Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ああ、憧れのMade in USA ジーパン編

この31年間(といってもぜんぜん短期間ですが)ず~っと不肖Wildmanはジーパンといえば”Lee”しか履いておりません。プライベートも仕事も何もかも全てLeeでまかなっているのですな。たぶん死ぬまでこの状態が続くのは間違いの無いところであります。 動物と同じように「最初に見た物が一番!!」という理論の元に人生が成り立っているので「時代と共に変化しない、流行にとらわれない、好きなものが変わらない」というWildman三原則は永遠不滅なのであります、どーだ参ったか!! 時は1978年、スーパーカーブームも過ぎ去ったあの頃、中学2年生の変態はジーパンなんてかーちゃんが買ってくれる日本の”Bobson”や”BIG JOHN”で十分でありました。しかしですね、ポパイを読み始めたりして色気づいたりなんかして「車&ミニカー」という人生の2本柱以外にちょっぴり洋服なんかにも興味がわいてきました。 そしてある日、いとこのオニーさんが履いてたジーパンに目が釘付けになりました。それはLeeのペインターパンツだったのですが、初めて見るシルエットとポケットの所に付けられた白い布タグには”Lee”というロゴが描かれ、さらにその下には”Made in USA”の文字が燦然と輝いておりました。 「ウォ~カッコいい、アメリカ製だ、夢のカリフォルニアだ!!」とこの頃より「ああ憧れのMade in USA」という奇病はスタートしていたのです。さらに追い討ちをかけるように我がホームグランドのミニカー屋さん元町「サンセット」に行った所、店主のUさんが履いていたそのジーパンはLeeだったのです。 レザーパッチのLeeの焼印ロゴのデザインにシビレまくり「さすがセンスのある人は違うな、ミニカーもファッションもセンスだぜ!!」と又もや勝手な解釈が出来上がりました。 「ダメだ、日本製のジーパンなんて履いてる場合じゃないぜ、男は黙ってLeeだ、Lee Ridersだ、Leeを履かなきゃ意味が無い」と今以上に単純な頭の中はLee一色となったのです。 ポパイを見ても「Leeのポッケのステッチは波のようなウェーブラインでカッコイイな!」となり「それに比べてなにこのリーバイスってやつのステッチときたら逆さ富士みたいでカッコ悪いや、ダメこれはぜんぜんダメダメ」!!とLeeを崇拝する気持ちは深まるばかりでした。 Levi’sの歴史やその偉大さは14歳のガキにはどーでもよい事で、何はともあれLeeの方がデザイン的に優れてると判断し「これからの人生はLeeで決めるぞ」と誓ったのでした。 それにしても高いのねLeeって・・・・と70年代当時軽く¥5,000を超えるジーパンなんて14才の変態の辞書には無く、どうやって親をだまして買えばいいのだろうと毎日考えておりました。 そしてある日、本当にBIG JOHNのジーパンのひざの所が切れてしまいました。「あのさあ、ジーパン切れちゃったから新しいの買ってほしいんだよね」と、かーちゃんに切り出し、さらに「いとこのシゲルくんの履いてたアメリカ製のリーってやつ、凄く持ちがいいらしいよ、ちょっと高いけど・・・・」と嘘八百のゴタクを並べたのです。人生には嘘も必要なのです。すると意外な返事が返って来ました「じゃあそれ買えば、自分で買ってきな」と憧れのLee Ridersへのパスポートが手渡されたのです(現金\6,000) 愛機ヤマハ・モトバイクに跨り、浜マーケット並びの国道16号線沿いにあった岡村中学校不良グループ御用達のお店「高浜屋」にGo!となりました。小心者としてはすでにLeeの在庫はリサーチ済みでありました。 そして手に取った1本のジーパン、アメリカ製のLee Riders 200はこちらになります。大枚\5,800を支払い、ついこの前の1978年に変態が購入した人生初のLeeは当然手元にございます。ネッ、持ちがいいでしょ嘘ではなかったのです。かーちゃん有難う!!あんまり嬉しかったから、買った時点で永久保存を決めてました。 でも残念ながらもう履けないのです。78年当時、マニアとしては十分に成長していたようですが、カラダの方は未成熟だったようでありました。サイズが27インチなのでとてもじゃありませんが2009年現在では手に負えないのです・・・・・このサイズは全てにおいて現在も成長し続ける本牧エリア-1・カリスマ店長ならいけそうですね!! その後はいつの時代もLeeを履き続けました。Levi’sもDickiesも知りましぇんね・・・ これはいとこが履いてたのと同じペインター・パンツでダイエー上大岡店にて1979年の購入です。ついこの前の81年頃までよく履いてました。 こちらは”77″と”88″というロガー・パンツでそれぞれジッパー・フライとボタン・フライになります。上大岡にあった「ジーンズショップ・ロッキー」にて1982年の購入になります。どっちもカッコいいなあ・・・ そしてこれは昔、横浜野毛にあった「モチヅキ」というジーパン屋で1986年に発掘した70年代デッド・ストックのカーペンター・パンツです。このお店は大量のストックがあって、ジーパンの山の下の方には結構旧いのが眠ってました。もちろんプレミアなんて付いてませんでした。 こんな縞々模様の恥ずかしいパンツもありましたが、60年代の製造のようです。ああ恥ずかしい・・・・・ これはさらに古くて”101Z”というモデルですが”200″番以前の旧いタイプです。70年代初頭の製造で、まだ一回も履いてません。いつ履こうかしら? といってもWildmanはビンテージ・デニムのマニアでもなんでも無いので、あのバブルなブームには踊らされておりませんのでご心配無く・・・・ このように1978年以来ず~っとLee一直線で、履かなくなっても捨てないので我が家はリサイクルショップもすぐに開く事が出来ます。 人生もリサイクル、ああ楽しきWildman道はEndlessなのです!!!

[…]