Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

地獄の収集は最終地点か?? Part.2

集め続けて30余年・・・・私にとっては音源よりも重要なKISSの オモチャを中心とした物集めは、インターネットの出現とともに さらなる暴走状態を生みだし、日本では絶対に手に入らなかった ような物までが、気がつきゃ手のひらにのっているという状況 になってしまいました。 「きりがないからビンテージのみに絞って集めましょう」という路線 に切り替えて早10年、全部が欲しいわけでもないから、気になって たやつは大体我が狭きコレクションルームに収まって来ました。 KISSの音楽性がどうこうじゃなく、ロゴマークを始めとしたKISSの 70年代的なデザインが好きなので、自分的にデザインが優れている と認定した物だけを手元に置いておきたかったのです。 70年代当時は情報も少なく、アメリカでどんな物が出ているのか さっぱり分かりませんでしたが、その後資料本が出たり、インターネット の普及によりたくさんの知識が勝手に入って来ました。 90年代にはKISSみずから彼らの歴史をまとめた”KISSTORY”という 超豪華本が出版されましたが、調子に乗って続編としてKISSのグッズ のみをまとめた”KISSTORY II”というこれまた超豪華本が出版されました。 KISSTORYは未公開の写真やそれまで知らなかった事実があきらかに なったりとKISSの正統派ファンにはたまらない内容でしたが、IIの 方は商売人KISSが金のなる木として販売したオモチャやアパレル等 のグッズをまとめた内容の本でした。 この本が出た当時、日本のKISSファンのほとんどは「KISSTORY II なんてくだらないオモチャの本はいらん、KISSTORYはIの方だけで 十分だ」という意見ばかりでしたが、私は「何言ってんだこのバカ、 KISSTORYはIIじゃなくっちゃ意味がないぜ!!」と一人興奮しており ました・・・・ そんなこんなでKISSTORY IIに出ていた夢のようなデザインのグッズに 変態は夢を抱いてしまったのでした。 前回からいろいろと夢のグッズを紹介しておりますが、今回もしつこく 続けさせて頂きます。 こちらは70年代グッズの定番品の一つ“KISS Radio”であります。 もちろん箱付きで1977年のクレジットが泣かせます。 もう一つは何と腕時計型のラジオで、その名もRock’n Roll Wrist Radio” になります。超レアなアイテムですがこれをはめてニッポン放送全開で 元町を歩いてみたいものです。 そしてこれは”Makeup Kit”でKISSのメイクが出来るという素晴らしい 商品です。説明書通りに顔にぺたぺた塗って行けばあなたもジーン シモンズになれるのです、使ったこと無いけど。 今度はハロウィン用の”KISS Costume”です。ハロウィンで仮装に つかうお面とビニール製コスチュームなのです。今年のハロウィン でデビューしようかと考えております。ボックス・アートがたまりません!! このカップは70年代にアメリカ中西部地区のKISSコンサート会場で 売られていた”Pepsi Scream Machine“というプラ製のカップです。    ペプシコーラを入れて売っていたのですが、飲み終わった後はカップの […]

地獄の収集は最終地点か??Part.1

暑かった夏もAHOOWと共に終わり、季節はもう秋・・・・ ベイスターズは記録的な低勝率を誇って最下位を驀進中・・・・ そんな中、横浜スタジアムに通い詰める真のベイファンにはただ ただ脱帽するばかりでございます。 いくら弱いチームが好きな私でも、ここまでひどい状況下でお金 を払って負け試合を見に行く気もせず、今年はこのまま一度も プロ野球観戦はすることなく終わりそうですな。 だって今のベイスターズに貢ぐなんてお金も時間ももったいな いんだもん・・・・・ 貢ぐといえば私の30年以上における献身的なKISSへの 奉仕活動もそろそろ一段落せねばと思う今日この頃であります。 LPレコードの特典付録集めという可愛らしい物から始まって、 関連雑誌、パンフ、湯水のごとく出るオフィシャルグッズ・・・・ と何でもかんでも収集しながら収集がつかなくなり、買った物、 頂いた物、拾った物等々、もうどうにも止まらない状況がずっと 続いておりました。 その間にKISSはメイクを取ったり、メンバー・チェンジしたり、 超不人気バンドになったり、オリジナル・メンバーに戻って のメイク版再結成となったり、またそれもやめて、メンバーが 変わったりと、あの方たちはあの方たちでとっても忙しい35年 を過ごしたようですね・・・・それもこれも私たちファンの献身的な 奉仕活動により成り立っているのですが。 1988年に10年ぶりの来日を果たし、少しさめてたKISS熱が 自分の中で盛り上がり始め、96年にメイク版KISSが再結成し、 世界的に記録的な興行となり、97年に来日した頃には、私の KISS熱も再びピークに達し、片っぱしからKISSグッズの収集に 走っていました、息切れしそうでした。 しかし商売人KISSの出す商品を次から次へと買ってたら、ジーン シモンズはビバリーヒルズに住み、私は破産するという事が判明し、 「これは駄目だ、バカらし過ぎる」と珍しく反省したのが世紀末の 1999年頃で、それ以降は細々と’70年代KISS全盛期に作られた いわゆるビンテージ・グッズのみに絞って集めることにしたのです。 これならなかなか見つからないし、見つけた時はとっても嬉しいし、 どこかのお家でゴミとなって眠っているものをありがたく頂戴する 事も出来るし「こんないいコレクションはないぜ!」とKISSコレクション の方向性をシフトしたのでした。 すると部屋の中は以前にも増してゴミだらけ?となり、カビ臭い’70年代 の物であふれ返り、これはこれで大変なんだなと思いました・・・・・ これはクリーニングしたのでカビ臭くありませんが、Kustom界の 重鎮、Vannuysは時田様が’70年代よりお持ちだったKISS寝袋で あります。 ビンテージとしては人気者ですが、これを日本のキャンプ場で平気で 使っていた神経がたまらなくKustomしています。 コールマンの新品と交換して頂きました。 入手に一番苦労したのがこのラジコンのKISS Dodge Vanであります。 ’78年頃の製品ですが、オモチャとして消費されてしまったため、この ように箱付きで欠品無しの完品はまず出てきません。アメリカでも評価 が高く、KISSレアアイテムのベスト3に入ると勝手に自負しております。 このウルトラ派手なジャケットはジーンのサイン入りで、素材が何と 紙のため、なかなか程度の良いのが残っていません。ライブに着て 行きたいのですが敗れると悲しいので家の中だけで着ています。 そしてこれはToy Guitarでありまして何と未開封の超貴重品であり […]