Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ウソじゃないよ、イソだよ!謎のグリフォはスーパーカー!? Part II

やっとこ暖かくなり始め、ついに桜の季節がやって来ました!!

もう寒い冬は こりごりであります!!! 不肖Wildman、雪にまみれるウィンタースポーツなんぞ一切やりませんので、 寒いだけの冬というのは全く意味がない季節でありまして、とっとと終わって ほしいのです、本当に・・・・ 冬のメリットなんぞ湿度が低い為、ミニカーの保存に適しているということ くらいしか思いつきませんな、ああ、やだやだ冬は・・・これからMooneyes Area-1前の本牧通りは、美しい桜が咲き乱れますので 皆様ぜひお越しくださいませ!!横浜市営バスの各型式を見ながらMoon Cafe のテラス席で花見を兼ねてお茶するのは至福の時なのであります。 運が良ければ疾走する黄色いメッサーシュミットに遭遇する可能性もありますよ!! バニラ・シェイクに舞い散る桜の花びら・・・ポエムだなあ・・・・

で、先週からのお話の続きで「イソ・グリフォ」であります。 冷蔵庫ビジネスで成功したイタリアのレンゾ・リヴォルタ様は、Wildman並みの 白昼夢を見たらしく、クルマの生産をおっぱじめてしまいました。 手始めに珍奇な豆自動車の「イソ・イセッタ」を作りましたが「こんなにうるさくて ちっこいクルマはいや~だ!」とアイデア満載の可愛いイセッタをポンと投げ出し ちゃって、フェラーリ・オーナーのリヴォルタさんは突然スーパーカービジネスに 参戦するという暴挙に出ました、素晴らしい!!

まずは62年に社長のお名前そのままの2+2クーペ「イソ・リヴォルタ」を 発表しました。でもあんまカッコ良くないですね、コレ・・・・

当初からイソは「ユーロ・アメリカン・ハイブリッド」というスタイルをとり、自社 製のボディ、シャーシにハイパフォーマンスなアメリカンV8を積むという作り方でした。

そしてお次は本格的な2シーターのクーペ、そう実車より先にミニカーで知った あの謎の青いクーペ「イソ・グリフォ」の登場であります。 日本人には奇異に聞こえるグリフォって変てこな名前は、半分が鷲で半分が獅子 の伝説上の怪物である「グリフォーネ」から来ています。エンブレムもそんな感じの 怪獣デザインです。

63年のトリノ・ショーでプロトタイプが発表されたグリフォは、ベルトーネ時代の 天才ジウジアーロがデザインした優雅なボディを持ち、当時の C2コルベット スティングレイ用の4ボルト・メイン327cu.in.スモール・ブロックV8エンジン (5,4リッター)を組み合わせていました。350hpのパワーを持ち、最高速度は 262km/hを誇った新型スーパーカー「グリフォGL350」は65年から生産が 開始されました。

で、私が実車のグリフォを初めて目撃したのは1986年、Mustang欲しい病に 掛かった頃でした(Wildman’s Blog 2007年2月分参照) 埼玉のAというアメ車屋さんにクルマを物色しに行った時に、沢山のMustangや Camaroに挟まれてくたくたにくたびれたシルバー・ボディのバンパーレスの イソ・グリフォを発見しました。 「グ、グリフォだ、何でこんなところにあるの???結構欲しいかも、これ」と本気で 悩んだ22歳の世捨て人でしたが、いくらなんでもTE71カローラの次の愛車が イソ・グリフォというのも無茶があり過ぎました・・・・本当にバカですね。

で、当然当時物ミニカーでお勉強となります。グリフォはその頃やっぱり話題性が あったようで、小さなマッチボックス以外にも標準スケールでちゃんとミニカー化 されておりました。 本家イタリアの”POLITOYS”製のグリフォはEシリーズという同社の中では廉価 バージョンのミニカーですが、気合いを入れて作ったので見事なプロポーション を持っています。60年代当時日本にも輸入され550円で販売されていました。 […]