Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

未完成の芸術はランボルギーニ・ミウラだ!!

暑い毎日を暑いガレージ内で過ごす私・・・・・
熱いイベントAce-High Only One Wildmanはまだまだ続いておりますので、お盆WeekはぜひArea-1 Garageまでお越し下さいませ。大変暑い中、大変な変態とのひと時を過ごしましょう。限定ポスター以外にもTシャツなんかにサラっとサインもしていますので、汗かきの方はぜひ2枚Getして下さいませ。
又、イベント開催期間中の週末、土日はPinstripe Challengeを開催しております。Pinstripe初心者の方や技術的な質問等がある方はWildmanが無駄話と共に的確なアドバイスをいたしますので、ご興味のある方は遊びに来て下さいな。無駄話がメインとなってしまった方は諦めて下さい・・・・・・
そして暑いので、唐突にランボルギーニ・ミウラであります。自称スーパーカーマニアのWildmanが認める3大スーパーカーの内の一台なのです。
Miuras-001.jpg
三浦じゃなくってミウラというクルマの存在を知ったのはスーパーカーブームが起こる遥か前、ついこの前の昭和44年頃、マッチボックスのミニカーを手にした時でした。「なんてカッコイイクルマなんだろ、もっとカッコ良くしちゃえ!!!」と手持ちのデカールをベタベタと貼って仕上げたのがこの一台です。意味不明のロータスのデカールはともかく、何とビックリMoonのデカールが貼ってあるではありませんか。将来を案ずるワンオーナーのこの一台、40年前にタイムスリップ出来るのです・・・・・
それはともかくランボルギーニ・ミウラというのは時代の先端を行くメカニズムとカッコ優先で仕上げられた「偉大なる未完成車両」というのが現代のクールな目で見たミウラの実態なのです。まあ6~70年代のスーパーカーなんてどれも似たり寄ったりですが、ミウラが凄かったのはあのカッコだけで、世界中のマニアやお金持ちを虜にしてしまった事ですね。
ファッションで作ったミッドシップはどうにも困った操縦性を生み出してしまい、世界中のミウラ・オーナーが怖い目にあったり、大事故を起こしてしまったりと、まさにあらゆる意味でミウラはスーパーな存在なのです。
Miuras-009.jpg
’66年にこのオレンジ色のプロトタイプが発表されミウラは大反響を呼び、オーダーが殺到してしまいました。まだプロトタイプがまともに走らないような状態のうちに「もういいや、コレ売っちゃえ」という社主の判断により、ミウラは未完成のテスト車量のような状態で次々とデリバリーされて行ったのでした、いい時代ですね・・・・
Miuras-003.jpgMiuras-002.jpg
ミウラの基本デザインは突然思いついたものではなく、開発者が「公道を走れるフォードGT40を作りたかった」というコンセプトによるもので「そういえばミウラはGT40にそっくりだな」というのは子供の頃からミニカーを見てずっと思ってました。本当にミニカーって勉強になりますよね。ガバっと開く前後カウルやミッドシップのレイアウトは60年代最先端のレーシングカーGT40そのものですが、ミウラはサーキットで走るのではなくお金持ちが平民に見せびらかすのを主な目的として?作られてしまったので、室内を広くするためにV12エンジンを横置きにしてしまったのが、縦置きミッドシップであるGT40との決定的な違いでした。GT40はレーシングカーなので居住性云々は二の次でしたが、ミウラは「室内が狭い車じゃセレブが嫌がって買ってくれないぞ」という決定的な理由により、いろんな問題をかかえつつも変態的な横置きレイアウトを選んだのでした。
これによりキャビンはとっても広くなり、デザインも優雅な物が出来ましたが、乗ってみると問題だらけのあらゆる意味でスーパーなクルマとなってしまいました。商売としては成功したミウラでしたが、開発者にとっては特に初期のモデルは未完成の物を売ってしまった感があり「プライドに傷がついてしまった」そうです。でもね、いいんですよカッコいいんだから、車はカッコです!!カッコが一番なのです。フジ・キャビンもニッケイ・タローもミウラもみんなカッコイイんだから!!!スタイル良ければ中身は二の次というのがWildman流の自動車論なのです。
ということで今回も1960年代に作られた当時物ミニカーにてお勉強です。ミウラは人気者だったのでミニカーでも各メーカーによりたくさん作られましたが、たくさんありすぎるので今回は絶版ミニカーとしては一番人気の2台をご紹介します。
Miuras-004.jpg
数年前ヤフオクで大ブームになってしまい、バカみたいな値段で取引されてたのがフランスはsolido社のミウラであります。(みんな、あんな値段付けるなよ、コレそれほど珍しいもんじゃないよ!)ごらんのように素晴らしいプロポーションで前後カウルとドアーが開き前輪がステアするアクションも持っています。カウルのエッジが効き過ぎてますが、それは芸術的なデフォルメなので最近作られたミウラのミニカーなんかとは格が違うのですな!!
Miuras-005.jpg
solidoのミウラで面白いのはパッケージが3種類あった事ですね。平べったくて「道路を走ってる風」のが人気で、普通の四角いのがアメリカ仕様パッケージ、最終型はウィンドウ・パッケージになっていて中身が見えるのです。これらを全部揃えるのも変態コレクションの楽しいところなのです。
Miuras-006.jpg
そして本国イタリア製のはPolitoys社のミウラです。60年代、後発メーカーだったPolitoysは、他のミニカーメーカーに追い付き追い越せといった感じで、次から次へと多数のアクションを持ったミニカーを開発してました。開くところは全部開け、シャシーにはドライブシャフトやデフまで付けちゃおう、という飛び道具満載のメーカーになってました。ミウラはその真骨頂のモデルで6アクションを備えるといった超過激モデルになってました。
Miuras-007.jpg
前後カウル、リアトランクフード、両ドアーの各パネル開閉はいいとしてボンネットのエアパネルを開くとそこには給油口がこんにちは!!という感じです・・・・サイドミラーやスペアタイヤ、エアクリーナー、ミウラ独特の丸い軽量穴を開けたフレームまで再現され「どうだ!!見たか!!ざまあみろ!!やるだけやったぞ」という製作者の声が聞こえて来そうなスーパーカー・ミウラにふさわしい傑作モデルなのです。
Miuras-008.jpg
ビンテージ・ミニカーは製作者の感性の違いが出て、本当に面白いですよね。何度も言いますがこれはアートなのです。
未完成スーパーカーの芸術、ランボルギーニ・ミウラはミニカーになってもやっぱり芸術なのでありました。

Be Sociable, Share!

???????????