Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

「ジェームス・ディーンのように」はかなく散った銀色の550スパイダー

この前ですね、お客様のリクエストによりMoon Discにラット・フィンクのイラストを描いてたんですが、仕上げに数匹のハエをちょろっと入れて「ハイ!出来上がり」となった所でナゼか急に思い出したのが「横浜銀蠅」であります。

1980年代初頭、リーゼントに革ジャン、白いドカンにサングラスといえば「The Crazy Rider横浜銀蝿Rolling Special」なのです、意味分かりませんが・・そして銀蝿といえばついこの前の1981年11月にソロ・シングルを出してヒットさせたギタリストの”Johnny”なのです。おいでCome on, Come on・・・ その名も「ジェームス・ディーンのように」はオリコン3位まで行き、TBSのドラマ「茜さんのお弁当」の主題歌にもなってました。

そんなことはいいとして、本物のジミーといえば力道山先生同様、カーガイとして有名でありますが、彼はスピードの方にとりつかれレース活動に没頭してましたね。

映画に出るようになって自分のお金で最初に買った2輪のトライアンフから始まった乗り物遍歴はスポーツカーへと続き「MG-TD」でドライビングの楽しさを覚えて、その後は出たばかりの「ポルシェ356スピードスター」に乗り換えてレース活動に勤しみます。

カリフォルニアのレースでそこそこの好成績を収め始め、周りも彼のテクニックを認めるようになって行きますが、356のエンジンをぶっ壊して次に買ったのが本格的な新型のミッドシップレーサーである名車の誉れ高き「ポルシェ550スパイダー」であります。べックではありません・・・

スパイダーのミニカーはこのように「当時物」が結構出ていて楽しめるのです。この雰囲気はとてもじゃないですけど現代の精巧に作られた下請けのアジア製ミニカーでは出せない味わいがありますね。

新車を手に入れPinstriper「ディーン・ジェフリーズ」にデザインのイメージを伝え手描きによるゼッケン・ナンバー”130”と”Little Bastard”というレタリングをグロス・ブラックで描いてもらったジミーはウキウキ気分で、次のレ−ス開催地であるサリナスの街に向かって、ハリウッドからスパイダーに乗って出発しました。 最後のドライブであります・・・

スパイダーの助手席にはメカニックを乗せ、追走車にはスタント・ドライバーとカメラマンが出たばかりの’55 Ford Country Squireに乗ってサリナスに向かいました。

そして運命の1955年9月30日の午後、ルート466を直進するジミーは対向して来て左折しようとしていた学生の乗る’50 Ford Tudoorを確認し、スピードを緩めましたが、Fordの方は小さくて低いスパイダーの存在に全く気付かず、そのまま曲がろうとした直前にスパイダーの姿をとらえパニックブレーキとなってそのままスパイダーに突進し激突、軽量級のスパイダーはひとたまりもなく吹っ飛び無残な最期をとげました・・・・合掌。

ジミーはパソの病院に救急車で搬送されましたが即死状態だったそうで、同乗者のメカニックも骨折等の重傷を負いましたが、頑丈なボディーのFordのドライバーは軽傷ですんだそうです。

「エデンの東」や「理由なき反抗」(カリスマ成田店長にぴったりのタイトル!!)といった作品を残し一瞬でこの世から消えていったジミーですが、カーガイにとっては忘れられないヒーローの一人ですよね。 当時物ミニカーを囲んでジミーを偲んでカルピスソーダで乾杯!!であります。

[…]

300万円が5億円に!!デイトナ・コブラの数奇な運命

先週のブログでお話しましたが、お正月はミニカーのワックス掛けと蔵書の整理をするという大変有意義で健康的な生活を送っておりました。(実家で数の子を7本食べて気持ちが悪くなってましたが・・・)

本の整理中(といっても並び替えているだけのような気も致しますが)又もや怪しげな一冊が出てきました。 ついこの前といえる昭和49年9月に発行された八重洲出版の「ドライバー」誌であります。

巻頭特集は何とゼロヨングランプリとなっていて、当時日本の立川基地のドラッグレースで走ってたVWエンジンのドラッグスターに70年代隆盛を誇っていた富士GCマシンのローラや日産A型エンジン搭載のマーチフォーミュラカー、ツーリングカーレースで無茶苦茶速かったサバンナRX3らが挑戦するという素敵な企画です。

もちろんドラッグスターが一番速いに決まってますが(11秒台)他の車も12〜3秒台で走っててとっても速いのです。 よくよく見るとローラ、マーチ、RX3のドライバーは津々見友彦、星野一義、寺田陽二郎といった当時の一流レーサー達なのでした、ビックリです。(このような仕事もされていたのですね)

次のページをめくると「異色ドキュメント あのデイトナコブラが生きていた」というワクワクするようなタイトルになってました。 こいつはいけるぞ!!いつの日か「異色ドキュメント あのワイルドマンが生きていた」に使わさせて頂こうと思います・・・

正式名称”Cobra Daytona Coupe”は日本ではデイトナ・コブラとして60年代の日本グランプリを中心としたレース・シーンでは親しまれた存在でした。

こちらの画像でGo! With MOONであります。

ヨーロッパ製ACのシャシーにフォードV8エンジンを載せて作られたコブラをベースに、たった6台(+プロトタイプ1台)が製造された純レーシングカーのデイトナ・コブラのボディ・デザインはあの日野サムライをデザインしたピート・ブロックの手になる物で、さすが天才(変態)であります。 60年代、打倒フェラーリに燃えていた時代のフォード&シェルビー・アメリカンが残した宝石の一つですね。 高度にチューニングされたスモールブロック・フォード289は390hpを絞り出し、クォーターマイルを12秒台で走り切り、198マイルのトップスピードを誇りました。 ルマンやデイトナ、セブリング等、長距離レース用としてデザインされたそのボディはフロントエンジンでロングノーズ・ショートデッキ、コーダトロンカといった60年代テイスト満載の素敵なデザインでしたが、時代はミッドシップに流れつつあり、第一線での現役時代は意外と短く、あまりにも速くあまりにも有名だったあの名車「フォードGT40」にバトンタッチされてしまいました。

さんざん走って中古レーシングカーとなった旧式のデイトナ・コブラたちは売りに出されそのうちの1台(シャシーナンバー:CSX2300)が日本にやって来ました。

日本レース界の黒幕とも言われ、後にCAN AMやF-1でShadow Teamを率いるドン・ニコルズの手により日本人レーサー故酒井正の元にデイトナ・コブラは売られました。ついこの前の1966年4月26日に上陸したそうです。

酒井氏は23歳の時にこの車を入手しましたがパーツ代、輸送費含め60年代当時のお金で一千万程かかったそうです・・・・当時では天文学的な数字です。

日本グランプリ等を走り、パワーに物を言わせ直線番長的な活躍をしましたが、酒井氏はデイトナ・コブラを力でねじ伏せる豪快なドライビングでファンの目を楽しませました。 その後、酒井氏によると知人の鉄砲商にこのクルマを「パーツごとたしか¥300万くらい」で譲り、明珍和夫さんというドライバーでレースを走りましたが、68年の日本グランプリFISCOのS字切り返しでひっくり返ってしまい、これを機にこのデイトナ・コブラはレースを引退したそうです。

さらに二人のオーナーの元を経てストリート・バージョンに改造されたこのクルマは302エンジンにオートマチック・トランスミッションという組み合わせで京都のスーパーカーディーラー「トミタオート」さんへ売られて行きました。 当時の雑誌広告を見て小学5年生のWildmanは「デイトナ・コブラがたったの¥780万円だって、や、安い、安すぎるぞ!!」と興奮致しましたがどうにもなりませんでした・・・あの時、自宅を売って親に買わせておけば今頃億万長者になってました、残念。(だってその後アメリカのオークションで450万ドルとかいう値が付いてるんだもん、私の目に狂いはなかった!?)

結局このCSX2300は日本を離れて御大キャロル・シェルビーの元へ引き取られ、ビカビカにレストアされ、ラスべガスのミュージアムで余生を送っております。

でもね、そんなビカビカな姿よりも「品3」のシングルナンバー(テンプラかな?)を付けたよれよれボディーで調子悪そうに日本の道路を走ってるデイトナ・コブラの方がWildmanにとっては魅力的な存在なのであります。 やっぱ買っておけば(買わせておけば)よかった!!!

[…]

人生は何事もカスタムなのであります!

皆様、新年明けましておめでとうございます(かなり遅いですが) 本年もWildman’s Blog並びにWildman並びにMOONEYES並びに Signs & Pinstriping Studioを宜しくお願い致します。

関東地方はとっても良い天気が続いたお正月Weekでしたが、私は健康的に自室にこもる生活を送っておりました。

そんな中、初詣には行かなくてはならないので、我が街の岡村天満宮へ御年12歳の愛犬ポールと出撃致しました。 ちなみにKISSのポール・スタンレーは1月20日で59歳になります。メイクをしてるから全然分かりませんが・・・・

ポール君はキャバリア・キングチャールズ・スパニエルというニッサン・グロリア・スーパーデラックス並みに長ったらしい名前を持つ犬種ですが、年末に動物病院にて持病の治療を施したため、すっかり元気になり、久々に公園で50mダッシュを敢行致しました。(それ以上走るとこっちが疲れるため)

すると「やっぱり正月はビンテージだぜ!!」と勇んで履いていった30年落ちのアディダスTRXコンペティション・スーパーというこちらも長ったらしい名前を持つスニーカーのソールがベロンとはがれてしまいました・・・・

傷心の内、自宅に戻り接着剤にて修理し、ことなきを得ましたがアディダスに不信感を覚えました。

ついこの前の1981年に京急上大岡駅にあったアムスポーツで¥9,800も支払って買ったばかりなのにもうぶっ壊れてしまうとは全く情けない話なのであります・・・・ナイロン製スニーカーといえどせめて50年くらいはノントラブルで過ごしたいですよね。

で、無事修理完了後は自室に引きこもり、ミニカーのワックス掛け(今回は22台)や蔵書の整理に勤しみました。

本なんぞ整理していますと、久々に見る物もありついパラパラとページをめくってしまうのですが、強烈な一冊が出てまいりました。 ついこの前の昭和43年10月のモーターファン誌付録だったその名も「カスタムカー入門」であります。

付録といえど100ページを超えるボリュームで、その内容はというともうハチャメチャでして、車をブッタ切って、切り刻んで、溶接してカッコ良くしちゃおうぜ!! といったノリで、沢山のモノクロ画像の作例が紹介されております。

執筆は「碇 義朗」様という方がされておりますが、この時代多数の改造車に関する原稿を書かれておりまして、この道の先駆者なのであります、ああ素晴らしい!!

ページをめくってまず目に飛び込んでくるのは、この横浜ナンバーのマツダR360クーペでして屋根ブッタ切りオープンにボディの板金加工で何が何だか分からないクルマに変身しております。

改造の過程も出ていてオリジナルの可愛いらしいボディーラインを問答無用で切り刻んだ素晴らしい作例です。 しかもですよボンネットを開けると裏側に「故障」と文字が描かれているそうで「路上駐車の際に便利なアイデアである」と言い切っております。 誰か私にも描かせて下さいませ・・・

そして日産フェアレディはこんなになっちゃいました・・・・ベースは元々オープンのフェアレディSPですが、機械工学科の大学生が皆で作り上げたFRPボディーだそうですが碇氏は「シロウトばかりが研究しながら作り上げたもので、はじめにしては良く出来ていると言えよう」と強気なコメントがなされております。

そしてお次はスバル360でして、フロアのみ残してブッタ切り、あとは手作りの鉄とアルミボディーを乗っけて車重350kgのグループ7レーサーが出来上がりという具合であります。「一般公道を走ることは許されない」と書いてありますがナゼか品川ナンバーが付いております・・・・

もう一台のスバルはもっと強烈な仕上げで、モノコックボディーをブッタ切って補強を入れ40cmもダッシュボードを後退させ2シーターのハードトップ付きオープンにするという離れ業を展開しています。 このクルマ欲しいです・・・

軽いカスタムとしては初代プリンス・スカイラインや初代カローラのこんな作例も出ています。

ステッカーの貼り方も紹介されていてGo! With MOONな展開となってます。

もっといっぱい楽しいのが出ているのですが、全部紹介したらいつまで経っても終わらないので、最後の作品は日野コンマースのドラッグレーサーであります。 横田基地内でのドラッグレースで走っていたようですが、ロールゲージが張り巡らされた室内には何とV8エンジンが搭載されているという本格的な変態仕様になっております。米軍関連の方が作られたのでありましょうか、ウィリーバーまで付いていてやる気満々のスタイルは40年以上前の日本だという事を忘れさせてくれますね。

という事で正月から目の覚めるような内容の本を久々に見ることが出来、「明けましておめでとう」と目が覚めた感じです。やっぱり、人生は何事もカスタムなのであります!!

[…]