Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

チャオ!イタリアでルパンIII世だ!!

皆様お久しぶりでございます。9月はブログの更新がなかなか出来ず大変御迷惑をお掛け致しました・・・・・・本当にすみません。実はですね不肖Wildman、人生初のヨーロッパ出撃となりましてですね、芸術の国でもありとっても適当な国でもある?イタリアへ行って参りました。
どうだ、まいったか!!!ぜんぜん参りませんよね・・・・・そうなんですよ9月末にですねイタリアはミラノで”Kustom Kulture Art Show”というその名もズバリArt Showが開催されまして、そちらに招待された日本人4名で乗り込んで来たのです。
fiat500 001.jpg
M&K Custom SignsのMakoto君、Mr.G君、私Wildman、そしてKustom Kultureといえばこの人Nash氏も同行し、計4人でのイタリア巡業となりましたが、詳しいレポートは「芸術と落書きの国、イタリア浪漫紀行」として先週のMooneyes Mail Magazineに掲載してありますのでみんな読んでますよね!? 何、読んでない???そんなマニアじゃない不謹慎な方はとっとと登録して早く読んで下さいね!!!
でも今回はSpecialでお見せします!実は見てもらいたい??)
そうそう、Nash氏といえば”Burnout Magazine”ですがこのほどめでたく創刊10周年記念号が出版されました。おめでとうございます!!!
この号にはこの夏に開催したMooneyes Signs & Pinstriping Studioの20周年記念イベント”AHOOW”のレポートを何と4ページも割いて掲載して頂きました、本当にありがとうございます!!
思い起こせばついこの前の1999年創刊号にも私のインタビューを掲載して頂いておりまして、何だかんだで10年のお付き合いとなり、Nash氏と初めて会ってからは何と18年になります(しかも会ったのはボンネビル)
こうなったら10年後の20周年記念号にも出して頂きたいと思いますので宜しくお願いします!!
そして唐突ですがイタリアといえばフィアット500なのです。500のイタリア語読みである「チンクェチェント」の愛称で親しまれたイタリアの国民車はルパン三世の愛車でもありますよね。ちなみにこれはイタリアで会ったルパンです・・・
fiat500 011.jpg
チンクはついこの前の1957年に登場してから何と1977年まで20年間も生産された長寿車両であります。鬼才ダンテ・ジアコーザの設計となるモノコックボディのリアエンジン・リアドライブ車はオモチャのような空冷2気筒479ccエンジンを積んで、大変ユーモラスなデザインもあってイタリアはもとより世界中で人気ものとなりました。
fiat500 007.jpgfiat500 008.jpgfiat500 003.jpgfiat500 004.jpg
そして21世紀には新世代のフィアット500が生まれましたが、これはNew BeetleやNew Miniのデザイン同様、そのデザイン・コンセプトを昔のチンクに求めていますね。
fiat500 005.jpgfiat500 006.jpg
今回イタリアに行った際、きっとたくさんの旧チンクに会えるだろうと期待していたのですが、ミラノやローマの街ではたったの5台しか見掛けませんでした・・・・さすがに製造中止から30年以上が経過し、あれだけたくさんイタリアに生息していたチンクもすでに息絶えていたようです。代わりに新しいフィアット500は結構見ましたが・・・・
ミラノの空港ではNewアバルトが展示されていましたが、これはカリスマ店長のお気に入りでありまして、店長次期愛車候補の筆頭なのです。早くサソリマークのアバルトをゲットし蠍座の男になって下さい・・・・
fiat500 002.jpg
それにしてもマスタングをチューンするとコブラのマークが付いてShelbyとなり、フィアットをチューンするとサソリのマークがついてAbarthとなってどっちもこっちも改造車は咬まれたり、刺されたり痛そうですな・・・
昔の”Fiat Abarth”といえばチューニングの神様「カルロ・アバルト」の手により何の変哲もないチンクが、アバルトの工場に入ると猛烈にホットなクルマと化し、サソリのエンブレムが付いてマルミッタ・アバルトの強烈なサウンドとともに飛び出してくるという、まさにカーグラの世界なのであります。
wildman-1010-1.jpg
10年以上前なのですが愛車Mustang GT350で国道16号線、鶴ヶ峰付近を激走中、反対車線に赤い小さなクーペを発見、よく見ると何とフィアット・アバルト・スコルピオーネではありませんか!!!とてもスピンターンを決める腕はなかったのでゆっくりとUターンし、スコルピオーネを捕獲しました。じゃなくって信号待ちの時にオーナー様に声を掛けてクルマを見せてもらったのです。変なアメ車が追って来たのでオーナー様はすごく驚いていたのですが、「怪しいものではありません、ただの変態です」と言って納得してもらいました。
wildman-1010-2.jpg
そのスコルピオーネは60年代アバルトのディーラーだった「山田輪盛館」が輸入した2台のうちの1台の生き残りで、塗装名人中沖満氏の名著「力道山のロールスロイス」にも出てくるクルマだったのです!!!(Wildman’s Blog 2008年1月4日参照)山田輪盛館のディーラープレートも残っていて、とても貴重なクルマを十分に堪能させて頂きました。オーナー様、その節はありがとうございました!!
それはそうとWildman的にはアバルトも実車より当時物ミニカーなのであります。チンクベースのアバルトとして595esse-esseや695esse-esse等がありますが、ちゃんとミニカー化されていたのです。イタリアはMercury社製1/43の595SSは2本出しのマルミッタ・アバルト(アバルトマフラー)やサソリのデカールで盛り上げていてちゃんとアバルトしています。
fiat500 012.jpgfiat500 013.jpg
さらにHot Wheelsのマテル資本になってからのイタリアはMebetoys社1/43 Gran Torosブランドのはさらに排気量アップした695SSをモデル化してます。タイヤもHot Wheels流にぶっとくなり、ホイールはカンパニョーロをイメージしていて、もちろんマフラーもサソリマークも再現されています。マスタードイエローのボディーカラーがとっても素敵です!!
fiat500 014.jpgfiat500 015.jpg
でっかい1/25スケールでもモデル化されていて真紅のイタリアPolitoys社製は巨大なサソリマークが迫力満点の595です。
fiat500 016.jpgfiat500 017.jpg
今度はスペインのNacoral社製で595のモデル化だと思われます。超ワイドホイールと、4連フォグランプで武装し、ワイパーやドアノブも別部品で’70年頃のミニカーとしてはとっても凝った作りなのです。華奢な作りで、程度の良いのはなかなか出て来ないミニカーです。
fiat500 018.jpgfiat500 019.jpg
イタリアの街ではもう見られなくなってしまったチンクやサソリ達ですが、当時物ミニカーならいつでも当時の雰囲気を味わえるのが素晴らしい事なのです。
チンクに乾杯であります、Cin cin!!

Be Sociable, Share!

???????????