Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

小田急ロマンスカーはストリームライナーだ! PartII

とっくの昔にお盆Weekが過ぎたというのにちっとも涼しくならず、逆に横浜の気温は上がるばかりで、もうどうにでもなれという感じであります。こんな時は避暑地軽井沢にボルグ様の1981年仕様のコスプレでテニスをやりに行きましょう!!なんて極普通の生活が出来ないところが変態の悲しい所なのです・・・

ということで暑い夏にはやっぱり「小田急ロマンスカー」であります!!

名ブログの誉れ高き2008年3月7日投稿分の「小田急ロマンスカーはストリームライナーだ!」の続編を無性に書きたくなり、行って参りました小田急ロマンスカーの聖地「開成駅前第二公園」へ!!

そう、小田急開成駅前の公園に我が憧れのロマンスカーNSE3100型が静態保存されているのはとっくの昔にリサーチ済みで、後はいつ拝みに行くのかが課題でありましたが、やっとその機会が訪れたという訳であります。

噂によると月に2回くらいしか一般公開されていないとの事で、それを調べるために開成町役場にコンタクトを取りました。

小心物としては電話での問い合わせは恥ずかしいので、メールにて「憧れのロマンスカーはいつ見れるのでしょーか??」と送った所、すぐにお返事を頂きました、有難うございます開成町役場のT様!!「駅前第二公園のロマンスカーは夏休み期間中の8月いっぱいは毎日公開しています」とまったく素晴らしいご案内を頂き、あまりの嬉しさに「有難うございます、すぐに見に行きます!!!」と思わず返信してしまいました。

でも雨天中止とのことで「さすがNSE様だ、大事にされてるんだなあ」と思いました。

そしてこの前の月曜日の午前中、行って参りました小田急開成駅前第二公園へ。横浜市と同じ神奈川県内とはいえ、開成駅なんてこれまで全く縁のない駅でありまして初めての来訪となりました。

踏切を渡り遠くに駅が見えて来ましたが全然人影がなく寂しい感じで「こんな所に本当にロマンスカーがあるの?」と不安になりましたが、次の瞬間いきなりオレンジ色のニクいやつが目の前に飛び込んで来ました。

「うお~ロマンスカーだ、NSE3100だ、ストリームライナーだ!!」と叫ぶ変態の前に静態保存のNSE様が迫力の顔面をこちらに向け鎮座されておりました・・・このデザイン、このグラフィックス、何もかもが美の極致なのです。

普段はグリーンの蛇腹ガレージを被らせて保存されているようで、公開日のみこのようにガバッとガレージが開いて正義の味方が登場するのです。よく見るとマジンガーZのホバーパイルダーにも見えて来ました、カッコイイ!

やっとめぐり合えたロマンスカー、感無量のなか撮影を開始致しましたが、その横にはこげな看板が・・・「ロマンスカーの愛称 ロンちゃん」ですって・・

「うーむ、ロンちゃんはちょっと違うんじゃない??可愛すぎる感じがするぞ」と看板を目の前にブツブツと一人悩む変態がおりました。「ロマンスカー、ロマンス、ロマンスと言えば銀河のロマンス@ザ・タイガースタイガースと言えば沢田研二、沢田研二と言えばジュリー・・・そうだジュリーだ!!愛称はジュリーに決定だ!!」とこの日からNSE3100の愛称は「ジュリー」となりました。

皆様もそう呼んで下さいませ、今度看板を書き換えておきます。愛称が決まった所で、さっそく車内を拝まさせて頂く運びとなりました、ありがたや、ありがたや・・・この日は時間が早いこともあり他に誰も見学者がいないようです、早起きは三文の徳、ウヒヒ、ロマンスカー展望席貸切だぜ!!車両後部から入るのですが、そこには下駄箱が設置されていて中でスリッパに履き替えるのです。

さすがジュリーは大切にされてるぜと思いつつガラッと扉を開けると、そこには4人のおじ様たちが何やら談笑されておりました。

ビックリした小心者の変態は「こ、こ、こんにちは、見てもいーですか???」と思わず小声で聞いてしまいました。すると「どうぞ、どうぞ、ゆっくり見てってください」と言われホッとする小心物は1976年製ナイキ ル・ビラージュをスリッパに履き換え車内に侵入しました。おじ様たちは開成町内会か役場の方みたいで私がウロウロしていると「どこから来たの」とか「小田急関係の人?」とか質問をされて来ました。「私は横浜市よりやって参りました、小田急の人ではなくこの小田急ロマンスカーの大ファンであります!!」と答えると「へ~、そうなの・・・」と十分納得して頂いたようです。

さて自己紹介が終わったところで、憧れの展望席窓側1148番へと向かいました。ここです、まさにこの席です。

幼少のころより憧れ続けたNSE3100の先頭車両のこの席、今の気分はこのイチコーのブリキのおもちゃの窓にプリントされた人々のように箱根湯本へ向かってロマンスの旅へいざ出発!!という気分なのです。もう最高であります!!!

興奮冷めやらぬうちに、今度は2階の運転席へと向かいました。まさかロマンスカーの運転席に座れるとは、40年来の夢達成という感じでした。「た、高い、なんて高いんだこの位置は!!ホントにこんなので運転出来たの??」と思うほど恐ろしく高い着座位置なのでした。

そりゃそうですよね、車両の屋根の上に運転席があるのですから・・・・クルマでもきっとこのような高さだと猛烈に怖いと思われます。

Wildmanもこの日ばかりは「出発進行!!」とNSEパイロット気分を味わえ最高でしたが、冷静に考えると運転室内はとっても狭くて、以前本物のNSEパイロット様にお話を聞いたように、この場所は夏の運転時はきっと猛烈に暑かったと思われます。プロは何でもつらいのう・・・

さんざん楽しみ、車内の謎のおじ様たちに「また、近いうちに来ます!!」と挨拶をし、うしろ髪ひかれ隊となってこの日はジュリーとお別れとなりました。

ついに乗ることが出来た憧れのロマンスカーNSE3100(動かないけど)長年の夢がかない最高の一日となりました。

愛称もロンちゃんからジュリーに変更となり、ますますNSEに愛着が湧いて来ました。

皆様もぜひ開成駅前第二公園を訪れ、ジュリーを堪能して下さい!!!

くだらない映画を見るより絶対にお勧めです。

[…]

90年代の思ひ出、ニンジャ・カローラは今いずこ!?

先週のブログにて紹介させて頂きました、本牧はムーンアイズ・エリア-1ガレージ内、猛暑の中のイベント”Preview of Tribute to Robert Williams”展はおかげ様でお盆Week中、3日間に渡り無事開催することが出来ました。猛烈に暑かったのですが多数のお客様に足を運んで頂き、感謝であります!!

14人のトリビュート参加Artistの作品を堪能して頂き、トークショーや楽しい抽選会もあって、やってるこっちもとっても楽しかったのでした。

こういったイベントを今後も企画して行きますので、暑さにめげずムーン・ガレージまで足を運んで下さいませ、そこには汗だくのWildmanがおりますので・・・

で、この前ですね、汗だくになって探し物をしてたのですが、探し物と全然関係ない何とも懐かしいデザイン版下が発掘されました。一つ目はこちらの版下で、WildmanがMooneyesに入って最初にデザイン画を起こした中の一つであるStudioのロゴでした。

まったくついこの前である1989年のクレジットが入っております。

このデザインは当時ダンガリーシャツやウィンドブレーカーなんかに使用しましたが、これらをまだ持っているという方がおりましたら真の変態として認定致します。私はまだ持っています・・・・

もう一つはいきなり90年代にフラッシュバックさせられるものでした。タイトルも”Triple Wagon”となっていて、90年代のステーションワゴンブームを感じさせてくれます。1996年のクレジットが入っておりますが、14年前なんて3ヶ月くらい前にしか感じられないくらい、ついこの前の出来事なのです。これは当時Tシャツのデザインに使用しましたが、まだ持っているという方がおりましたらヘビー級の変態として認定致します。私も持っておりませんので・・・・

このデザインの一番上には、当時のステーションワゴンブームを引っ張った超有名車両”ZINGERNIR”が描かれていますね。

’94年に製作したクルマですが、ベースは’90日産アベニールで、何の変哲もないデザインのワゴンでしたが、クレイスミスをモチーフとしたグラフィックを用いて、超ド派手なペイントを施し売り出し中のビレットホイールと組み合わせたコイツは物凄い人気者となりあっちこっちのショー会場を廻りました。マスキングだけで一日掛かった思い出があり、出来た時はやり過ぎか?とも思われましたが、90年代を代表するカスタムカーの一台になりました。旧エリア-1店舗に展示していたら、こっそりグリルだけ盗まれたり(ボンネットも開けずにどうやったんだろ??)フェイク車両が作られたりと、思い出がいっぱいありますが、10年前にエリア-1スタッフのキッド・ロッカー松井君が愛媛に行った時、偶然走っていたZINGERNIRに遭遇しオーナーに話しかけましたが、その方は残念ながらこのクルマのヒストリーが分かっていなかったそうです・・・

その下には’91スプリンター・ワゴンを当時アメリカではGMのGEOブランド発売されていたプリズム仕様にカスタムしたものです。

プリズムにはセダンしか無かったので空想で「もしワゴンが設定されていたなら」という洒落で作ったクルマなのです。これは’96年に製作しましたが、もっと前の’93年に製作したカローラ・ワゴンベースのコイツこそが90年代における日本のワゴン・ブームの火付け役となったクルマなのです。80年代のカスタムペイントから一気に抜け出て、90年代の流れになるようなコンセプトの元、社内でグラフィックをデザインし「ボイド・ニンジャ」を履いてホイールとクルマのイメージがバッチリ決まる物となり、USルックのバンパーテールゲートのスムージング、ビレットパーツとの組み合わせで、超人気者となりました。

「ニンジャ・カローラ」という素敵なネーミングもこのクルマにぴったり合っていましたね。デモカーとしてお役御免となった後、売却し数年経って90年代の後期に新横浜の中古車屋さんの店頭で見たのが最後となりました。ニンジャは今いずこ・・・

そして一番下に描いてあるのが、カローラより一回り大きかったカルディナをベースに作った”Kaldina Speed Wagon”で’94年の製作車両であります。

50’sのKのカスタムを意識したメッキモール風のグラフィックをペイントし、超極細の扁平16インチタイヤとムーン・ディスクの組み合わせで、ワゴンをボンネビル・レーサー風に仕上げるという新たな試みでした。もちろんUS Look風のバンパーも製作し、当時のトレンドを追っていました。

当時エド・ロスがHot Rod Custom Showのゲストとして来日し、御所山Studioにてこのカルディナのボンネットに描いてあったピンストライプを見て「だいぶ上手くなったな」とお誉めの言葉をいただいたのがこのクルマ一番の思い出であります。上手くなったのは口だけじゃなかったのです・・・・

というわけで一枚の旧いデザイン版下が見つかった事によって、いろんな思い出話が出来た次第であります、別に何も無くても話は出来ますが・・・・

[…]

お盆休みは本牧エリア-1へGo! Go!! Go!!!

皆様こんにちは、この前の日曜日はお台場で開催されたMotorcycle Swap Meetにお越し下さり有難うございました。都心での開催なのに気軽にバイクでフラっと見に行けるイベントというのはあまり無いですよね、バイクで来場の皆様とっても楽しそうでありました。

で、やっぱりやっちゃいました。実は私、このイベントは自身のスケジュールの都合で参加したのは3年振りなのでありました。するとですね、午前中は暑い位の快晴だったのに午後になると何だか雲行きが怪しくなり、一瞬でしたが雨がパラっと降って来てしまいました・・・・まあ、ちょうど涼しい位に感じて頂ければと思いましたが「雨の神様」ここに健在といったところです・・・・本当に申し訳ありませんでした。

で、お盆ウィークに突入した訳でありますが、今年はムーンアイズ・エリア-1のお盆休み企画として”Preview of Tribute to Robert Williams & Suzanne Williams”展を本日14日(土)より16日(月)までの3日間、エリア-1裏のMoon Garage内にて開催致します。

昨年開催のWildman20周年記念イベント”AHOOW”にお越し下さった方はご存じだと思いますが、あのような感じでガレージをギャラリーに変身させて開催致します。あの暑い夏からもう一年経つのですね・・・・・

今回のイベントの内容は今年の年末開催19th Annual Yokohama Hot Rod Custom Showのゲストとして来日する超ベテランアーティストのロバート・ウィリアムズ夫妻をトリビュートする形で、Wildman始め日本の14人のアーティストが作品を製作し、それらの展示販売を行うのです。さらに記念Tシャツの販売やラッフル(抽選)によるロバート・ウィリアムズ夫妻の直筆サインが入ったMoon Discのプレゼント企画等があります!!

期間中はKustom Kultureの伝道師であり、Wildmanの海外における飲み友達でもある”NASH”君によるスペシャルトークショーも開催致します。14日は静かな男Mr,G君が来場し、5日はTomokuni君とTokyo Guns君のお二人、最終日16日はWildman & GoshuのコンビでNASH君とトークショーを行います。さらに参加アーティストさんたちも会場にいらっしゃいますので、お楽しみに!!

あのですね、私が突然早口で関係のないことをしゃべり始めたら遠慮なく注意して下さいませ、暴走すると危険ですので・・・

このような感じで流れる3日間のイベントとなりますが、さらに詳しく知りたい方はこちらをクリックして下さいませ。

で、ロバートさんにはですね、ついこの前の1993年12月18日に当時Mooneyes USAにて開催されていた”Rat Fink Reunion”で初めてお会いし、ちゃっかりサインを頂きました。エド・ロスに初めて会ってサインをもらった時、バッチリ私の名前を間違えてTo:HITO!と書いてくれましたが、ロバートさんはこのようにちゃんとTo:HIRO!と書いてくれました、とってもありがたかったです!!

それでは暑いお盆休みは暑いMoon Garageで熱いWildman達と一緒に過ごしましょう!!

[…]

1975年、俺の愛機はサス付きのヤマハ・モトバイクだぜ!!

明日はですね、東京はお台場にて”5th Annual Motorcycle Swap Meet”が開催されます。猛暑の中、大変ではございますがすでに多数のエントリーを頂いておりますので、皆様ぜひお台場までお越し下さいませ、掘り出し物が見つかるかもしれませんよ!?

今回のこのイベントのポスターはですね、なんとMooneyes営業Staffの松浦君の愛車をモチーフとしてDesignしてしまいました。本人は調子に乗っているので当日は入口で挨拶代わりに頭をひっぱたいてやって下さいませ、遠慮はいりませんので・・・

さて、先週としか思えない2008年3月29日の当ブログにて盛大に発表した「郷愁の電子フラッシャー、セキネVX GTOの幻」でしたが、その後2年が経過しても幻の自転車GTOの発掘は難航しております・・・「あそこにあるかもしれない」とか「昔、どこどこで見たことがある」というようなささやかな情報を頂いても、まだGTOへの道のりは険しく続いております。

35年以上前もそうやってGTOが欲しい欲しいと叫んでおりましたが、結局大袈裟な電子フラッシャー付き自転車のブームは70年代中期までにはあっさりと終わってしまい、スーパーカーブーム時にヘッドライトが飛び出すようなシンプルなヤツが作られたくらいで栄光の「自動車風自転車」の時代にピリオドが打たれました。

ちなみにこれは当時ウチの弟が乗ってたブリジストンの「ドレミ7」であります。少年仮面ライダー隊専用車となっております・・・・

さらにこちらは女の子用の「ドレミまりちゃん」になります。懐かしの天地真理さんがキャラクターとなっております。

そんなことはどうでもいいとして、ついぞGTOを手に入れられなかった少年Wildmanは新たなターゲットを見つけることとなりました。「新しい自転車が欲しい、素敵なサイクリング車が欲しい」とさんざんのたうちまわっておりましたが、両親は「あんな危険なハンドルのはダメだ、スピードも出るし危ない」と言ってセミ・ドロップハンドルの自転車は絶対買ってくれませんでした・・・・

小学校も高学年になると体の成長に合わせ、友達は次々と新しい自転車に買い替えてゆきましたが、我が家には一向に新車がやって来ません。しかしすでに4年も使ったボロ自転車はさすがにくたびれて来ていて、頭の固い両親も新車の必要性が感じられて来ていたようでした。

ある日、Wildman 1号機を買った町の自転車屋さん「T商会」のショーウィンドウを覗いた所、少年Wildmanは失神しそうな程の衝撃を受けました。そこには見たこともない物体がディスプレイされていたのです。

「こ、こ、これは何だ??ほんとに自転車なのか??運転免許がいるんじゃないか??」とあまりの斬新なデザインにアワを吹きそうになりましたが、よく見るとエンジンは付いていないようでした。

「スゲエ、バイクみたいだコレ、カッコイイ、カッコ良過ぎるぞ、コレは!!」と興奮しまくる少年Wildmanでしたが、ついこの前の1975年、11歳の時の出来事でありました。この自転車こ日本でそBMXやMTBが生まれるずっと前に突然現れた昭和の奇跡「ヤマハ・モトバイクMB1」なのでした。通称「モトバイ」であります!!

斬新なデザインは当時のヤマハのオフ車その物で、なんたってウリはバイクと同じオイルの入ったセリアーニタイプのフロントフォーク、リアサスもスイングアーム式でコイルスプリングが装備されておりました。ブロックパターンのタイヤにドラムブレーキの組合わせは本当にバイクにしか見えませんでした(小学生には)バナナシートにコンペティションイエローのクレードルタイプ・フレームはもはや自転車とは思えない物体で、あまりの凄さに自転車屋さんから暫く立ち去る事が出来ませんでした・・・・

そして家に帰って両親にモトバイクの購入へ向けての説明会が始まりました。「これはね、ハンドルもドロップじゃないし、タイヤも小さいし、ギアも付いてないからスピードが出ないし、シートも低いからとっても安全な自転車なのであります!!」と両親がキケンに思っているサイクリング車との違いを必死に説明しました。するとですね、意外にも両親は意味不明の説明に納得したようで、次の日曜日にT商会へ行こうということになりました、これはまさに奇跡の展開なのでした・・・

よく晴れた日曜日、T商会の前で黄色のモトバイクを前に必死の説明を繰り返す小学生でしたが、¥46,800という当時のチャリンコとしては高額なプライスに両親は今ひとつの反応でした。しかし「セキネVX GTO」の¥56,900に比べればはるかに安い!!という殺し文句?で見事ヤマハ・モトバイクMB1はWildmanの元へやって来る事となったのです、感謝!!

ウキウキ気分で一刻も早く乗って帰りたいのでしたが「盗まれると困る」という親父の一言で素敵なデザインのポリプロピレン製モトクロスタイプマッドガード(フロントフェンダー)に見事な楷書体でスラスラと住所&氏名を入れられてしまいました・・・まあいいか。

ちょっと残念なドレスダウンでしたが、モトバイがやって来たならもうこっちの物、その日から素晴らしいバイク・ライフ?が始まったのです。とにかくそのサスペンションは驚異的に作動し、あっちこっちで大ジャンプ大会となりました。ピョンピョン飛び過ぎて何度ひっくり返ったか分かりませんが・・・「自動車風自転車」に憧れていた変態は「オートバイ風自転車」に大満足となったのです。

ただ、初期型MB1は変則ギアがついてなかったのでスピードがあまり出ず、友達のサイクリング車にはとても着いて行けませんでした(その後5段ギア搭載車も発売)車重も結構重かったので、サイズの割に取り回しには苦労しました。「モトバイクMB2」なるアップハンドル車もありましたが、これはどう考えてもダメダメなデザインでした。やっぱりクルマもバイクも自転車も全て初期型が最高なのですよ。

70年代中期から後期を少年Wildman と共に颯爽と走り抜けた(ひっくり返った)モトバイクMB1は80年代になってバイクの免許取得と共に引退となりました。でもその後、親父が「パチンコ屋に行くのにちょうどいい」と言うので、なぜかオッサンが黄色のモトバイを上大岡駅周辺で暫くのあいだ乗り回しておりました・・・

70年代最強の自転車「セキネVX GTO」と「ヤマハ・モトバイクMB1」の2台を家の前に並べてお酒でも飲んでみたい?今日この頃の中年Wildman なのでありました。変態道は険しいのです・・・・

[…]