Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

めぐり巡ってこんにちは、コレクションはタイムスリップだぜ!

やっと雨も落ち着き、夏らしくなってきたと思ったら静岡で地震が・・・
せっかくのお盆Week Special企画、高速道路¥1,000出血大サービス中なのに東名高速の復旧も遅れています。でも皆さんめげずに本牧はMooneyes Area-1まで遊びに来て下さいな。
暑い中Studio20周年記念イベント”Ace High Only One Wildman”はまだまだ続いております。限定グッズの数も少なくなって来ましたので
気合で来て下さい。又、今週末も”Pinstripe Challenge”を開催しておりますので、Pinstripeをやってみたい方、技術的な質問がある方はぜひお越し下さいませ。たくさんの無駄話を用意してお待ちしております!!
ということで暑い夏の夜長は我がミニカー・コレクションの不思議体験を語らさせて頂きます。
30年以上コレクションなんぞやっておりますといろんな巡り合わせがございまして、自分一人で感動している次第であります。この感動を皆さまにも伝えたいと思います。
0815_013.jpg
カーマニアだったスティーブ・マックイーンの愛車に「ジャガーXKSS」というのがあります。50年代にルマンを席巻したレーシングカー「ジャガーDタイプ」というのがありまして、売れ残ったDタイプに公道走行用の細かな保安部品を付け、ロードバージョンに仕立て上げたのがXKSSになります。まさに行動を走るレーシングカーといった感じでしたが、ジャガー社の工場火災によりパーツも治具も失われ、わずか16台が作られたのみの幻の名車でございます。
ミニカーで勉強すると、
0815-009.jpg
左がクレセント製Dタイプで、右がスポット・オン製のXKSSになります。2台とも英国製の当時物ミニカーで製造後約50年が経過しております。マックイーンのグリーンの個体は数年前LAにあるピーターセン・ミュージアムでじっくりと拝見した事がありますが、それより前の90年代後半に伝説のボンネビル・レーサー、フレッド・ラーセンがその功績をたたえられ表彰される式典がございまして、たまたまその時アメリカに行っていた不肖Wildmanもたまたまその式典に行かさせて頂きました。たまたまですが・・・
式典が一段落し、ちょっと会場の外に出てみたところ、駐車場の隅に低くうずくまったクルマが目につきました。遠くから見て「あれ何だろ、コブラのレプリカかな?」と思い近づいて見るとビックリ仰天、うおおおおおお~と叫び声をあげる変態の目の前には何とXKSSが鎮座していたのでございます。
wildman-blog-0815-7.jpgwildman-blog-0815-6.jpg
「キャー、美しい、美しい、美しいぞ!!」と一人興奮しまくり、アメリカのどっかの街で完全にトリップ状態に陥っていたのです・・・
その場所にいたShige菅沼はじめMoonスタッフたちに「このクルマはかくかくしかじか~」と説明してもだれも「ふーん」としか反応してくれませんでしたが・・・
実車のXKSSと遭遇したのはこの時が初めてでしたが、当時物ミニカーではスポット・オン製のに出会っていたので、どっちかっていうとそっちの方が興奮したのです。このミニカーは60年代当時は少数しか日本に輸入されず、かなりレアな存在だったのですが、私は幸運なことに伝説の千代田ママストアにてグリーン色の一台目を70年代にゲットしておりました。
0815_010.jpg
「ホビージャパン」という模型雑誌がありまして、60年代の創刊当時は現在のようにガンダムやキャラクター物の本ではなく、れっきとしたミニカーコレクションの本だったのです(私はガンダムなんぞは全く興味が御座いませんのでご心配なく。あれが始まった頃はすでに中学生で、その頃は昭和30年代の事を調べるのが変態の日課だったもので・・・)
ホビージャパンのバックナンバーを何冊か入手し、72年の4月号に昭和の大コレクターであるY氏の絶版ミニカーコレクションが紹介されてました。その中にスポット・オンのXKSSも出ていて「うーん、養殖に失敗した金魚みたいでカワイイよなこのミニカーは、デフォルメの極致だぜ」と一人納得していました。
wildman-blog-0815-5.jpg
そんなこんなで四半世紀が過ぎ、21世紀になって手元に3台目となるスポット・オンのXKSSがやって来ました。今度のは赤色で、この色が一番欲しかったカラーリングなのでした。コレクション・ケースに並べて一人ニヤニヤしてカルピス・ソーダを飲んでいると、ふと昔のホビー・ジャパンの記事を思い出しパラパラとページを開きY氏のコレクションのXKSSの写真を見てみました。
「ウン、ウンこれだよな、やっぱり金魚にしか見えないよこのミニカーは」と思いその写真と、自分のミニカーを交互に見ていた次の瞬間、ブワ~っとカルピス・ソーダを噴き出してしまいました。「こ、こ、これは一体???」と驚く変態・・・・・だってさ、ホビージャパンに載ってる写真のY氏のXKSSフロントグリル内には他の部分の塗装が飛んでしまって出来たと思われる点々模様がふたつ・・・・・そして我がコレクションケースに収まるXKSSのフロントグリル内にも点々模様がふたつ・・・・一瞬頭の中が?????となりましたが、もう一度よく見てみるとホビージャパンの写真のモデルと私のモデルはどっからどう見ても同じ個体だったのです!!!
0815_-008.jpg
この写真を見てから四半世紀以上が過ぎ、たまたま手元に来たミニカーは、たまたま写真のミニカーそのものだったという世にも恐ろしい不思議な現象なのでした、あ~ビックリした!!!だってY氏から直接譲ってもらったわけではなく、全く別のルートでたまたま手元に来ただけですから、全くの偶然なのでした。実車ならともかく旧いミニカーでこんな事が起こるとは思いませんでした。
そしてまだ話が止まりません。力道山先生の数々の名車遍歴の中に、名車中の名車「ジャガーXK120」があります。美しいボディとツインカムのXKエンジンは誰もが認める1950年代を代表するスポーツカーの一台であります。これは日本橋に昭和30年7月に完成した「日本プロレスリング・センター」(力道山道場ですな)の前に鎮座する先生のXK120でございます。
wildman-blog-0815-4.jpg
先生はこのクルマを愛せれ、「わたびき自動車」にてオールペンされた際は世界チャンピオンになった証としてドアーに王冠のモチーフを描かれたそうです。生まれていれば私が描きたかったのに・・・・・
そして話がまたもやおもちゃになるのですが、日本のミニカー・コレクション黎明期に御活躍された大コレクター、故内山吉春先生という偉大な先駆者がおられました。氏のコレクションは当時雑誌や新聞に紹介され、コレクターのパイオニアとして私のような弱小コレクターの憧れでありました。70年代のホビージャパン誌にも氏のコレクションが紹介され、その中で50年代英国製の”SMEC”というブランドによる精密模型のXK120が出ていました。
wildman-blog-0815-3.jpg
これがその時の写真になります(1971年9月号)
「なんて素晴らしいプロポーションなんだろう、力道山先生のクルマとうりふたつだぜ」とウットリ眺めておりました。こんなの絶対に手に入るわけないなと思っていても、絶対に手に入ると考え直すと向こうからやって来るものなのですな、これが・・・・・
0815_011.jpg0815_012.jpg
21世紀になって、私のミニカー・コレクションの師匠であるサンセットの宇野さんから「内山さんのジャガーが入ってくるけど、いるでしょ?」と信じがたい連絡が入りました。お店に行ってモデルを見てみるとあの本に出ていたその物なのでした!!!一緒に当時のインストラクションも付いてきて、内山先生が価格やスケールを記した直筆メモも見受けられます、感動です。(英国のAutocar誌1955年2月号で通販されたようです)
wildman-blog-0815-1.jpg
時を超えて我がコレクションに収まるおもちゃたち・・・タイムスリップはデロリアンが無くても出来るのです!!!!
wildman-blog-0815-2.jpg
この画像は 今から49年前の1960年2月号のモーターマガジン誌に内山先生のこれコレクション・ルームが紹介された時の物です。この辺にこのジャガーがいるのですな、興奮してきました。
ロマンチックなタイムスリップ、コレクションはこうやって受け継がれて行くわけですね。私のコレクションを受け継いでくれるのはどんな変態の方なのでしょうか・・・・・

Be Sociable, Share!

???????????