Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ナイキはチャレンジャーだ、兄弟船で復刻だぜ!!

予定通り毎日、毎日雨ばかりのスタートとなったStudio20周年記念
イベント”Ace High Only One Wildman”も残すところ今日と明日の
2日間となりました(8月23日終了であります)
この1週間くらいは涼しい風も吹くようになったので「酸素が薄い!!」
「暑すぎる!!」と大変な評判だったGarage内もだいぶ過ごしやすくなって来ました。
20年ぶりくらいに会う人、しょっちゅう会う人、変態の同志、
いたって正常なPinstripeのお客様、同業のPinstriperサン等々、
たくさんの方々にご来訪頂き、嬉しい限りであります!!
イベント限定販売グッズも残りわずかとなりまして(すみませんポスターは売り切れました)アート・プレート(お皿)とビールやカルピスが美味しくなるグラスがちょろっとだけ残っております。
サイズによって在庫切れだったTシャツとポロシャツもこの週末に少量
入荷致しましたので、二度と販売される事のないこれらをぜひGetして
下さいませ。サインもお入れしますよ!!
22日と23日の最終日2日間はPinstripe Challengeも行いますので、
本牧までお越し下さい、お待ちしております!!!
ということでPinstripe Challengeといえばチャレンジャー。
前回のShige菅沼ブログで取り上げられてたのはNew Dodge Challengerでしたね。
まさに現代に蘇った実車の復刻版ですね(中身は全くの別物ですが)
そしてWildman的なChallengerといえばやっぱりNikeなのですな。
ここ数年、変態相手に展開してきたNikeのVintage Lineによる
復刻モデルシリーズですが、この夏またもや新たに復刻されました。
その名もNike Challenger(ナイキ・チャレンジャー)であります。
このシューズは2007年7月のブログで取り上げた「ああ、憧れのMade in USA 」シリーズで紹介した、Nike Bermuda(ナイキ・バミューダ)の兄弟モデルにあたります。
約30年経って兄弟仲良く復刻された訳でありますな、めでたし、めでたし・・・
おさらいの為にバミューダの画像も出しときますね。
Challenger 001.jpg
左が28年前に買ったオリジナルのアメリカ製で右が’07復刻版になります、やっぱりカッコいいな!!
そしてチャレンジャーであります。
Challenger 003.jpg
このシューズはバミューダと同じ1979年に発売されましたが、何とたったの1年で生産を終えてしまった超短命シューズなのであります。
バミューダはアメリカ製から始まって台湾生産分やマイナーチェンジを行ったりして’83年頃まで生産が続いてましたが、チャレンジャーは兄弟にもかかわらずあっさりとサヨウナラしてしまいました…
理由は知りません。
製造国はアメリカのみとなり「ああ、憧れのMade in USA」であります。
チャレンジャーはレース用の軽量シューズで、同じような形のトレーニング用シューズのバミューダに比べ軽く出来ています。
でもメッシュとナイロンの複合素材による作りや、甲の高さにより紐の締め方が調整できるヴァリアブルワイズシステム等、全体的なデザインは同じ流れになっています。
先端のメッシュ部分がバミューダはメッシュむき出しのままですがチャレンジャーはスウェードによる補強がぐるりと一周しているのが大きな違いなのでした。
あとはソールがバミューダはナイキとしては珍しい吸盤型のオクトパス・ソールを採用していますが、チャレンジャーはお得意のワッフル・ソールになります。
Challenger 009.jpgChallenger 010.jpg
バミューダをメンマ工場のバイトにより入手した高校生当時、チャレンジャーは見掛ける事もありませんでした。
バミューダ共々並行輸入品だったので、運が良くなければお店で出会うチャンスは少なかったのです。
当時大枚¥14,800をはたいたバミューダよりさらに¥1,000高いプライスで、カラーリングも鮮やかなブルーのバミューダに比べ地味なえび茶色?のチャレンジャーはいま一つ購買意欲がわかないモデルでした。
0822_a.jpg
そんなこんなで28年が過ぎたこの夏、何とも地味で不人気でレアで誰も欲しがらないようなチャレンジャーが突然復刻されたのです。
Challenger 005.jpg
Vintage Lineによる復刻なのでそれなりにきちんと考証して作られています。メッシュの質感の違いや、オリジナルは伊勢エビのような赤みがかった茶色でしたが、復刻版はもう少し色味が薄くザリガニのようなカラーになってます。
左がオリジナルで右が復刻版になります。
重さもほぼ同じ感じで、地味なチャレンジャーの雰囲気は十分に表現されていて、及第点が付けられる復刻だと思います。
いい感じですよ!!
Challenger 004.jpg
それにしてもバミューダといいチャレンジャーといい、王道を外したモデルの復刻に熱心なNikeはヤケクソになってるのかマニアの意見を取り入れてくれてるのかよくわからなくなって来ましたね。
企画の方自身がチャレンジャーなのでしょうか・・・・・・
最後におまけ画像を一つ。
これはナイキ・ファイナリストというモデルで’80年頃に日本企画で製造&販売された日本オンリーのモデルになります。
当時クラスメートのF君がこのファイナリストを買って履いてましたが、私と友人のT君は輸入品バミューダを履いてたのでいつもいばってました。
Challenger 008.jpg
価格も並行輸入品のバミューダに比べ¥5,000位安い¥9,000というプライスだったのでワンランク格下に見てました。
デザインはバミューダとチャレンジャーを足して2で割ったようなもので、まさに当時の日本車同様、世界のいいとこ取りという感じがしてました。
しかし30年後に見てみると作りはいいし、壊れてないし、それなりにカッコいいしまさに日本の技術力の高さが垣間見えるのです。
バミューダとチャレンジャーの兄弟船と腹違いの兄弟ファイナリストは30年後も私の手元(足元)にあるでしょう・・・・
Challenger 007.jpg

Be Sociable, Share!

???????????