Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

マイケル・ジャクソンの思い出はナイキと共に・・・・

皆様お久しぶりでございます。 先週末18日よりStudio20周年記念イベント ”Ace High Only One Wildman”がスタート致しまして、 その準備に追われて前回のブログはお休みしてしまい 申し訳ありませんでした。 すでにご来場された方々には熱く御礼申し上げます。 「これから行くよ」という方はお早めにお越し下さい。 だって限定記念ITEMのポスターやグラスが 早く来ないと売り切れてしまいますから・・・・ナイキや ロマンスカーも待ってるよ!! そしてマイケル・ジャクソンでございます。まさか、まさかの ライブ直前にあのような形で逝ってしまうとは・・・・ ご冥福をお祈りいたします。 特別彼のファンというわけではありませんが、エンターテイナーと しての完成度は素晴らしいものがあったと思います。 (KISSはもっと素晴らしい) その昔、ジャクソン5時代の「ママがサンタにキスをした」を聴いた とき、とても子供が歌ってるとは信じられませんでした。 Wildman的にはフィンガー5の方が好きでしたけど・・・ 80年代に入って高校生の頃、スリラー以前のマイケルの代表曲 ”Off The Wall”や”Don’t Stop’Til You Get Enough” (恥ずかしい邦題:今夜はドント・ストップ)なんかを聴いた時は 「カッコイイなこの曲、マイケルってスゲエ」と思ってました。 当時買ったシングル盤レコードを探したら、自宅の奥深くより こんなのが出て来ました。ライブが聴きたかったらしく、両面ライブ の2曲になっております。 ついでに出て来たこっちは、カリスマ店長が大ファンのヨコハマが 舞台である大昔のTVドラマ「プロハンター」の主題歌、クリエー ションによる「ロンリーハート」であります。 曲の出だしの「うかれ飛ぶまちにmoonlight~」というフレーズを 聴いただけでベースがあった時代のヨコハマの街並みが思い出され ます。ついこの前の事ですが・・・ さらに出て来たこっちは我が大洋ホエールズの「ガラスのエース」 カミソリシュートで200勝の平松政次が70年代後半にトチ狂って 出したレコード「愛してヨコハマ」になります。小学5年生の時に 川崎球場でサインを頂いた程の大ファンでありましたが、最後は ヘロヘロで200勝達成でしたね。この頃プロ野球選手や相撲取りが やたらレコード・デビューしてるんですな。 歌詞が凄いんですこれは・・・だって「外人墓地も元町も  おもいでばかり 二人通ったスタジアム」ですから。万年Bクラス だった愛すべき大洋ホエールズは永遠に不滅であります!!! このレコードは中学3年の時、テレビ神奈川のナイター中継の プレゼントにハガキで応募して見事当選して戴いたものであります。嬉しかった!!! こんなのも出て来て我ながら驚きました・・・・村田英雄の「王将」 であります。きっと我がコレクションに混ざってしまったウチの親父 […]

ああStudio20周年、思い出はついこの前のことばかりだぜ

ついこの前の1989年8月の事でした。 看板屋に勤めていた一人の若者は 「この筆一本で億万長者なれるぞ!」という殺し文句にひれ伏せて 波風立たない人生から一転、摩訶不思議なカスタムカーの世界に身を 投じてしまったのです。 ’86年5月Mooneyes元町店オープン ↓ 私はとってもいいお客様 ↓ 22歳にてShelbyを購入し世捨て人となる ↓ ’89年4月3rd Annual SCNにエド・ロスが来日、 Pinstripeデモを見て衝撃を受ける→ ↓ ’89年6「億万長者~」の殺し文句に迷える子羊が一匹発生・・・ ↓ ’89年8月、小心物は決意しMooneyesに入社、 日本初の“Pro Pinstriper”誕生・・・・ というのが手短にまとめたWildmanこの20年の 創成期のお話となります。 ここから先はですね、今月末に発売予定の(ホントに出るのか???)Fly Wheels誌や Truck Trends、カスタムカー各誌の次号にて いろいろと喋りまくっておりますのでそちらをぜひご覧下さいませ。マニアは立ち読みじゃなく買うのですぜ・・・・ という事で、こんな私でもこの8月でPinstriper歴20年となりまして 人生の一区切りが付きました。それでは皆様サヨウナラ・・・・・ じゃなくって、これもひとえに私をご支持頂きました変態の皆様のおかげであります、本当にありがとうございました!!! “Home of Pinstriping”の異名をとる伝説の御所山Studioにて その創作活動を開始し、その後全国のCar ShowやCustom Car Shopを 巡業し、皆様にPinstripeという技術を知ってもらい、たくさんの お仕事を頂けるようになりました。 全くついこの前の事で恐縮ですが’90年代初頭のCal Magazine誌には毎号全部手書きのこういったCMも出しておりました。時代を追って見て行くと、Custom Carの流行も分かって面白いのです。 Custom Car業界も細分化される前の事なので、あらゆるジャンルのお仕事をさせてもらい、とっても勉強になりましたね。 Hot RodもLow RiderもRace Carもみ~んな御所山Studioに集合して おりました。そして私も日本各地にトリップしておりました。 各地の名産品は本当に美味しゅうございました・・・・・ そしてPinstripeの布教活動から早20年、こんな私でもなんとか 生き延びて来られたのは皆様のおかげであります。 ということで勝手に自分の20周年記念を祝うのと、皆様への感謝の 気持ちを込めまして2009年7月18日(土)から8月23日(日)の間、 […]

一瞬の輝き、アンチモニーの大盛屋を追って

国産ミニカーの歴史は、我が大洋ホエールズが初の日本一に輝くちょうど1年前、ついこの前とも思える昭和34年10月に旭玩具製作所が発売した、モデルペットの観音開きトヨペット・クラウンからスタートしました(Wildman’s Blog 2007年3月21日参照) そしてそれに遅れること1年半、昭和36年4月に今度は大盛屋(おおもり屋じゃなくてたいせい屋)からミクロペットのスバル360が発売されました(Wildman’s Blog 2008年2月22日参照) 当時ミニカーの開発には他の玩具とは比較にならない莫大な費用が掛かり、指揮を執っていた大盛屋二代目社長は社員の方々から「若社長の道楽」と言われ非難の的となっていたそうです。マニアはいつの時代も大変ですね・・・ 当初このミクロペットシリーズはフリクション・モーターを内蔵していて走らせて遊ぶ事に重点を置いていた感じのオモチャでした。この最初期のミクロペットのカタログでも「15米も走る!」と豪語しています。 画像のマツダR360クーペとプリンス・スカイラインはこのミクロペット初期の「フリクション・シリーズ」になります。ね、オモチャっぽいでしょ。 しかし、これではあまりにもオモチャっぽくてコレクション・トーイとしては当時精巧な舶来品としてマニアから絶大な人気を誇っていたヨーロッパ製のミニカーには全く歯が立ちませんでした。マニアな社長は「今度はもっとちゃんとしたミニカーを作ろう!」と思い立ちフリクション・モーターを付けない新しいシリーズを開発しました。 その名も「大盛屋ミクロペット・チェリカフェニックス・シリーズ」という意味不明の長ったらしい名前での再スタートとなったのです。とってもチェリーな不死鳥のようなミニカーなのでしょうか・・・・・・ 16種を発表したフリクションシリーズは、モーター内蔵のためスペースが無く、シートやハンドルの内装が省略されてましたが、今度のシリーズはちゃんと付けるようにしました。こんなのは外国製では当たり前でしたが・・・ しかしチェリカフェニックス・シリーズが凄かったのは前代未聞の製法を開発していたのです。 基本的にミニカーのボディーというのはダイキャスト製で、一体金型に圧力をかけて溶けた材料を流し込んで作り、金型から抜くのもバリ取りも機械で簡単に行え、大量生産が可能でした。当時のミニカーはボディー形成した後はボディーカラーを塗って、最後に筆やスプレーでグリルやライトに着色してハイ出来上がりという感じでした。 しかしマニアな大盛屋はボディーのディティール表現に異常な執念を見せ、とんでもなく面倒な製法を編み出しました。まずボディー素材を柔らかいアンチモニー製としました。アンチモニーは金型も作り易く型彫りもシャープに出来、細かい部分の表現力に優れていたのです。 製法はダイキャストの一体金型と違い、6個に別れた金型を組み合わせそこに溶かしたアンチモニーを流し込み、冷水で冷やした後に金型をばらして、手で出来たボディーを取り出し、さらに手作業でバリ取りも行うという泳げたいやきくんのような手間の掛かる製法なのでした。 さらに面倒なことを思いついた大盛屋はこのボディーを1度メッキしてから塗装するという変態極まりない行為をやっちまったのです・・・・メッキしたボディーのグリルやライト、バンパー、ドアノブ、窓枠等のモール部などなど、実車で光っている部分全てにマスキングを施し、その上からボディーカラーを塗りました。ああ面倒くさい・・・・ そしてマスキングをはがせば、それは見事に実車さながらのメッキがキラキラと輝いていたのです。シルバーの筆塗りやスプレー塗装とは比較にならない美しさと表現力でした。この製法で「アンダープレーティング」という製法特許を取得し、下地メッキ塗装の表現は大盛屋の代名詞となったのです。 こんなミニカーの作り方なんてありえなかったので、大盛屋の作風は一種独特の工芸品のような物となりました。アンチモニーは金型の修正もしやすく、実車のマイナーチェンジに合わせて「年式によるグリルのデザイン変更」なんて心づくしも可能となったのです。しかしこの面倒極まりない製法があだとなって大盛屋は自らの首をしめる事になりました。 こんな作り方では1日に100個程度しか作れず、とても大量生産品と呼べるようなレベルに達しませんでした。コストもかさみ販売網も弱く、大盛屋は経営が悪化してついこの前の東京オリンピックの翌年、昭和40年にあっけなく倒産となりました。Wildman 1歳の頃でありました・・・・・・変態伝説の始まりとともに、大盛屋は真の伝説と化したのです。 大盛屋チェリカフェニックス・シリーズのミニカーは約4年の間に50種を超えるモデルを製作しましたが、もともとの生産量が少ない上にアンチモニーという柔らかい素材のため、破損によりお亡くなりになってしまったパターンも多くて、現存数は他のミニカー・ブランドに比べ極端に少なく、製造後40年以上が経過した21世紀現在では国産ミニカーとしては最強のレア・アイテムになっています。 それではこれより「伝説の大盛屋チェリカフェニックス・シリーズWildman手持ち分傑作撰」となります。 まずは昭和37年4月発売の日産セドリック・バンは当時定価\320であります。 このヘンテコな車種選択は若社長のマニア振りを見事に表していますね。Wildman所有のこの個体はさらに変態で、きっと製造ラインでパートのおばさんが間違えちゃったのか、何と左ハンドル仕様なのです!!! 当時大盛屋は細々と輸出もしてたので「輸出用モデル」という希望的観測もありますが、たぶんただの作り間違えだと思います・・・・・ 間違えも40年以上経てば立派な勲章となります。 大盛屋は外車も多くモデル化していましたが、素晴らしい事にフォード・ファルコンなんて地味なクルマも作ってくれました。クロームメッキはアメ車に良く映えますね!! ついこの前の昭和37年7月に定価\270で発売されてます。 そしてアンダープレーティングの技術をいかんなく発揮したのが、昭和38年2月発売のプリンス・グロリアであります。見て下さい黒ボディーに映えるメッキモールの美しさ・・・・・ 大盛屋の技術の粋がこのミニカーに凝縮されてます、素敵ですね。幅広のデフォルメが見事に効いたコイツの定価は\380でありました、プリンス最高! もう長くなって来たので最後にしますが、これはチェリカフェニックスの中でも1、2を争う傑作ミニカーだと断言します。全体のプロポーションからグリルやモールの表現まで全てが信じがたいレベルで作られているのです。 昭和38年5月に定価\380で発売されたトヨペット・クラウン・カスタムであります。 カスタムですよカスタム!!マスターラインじゃなくて5ナンバーワゴンの涙テールをモデル化するなんて狂喜の世界であります。ちょっとこのグリルを見て下さいな、実車を超える美しさとはこの事であります。ミニカーは確実に実車を超えるのです・・・・・ 可愛らしい涙テールも、重いアンチモニーの自重で絶妙のローダウンとなってしまった車高も何もかもが「シゲ菅沼も納得の一台」となっているのです(たぶん) 「2代目社長の道楽」から始まった大盛屋は一瞬の輝きで終わってしまいましたが、21世紀になってこのミニカー達は再評価され、変態の間では大盛屋という名を聞いただけで身震いしてしまうのです。「道楽」いい響きですなあ・・・・・・

[…]