Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

いすゞ・ワスプ、それはヘンテコな名前の働き蜂なのさ!!

 いよいよ24th Annual Street Car Nationalsまであと一週間程となりました(4月25日@お台場)が、一向に春は訪れず、寒い毎日が続いております。

桜さんも今年はずっと長く咲いていましたね、植物も大変だったのう・・・ 

もう私は体の感覚が完全におかしくなってきているようで、本牧で他のスタッフが「今日はとっても寒いですね!!」なんて声を掛けてくれますが「エッ、そんなに寒いですか?」という感じで、サーモスタットの働きに異常をきたしているようです・・・・

そんな中、この前出張Paintで富士のTried Customsさんに行って来たのですが、行ってビックリそこには何と我が同志が訪れておりました。そう、20世紀最強といわれる超芸術的スーパースクーターである「ホンダ・ビート50」が白煙と共にやって来たのです!!!

2008年2月1日と8日のブログにて、真紅の我がスーパーマシン「赤い激情号」を御紹介しましたが、それを見てどうしてもビートを欲しくなった富士宮の変態さんが黒い個体を探し出して来たのです!!(なぜか京都から・・・)

これで私の布教活動の成果も着実に表れて来たというものですな、とっても嬉しいぜ!

で、また話があっちこっちに飛びますが、SCN当日はとっても心が温まるWildman’s ブースにお集まりくださいませ。その時は皆様お待ちかねの”Moon Illustrated Vol.5”が発売になっております。

SCN恒例の?「変態の集い、サインはV」というサイン会を勝手に開催致しますので、集合して下さいな。

で、Street Car Nationalsといえば、第一回から参加してる私でありますが、初期のSCNで強烈な印象だった車がありまして、このほどやっとその車の当時物カタログを入手致しました。

カタログには昭和39年9月とありますが、Wildman生後2ヶ月であります、まったくついこの前のことですな・・・

このクルマはですね、その存在を知ったのも70年代になってからだったという、変態的には屈辱的な存在のクルマでした。

だって、ついこの前である60年代の幼稚園時代でも全然見た記憶がなかったのですよ、このクルマは・・・・

本なんかで知ってからも、実車には全く遭遇しませんでしたが、大好きなスイーツである「信玄餅」の故郷、山梨県は甲府の”Classic Taste”さんがSCNに実車を持ち込んで来たのです。

そのクルマこそ不気味度No.1と当時の私が認定したヘンテコピック・アップ「いすゞ・ワスプ」であります。

大体WASPなんて日本人にとって珍妙な響きの名前からしてですね、形が想像出来なかったのですよ、形が・・・

ワスプなんて言われてもヘビメタ・バンドの”W.A.S.P.”じゃないし、白人アングロサクソン新教徒の”White Anglo-Saxon Protestant”のワスプでもないし、ついこの前の1942年に日本海軍の潜水艦伊-19によって撃沈されたアメリカ海軍の航空母艦ワスプCV-7とも違うし「一体ワスプって何なんだ!!」と思ってたらスズメバチさんやアシナガバチさんみたいな大型の蜂さんの事でした・・・

だから蜂に刺されると痛いんだって!(2010年2月6日ブログ参照)

蜂だったら「ホーネット」とか「スーパーヴィー」とか素敵な呼び名があるのに商標の関係で使えなかったのかしらん・・・まあ商用車だから働き蜂の意味を指して命名したのでしょうね。それにしてもワスプって名前は変ですよ・・・・こんな名前に対抗出来る日本車はライバル車でもある「日野ブリスカ」くらいしかありませんな。

ベレット顔のトラックという感じですが、フレーム構造でトーションバーのサスペンション等、ベレットとは別物の作りでした。でも、全体的なデザインのイメージはまさにベレットのトラックなのでしょうな。

カタログを見るとエンジンはベレットにも使ってた1325ccで58psのガソリンエンジンと、いすゞお得意のディーゼル1764ccで50psの2種があったようです。

諸元表の最高速度データはそれぞれ116km/hと104km/hという何とも意味ありげな微妙な数値がマニア心をくすぐります。カタログには「現代のテンポを運ぶにふさわしい活気あるコマーシャルカーです」というキャッチがあり「テンポって一体なに??」と思い、品4のシングルナンバーが光る表紙写真を見るとワスプの荷台に載ってるのは、樽に一斗缶、ビールケースとウィスキー、ポリバケツに百科事典、キャベツとレタスにバナナとスイカ、さらにお花と旅行バッグ、材木に麻袋といった具合で「テンポ」良く走るというより「走る総合店舗」でありました・・・・・

素敵な喫茶店「ヴィクトリア」に森永牛乳を配達している後姿もキュートで、リア・フェンダーアーチ部のプレスはまさにベレットですね。それにしても喫茶ヴィクトリアに行ってレスカを飲んでみたい・・・

「お仕事がすんだらワスプで郊外へお出かけ下さい」とありますが、お仕事がすんでからこんな素敵な山奥に行くのは時間的にもつらいと思います。夜勤明けのハイな二人なのでしょうか・・・

ついこの前である1990年に甲府のClassic Tasteさんにお邪魔した時、貴重なワスプをさんざん見せて頂きましたが、ヤッパリどう見てもとっても変でカッコイイ、ピック・アップなのでありました。

ライトバン仕様の「エキスプレス」というのもありましたが、ワスプともども異常な程、現存台数は少なくてベレット・マニアさんにとっては「商用車版ベレット」の2台は垂涎のアイテムになっていますね(残念ながら当時物ミニカーにはなっておりませんが・・・)

ワスプのオーナー様たちは、ぜひ今後とも迷える働き蜂、走る総合店舗である「いすゞ・ワスプ」を大切に保管して下さいませ。変態からのお願いであります!!

[…]