Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

素敵だな、わき役の銘品スニーカーは5つ星だぜ!!

スニーカー歴30年、あくまでナイキを中心にたどって来た道のりでしたが、途中ちょっとだけ浮気した事もございます。 70年代後半から80年代初頭、雑誌ポパイにはスニーカーの記事がしょっちゅう出ておりました。ネットも無い頃、いち早くアメリカの情報をキャッチして読者に提供してくれていた同誌ですが、あるとき「ランナーズ・ワールド」というアメリカの雑誌の事が紹介されてました。この本は1975年に創刊されたほんとに走るランナーの為の物でしたが、おりからのジョギングブームに乗っかって飛躍的に発行部数を伸ばしていました。そのうち調子に乗ってスニーカーのランキングなんぞを作り年に一回10月号で発表するような企画を始めました。ブームの中、当然この10月号はとんでもない部数が売れたそうです。ミシュラン・ガイドのように星の数でランクを決めるもので、最高ランクの一等賞には”Five Star”という栄誉が与えられ、これを受けるか受けないかで売上は大きく左右されたそうで、ナイキ始めどのブランドもムキになってこの賞を取ろうと必至でした。 5スターは「重さ」「柔軟性」「衝撃吸収力」「フィット製」「耐久性」「グリップ性」等の各項目をチェックしポイントをつけて決めるものでした。ナイキは一時この判定を不服とし「5スター選出なんか辞退する!!」なんて豪語してた時もありました。 各ブランドの比較広告も凄くて「あっちよりこっちの方が凄い」「アディダスさん、ごめんなさい」等々、アメリカの自動車の広告並みの罵り合いをしてたのです。それぞれ広告に5スター受賞の事を報じて「この靴はすごいぜ!」とCMしていました。 そんなことを知ってしまうと、それまでデザインや製造国で決めていたスニーカー選びの路線が揺らぎ始めました。「ランナーズ・ワールドが欲しいぞ!!」と思い、伊勢佐木町は有隣堂本店の洋書売場に通いつめること数ヶ月、ついにランナーズ・ワールド1980年10月号を手にしたのです。「うおお~ポパイに載ってないのが出とるぞ!」「これも5スターに選ばれたのか」と興奮しまくり、29年前の変態は遥か遠いアメリカでの出来事に感動してたのです。ついこの前の事ですが・・・・・ この頃はまだエアソール等ハイテク技術が導入される前の時代ですが、各ブランドは必至になって新しいメカニズムを開発し「ライバルに差をつけてついでに5スターも取っちゃいましょう」と躍起になっていました。なのでとってもヘンテコなメカ搭載のスニーカーが目白押しなのでした。ランナーズワールド誌を手に取って天下を取った気分になり「オレはもう普通のスニーカーマニアじゃないぜ」と豪語し「ちょっとナイキはお休みだな」とうそぶくイヤな高校生になってました・・・ そして2年前のブログ「ああ、憧れのMade in USA」でおなじみのハム工場でのアルバイトを武器とした変態は、誰も履いてないスニーカーに一直線となったのです。 と言う事でついこの前の1981年に手元にやってきたのがこの美しいフォルムを持つ5スター獲得の”Etnic Eclipse Racer”であります。 元々ゴルフシューズで有名だったエトニックは70年代のジョギングブームに乗ってランニングシューズの分野でも成功したのです。このエクリプス・レーサーは「スタビライザー・システム」というのを売りにしていました。見ての通りシューレース(紐)が2本セットされていて変態の目を釘付けにしたのでした。 「な、なんじゃ、コリャ、何というハイメカニズムなんだ!!」とナゾの2本の紐に興奮する変態は即買いとなりました。何の事はない、ただアッパーサイドにぐるりと一周紐を回して締め付ける事でシューズと足のフィット感を高めると言うだけの事でした。でも当時は「何て、進んでるんだ!!さすが5スターだぜ」と感動しまくりなのでした・・・ 「この学校でアメリカ製のエトニックを履いてるのはオレだけだぜ、なんてカッコいいんだろ!」と勘違いしてる高校生がそこに一人いたのです・・・・ このスニーカーは大変気に入り、28年間で80回くらいしか履いてないのでまだまだ現役であります。 ちなみにこちらは当時のポパイのエトニック広告になります。カッコいいなあ・・・・ そしてお次は70年代後半にナイキやアディダスを一瞬だけ超えたブランド”Brooks”であります。当時”Vilanova”や”Vantage 430″という人気モデルで5スターの常連となり2大ブランドをやきもきさせたブルックスでしたが、トップ・モデルとして”Hugger GT”というのをデビューさせました。日本での定価は驚きの\19,800というもので、当時の安いナイキ3足分近くに相当する超高級品でした。エトニック同様レーシング・ループ機能で踵を縛り上げるシステムを持ってましたがこちらは一本の紐でまかなっていました。 ハガーGTと言う名前のGTの意味に注目しましたが「GT?一体なんのこっちゃ??グランドツーリングかいな」と疑問に思ってましたが、GTというのは”Gore-Tex”の意味だったのです。当時は夢の素材と言われていたゴアテックスですが、スニーカーにはBrooksが初採用したのでした。 「ゴアテックスか、なんてハイテクなんだろ・・・」とハガーGTにメロメロになってしまった変態でしたが変態的な超高価格の為、なかなか手元にやって来ませんでした。しかし1982年の春、横浜駅西口の相鉄ジョイナスをぶらぶらしているとスポーツ用品店のワゴンセールの中にハガーGTを発見したのです!!箱無しの展示品でしたが、なんと一万円引きの\9,800という良心的プライスを掲げていたのです。しかもマイサイズという神がかり的な出会いによりハガーGTが手元にやって来ました。とにかくゴアテックスの効果が試したくて、わざと雨の日に履いたり水溜りに入ったりと子供みたいな事をしているとあっという間にボロボロになってしまいました・・・・ アメリカ製時代のブルックスはソールを除いて異常に耐久性が無く、すぐにストライプがヒビ割れたりして作りが悪かったのです。 画像のは後年マニアの方に譲って頂いたものです。殆ど履いた形跡の無いような極上品でこのまま一生私が保存する事になりそうです。すみません病気なもので・・・ 話が終わらなくなってきたので最後に登場するのは”Reebok Aztec”というモデルです。 80年代はナイキの宿敵となりエアロビクス・シューズの「フリースタイル」を売りまくって(この靴キライ、でもミック・ジャガーも履いてやがった・・・)一時はナイキを上回る売上を残したブランドでしたが、70年代は細々とイギリスでハンドメイドでスニーカーを作ってました。 そしてこの’78年発表の「アズテック」は5スターを獲得してしまいリーボックが本格的にアメリカに進出するきっかけを作ったスニーカーでした。 誇らしげに”Hand Made in England”という文字がタグに記されているアズテックは当時並行輸入でしか日本には入ってなく、売っている姿を見る事は殆ど無かった幻のスニーカーでした。変態も本でしか見た事が無く、これが当時の本に載ってるアズテックの姿で西武百貨店にて\16,800という高級なお品になっておりました。全く入手の機会が無いまま80年代中期になり、リーボックは変態としては許しがたい軟弱なエアロビクス・シューズを大ヒットさせやがったのです。 「ケッ、あんなオカマ・スニーカー履いてられっか!!」とリーボック嫌いになり、アズテックの事なんて忘れてしまい21世紀になってました。 するとですね、この前ですね、会社でですね、Moon Space Agencyの「パン君」がですね、「石井さん、リーボックのアズテックなら僕持ってますよ」という神のお告げのようなお言葉を変態に投げかけてくれたのでした。 その後会社に持ってきてくれたのはイギリス・メイドの(後期は韓国生産になっちゃうよ)アズテックじゃありませんか! ビックリ仰天のWildmanでしたが、パン君はもういらないとの事で、何の苦労も無く変態の手元にアズテックがやって来たのでした。めでたし、めでたし、パン君ありがとう!!当然一生手元にありますのでご心配なく!!(本当は太ったからもう履けないらしい、100キロまであと3キロ!?) という事で話が終わらないので今回はこの辺でやめときます、あ~よく書いた!!スニーカー話はまだまだ続きますのでお楽しみに!!(自分が楽しいだけ??)

[…]