Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

同じに見えても違うのさ! Part.II

ブン♪ブン♪ブン♪蜂が飛ぶ・・・・・ 皆様こんにちは、先週はですねPomona Fairplexにて開催された61st Grand National Roadster Showに行って参りました。 今年はですね3日間の開催中、天候にも恵まれてとっても盛り上がっていました。(このShowの詳しいReportはMMMにて多数の写真と共にGoshuが執筆致しますのでそちらをチェックして下さいませ) 昨年同様、私はShow会場内の一角で行われるVon Hot Rod主催の”Pinstriper Reunion”に参加してきた訳であります。今年も40名を超えるPinstriperたちが集まり各自そのパフォーマンスを存分に披露致しました。 アート・オークションもあってヘルメットを出品したのですが、何と今年も私の作品が最高落札額となり、とっても嬉しい次第でございます・・・・・日本から持っていったかいがありました。 と書いてみれば順調な出張だったようにように思えますが、全然そーじゃなかったんですな、これが・・・ブン♪ブン♪ブン♪・・・ それはShow搬入の日に起こりました。朝、PomonaのParkingで荷物を降ろしていた時、何やら右手首にチクっとした感触がありました。「まあいいや」と思いそのまま荷物を抱えて会場入り口に向かったのです。入口に近づくにつれ、手首に微妙な痛みがあるようなないような・・・入場口でパスをポケットから出すために、抱えていた荷物を降ろしたとき「アレッ、ヤッパリ手首が痛いぞ」と思い右手首を見たらそこには推定6,8mm程の針がブラーンとぶら下がっていたのでした・・・ブン♪ブン♪ブン♪蜂が飛ぶ・・・・・ その瞬間「ウギャー!!イタイ、イタイ、イタイよ」と叫ぶ変態がPomonaに一人、そうです、さっきチクっとしたのはいつの間にか蜂に刺されていたのでした!! Mooneyes USAのChico-sanが「おい、大丈夫か、蜂に刺されたら死んじゃう奴もいるんだぞ」と暖かいお言葉を掛けてくれました、大丈夫です生きております・・・・・ そのうちプク~っと手首が真っ赤に腫れて来て、もうイタイのなんのという感じで、薬なんか持ってるわけもなくそのままにしておきました。熱を持ってる手首はとっても重く感じましたが、どうにもならないのでそのまま2日間我慢してPinstripeを描き続けておりました。 この画像は刺されてから5日後の物ですが、いまだこの有様であります。 蜂に刺されたのは人生で2回目の事でありまして、前回はついこの前の1987年、三浦海岸に海水浴に行った時、右人差し指をミツバチハッチに刺されたので、それ以来の出来事でした。よりによってアメリカに来てまで蜂に刺される珍しい変態・・・・また一つ素敵な思い出が出来たのであります!!!あと23年経ったら3回目を刺されて本当に死んじゃうかもしれません・・・ブン♪ブン♪ブン♪蜂が飛ぶ・・・ ということでお話は前回の続き「同じに見えても違うのさ!」になります。まずはミニカーのお話になりまして、フォード・マスタング・ファストバックになります。 シルバーのは英国はCorgi Toys製のモデルで60年代当時日本にも沢山輸入された人気モデルでありました。そして怪しげなメタリックブルーを身にまとったのはCorgiの金型を利用してインドにて作られたMilton Mini Toysというブランドのモデルになります。形は全く一緒なのですがグリルに注目、Corgiのは実車同様お馬さんのエンブレムが輝いておりますが、インド製Miltonのは馬肉をカレーに使うのは禁止なのか、エンブレムは無くて代わりに意味不明の紅白グリルになっております・・・・目出たいぜ!! 同じくCorgi Toys製のスチュードベーカー・ゴールデンホークは金色の塗装が素晴らしく、当時の高級車の雰囲気がプンプン致します。 対する真っ赤なインドのMilton製はすでに使い古された金型の使用によりなんだか板金修理後のクルマという感じで、ホイールキャップも飛んでっちゃった20年以上使いまわされた中古車という風情であります・・・・でもね、今となっては本家英国製Corgiよりもインド製のMiltonのほうが貴重といえば貴重なのであります。 そしてお次はHot Wheelsに食われるまで世界最高のシェアを誇った英国Matchbox製のロータス・ヨーロッパです。 キャンディのようなブルーの塗装も素晴らしく、か細いタイヤが初期ヨーロッパのイメージを出しております。対してそれをコピーして作っちまったのが返還前のホンコンはZylmex製の黄色のヨーロッパであります。意味不明のフラワーパワーデカールと、超ワイドなWheelが全ての雰囲気をぶち壊し、もはやアートの域に達しております。 同じくMatchbox製の黄色いランボルギーニ・ミウラですが、こちらはリアのルーバー越しに12気筒エンジンが見えるという超凝った作りで当時大人気のミニカーでありました。 「このミウラ人気あるからコピーしちまえ」と作っちゃったのが同じくZylmexの赤い三浦さんです。「全く同じじゃまずいからちょっと変えようぜ」と思ったのかなぜか右ハンドルに変更され(実車じゃ超貴重です)ルーバーもエンジンも省略となりました。その代わりに下品なワイドWheelで憂さ晴らししているようですね・・・・ そして今度はスニーカーです。言わずと知れたビンテージ・テニス・シューズの名品「ナイキ・フォレストヒルズ」はボルグ様の大敵「ジョン・マッケンロー」の野郎が使用し一世を風靡致しました。 左がオリジナルですが右のは超貴重なUCLAの大学別注モデルであります。ついこの前の1976年、ポパイ創刊号を見た頃「ウクラ」って何?とおもってました・・・ 寅年にふさわしい鮮やかなイエロー&ブラックのGo! With MOONなこのスニーカーは70年代の「プーマ・バナナ」というモデルになります。素晴らしく70年代的なカラーリングですが、ある時このモデルは2種類あることに気付きました。 こっちのはつま先のところが黒のパーツで補強されていて、サイド部のロゴもPUMAの下にBANANAとモデル名がプリントされてます。 対してこっちのは補強がなくスマートな作りで、ロゴもBANANAは入らず、PUMAだけプリントされています。 どっちが最初に作られたのか定かではありませんが、きっと、最初はモデル名が決まって無くて、ある時担当者が3日前に残した朝食のバナナを見て素晴らしく黄色と黒のコントラストが美しかったのでバナナというネーミングに決まったと思われます、そうに決まっています。 もっと書きたい事はたくさんありますが、これ以上書くと永遠に終わりそうもないので、この手のお話はいつか再特集したいと思っております。 ブン♪ブン♪ブン♪蜂が飛ぶ・・・・・・

[…]