Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

AL@@HA!!ブルーカラーの2000GTはボンド御用達!?

だんだんと寒くなって来まして、いよいよ我が作業場Moon Garageは極寒の地へと化して行きます・・・・まあ寒いのは旧御所山Studio時代から慣れておりますので全然平気であります!!! 車に乗る時もダウンジャケットを着ている「寒さのカリスマ」成田店長とは気合いが違います。 唯一の防寒着である”Moon Shipping Dept Jacket”はいよいよ17年目の冬を向かえるにあたって準備万端です。これはかつて御所山WarehouseのStaffジャケットとして配給された物なのです。もう誰も持っていません・・・・ついこの前もらったのに。 どうですこの枯れ具合、黄色のアイボールの刺繍は糸が擦り切れてなぜか真っ黒になってしまい、文字はもはや判別不能となっています。袖口も裂けてきて、古着を通り越してただのゴミといっても過言ではありません。これを着てイトーヨーカドーに行くと皆がジロジロと見てくれてまるでスター気分なのです!?ホームレスWildman参上であります!! 17年間ともに生きて来たので、なかなか捨てるわけには行かないのです。20年たったらリバーシブルにして、最低40年は着たいものですね。 先日寒い中、ペタペタとゴールドリーフをお客様のクルマに貼っていたのですが、寒さで頭がおかしくなったのかまたもや妄想が始まりました・・・ 実はですね、死ぬまでにどうしてもゴールドリーフを貼りたい車があるのです。それは名車の誉れ高きトヨタ2000GTなのであります。やっぱり寒さで頭がおかしくなったのかとお思いでしょうが、あれのオープン仕様であるボンドカーにどうしてもゴールドリーフでピンストライプとレタリングを思いっきり描きたいのです。 だってさトヨタ博物館にある(ない時もあるけど)あのボンドカーは30数年前のある一定の期間、とってもファンシーな70’s仕様でひっそりと太平洋の島で暮らしてたんだから・・・・ 映画「007は二度死ぬ」で名誉あるボンドカーに抜擢された2000GTはついこの前の昭和41年に横浜は港北区のトヨタ・スポーツ・コーナーにて約2週間の突貫工事によるヤングオート顔負けのブッタ切り作業で見事にクーペからオープンになり、日本ロケで使用されました。 無理に作ったとは思えないオープンの見事なフォルムは、存在感抜群で映画でも好評となり、ジュネーブ・ショーなんかにも展示されて話題を呼びましたね。2台製作られたといわれるオープンのボンドカーですが、1台は当時富士スピードウェイのマーシャルカーに使われていていましたが長らく廃棄されたという説でした(そろそろ秘密が解かれるかも・・・)もう一台は海外に流出し、行方不明になっていましたが70年代中期にハワイのトヨタディーラーで発見されました。これが現在トヨタが持っている2000GTボンドカーなのです。 ハワイ時代にこの個体はトヨタの宣伝用として使われていたようで、何とボディーはブルーに塗り替えられて各部にゴールドリーフによるピンストライプが入れられ、ドアーにはでっかくTOYOTA 2000GTと看板文字が描かれるという、まさに屋根ブッタ切ってカッティングシートで武装したお正月仕様のような素晴らしい出で立ちになっていたのです。 ボンドカーはこの時が一番カッコいいぜ、全く!!!トランクには”Used By 007 in:You Only Live Twice!”と素敵なハンドレターで描かれていてその出目を誇示していたのです。 でも日本に持ち帰られてからはやっぱりまっとうなレストアが施されてしまい映画でおなじみの白いボンドカーに戻ってしまいまし・・・わかってないなあトヨタさんは・・・・ ということで毎度おなじみの当時物ミニカーの紹介です。品川5ま20-00という素敵過ぎるシングルナンバーを持つ英国はコーギートーイズ製のボンドカー2000GTであります。裏板には日本語で「007は二度死ぬ」と彫られていて、トランクからはミサイルが飛びだし、ボンドとアキ(若林映子)のフィギュアも乗ってる楽しいモデルです。 そしてこのコーギーが当時大人気となったHot Wheelsの影響を受けて、ボンドカーの栄誉を破棄してしまい、スポークホイールも捨てて良く走るスピードホイールに履き代えて時代について行こうと改悪?してしまったのがブルーのコイツです。 しかしですねダンナ、これは偶然とはいえハワイに渡ってブルーに塗り替えられピンストライプでカスタムされてしまった実車ボンドカーの行く末を現わしているようで大変興味深いのです。でもこれはやっぱりただの偶然だったようで、パープルのバージョンも作ってました、すみれSeptemberラブ・・・・ 「ホンコンの駄玩具」改め「東洋の芸術品」プレイアート製の2000GTはコーギーの縮小コピーのようでスケール違えどコーギーのそっくりさんなのです。しかし何ともこのカラフルな色合いは素晴らしく似合っていて「2000GTはやっぱり白以外だな」ということを再認識させられます(オマエだけ?) ということでトヨタさん、次回レストアの際はぜひともボンドカーをハワイ時代のブルーに戻してくださいませ。その時は無料出張ペイントにより完璧にゴールドリーフとピンストライプで思い出の「ハワイでの70年代」を再現して見せます、AL@@HA!!! ブルーカラーの2000GTボンドカー、絶対カッコイイって!!! それが無理ならばクルマのことを分かっていらっしゃるDeuce FactoryのK様に頼んであの赤いボディーにリーフを貼らさせて頂きたいですな。

[…]

「栄光のポンコツ車」はギャングセブンじゃないぜ!!

先週末は第20回クラウンピクニックが無事開催されました。 90台を超えるオールドクラウンが集まり、それはまさに「変態のつどい」じゃなくって「クラウンマニアのマニアによるマニアの為のつどい」となりました。 ついこの前の1990年11月18日に保土ヶ谷の山のてっぺんで行われたささやかなイベントが20回も続くとは、その場にいた私も感無量であります。 そしてMoon Illustrated vol.4が発売となりました。 表紙はばっちりポーズが決まったZZ TOPのビリー・ギボンズで中身はばっちりミニカーで決めたWildmanページがありますので早いとこ本屋さんにGo!!なのであります。やっぱり全巻揃えないとね!! そして風立ちぬ今は秋「読書の秋」なのです、やっぱり活字は素晴らしい!! とっても狭い(なぜか自然と狭くなった)部屋の本棚から久々に一冊の小説を取り出してみました。こうなると半日で一気に読んでしまいます・・・ハードカバーのその本は全くついこの前である1975年に小学5年生のWildmanが親に買ってもらった物なのですが、岩崎書店のジュニアベストノベルズ「栄光のポンコツ車」という本なのです。 「ブルース・カーター作」原書名は”SPEED SIX”となっていて外人さんが書いた本というのは理解出来ました。 そんなことよりも表紙に描かれた躍動感あふれるクラシックカーのイラストに惚れて買ってもらったことを覚えております。中身はというとまず翻訳者さんの前書きで「双葉山と北の湖とはどちらが強いかな」という切り口に時代が感じられます。 まあ、戦前の大横綱双葉山と、現役の北の湖なんてついこの前の話ですが・・・つまりですね大昔活躍したレーシングカーが現代のレースに出て最新の車とル・マン24時間レースで戦ったらどうなるのかというお話なのです。 主役となる大昔のクルマはイギリスの「ベントレー スピード・シックス」で1930年前後にル・マンで5回も優勝している横綱車輛で、あまりの大きさとパワーで当時は「世界一速いトラック」などと呼ばれておりました。 そして相手となるのはこのお話の舞台が1950年代なので、当時の最新レースカーであるメルセデスやジャガーがモデルになっているのですが名前は変えられていて架空のクルマになっております。 戦前のベントレーはのちにロールス・ロイスに吸収されてしまい、バッヂだけ変えられてオーナー・ドライバーズカーになり下がってしまったベントレーとはわけが違い、大排気量エンジンを持ち、さらにスーパーチャージャーで武装した物もあった超ハイパフォーマンスカーだったのです。 元巨人軍のMが先輩に感化されて勘違いで買ってしまったベントレーなんかとはわけが違うのです。どうでもいいことですけど・・・・ 本の内容は「年寄りの冷や水」的な展開なのですが、ル・マンのレース描写が物凄くて、とてもジュニアベストノベルズという子供相手の本とは到底思えないような迫力なのであります。クルマ好きにはたまりません。単細胞な私はすぐにこの本に感化されてしまい、小学生のくせに「1930年代のベントレー最高!!スピード・シックス万歳!!!」となってしまいました。 スーパーカーブーム以前にビンテージ・ベントレーに陶酔する変態小学生が出来上がってしまったのです・・・・ そして元巨人のMのようにベントレーを手元に置いたのです、ミニカーですけれども・・・・・ 「ウヒヒ、カッコいいなベントレー、このでっかいグリルがたまらんぞ、ミウラよりも20倍くらい美しい」と小学生の変質者は満足していました。 このマッチボックスのベントレーは1976年のお年玉を駆使し、元町の千代田ママストアで入手以来ずっと変態と一緒なのです。 あとのヤツは大人になってからの入手ですが、どれも1960年代に作られたミニカーでビンテージ・ベントレーの迫力満載であります!! そして小学5年生の変態は図画工作の時間に思い余って1929年式ベントレーを描いて堂々と先生に提出してしまいました。これはまさに「栄光のポンコツ車」リスペクト作品であります。先生もこの迫力におびえたのか”A”という評価をいただきました!!! ありがとう伊丹先生・・・・ これが手元に残っている書道以外のWildman最古の作品なのであります。どーだ参ったか、栄光のポンコツ車、ベントレー最高であります!!!

[…]