Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

同窓会は楽しいぜ、KISSの場合はこれいかに!? PartI

先日ですね、高校の時のクラスメートから突然電話が掛かって来まして、何でも今年はクラス会をやるとのことで、お知らせの手紙を出す為にそれぞれの住所確認をしているとの事でした。私にとっては80年代の高校時代なんて、全くついこの前の出来事なのですが、一般的な時流の感性を持つ方々にはそれってとっても大変な作業に思えます。頑張って下さい!! 卒業してから四半世紀以上が経てば皆様それぞれいろんなパターンの生活をし、変わってしまった方は本当に色々と変わったと思うのですが、私のライフスタイルは何も変わっておりませんのでご安心下さいませ。 やってることは当時と何も変わらず、ミニカーとKISSとスニーカーに埋もれている生活は昭和50年代のままですので、当然同窓会当日には79年製KISSのTシャツに81年に買ったフィラのボルグジャケットを羽織り、足元は高校生当時メンマ工場のバイトで買ったナイキ・バミューダでバッチリきめて行こうと思っている次第であります。全く1981年10月当時の私の再現です、カッコイイなナルシストWildman !!! ということでReunion(同窓会)といえばやっぱりKISSなのです!!! と、その前にこの間KISSのスカジャンなるものが東洋エンタープライズさんから発売されました。 こんな無茶苦茶な刺繍のデザインは真のKISS ARMYにしか着こなせませんね、リバーシブルのジャケットなのです。しかし最高だぜ「地獄の軍団」よ!!!(湘南爆走族とは違います)KISSとのコラボによるジーン・シモンズも着ているという本格的なモデルなのですが、以前東洋さんとMooneyesもコラボしてこのアロハ・シャツをデザイン致しましたね。 ウオオ~こうなったら俺もKISSとコラボしてなんか作りたいぜ、まってろジーン・シモンズよ!!!! で、Reunionであります。30年以上も活動が続いているバンドなので、当然いろんな事がありましたな。 ゲテモノ扱いのデビュー時、絶頂の70年代、その後のメンバー脱退、悪夢のメイク落とし&80年代の人気凋落、そして素顔での活動・・・・ずっとKISSと共に生きてきた私なので感慨深い物があるのです。人気がなくなった素顔時代の1988年、10年ぶりに日本に来てくれてライブを行ってくれましたが、マスコミの扱いも少なく「何をいまさら、KISS??」という感じも致しました・・・こちらはその時の横浜文化体育館でのチケットになります。 (2008年4月12日ブログ参照) オンボロ文化体育館でKISSが演ったなんて・・・・それにしても4列44番の席番って意味深ですね、何の意味もありませんでしたが・・・いや違う、意味があったんだ!!!この席の3つ後ろに高校の時の1年8組出席番号1番のA君が偶然いたんだったっけ、まさにりユニオン!!!(ちなみに私は出席番号3番) その後も私は”KISS ARMY INTERNATIONAL”なるファンクラブに入会し、信者としての活動を熱心に続け「いつか、メイクアップ版のKISSが見てみたいな、死ぬまでに・・・」と夢のようなことを考えておりました。24時間いつも白昼夢ですが・・・ この時代はKISSが再びメイクアップをするなんてまた夢のまた夢だったのです。まだDVDも無く、不当に値段の高い海賊版ビデオなんかで懐かしい70年代の画像を見るしかなかったのです。 すると90年代中期になって、何やら怪しげな噂が飛び交うようになりました。「KISSがオリジナルメンバーに戻って、またメイクをしてやるらしいぞ!?」 「いや、それはデマだよ、そんなのありえないよ」なんて言う嘘かまことか嬉しいやら悲しいやらといった情報がポツポツと日本にも入って来ました。 この頃はイーグルスが再結成して大成功を収めたりして、世は70年代の音楽やライフスタイルを再評価し、かつての人気バンドのリユニオンが活発になり、どれも成功して最後に残った大物が我がKISSなのでありました。 しかしKISSは再結成というわけではなく、メイクは落としててもちゃんと活動をしている現在進行形のバンドでありまして、もしオリジナルメンバーを二人を引き戻して70年代のスタイルにするとなると、ノーメイク時代を支えて来た、リード・ギタリストとドラマーのクビをチョンと切らなければなりません。 「それってOKなの?? ずっと頑張って来た二人をクビにしてでもアル中とヤク中で辞めてったオリジナルメンバーを戻してやるリユニオンって価値あるの?」という真面目な意見も真面目なWildmanは持ち合わせておりました。いつの時代も真面目なファンだったもので・・・・・ そうこうするうちにどんどん事は進み、ある日変態の元へビッグ・ニュースが舞い込んで来たのでした。 ということで続きは来週のお楽しみであります!!!(お前が勝手に楽しんでろって!?)

[…]