Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

不肖Wildman、力道山先生より御招待されました!!

明日24日の日曜日は1st Annual Muscle Maniacが東京はお台場
にて開催されます。
マッスルと言っても筋肉番付ではなく、ついこの前の6〜70年代を
中心としたアメリカン・マッスルカーの祭典になります。
詐欺としか思えないバカ高い税金を払うことに抵抗を感じず、ガソリンを
水としか認識していない志の高いオーナー達の下で生息するマッスル
カーがたくさんやって来ます。
Street Car Nationalsで行って大好評だったバーンナウト・デモも
行いますので皆様ぜひお集まりくださいませ!!

そしてこの前の休みの日、私の元へ一通のお手紙が配達されて来ました。
差出人は何と力道山先生であります!!!!!!!
日頃の啓蒙活動を認めて下さったのか、何とプロレスの招待チケットが
2枚同封されておりました!!

試合の開催場所はちょっと遠くて鳥取県は米子市の特設リングとなって
おりまして、第4回ワールドリーグ戦選抜大試合が行われるのです。
日時はですね昭和37年6月28日(木)午後3時開始ですからもうすぐ
なのです・・・・

すみません、シンナーの吸い過ぎでまた頭がおかしくなって白昼夢を
見ていたようです。
でもここに未使用チケットは確かにあるのです。昭和37年なんて全くつい
この前なのですが・・・

さて、新たに私の力道山コレクションに加わったのがこの強力なアイテム
たちなのです。
昭和37年、力道山先生率いる日本プロレスの巡業で先生御一行は鳥取県
の米子市に行かれました。
その時に主催者様が地元の有力者の方々に配布されたのがこちらのセット
になります。

御尊名帳、招待チケット2枚、そして先生直筆のサイン色紙の大変スペシャル
なセットなのです、凄いぜこれは!!

サインはですね、私の大好きな紫色のマジックペンで描かれておりまして、
先生の筆跡鑑定が出来る私の目から見て、本物に間違いありませぬ・・・
数種類ある先生のサインの中では最も簡単なパターンの物なのですが、
これは何枚かまとめて描くときに使う物なのです。しかし尊いな・・・・

御尊名帳には昭和を代表するその筋の方々のお名前が記されておりまして
小心者の私はブルブルと震えてしまいます・・・
当時プロレス巡業は山口組三代目、田岡組長が率いる「神戸芸能KK」と
いう会社がバックアップしていたので、そちらの世界の方々のお名前が沢山
記されております、ブルブル・・・

力道山先生と義兄弟の盃を交わした「銀座の虎」と呼ばれた東声会の町井氏
のお名前もあります、ブルブル。
我が街、横浜市磯子区出身の美空ひばり様も神戸芸能の所属でありました。
当時はこういった裏社会との繋がりがなければ興業は成り立たなかったの
ですね、ブルブルブル・・・・

怖がってばかりでは仕方がないので、久々に力道山先生聖地巡りに出掛ける
事に致しました。
以前からその所在地がつかめずにいた、先生経営のナイトクラブである赤坂の
「クラブ・リキ」跡地をやっと見つけたので、巡礼して来ました。

ついこの前である昭和30年代、先生はプロレス以外に多数の事業に進出
されていて、高級ナイトクラブの経営も行っておりました。その名もズバリ
「クラブ・リキ」でして、当時では誰がその店名を聞いても力道山経営というのが
分かるようなとっても分かりやすいネーミングなのです。
当時はナイトクラブ全盛時でお金持ちや芸能人の社交場となっておりました。
昭和の名司会者であり大洋ホエールズの大ファンだった玉置宏(玉木宏ぢゃ
ないよ)が舞台に立ち、専属歌手は松尾和子さんらがつとめておりました。

日本郵船のコックを集めて料理の味も確かで、当時の人気クラブとなりました。
でもさすが先生、深夜に及ぶ違法営業もなんのその、勝手な時間隊も営業し
お店は繁盛しておりましたが、そのうち警察のガサ入れが入り、店長は捕えられ
クラブ・リキはあえなく閉店となりました・・・・

しかし打たれ強い先生はその後その場所をステーキ屋さん「リキ・ステーキ
ハウス」として再オープンされたのです、さすが力道山先生であります。
昭和の御馳走と言えば分厚いビーフ・ステーキ、一度でいいから先生の
お店に伺ってみたかったのです・・・

先週、赤坂に出陣したWildmanは、事前に調べた住所を元に赤坂の街を
ふらつくこと数分、あっけなくその場所に辿りつきました。
 
今はコインパーキングとなっているこの地に50年前は確かに「クラブ・リキ」
があったのです。29年前のFila Borg Modelジャケットをはおり、31年前の
ナイキを履いて路上で感慨にふける変態を、街ゆく人々は好奇の目でみて
おられました・・・・
こういう時は「おまえらがおかしい、俺が普通だぜ!!」といつも思ってしまいます。

こうして久々に巡礼を済ませましたが、赤坂の一等地に数々の不動産を所有
されていた先生は本当に素晴らしいと思いました。
いつかあの土地に「クラブ・ワイルドマン」を建てて深夜営業のミニカー屋さん
を開いてみたい物であります。
Be Sociable, Share!

???????????