Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

Low RiderからB’Zまで、いろんな事をやって来ました!!

この夏はですね、我がMooneyes Signs & Pinstriping Studioのちょっとしたイベントを企画しておりまして、ただいま準備中なのであります。もう少ししましたら詳細を発表致しますのでお待ち下さいね。 ということでその準備もありまして昔の写真を整理した所、いろいろと懐かしいのが出てまいりました。といってもついこの前の90年代の物がメインなのでまるで先月の事のように感じてしまいます。 まずは最近You Tubeにて若き日のWildman映像という事でお騒がせ致しました、懐かしの所ジョージ氏のTV番組「所印の車はえらい」出演時に27歳の私がレタリングを施したブルーのコルベットです。画像はロッドモータースさんでTV撮影した時の物で、フロント・フェンダーに“24/24 Full Scale Model”と描きました。 生まれて初めてのTV出演ということで、小心者らしくビビりながら現場に向かいましたが、行ってみると殆ど説明やリハーサルらしきものもなくいきなり撮影に入ったので、本当にビビりました。 しかしそんな時こそ、そつなくなくこなしてしまうのが世渡り上手な変態のいい所でありまして、何事もなかったように無事撮影終了となりました。全く先週の事のようですが・・・・ そして次はLow Riderの画像になります。ハイ、Low Riderのお仕事も沢山やらさせて頂きました。Hot RodからLow Riderまで、何でもやるのが我がStudioのポリシーなのです。 90年代前半の超有名車両だったAuto Waveさん製作の日産・マキシマ“Cry Max”であります。 日本でLow Riderが盛り上がり始めた頃、車の作り方からショー会場でのディスプレイの仕方まで、常にトップを走っておりました。Car Clubである”First Impressions”のウィンドウ・サインも沢山描かせて頂きました。 当時はこのようにガラスを外して送ってもらい、描いてから発送というパターンも多々ありました。このCry Maxのガラスはついこの前の1991年5月9日に描いたようです。 さらにこちらも一世を風靡した超ホッピング・マシン’63 ImpalaはRed’sさんが製作した”Tha Triflin‘Red’s ‘63”です。この時ははるばる出張して仕上げたのですが、実際に車を飛ばすところを見せてもらい自分がひっくり返りそうになりました。ついこの前の93年4月22日に仕上げた模様です。 お次は自社の製作車両で、Chevy C1500 Ext. CabとIsuzu Fasterです。ビレット・ホイールが頭角をあらわし始めた頃の物ですが、当時はこの2台のようなデザインのスプラッシュ・ペイントによるグラフィックスも多数仕上げましたね。C1500なんて何台描いたか分かりません。 FasterはMooneyesの名物営業StaffだったYara君のクルマですが、彼は当時このえらくクルマを気に入っていて「俺は一生乗る!!」と言ってましたがすぐに手放してしましましたね・・・・・ そしてこれはStudioの出張Paint用車両としては2台目となるHiluxですね。Bodyサイド面に直線のPinstripeを10本描きました。Boyds Wheelsと合わせ当時最先端のMini Truckでありました。Stripe完成後、ついこの前の91年2月11日に御所山Studioにて撮影しております。 そして今度は芸能界編ですが、このMA-1ジャケットはアーティストの奥田民生さんがツアー販売用グッズとして製作した物です。 他にもタオルやTシャツもデザインしましたね。私もジャケットが手元に1枚だけあります。 そして御所山ゆかりの大物登場で、このギターはB’Zの松本さんのものでありす。 この時はスタジオまで出向きPaint作業したのですが、ちょうどツアーが始まる前でそのためのリハーサルを行ってました。そこに行ったのですから目の前でB’Zの演奏をたっぷり堪能させて頂きました。ファンの皆さますみませんです・・・ 松本さんにデザインのリクエストをしてもらい、最初は1本だけの作業だったのですが、さらにもう一本お願いされたので御所山に持ち帰って作業しましたね。御所山でビックリなのがボーカルの稲葉さんでありました。 「横浜から来ました」と伝えると「僕も学生時代は横浜だった」ということで話が盛り上がりましたが、何という偶然なのでしょう、稲葉さんはその昔、御所山Studioから徒歩1分45秒のところにあるWildmanもご用達のお蕎麦屋さんの2階に下宿していたのでした!!!もちろんその後は私の舌好調トークで盛り上がり、御所山話に花が咲いたのです(勝手に話してただけですが)そのお蕎麦屋さんにはB’Zの色紙が飾ってあり、ファンの聖地のなっているのでした。 お店のおばさんは「稲葉君は歌手になっちゃたのよね」と言ってましたが・・・ その後ご厚意によりツアーのチケットを頂き、東京ドームにB’Zの大ファンであるカミサンと御所山代表として出向きました。そこにはお蕎麦屋さんのおばさんもいましたが・・・・

[…]