Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

90年代を席巻したアストロの思い出は国道246号と共に・・

いよいよ日本のプロ野球はオープン戦も始まり、球春到来ということで陽気もポカポカと暖かくなってきましたね。
今年の横浜ベイスターズは久々にお金を使った補強もし、最下位脱出はもはや確定的となっておりますが、やっぱり一番気になるのは昨年のドラフト一位の筒香君ですね(つつごうと読みます)

地元横浜高校出身のスラッガーでちょっとデブなのが気になりますが、高校通算69本塁打という実力は、かの渡辺監督が「横浜高校史上最強のバッター」というとんでもない発言の通り、他チームスコアラーの評価も上々で「あの松井以来のパンチ力」というおほめのお言葉も頂いております。このまま上手く行けば開幕一軍となり、ベイスターズには珍しく高卒ルーキーのベンチ入りが見れるかもしれません、ワクワク・・・・筒香君にはそんな超人的な活躍をして欲しいものであります!!
超人野球といえば「アストロ球団」でなのです。えっ、知らないって、何で??ついこの前の1972年から1976年までの間、少年ジャンプに連載されてた「スポ根超人野球漫画」とでも言うのか、それは恐ろしいストーリーの野球漫画でありました。
0227-8.jpg0227-7.jpg
昭和29年9月9日生まれの、体に同じボール型のアザを持つ9人の超人がアストロ球団というチームを結成し、打倒巨人、打倒大リーグを目指すという話の展開なのです。魔球くらいなら驚きませんが、試合中死人や廃人が出たりして、まるで殺し合いのような無茶苦茶なストーリーは、とてもそれまでの「巨人の星」や「侍ジャイアンツ」のような正統派野球漫画とは一線を画していて、少年Wildmanは一発でファンになってしまいました。
単行本で20巻もあるのに、試合は何とたったの3試合しかこなしてなく、1試合当たりの連載は1年以上掛かっていたような感じなのでした。力道山先生ご友人のロッテ金田正一監督やアルトマン、有藤さんら実在のプロ野球選手も出てくるのですが、壮絶なストーリー展開は今の時代ではSFかギャグ漫画にしか感じられないかもしれません。
「そうだ、今こそ読み返そう!!」と思いましたが、そういえば単行本の17巻から19巻は、ついこの前の1978年、中学校の英語の授業中に読んでいるところを先生に発見されその場で没収されていたのでした。
「卒業するときに返してやる」と約束したはずですが、返してもらってません・・・大谷先生、いい加減に返して下さい!!
そんなことはどうでもいいのです!!漫画の「アストロ球団」じゃなくって、クルマの「シボレー・アストロ」の話をするつもりがこの有様です、すみませんです・・・・
アストロといえばとっても素晴らしいデザインを持ち、あんなに横幅があるのに日本でも受け入れられて、90年代にはカスタム・ベースの定番としてみんなが乗っていましたね、物凄い台数が日本に輸入されてたミニ・バンでした。ちっともミニじゃありませんが・・・
90年に初めてお客様のアストロにPinstripeを施工しましたが、20代前半のオーナー様は、何と500万!!近くしたアメリカ製作カスタム車輛をフルローンで買って来てPinstripeを依頼されました。バブリーな時代でしたね・・・・
ムーンアイズでもカスタム・ベースの定番車輛となり通算6台も製作するという暴挙?に出て、それぞれが色々な用途に使用され皆様の眼に留まった思います。
0227-3.jpg0227-4.jpg0227-2.jpg0227-1.jpg
シンプルな黒と黄のツートンのヤツは高価なビレット・ホイールにビス止めサターン・ディスクを装着するというまさに暴挙でしたが、カッコ良ければそれで良いのです、いつの時代もGo! with M@@Nなのです・・・
そして勢い余ってベイスターズ38年ぶりの優勝を記念して98年に作ったのが’89旧型アストロベースの”Street Van”でありました。まだハイテック・ブームの名残があった時代に、突然70’sリバイバル・デザインを持ち出したのは最高のアイデアだと思いましたが、逆に作る時代が早過ぎたようです。
0227-5.jpg
凄過ぎちゃって、当時の普通の?アストロ・オーナーは引いてしまいました・・・さすがにGo! With M@@Nとは行きませんでした・・・
でも今なら良いかもね、好きだな~このクルマ!!!
6台のアストロのうち、一番仕事で使ったのは、この白・グレーツートーンの後期型’96カーゴ・バンでしたね。
0227-6.jpg
大阪やら九州やらあっちこっち自走で出張PaintやShowに走りまくりました。目玉だらけのデザインはどこに行っても人目を引き、印象深いクルマだったと思います。新車ベースだったのでとっても丈夫で、本当に便利なヤツでした。
過去形のようですが、もう日本にはこのクルマは無く、その後アメリカに里帰りし、2010年現在はSanta Fe SpringsのMooneyes USAにて未だ現役で活躍しております、頑張れアストロ!!
日本でカスタム・ペイントを施してから14年の歳月が経っておりますが、まだ目玉だらけの塗装はキレイなままでして、あの”Santini Paint”のサンティーニさんもその耐久性に驚いていたそうです、まあ96年なんてついこの前ですが。
このクルマには色々と思い出がありますが、一番の思い出は何と言ってもArea-1カリスマ成田店長なのであります。
確か96年のアメフェスだったと思うのですが、富士スピードウェイからのおなじみ大渋滞の帰り道、東名の渋滞を回避し、国道246に出ましたがやっぱりそこも大渋滞でした。このアストロは2シーターなので、私が運転し、横にはカリスマ成田店長が座って、仕方なく山の中の長い渋滞にはまっておりました。さんざんプロ野球の話をした後、突然成田店長が「石井さん、トイレに行きたい!!」と子供のような事を言い出しました。
「そんなこと言ったってこんなとこにトイレなんかないよ、お店もなんにもないからその辺でしちゃえ」とアストロから降ろしちゃいました。渋滞してクルマも全然進まないから2~3分なら大丈夫だぜと待ってましたがなかなか成田店長が戻って来ません。
そうこうするうちにクルマが少しずつ進み始めました。「まあ、いいや動かず待ってましょう」と片側1車線の道をふさいでましたが、後ろの方からクラクションがピ~と鳴り始めました。
「やばいな、少しだけ進もう」と思いチョッぴっとだけ進みました。それでも成田店長は戻って来ません。するとなぜか突然渋滞がやわらぎ始めどんどん前のクルマが進んで行くのです・・・・
「こりゃまずい、一緒に進まないとクラクションの嵐が待ってるぜ」と小心物Wildmanは前のクルマに続いて少しずつ、少しずつ進みました。しかしいくらバックミラーを見てもカリスマ店長の姿が現れないのです。
「何やってんだ、アイツは、一体どこに行っちまったんだ!!」と今度は私が逆ギレ気味になり、アストロは普通にすいすいと走り始めたのです。気がつけば山道を2キロくらい走り、やっとバス停のスペースを発見しそこにアストロを停めたのでした・・・・
夏の夕暮れ、なぜか国道246号の山道を一人歩くカリスマ成田店長・・・・渋滞にはまるクルマの人々の好奇の視線を浴びながら、ヒッチ・ハイカーのような店長はやっとアストロのところまで辿り着きました・・・・
「石井さんヒドイな、何でおいて行っちゃうんだよ~!!」と成田店長が叫べば「勝手に消えてしまうオマエが悪いんだ!!トイレなんか我慢しろ!!」と逆ギレで応戦するWildman、いまだに上手く交わらない二人の争いはこの時から始まっていたのかもしれません・・・・・
カリスマ成田店長伝説もこの頃より始まっていたのかもしれません・・・
90年代を席巻したシボレー・アストロの思い出は、国道246号と共にあるのです、やっぱりアストロ・バンは最高だぜ!!!

Be Sociable, Share!

???????????