Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

おめでとうDeuce Factoryさん、25年の重みはどっちも同じだぜ!!

Hot Rod Custom Showも終わり、Mooneyes USAのX-mas Partyも無事終わりまして、今年の大きなイベントはこれで完了となりましたね。

そんな中、先週末に横浜本牧のSeamen’s Clubにて”Deuce Factory”さんの25周年記念Partyが開催されました。

四半世紀に渡りカスタムカーの世界において第一線で活躍される笠井さんですが、初めてお会いしたのはついこの前の1986年、オープン間もない元町時代のムーンアイズに客として通っていた頃でありました。

元町プラザ前に超シャコタンや超ハイリフトなヘンテコ車で現れるナゾの人物がまだ”Public Spirits”を名乗っていた頃の笠井さんでありました。 ’87年に大井競馬場にて開催された第一回Street Car Nationalsには何とDeuceのPick upで登場し観衆の皆様の度肝を抜き(当時ではありえないクルマ)その後も数々のヘビー級のカスタムカーを製作し、日本のカスタムカーシーンに燦然と輝く活動をされています。 Pinstripeのお仕事や個人的に自分のクルマの車検等でも大変お世話になっております(Deuce Factoryさんならタイヤさえついていれば何でも車検が取れると解釈しております)

何はともあれ25周年おめでとうございます!!!

で、そのDeuce Factory 25周年記念Partyの次の日は横浜は産貿ホールにてオモチャのスワップミート「ワンダーランドマーケット」が開催され参戦して来ました。 今回はお客様の数も多く大変賑わっていて、変質者の仲間の皆様が目の色を変えてオモチャを物色しておりました・・・ ムーンアイズもブースを出してミニカーやプラモを販売しましたが、お隣のブースは歯科医のT先生でした。Toys Motorsを名乗ってオモチャの売買もしているT先生はコブラグッズに関しては世界的なコレクターでありまして、その昔は元町で小さなコブラミュージアムを開いていたほどです。

日本では絶対に入手出来ないようなシェルビー&コブラ関連の物を多数お持ちになられていて、そのコレクションは無限大なのであります・・・

これまで何度かT先生には色々とコブラ物を譲って頂いていたのですが、どうしても欲しい物が一点ありました。 それこそ私が最初のシェルビー・マスタングを買う買わないと大騒ぎしていた四半世紀くらい前から欲しかったモデルでDeuce Factoryさんの25周年記念に匹敵するくらい重要な物なのです・・・・私にとっては・・・

T先生がそれをお持ちなのはミュージアム等で拝見して知っておりましたが、なかなか譲って頂くまでには至らず、気付けば長い年月が経過していました。 「欲しい、欲しい、欲しい」とずっと言い続けた来たしつこさ?が認められて、今回のワンダーランドにてついに譲って頂けたのでした!!変態は嬉しゅうございます。

これがそのモデルでありまして1960年代に英国のTri-Ang社がScalextricブランドで販売していたスロットカーのAC Cobra 289なのです。 スロットカーという性質上、走らせて遊ぶおもちゃなので綺麗な個体は殆ど残って無く、このように未使用(未走行)の物はなかなか出てこないのです。 ロングノーズが強調された素晴らしいプロポーションで、何といっても60年代当時物という事に価値があるのですな。 近年コブラのモデルは多数出ておりますが、コブラが現役だった60年代はどういうわけか、スロットカーやプラモしかモデル化されていなくコブラのダイキャスト製ミニカーというのは一切出ていなかったのです。有名車両なのにオモチャ界の七不思議なのです。

だから当時物にこだわる私としては、どうしてもこのScalextricのスロットカーをコレクションしておきたかったのであります。 T先生のおかげで四半世紀の夢がかなったのです、本当に有難うございます!!!

あんまり嬉しいので、もう一台こちらも以前T先生から譲って頂いたアメリカ製のシェルビー・マスタングGT350のスロットカーと並べてみました、至福の時であります・・ そういえばちっこいHOスケールスロットも持っていますが、これもその昔T先生より譲って頂いたのでした。アメリカのオーロラ社製のコブラですが、よく見ると289では無く初期の260コブラにも見えてきますね。当時物はやっぱ風格が違うぜ!! Deuce Factoryさんも25周年、コブラのオモチャを手に入れるにも25年、どちらも同じ重みの25年なのでありました(勝手にそう思ってるだけです)

[…]

19回目のHCSは快晴だぜ!!(たぶん)

さて明日12月5日(日)は何と19回目の開催となる、横浜ホットロッド・カスタムショーとなります。 最近「雨の神様」転じて「晴れのプリンス」となりつつあるWildman思うに、明日はたぶん快晴の一日となることでしょう・・・

思い起こせばついこの前の1992年に第1回目のこのイベントが開催されましたがエントラントやお客様のおかげで年々規模が大きくなりまして、気付けば昨年より会場のパシフィコ横浜を全てブチ抜きで使用するという大騒ぎになっております。

海外から参戦の方も年々多くなっておりまして、会場はとってもインターナショナルな雰囲気が漂っていますね。

今回も海外より多数のゲストがお見えになりますが、何といってもロバート・ウィリアムスとスザンヌ・ウィリアムスのお二人が2台のHot Rodと共に来られるのはArtに興味のある方にはたまらないのではないでしょうか!?

そして日本人Artistはウィリアムス夫妻に対してのトリビュート・ショーを開催致しますのでぜひご覧になって下さいませ。もちろんトリビュート作品は販売致しますよ!!

Wildmanブースでは今年もPinstripe Challengeを開催しますので、ブラシを握って見たい方はぜひお越しくださいませ。 もちろん変態話にも応じますので宜しくお願い致します。

それでは明日はパシフィコ横浜でお会い致しましょう、Go! With Moon