Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

「なんだ、これは!」殿堂入りのスーパーカーはカウンタック様だぜ!!

当ブログ読者ならすでに御覧いただいていると思いますが、ムーン・イラストレイテッドvol.6がとっくに発売となっております。 今回のWildmanページはですね、またもやFruityとのコンビによる物ですが、ついこの前の1990年代に一世を風靡致しました雑誌”Cal”へのトリビュートという形でデザインしました。意味の分かる方は「ナール程!」と思いますが、分からない方にはさっぱり分からない構成となっています、そこがいいのですな!! 一字一句、慎重にお読み下さいませ。 何はともあれ本屋さんにGo!であります。ムーンアイズ通販にてお求め頂ければ勝手Wildmanページにサインをしてお届けすることも可能であります!!

で、この前ですね出張Paintの際に首都高速をHiaceにて激走中、「ランボルギーニカウンタック」に遭遇しました。官能的なフェラーリ・ミュージックと違い今にもぶっ壊れそうな爆音がたまらなく素敵で、そこにあるだけで人々を幸せにしてくれる車だと改めて痛感致しました。

ついこの前の1970年代の日本で突然巻き起こったスーパーカー・ブーム時にはその頂点に立ち、少年のアイドルとしてAKB48なんか目じゃないような存在となり、未だにスーパーカーと言えばカウンタックの事を指していると思っております。 昔から自称カーマニアと言われる方々はカウンタックや70’sスーパーカーをバカにしたり興味無い様な素振りを見せてくれますが、カウンタックの素晴らしさが理解できないようでは人間として致命的な欠陥を抱えていると思います。

カウンタックはですね、岡本太郎先生の「なんだ、これは!」という脅威の芸術性を表す言葉がまさにピッタリでありまして、本当にイタリア語でそういう意味の感嘆詞なのです(正式発音はクンタッシュやクンタッチだそうですが) やっぱり日本人にとってはカウンタックという名前の響きが良いのです、名前だけで強そうでカッコ良く感じるじゃありませんか。 これが同じイタリア語でも、ランボルギーニ・バジリコやランボルギーニ・カルパッチョじゃゼンゼン駄目だったでしょうね・・・

嘘八百の最高速度300キロ、高速になればなるほどフロントがリフトし、どこに走って行くんだか分からないスリリングな直進性を誇っておりますが、実は見掛けに似合わずコーナリングは結構良かったりするおませさんだったりします。

そんな事はどうでもいいのです、鬼才「マルチェロ・ガンディーニ」の手によるあの外装デザインと、天才エンジニア「パオロ・スタンツァーニ」による基本設計の組み合わせはまさに「Oh! Countach」なのであります。 空に向かって跳ね上がるドア、芸術としか思えない構造の鋼管スペースフレーム、スペックなんかどうでもいい巨大な12気筒エンジン・・・・全てはカウンタックだけの素晴らしき世界なのです。ああ本当に素晴らしい・・・

ミニカーの世界ではカウンタックが現役の70年代当時、英国マッチボックスのちっこいモデル以外、海外ミニカー業界ではなぜか無視されていた存在で、東洋の島国でのあのブームが無ければまとまなミニカーにもならなかったというのはちょっと意外な事実なのです、なんでだろ?? 70年代のスーパーカー・ブーム時、その人気に当て込んだ日本の「サクラ」というミニカー・ブランドがありまして多数のスーパーカーをモデル化し一時大儲けしてました。そんなサクラがシリーズ第3弾として発売したのがカウンタックLP400でした。 世界初の1/43スケールのカウンタックの登場は待ち遠しく、愛読書の月刊ミニチュアカー誌発売予告のCMが載っていて楽しみにしておりました。 そしてついこの前の昭和52年3月20日発売のカウンタックを求めに横浜市は磯子区の闇市上がりである「浜マーケット」内の玩具店に出撃致しました。 それがこちらミニカーになります。今見れば幼稚なモデルですが、カウンタック最大の売りであった(少年たちにとって)リトラクタブル・ヘッドライトとガルウィングドアー開閉アクションの採用はこのミニカーをベストセラーとしました。なんといっても当時物ということに価値があります。 そしてもう一台の色違いは、まるでちんどん屋さんのようなセンスの白と赤のツートーンになります。これ冗談ではなく本当に実車にあったカラーなのです!! どこのどちら様がこういったカラーにしたかは存じませんが、当時はあまりにも強烈で少年Wildmanは「なんだ、これは!」を連発しておりました。サクラさん、よくぞこの色をモデル化してくれました、御礼申し上げます。 カウンタックのシートに初めて座ったのは、1994年の夏、Blue Maxのダイゴさんがナゼかブラックのカウンタック・アニバーサリーに乗って御所山Studioに来られた時の事でした。 「ダ、ダ、ダイゴさん、これどーしたんですか???」と聞くと「借り物だよ、CM撮影の帰りだよ座ってもいいよ」と言われたのでありがたく着座させていただきました。全く後ろが見えなかったです・・・・

このオレンジのカウンタックは横浜のシーサイド・モーターが入れた新車輸入三号車で、21世紀現在も素晴らしいコンディションに保たれております。数年前の箱根のスーパーカー・イベントで撮った写真ですが、このときMini Truck界の重鎮たち?がこの会場にいた事が忘れられません・・・やっぱりみんなカウンタックが好きなのさ!! ちなみに日本上陸一号車は、60年代の日本グランプリをジャガーやローラで激走し、その後税務署を手玉に取り、ラスベガスに高飛びしホテル王となった「安田銀治」氏が購入されたそうです(黒色) そんなヒストリーもカウンタックらしくてとっても素敵なのです。

何はともあれカウンタックは史上最強のスーパーカーであり、ちんどん屋であり、芸術作品なのです。 ブガッティが400キロ出ようが、バイクの隼が300キロを超えようが、カウンタックの嘘八百300キロの方がゼンゼン説得力があるのですな。

「なんだ、これは!」最高だぜランボルギーニ・カウンタックよ!!!

[…]

超絶バイク漫画「熱風の虎」は外車ショーだぜ!!

未だかつて実物を拝んだことのないバイクがありまして、それら2台は私にとって永遠の憧れであり、幻のバイクなのです。

全くついこの前である1975年〜77年に掛けて、私の最強愛読書だった少年ジャンプ誌においてバイクを題材にしたマンガが連載されていました。 もう少しで爆発的スーパーカーブームが起こる時期で、起爆剤の「サーキットの狼」がブレイクするほんのちょっと前の頃に、かなりマニアックなバイク漫画が細々と連載されてました。 作者は「村上もとか」先生、その後名作の誉れ高きF-1マンガである「赤いペガサス」をお描きになったあの村上先生であります。(Wildman’s Blog 2007年12月14日参照)

少年サンデーにて連載された赤いペガサス以前に、少年ジャンプで村上先生は「熱風の虎」というバイクマンガを執筆なさっておりました。 内容はですね、いかにも70年代風な展開となっていまして、怪我で引退した虎のレーサーという異名を持つ「大番虎吉」の息子の「大番虎一」がその意思を受け継ぎレーサーになり、ロードレースから公道レース、果てはサイドカーレースまで展開するという基本ストーリーで構成されていました。 特殊なコーナリングテクニックを用いて最速を競う流れはその後のクルマ&バイクマンガに多大な影響を与えたと思われます。

少年Wildmanにとって何よりも強烈だったのは、ストーリーの後半で登場する数々の外車バイク達でした。 クルマ大好き少年だったWildmanにとって外車バイクというのは範疇ではありませんでしたが、熱風の虎に登場したキラ星のごとき当時のヨーロッパ製スーパーバイクたちは余りにも強烈な印象を与えてくれました。外車バイクなんてH/Dくらいしか街中では見る事もなく、あまり趣味じゃなかったので、マッハに目覚めるまではバイクはCB750が一番偉いと思ってましたが、ヨーロッパ車の素敵なデザインやメカニズムを熱風の虎が教えてくれたのです。

マンガの中で主人公の大番虎一はカワサキ900Z-1のカフェレーサーに乗ってましたが、ライバルたちはMVアグスタ、ドゥカティ、モトグッツィ、BMW等々の当時では夢のようなヨーロッパ車に乗り、他にもホンダGL1000やマッハ、ヨンフォアなんかが場面に現れます。 当時MVやドカにはスーパーカー的な魅力を感じ、横浜の長者町にあったバイク屋街にヤマハ・モトバイクで乗り付け、その美しい姿をウットリと眺めておりました・・・・

そして最大のライバルであった「タイガー」と「氷巻」の二人は見たことも聞いたことも無いバイクにのって現れたのです。

タイガーの愛車は西ドイツ製のマンモスバイク「ミュンヒ4 1200TTS」という物でした(Munch 4 1200TTS)「ミュンヒって一体何???変な名前、なんだか間抜けな怪獣みたいな 名前だぜ・・・」と思いましたが、そいつは客の細かなオーダーに応じるほぼ手作りのようなバイクで、高価なマグネシウム・パーツを沢山使い、エンジンは何とNSU 1200という4輪自動車の物を無理やりブチ込んでいて、まるでエンジンの上に人間がまたがっているような感じでした。 値段も70年代当時で400万円弱となっていて、まさにスーパーカーのような存在でした。

そして氷巻の愛車はさらにナゾのバイクとなっていてオランダ製の「バンビーンOCR 1000」という物でした(Van Veen OCR 1000)「バンビーンって一体何???変な名前、なんだか間抜けなアニメキャラみたいな名前だぜ・・・」と思いましたが、そいつは何とロータリーエンジン搭載のスーパーバイクでありました。 498cc、2ローターエンジンは当時世界最速と言われ、ミュンヒと共に100ps級エンジン搭載で車重300キロクラスという両車は性能的にも値段的にも世界を二分するスーパーバイクでありました。 ちなみのバンビーンは当時BMW R100RSの2倍というプライスタグを引っ提げていた超セレブなバイクでありました・・・

あまりにも個性的なこの2台は、その後日本車が世界最速を誇るようになる直前の最後の華のような感じが致します・・・

とってもこの2台が好きになってしまったWildmanでしたが、両車とも当時日本には1台づつしか存在してないというとんでもない希少車でとてもじゃないですけどお目に掛かることはありませんでした。 しかもその2台は同じオーナー様が所有されているという何とも豪快なストーリー付きだったのです・・・・当時この2台を持っているということは金額的にはフェラーリもランボも射程距離なのですが、それ以上に大変な事だったろうと思われます。

そして30数年が経過した21世紀現在、この2台は未だオリジナルオーナー様の手元にあるというじゃありませんか!! 大阪にて喫茶店を経営されていて、ミュンヒかバンビーンのどちらかを常時店内に展示されているという事なのです。

無理やり自動車エンジン搭載の「ミュンヒ」と極悪燃費&高熱発生ロータリーエンジン搭載の「バンビーン」という夢の2台を拝みに大阪まで行かなければ変態としての人生を全う出来ません。待ってろ「熱風の虎」よ!!!

[…]