Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

カッコウはカッコウいいぜ、飛ばない鳥はシャパラル様だ!!

Studio20周年記念イベント”AHOOW”が始まってから約2週間が
経ちましたけど、始まったと同時に私が梅雨入り宣言を発令した為、
見事に本牧周辺は雨が降り続いております。
Super雨男ぶりはいかんなく発揮され、自らのイベント開催を祝福
しているようですが、そろそろ疲れて来ましたのでもう梅雨入り宣言
は撤回し、梅雨明け宣言を致します。
ということで、8月2日(日)はお台場での”Motorcycle Swap Meet”
を楽しまれた後はぜひ本牧Mooneyes Area-1にお越し下さいませ。
快晴の中、楽しくてマニアックなひと時を過ごしましょう。
それともうひとつ、この前もお話しましたが及川編集長入魂の一冊
”Fly Wheels”が奇跡の発売にこぎつけました。夢のようですが本当
の話なのです・・・・
誌面には不肖Wildmanも登場し、これまでのPinstriperとしての
たった20年の活動について語っておりますので(ミニカーの話は
NGだったのが誤算)ぜひ書店にて夢のような定価¥1,500にて
お買い求め下さい、「Wildmanの真実??」が載ってます。
お買い上げ¥1,500以上は送料無料のAmazonでも売ってるよ!!
それではまた来週!!って終わるのが普通のブログらしいいのですが
当ブログはここからやっと本題に入れるのです。
ついこの前、大阪万博も終わり小学校に入学した頃、とっても奇怪
な形をしたレーシングカーの写真やオモチャを目にするようになって
ました。
そのころ日本の子供にとって夢のレーシングカーといえば
ポルシェ・カレラ6やフォードGTなんかがメジャーな存在で、
絵本からオモチャまでこれらのクルマが素材として使われ、
そのデザインが頭にインプットされてました。
Chaparral-001.jpg
しかし、真っ白で奇妙な形をしたそいつは名前も奇妙で
「チャパラル」
と表記されていて、何から何までヘンテコリンに見えました。
「チャパラルだって、なんて弱そうな名前なんだろ、カッコわる!!」と思ってましたが、数年後古本屋に通う特異体質の小学生になってからこのクルマの事を調べるうちに、とっても偉大なレーシングカーである事が判明し、弱そうな名前ではなく自分の頭が弱かった事を反省したのです・・・・
当時日本ではチャパラルと表記されてる事が多かったのですが、
スペルは”Chaparral”となり、シャパラルと発音するのが本当のようで現在はマニアの皆様もシャパラルと呼んでいます。
シャパラルのネーミングの由来は、アメリカに生息する荒野を駆け抜
けるカッコウ科の鳥さんで、皆様ご存知の飛ばない鳥”Roadrunner”
なのです。
Chaparral Carsを設立したのは「ジム・ホール」さんというテキサスの石油王なのですが、ただの成金オーナーではなく自らがエンジニアでありドライバーでもあるという3足のわらじを履いた変態じゃなくって天才だったのです。
ホールさんは頭が良過ぎたのか、あっち側に行っちゃってたのか、
それまでのレーシングカーの概念にとらわれる事無く、航空工学などの、他分野の科学的技術を取り入れた独創的なレーシングカーを作り上げ、60~70年代のCan-Amやヨーロッパスポーツカー世界選手権等の
レースシーンで活躍及び奇異の目で見られたのでした。
レースカーにオートマチック・トランスミッションを導入したり、飛行機のごときウィングをおっ立てたのもシャパラルが最初で、これらの技術はその後F-1で全て使用されるようになったのです。特に空力に関しては異常なまでの執念を見せてました。
飛べない鳥のくせに・・・・・
ホンダ第一期F-1の「走る実験室」どころか、
「実験が楽しくってやってる」というような勢いで数々の
名(迷)レーサーを生み出したのです。
ということでまたもや「当時物ミニカー」でシャパラルのお勉強なのです。
シャパラルといえば巨大なウィング、子供のころ強烈なイメージを残してくれたのがこの「シャパラル2F」だったのです。
0801-2.jpg
絶対に空高く飛んで行くクルマだと思ってました。
1967年の世界選手権用のマシンですが、ビッグブロックV8のシェビー427cu.in.と3速セミオートマの組み合わせは強烈なスピードを生み、いくつものファステストラップや予選第一位という一発芸的な速さを誇りましたが、やっぱり一発芸で終わってしまい本番のル・マンでも予選2位スタートながら最後はパワーに耐えきれないミッションが
悲鳴を上げてリタイアしてしまいました。
Chaparral-002.jpg
この2Fのミニカーは60年代に作られたイタリアのマーキュリー社製で、可変式ウィングは実車の如く可変し気分を盛り上げてくれます。
しかもリアカウルのナンバープレートはテキサスの物になってるという凝りようなのです。素晴らしい・・・・・
そしてシャパラル最後のマシンとなったのが奇妙奇天烈な
「走る弁当箱」にしか見えない「シャパラル2J」であります、
狂気のレーシングカーなのです。
0801-1.jpg
エンジンはシェビーV8を465cu.in.まで拡大しましたが、そんな事はどうでもよくて、ボディ後半を弁当箱のようなカウルで包んでしまい、カウル後部にスノーモビル用の274cc、2サイクルエンジンを搭載して2機のファンを回し、強制的に車体内部の空気を吸い出して路面との間に負圧空間を生み出し、いわゆるダウンフォースを発生させコーナリングスピードを高めるという理論でした。
数年後「ファン・カー」と呼ばれるF-1、ブラバムBT46Bがこの技術をパクってあのニキ・ラウダがドライブしてましたね。
ブンブン回るファンから埃や小石、ゴミをまき散らしながらF-1チャンピオンのジャッキースチュワートのドライブにより強烈なスピードで走る2Jでしたが、こちらも2F同様一発屋さんでありまして、予選トップも本番リタイヤなんてことばかりでした。
しかもファンを回すエンジンがぶっ壊れるとダウン
フォースが失われ制御不能の弁当箱と化すのみでした。
結局このシステムはレギュレーション違反という裁定がなされてしまい2Jはレースを走れなくなってしまいました。
これでジム・ホールさんも「もうヤーメタ」となってしまい2Jはシャパラル最後のマシンとなってしまいました。
キワモノレーシングカーたちは当時ちゃんとミニカーにもなってます。この2台は2Fと同じイタリアのマーキュリー社とHot Wheelsが
買収したイタリアのMebetoysからた出てグラントロス・ブランドの物です。
Chaparral-003.jpg
当時物ミニカーの良いところは現在のどのブランドも同じに見えてしまう中国生産の超精密モデルとは違い、それぞれ作ったブランドの個性が出ている事なのです。
これがビンテージ最大の魅力なのですな。
Chaparral-004.jpgChaparral-008.jpg
マーキュリーのは実車に近いカラーリングとデカールが雰囲気抜群
なのですが、何といってもリアタイヤを回すと実車同様2機のファンが
クルクルと回るアクションを備えているところが最高なのです。
初めて手にした時は嬉しくてクルクル回し過ぎてしまい、クルクル目が回ってしまいました・・・・
Chaparral-005.jpgChaparral-006.jpg
グラントロスのは実車とは全くかけ離れたカラーなのですがこの、Toy
っぽさがたまらないのです。エンジンもきちんと再現され、フロントカウルには荒野を疾走するシャパラルのエンブレムがちゃんと再現されてます。
Chaparral-007.jpg
同じ時代に作られた同じ車種のミニカーで、こうも違う仕上げになるとは現在では考えられません。やっぱりビンテージ・ミニカーは芸術なのです。
ジム・ホール氏は未だ健在で、歴代シャパラルの実車は全てミュージアムに保管され、ヒストリックカーレースなどで元気に走り回っております。
いつかファンがクルクル回る「走る弁当箱」を拝んでみたいものです。
科学的レーシングカー「シャパラル」最高であります!!!

Be Sociable, Share!

???????????