで5スターの常連となり2大ブランドをやきもきさせたブルックスでしたが、トップ・モデルとして”Hugger GT”というのをデビューさせました。日本での定価は驚きの\19,800というもので、当時の安いナイキ3足分近くに相当する超高級品でした。エトニック同様レーシング・ループ機能で踵を縛り上げるシステムを持ってましたがこちらは一本の紐でまかなっていました。 ハガーGTと言う名前のGTの意味に注目しましたが「GT?一体なんのこっちゃ??グランドツーリングかいな」と疑問に思ってましたが、GTというのは”Gore-Tex”の意味だったのです。当時は夢の素材と言われていたゴアテックスですが、スニーカーにはBrooksが初採用したのでした。 「ゴアテックスか、なんてハイテクなんだろ・・・」とハガーGTにメロメロになってしまった変態でしたが変態的な超高価格の為、なかなか手元にやって来ませんでした。しかし1982年の春、横浜駅西口の相鉄ジョイナスをぶらぶらしているとスポーツ用品店のワゴンセールの中にハガーGTを発見したのです!!箱無しの展示品でしたが、なんと一万円引きの\9,800という良心的プライスを掲げていたのです。しかもマイサイズという神がかり的な出会いによりハガーGTが手元にやって来ました。とにかくゴアテックスの効果が試したくて、わざと雨の日に履いたり水溜りに入ったりと子供みたいな事をしているとあっという間にボロボロになってしまいました・・・・ アメリカ製時代のブルックスはソールを除いて異常に耐久性が無く、すぐにストライプがヒビ割れたりして作りが悪かったのです。 画像のは後年マニアの方に譲って頂いたものです。殆ど履いた形跡の無いような極上品でこのまま一生私が保存する事になりそうです。すみません病気なもので・・・ 話が終わらなくなってきたので最後に登場するのは”Reebok Aztec”というモデルです。 80年代はナイキの宿敵となりエアロビクス・シューズの「フリースタイル」を売りまくって(この靴キライ、でもミック・ジャガーも履いてやがった・・・)一時はナイキを上回る売上を残したブランドでしたが、70年代は細々とイギリスでハンドメイドでスニーカーを作ってました。 そしてこの’78年発表の「アズテック」は5スターを獲得してしまいリーボックが本格的にアメリカに進出するきっかけを作ったスニーカーでした。 誇らしげに”Hand Made in England”という文字がタグに記されているアズテックは当時並行輸入でしか日本には入ってなく、売っている姿を見る事は殆ど無かった幻のスニーカーでした。変態も本でしか見た事が無く、これが当時の本に載ってるアズテックの姿で西武百貨店にて\16,800という高級なお品になっておりました。全く入手の機会が無いまま80年代中期になり、リーボックは変態としては許しがたい軟弱なエアロビクス・シューズを大ヒットさせやがったのです。 「ケッ、あんなオカマ・スニーカー履いてられっか!!」とリーボック嫌いになり、アズテックの事なんて忘れてしまい21世紀になってました。 するとですね、この前ですね、会社でですね、Moon Space Agencyの「パン君」がですね、「石井さん、リーボックのアズテックなら僕持ってますよ」という神のお告げのようなお言葉を変態に投げかけてくれたのでした。 その後会社に持ってきてくれたのはイギリス・メイドの(後期は韓国生産になっちゃうよ)アズテックじゃありませんか! ビックリ仰天のWildmanでしたが、パン君はもういらないとの事で、何の苦労も無く変態の手元にアズテックがやって来たのでした。めでたし、めでたし、パン君ありがとう!!当然一生手元にありますのでご心配なく!!(本当は太ったからもう履けないらしい、100キロまであと3キロ!?) という事で話が終わらないので今回はこの辺でやめときます、あ~よく書いた!!スニーカー話はまだまだ続きますのでお楽しみに!!(自分が楽しいだけ??)

[…]

Low RiderからB’Zまで、いろんな事をやって来ました!!

この夏はですね、我がMooneyes Signs & Pinstriping Studioのちょっとしたイベントを企画しておりまして、ただいま準備中なのであります。もう少ししましたら詳細を発表致しますのでお待ち下さいね。 ということでその準備もありまして昔の写真を整理した所、いろいろと懐かしいのが出てまいりました。といってもついこの前の90年代の物がメインなのでまるで先月の事のように感じてしまいます。 まずは最近You Tubeにて若き日のWildman映像という事でお騒がせ致しました、懐かしの所ジョージ氏のTV番組「所印の車はえらい」出演時に27歳の私がレタリングを施したブルーのコルベットです。画像はロッドモータースさんでTV撮影した時の物で、フロント・フェンダーに“24/24 Full Scale Model”と描きました。 生まれて初めてのTV出演ということで、小心者らしくビビりながら現場に向かいましたが、行ってみると殆ど説明やリハーサルらしきものもなくいきなり撮影に入ったので、本当にビビりました。 しかしそんな時こそ、そつなくなくこなしてしまうのが世渡り上手な変態のいい所でありまして、何事もなかったように無事撮影終了となりました。全く先週の事のようですが・・・・ そして次はLow Riderの画像になります。ハイ、Low Riderのお仕事も沢山やらさせて頂きました。Hot RodからLow Riderまで、何でもやるのが我がStudioのポリシーなのです。 90年代前半の超有名車両だったAuto Waveさん製作の日産・マキシマ“Cry Max”であります。 日本でLow Riderが盛り上がり始めた頃、車の作り方からショー会場でのディスプレイの仕方まで、常にトップを走っておりました。Car Clubである”First Impressions”のウィンドウ・サインも沢山描かせて頂きました。 当時はこのようにガラスを外して送ってもらい、描いてから発送というパターンも多々ありました。このCry Maxのガラスはついこの前の1991年5月9日に描いたようです。 さらにこちらも一世を風靡した超ホッピング・マシン’63 ImpalaはRed’sさんが製作した”Tha Triflin‘Red’s ‘63”です。この時ははるばる出張して仕上げたのですが、実際に車を飛ばすところを見せてもらい自分がひっくり返りそうになりました。ついこの前の93年4月22日に仕上げた模様です。 お次は自社の製作車両で、Chevy C1500 Ext. CabとIsuzu Fasterです。ビレット・ホイールが頭角をあらわし始めた頃の物ですが、当時はこの2台のようなデザインのスプラッシュ・ペイントによるグラフィックスも多数仕上げましたね。C1500なんて何台描いたか分かりません。 FasterはMooneyesの名物営業StaffだったYara君のクルマですが、彼は当時このえらくクルマを気に入っていて「俺は一生乗る!!」と言ってましたがすぐに手放してしましましたね・・・・・ そしてこれはStudioの出張Paint用車両としては2台目となるHiluxですね。Bodyサイド面に直線のPinstripeを10本描きました。Boyds Wheelsと合わせ当時最先端のMini Truckでありました。Stripe完成後、ついこの前の91年2月11日に御所山Studioにて撮影しております。 そして今度は芸能界編ですが、このMA-1ジャケットはアーティストの奥田民生さんがツアー販売用グッズとして製作した物です。 他にもタオルやTシャツもデザインしましたね。私もジャケットが手元に1枚だけあります。 そして御所山ゆかりの大物登場で、このギターはB’Zの松本さんのものでありす。 この時はスタジオまで出向きPaint作業したのですが、ちょうどツアーが始まる前でそのためのリハーサルを行ってました。そこに行ったのですから目の前でB’Zの演奏をたっぷり堪能させて頂きました。ファンの皆さますみませんです・・・ 松本さんにデザインのリクエストをしてもらい、最初は1本だけの作業だったのですが、さらにもう一本お願いされたので御所山に持ち帰って作業しましたね。御所山でビックリなのがボーカルの稲葉さんでありました。 「横浜から来ました」と伝えると「僕も学生時代は横浜だった」ということで話が盛り上がりましたが、何という偶然なのでしょう、稲葉さんはその昔、御所山Studioから徒歩1分45秒のところにあるWildmanもご用達のお蕎麦屋さんの2階に下宿していたのでした!!!もちろんその後は私の舌好調トークで盛り上がり、御所山話に花が咲いたのです(勝手に話してただけですが)そのお蕎麦屋さんにはB’Zの色紙が飾ってあり、ファンの聖地のなっているのでした。 お店のおばさんは「稲葉君は歌手になっちゃたのよね」と言ってましたが・・・ その後ご厚意によりツアーのチケットを頂き、東京ドームにB’Zの大ファンであるカミサンと御所山代表として出向きました。そこにはお蕎麦屋さんのおばさんもいましたが・・・・

[…]