Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

力道山先生の足跡を訪ねて・・・Part.1 力道山先生の足跡を訪ねて・・・Part.1

秋らしいとってもいい天気が続いているので、とってもいい気分になりまして
この前のお休みの日に早朝ロケを敢行し、力道山先生の元を訪ねることにしました。
久々の東京巡業でしたが早起きして先生の所に行くのは全く苦になりませんでした。
まずはお江戸日本橋方面にGo!となりまして、誰も歩いていない早朝の人形町は久松警察署前の
大通りをトボトボとデジカメ片手に歩く変態が一人・・・
「大丈夫です、私は怪しいものではありません、ただのマニアです」とおまわりさんの前を通過する時、
心の中でつぶやいておりました。
Riki Palace 001.jpg
そしてNTT茅場兜営業所に無事到着、今日は東京まで電話料金を支払いに来ました。
じゃなくってここなんですよ、先生がいらっしゃったのは!!!
そう、ついこの前の昭和30年7月8日にこの場所に「プロレスリング・センター」力道山道場が
完成したのであります、一度も見てないけど・・・・
riki-palase-012.jpg
当時のお金で総工費7500万円も掛けた5階建てのビルは道場のほかに合宿所、事務所、ニュース映画館、プロレステレビ中継用の観覧席も有るかなり豪華なビルなのでした。
そう、あのジャイアント馬場が巨人をクビになり大洋ホエールズ移籍もケガでプロ野球を断念、そしてプロレスに入門する為に訪れたのもこのプロレスリング・センターなのでした。
わが大洋に残っていればこの昭和35年は大洋ホエールズが初優勝した年だったのに・・・
でも力道山先生の弟子になったおかげで馬場さんはあのようなプロレスという新たな職に就けスーパー・スターになれましたね。
もはや元プロレスリング・センター周辺はビルばかりで当時の面影も無く、
まさかここに力道山道場が
あったなどとは誰も思わないでしょう・・・・・
そしてお次は渋谷に移動となりまして、渋谷駅の裏から道玄坂をトボトボと歩く時間のいたずらで力道山道場に入門出来なかったマニアが一人・・・・
朝早すぎてこんなに人が歩いてない渋谷は初めてです。
つい28年ほど前、生まれて初めて行ったディスコ(死語)もこの界隈でしたが、その時に履いて行った憧れのアメリカ製スニーカー「ナイキ・テラTC」はまだ持っています・・・どうでもいいですけど。
さて到着したのは坂道の途中にある総ガラス張りの「ヒューマックス渋谷ビル」であります。
Riki Palace 006.jpgRiki-Palace-005.jpgRiki Palace 010.jpg
でもこのビル自体には何の用事もないのです。しかしここは先生にとってとっても大事な
場所だったのです。
全くついこの前である昭和36年7月30日、この地に力道山先生の夢のプロレスの
殿堂が完成したのであります!!
riki-palase-014-.jpgriki-palase-015.jpg
その名も「リキ・スポーツパレス」という巨大な施設で当時
のお金でなんと15億円!!!を投じて作った物でした。地上9階地下一階、述べ2千坪
のビルは屋上をドーム場のデザインにしてっぺんには王冠が輝くという昭和趣味の豪華
絢爛デザインなのでした。
基本的にはプロレスのTV中継が出来る常設会場になっていて(2千人収容)力道山
道場とリキ・ボクシングジム、ボディービルジム、事務所も併設されていました。
さらに日本に入ったばかりのボーリング場、ビリヤード、スナックバー、レストラン、喫茶店、
チャームスクール等も入っていて極めつけは「リキ・トルコ」も入っていたのです・・・・
riki-palase-013.jpgriki-palase-011.jpgRiki Palace 009.jpg
でもこれはムーンアイズ営業スタッフ松浦君の好きな○ープランドではなくて、
スチームサウナなのでした、安心して下さい。
まだ日本では珍しかったボーリングや建物内部のデザイン、会場内のスポンサー看板
設置等は力道山先生がアメリカで見て吸収してきた物で、それらを具現化してしまう
所はさすが先生なのでした。
プロレスを始めて10年、このとき力道山先生は36歳・・・凄過ぎます。
ピンストを始めて20年、このときワイルドマン45歳。・・・・変態過ぎます。
リキ・スポーツパレスは完成後、当時隆盛を極めるプロレスのメッカとして昭和の人たち
に親しまれ、ボクシングの試合や歌謡ショーなどにも使われ、力道山の城として渋谷の
街にそびえ立っていたのです。
rili-palase-016.jpgriki-palase-017.jpg
しかし先生の死後、日本プロレスはこのビルを維持する事が出来なくなり、昭和41年
2月にリキ・スポーツパレスは売却されてしまい、以後キャバレーとして第二の人生を
歩む事になったのです。もちろん屋上の王冠ははずされてしまいました・・・・
そして建物が老朽化し、平成4年に先生の城は解体されてしまい、2年後に現在の
ヒューマックス渋谷ビルに建て替えられたのでした。サヨウナラ、リキ・パレス・・・・・
先生の死後46年が経過し、もはや力道山の足跡は殆ど残っていないのです。
しかし次回ブログは無理やりPart.2への展開となりますので心得ておくように。

Be Sociable, Share!

???????????