Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ウソじゃないよ、イソだよ!謎のグリフォはスーパーカー!? Part II

やっとこ暖かくなり始め、ついに桜の季節がやって来ました!!

もう寒い冬は こりごりであります!!! 不肖Wildman、雪にまみれるウィンタースポーツなんぞ一切やりませんので、 寒いだけの冬というのは全く意味がない季節でありまして、とっとと終わって ほしいのです、本当に・・・・ 冬のメリットなんぞ湿度が低い為、ミニカーの保存に適しているということ くらいしか思いつきませんな、ああ、やだやだ冬は・・・これからMooneyes Area-1前の本牧通りは、美しい桜が咲き乱れますので 皆様ぜひお越しくださいませ!!横浜市営バスの各型式を見ながらMoon Cafe のテラス席で花見を兼ねてお茶するのは至福の時なのであります。 運が良ければ疾走する黄色いメッサーシュミットに遭遇する可能性もありますよ!! バニラ・シェイクに舞い散る桜の花びら・・・ポエムだなあ・・・・

で、先週からのお話の続きで「イソ・グリフォ」であります。 冷蔵庫ビジネスで成功したイタリアのレンゾ・リヴォルタ様は、Wildman並みの 白昼夢を見たらしく、クルマの生産をおっぱじめてしまいました。 手始めに珍奇な豆自動車の「イソ・イセッタ」を作りましたが「こんなにうるさくて ちっこいクルマはいや~だ!」とアイデア満載の可愛いイセッタをポンと投げ出し ちゃって、フェラーリ・オーナーのリヴォルタさんは突然スーパーカービジネスに 参戦するという暴挙に出ました、素晴らしい!!

まずは62年に社長のお名前そのままの2+2クーペ「イソ・リヴォルタ」を 発表しました。でもあんまカッコ良くないですね、コレ・・・・

当初からイソは「ユーロ・アメリカン・ハイブリッド」というスタイルをとり、自社 製のボディ、シャーシにハイパフォーマンスなアメリカンV8を積むという作り方でした。

そしてお次は本格的な2シーターのクーペ、そう実車より先にミニカーで知った あの謎の青いクーペ「イソ・グリフォ」の登場であります。 日本人には奇異に聞こえるグリフォって変てこな名前は、半分が鷲で半分が獅子 の伝説上の怪物である「グリフォーネ」から来ています。エンブレムもそんな感じの 怪獣デザインです。

63年のトリノ・ショーでプロトタイプが発表されたグリフォは、ベルトーネ時代の 天才ジウジアーロがデザインした優雅なボディを持ち、当時の C2コルベット スティングレイ用の4ボルト・メイン327cu.in.スモール・ブロックV8エンジン (5,4リッター)を組み合わせていました。350hpのパワーを持ち、最高速度は 262km/hを誇った新型スーパーカー「グリフォGL350」は65年から生産が 開始されました。

で、私が実車のグリフォを初めて目撃したのは1986年、Mustang欲しい病に 掛かった頃でした(Wildman’s Blog 2007年2月分参照) 埼玉のAというアメ車屋さんにクルマを物色しに行った時に、沢山のMustangや Camaroに挟まれてくたくたにくたびれたシルバー・ボディのバンパーレスの イソ・グリフォを発見しました。 「グ、グリフォだ、何でこんなところにあるの???結構欲しいかも、これ」と本気で 悩んだ22歳の世捨て人でしたが、いくらなんでもTE71カローラの次の愛車が イソ・グリフォというのも無茶があり過ぎました・・・・本当にバカですね。

で、当然当時物ミニカーでお勉強となります。グリフォはその頃やっぱり話題性が あったようで、小さなマッチボックス以外にも標準スケールでちゃんとミニカー化 されておりました。 本家イタリアの”POLITOYS”製のグリフォはEシリーズという同社の中では廉価 バージョンのミニカーですが、気合いを入れて作ったので見事なプロポーション を持っています。60年代当時日本にも輸入され550円で販売されていました。 […]

ウソじゃないよ、イソだよ!謎のグリフォはスーパーカー!?Part.I

先日、あるミニカーを探す為に我が変態部屋内の「ジャンク・ヤード」 (ただの段ボール箱)を物色していたところ、探しものとは全然関係ない 懐かしいブルーのジャンク・ミニカーが出て来て郷愁に浸ってしまいました・・・

このジャンク・ヤードというのは数十年に渡るミニカー心中生活の中で、 何らかの理由で傷ついてしまった物や、子供のころ弟に破壊されて しまった物、友人から「もういらないから持ってって」といわれ「ハイハイ、 かたじけない」と廃品業者のように回収してきた物たちがひっそりと眠る 「ジャンク・ミニカー安住の地」となっております。

でもこのジャンクたちも時には役に立つことがありまして、実車と同じく 「部品取り車」として大変重宝することもあるのです。タイヤなんかよく 利用致しますね。

で、ブルーのミニカーであります・・・・皆様は子供のころ買って頂いた オモチャをどのくらいお持ちでしょうか? エッ、全然持ってないって?? それじゃ人間失格ですね。3~40代の人であればせめて5歳くらいの ころのオモチャくらい持っていないと話になりませぬ・・・・・

ついこの前の昭和30年代後半から40年代前半に生まれた方であれば ミニカーといえば英国の”Matchbox”(マッチボックス)なのであります。 1/43スケールのミニカーなんて高価過ぎて、誕生日やクリスマスの イベント時くらいしか買ってもらえないのが当時の一般常識でありまして 60年代当時は150円で販売されていたマッチボックスは庶民の味方 だったのです。 何はともあれ、当時の子供たちはミニカーといえばマッチボックスでした。

バラエティに富んだ車種選択と、かなり精巧なディティールはトミカや ホット・ホイール(ウィールじゃありません、念のため)誕生以前の 小スケールミニカーの代名詞だったのです。

Wildmanもついこの前の幼稚園時代はマッチボックスに大変お世話に なりました。今でも大変お世話になっておりますが・・・ で、やっとブルーのミニカーの登場であります。マジックでゼッケン2番 が描かれてしまった傷だらけのこいつはタイヤも一本紛失していて Wildman的には完全なジャンク・ミニカーなのです。 最近はこんなのでも程度がいいという変態も結構いるのですが・・・ このミニカーが我が家にやって来たのはついこの前の昭和44年、 岡村幼稚園、ひなぎく組の時でありました。 ある日、弘明寺商店街の中華料理屋に家族で食事に行き、今はなき 「さのや玩具店」にて買ってもらった当時最新鋭のミニカーでして、 現在手元に残っている「Wildmanワンオーナーカー」の中でも最古の ミニカーの一台なのです。

でもね、幼年Wildmanは当時このミニカーの車種が全くわからず、 困り果てておりました。マッチボックスでもムスタングやワーゲンなんか はその辺でも実車を見るから全然問題ないのですが、この青いクーペ はその辺を走っていなく、何が何だかさっぱりわからないクルマでした。 シャーシに刻まれた英語なんて読めるわけないし・・・

親父に聞いても「きっとファミリア・クーペだよ」と無茶苦茶な答えしか かえってこず、謎のクルマは謎のまま時が過ぎて行きました。 しか~し、ついにその謎が解ける日がやって来たのです。 岡村幼稚園、月組になった頃、今度は同じ弘明寺商店街にあった いまはなき「高橋玩具店」にてミニカーのカタログを何冊か頂きました。 その中に「1969年マッチボックス日本語版」カタログがありまして、 パラリとページをめくるとそこにはあの青いクーペが出ていたのです!! しかしまだカタカナがよく読めませんでした・・・・親父にそれを読んで もらうと「イソグリフォ」って書いてあるよと言われました。 「いそぐりふぉ~」って何???へんなの、円谷プロダクションのクルマ ですか???と又もやクビをひねるしかありませんでした・・・

[…]

同窓会は楽しいぜ、KISSの場合はこれいかに!? Part II

やっぱり寒い!寒過ぎであります!! 今週、またもや横浜は突然の豪雪に見舞われ(1センチ以上積もったら豪雪と認識しております)3月になったというのに全く春らしくならず、このままでは4月まで冬が続きそうで本当に困ってしまいます・・・ こうなったらStreet Car Nationalsまで冬が終わらず、当日は雪なんて可能性も出てきました。雨天決行!!Street Car Nationalsですが雪だったらどうなるのでしょう?? Long Distanceはどちら様に!? そして先週からのKISS話の続きであります。 1983年にメイクを落としてからのKISSもそれまでと変わらず、ずっと応援し続けていた私でありますが、人気凋落バンドとなっても’88年と’95年に来てくれたノーメイク時代のJapan Tourにはきちんと足を運び、CDやグッズ類もせっせと購入し続け、とっても献身的なファン活動を行っていました。勝手に貢いでいるだけですが・・・・ そんなこんなで時は流れて90年代中期を過ぎると、いろんなバンドの再結成が次々と行われ、どれも成功を収めていました。するといろんなとこで「KISSが又メイクをしてオリジナルメンバーでやるみたいだぞ」なんて言う恐ろしい噂が飛び交うようになりました。 「う~む、それはとっても凄いことだが、現在は違うメンバーでやってる訳だし、大体やめてったあの二人ってまだ演奏出来るの?」という小心物らしい不安もあり「うん、やっぱりこれはデマだ、誰かが悪い噂を流してるだけだぜ!」と思っていました。 オリジナル・メンバーのピータークリスとエース・フレーリーが脱退しメンバー・チェンジやメイクを落としての活動となりすでに十数年、メイク版KISSなんて時代遅れのはるかかなたの70年代的夢物語として語り継がれているだけで、もう一度オリジナル・メンバーでメイクをしたKISSが演奏するなんて、何かのジョークかWildmanの白昼夢でしかありませんでした。いや本当にKISSが再びメイクをするなんてファンであるからこそ「絶対にない」と思っていました・・・ しかし時が経てば時代遅れとみなされていたメイク版KISSも伝説となり、今度は時代がそれを求め始めたのです。 そして’96年のグラミー賞でプレゼンターとして突然、何の前触れもなくオリジナル・メンバーのKISS 4人が揃って70年代のフルメイク&コスチューム姿で突然ステージに現れたのです。 会場はそりゃもう大騒ぎとなったそうで、そこにいた芸能関係の皆様方は「スゲエ、オリジナルKISSだ!!また演るのか!?」と興奮状態となりこれ一発でKISSリユニオンは世界中に発信出来たのです。 そしてついこの前の1996年の4月16日、大袈裟なことが好きなKISSはニューヨークはマンハッタンに停泊している空母USSイントレピッドで記者会見を開き、リユニオン・ツアーを正式に発表し、世界中のKISS ARMYそして元KISS ARMY達を狂喜させたのでした。 その一方でノーメイク時代を支えてきた、ドラマーとリード・ギタリストの二人はあっさりクビとなったのです・・・・この二人の方が全然演奏は上手いんですけど・・・ 日本でも一人の変態が狂喜の渦にさらわれていました。「あわわわわわわ、本当にKISSが再結成しやがった!!本当に本当に本当なのですか?????」と失神寸前の32歳の男はどうしたらよいのか分からなくなっていました・・・・・ ついこの前まで「リユニオンなんてありなの??ずっと頑張って来た二人をクビにして、ヤク中とアル中で辞めてった二人を戻してまでやる再結成なんて価値あるの?」とリユニオン否定説を唱えてきた横浜の変態はあっさり寝返って「ハイ、リユニオンありであります!!お二人サンお疲れさまでした!!お帰り、ピーター&エース」と早くもリユニオン・KISSの来日を待ちわびていたのでした。 この変わり身の早さが生きて行く上で大切なのです・・・・ そしてアメリカで初日公演となるデトロイトのタイガースタジアムでのチケットは発売と同時に一瞬で四万枚が売り切れて、その後もずっとソールドアウト公演が続き、KISSリユニオンをバカにしていた評論家達をぶっ飛ばす勢いで、結局この年のアメリカのコンサートブッチギリナンバーワンの興行収入を上げたのでした。めでたし、めでたし・・・ そしてついに来日決定であります。本当にオリジナル・メンバーでメイク版KISSがやって来るなんて夢にも思ってなかった変態は、興奮のあまりジーンのお面をかぶり、旭区のアパートの一室でエアギターをプレイしておりました・・・ なにはともあれチケットです、チケットがなければどうにもなりません。しかし今回の東京ドームでの”KISS ALIVE WORLDWIDE ’97”はプラチナチケットと化していて、手に入れるだけでも大変なのです。しかも相手は東京ドーム、スタンド席なんかに廻されたらステージなんて遠くて何にも見えません。火吹きを目の前で見たいのです!!! 「そりゃいくら何でもあんまりだ、ずっとファンであり続けたこの俺様が一番後ろの席なんて、ウェディング・ベルのシュガー並みだぜ、くたばっちまえアーメン!!」と興奮しても、チケットぴあなんかでまともな席が来るわけないのです・・・・何かツテがないと良い席なんて確保出来ないのです。 まだヤフオクもなくって、オークションで高額な優良席チケットを入手する術もありませんでした。こんな時、一筋の光が見えて来たのです、神様、仏様、カリスマ店長様・・・・そう、かつて一瞬だけ「業界」に在籍したことのあるエリア-1カリスマ成田 店長様にはそのツテがあったのでした!!!!!カリスマ店長様に必死にお願いして、何と東京ドームアリーナ席がゲット出来たのでした!!!最高だぜカリスマ、ありがとう!!!! そして1997年1月18日、ついにオリジナル・メンバーによる来日公演初日を迎え、変態はアリーナ席チケットを握りしめ、大嫌いな巨人軍のホームである東京ドームに出撃致しました。横浜スタジアムでやってほしいのに・・・ 「C9ブロックの113番はどこだ、みんな俺に道をあけろ!!」と心の中でつぶやくしかない小心者はやっとこ自分の席を探し当てました。「あったぜ、ここだここだ、ここならステージも良く見えるぜ、ワーイ」と感激し、着席して後ろを振り返ると、そこには何と西城秀樹さまが着席、「ヒデキ、感激!! Wildmanも感激!!」でありました・・・・ 東京ドームは20年来のファンであるKISS ARMYの同窓会となり、さらに新たなファンたちもごった返していたのです。 待ちに待った 5:00PM過ぎ”All Right Tokyo, You Wanted The best,You Got The Best!! The Hottest Band In The […]

同窓会は楽しいぜ、KISSの場合はこれいかに!? PartI

先日ですね、高校の時のクラスメートから突然電話が掛かって来まして、何でも今年はクラス会をやるとのことで、お知らせの手紙を出す為にそれぞれの住所確認をしているとの事でした。私にとっては80年代の高校時代なんて、全くついこの前の出来事なのですが、一般的な時流の感性を持つ方々にはそれってとっても大変な作業に思えます。頑張って下さい!! 卒業してから四半世紀以上が経てば皆様それぞれいろんなパターンの生活をし、変わってしまった方は本当に色々と変わったと思うのですが、私のライフスタイルは何も変わっておりませんのでご安心下さいませ。 やってることは当時と何も変わらず、ミニカーとKISSとスニーカーに埋もれている生活は昭和50年代のままですので、当然同窓会当日には79年製KISSのTシャツに81年に買ったフィラのボルグジャケットを羽織り、足元は高校生当時メンマ工場のバイトで買ったナイキ・バミューダでバッチリきめて行こうと思っている次第であります。全く1981年10月当時の私の再現です、カッコイイなナルシストWildman !!! ということでReunion(同窓会)といえばやっぱりKISSなのです!!! と、その前にこの間KISSのスカジャンなるものが東洋エンタープライズさんから発売されました。 こんな無茶苦茶な刺繍のデザインは真のKISS ARMYにしか着こなせませんね、リバーシブルのジャケットなのです。しかし最高だぜ「地獄の軍団」よ!!!(湘南爆走族とは違います)KISSとのコラボによるジーン・シモンズも着ているという本格的なモデルなのですが、以前東洋さんとMooneyesもコラボしてこのアロハ・シャツをデザイン致しましたね。 ウオオ~こうなったら俺もKISSとコラボしてなんか作りたいぜ、まってろジーン・シモンズよ!!!! で、Reunionであります。30年以上も活動が続いているバンドなので、当然いろんな事がありましたな。 ゲテモノ扱いのデビュー時、絶頂の70年代、その後のメンバー脱退、悪夢のメイク落とし&80年代の人気凋落、そして素顔での活動・・・・ずっとKISSと共に生きてきた私なので感慨深い物があるのです。人気がなくなった素顔時代の1988年、10年ぶりに日本に来てくれてライブを行ってくれましたが、マスコミの扱いも少なく「何をいまさら、KISS??」という感じも致しました・・・こちらはその時の横浜文化体育館でのチケットになります。 (2008年4月12日ブログ参照) オンボロ文化体育館でKISSが演ったなんて・・・・それにしても4列44番の席番って意味深ですね、何の意味もありませんでしたが・・・いや違う、意味があったんだ!!!この席の3つ後ろに高校の時の1年8組出席番号1番のA君が偶然いたんだったっけ、まさにりユニオン!!!(ちなみに私は出席番号3番) その後も私は”KISS ARMY INTERNATIONAL”なるファンクラブに入会し、信者としての活動を熱心に続け「いつか、メイクアップ版のKISSが見てみたいな、死ぬまでに・・・」と夢のようなことを考えておりました。24時間いつも白昼夢ですが・・・ この時代はKISSが再びメイクアップをするなんてまた夢のまた夢だったのです。まだDVDも無く、不当に値段の高い海賊版ビデオなんかで懐かしい70年代の画像を見るしかなかったのです。 すると90年代中期になって、何やら怪しげな噂が飛び交うようになりました。「KISSがオリジナルメンバーに戻って、またメイクをしてやるらしいぞ!?」 「いや、それはデマだよ、そんなのありえないよ」なんて言う嘘かまことか嬉しいやら悲しいやらといった情報がポツポツと日本にも入って来ました。 この頃はイーグルスが再結成して大成功を収めたりして、世は70年代の音楽やライフスタイルを再評価し、かつての人気バンドのリユニオンが活発になり、どれも成功して最後に残った大物が我がKISSなのでありました。 しかしKISSは再結成というわけではなく、メイクは落としててもちゃんと活動をしている現在進行形のバンドでありまして、もしオリジナルメンバーを二人を引き戻して70年代のスタイルにするとなると、ノーメイク時代を支えて来た、リード・ギタリストとドラマーのクビをチョンと切らなければなりません。 「それってOKなの?? ずっと頑張って来た二人をクビにしてでもアル中とヤク中で辞めてったオリジナルメンバーを戻してやるリユニオンって価値あるの?」という真面目な意見も真面目なWildmanは持ち合わせておりました。いつの時代も真面目なファンだったもので・・・・・ そうこうするうちにどんどん事は進み、ある日変態の元へビッグ・ニュースが舞い込んで来たのでした。 ということで続きは来週のお楽しみであります!!!(お前が勝手に楽しんでろって!?)

[…]