Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

最強のVIP CARはプリンス・ロイヤルだぜ!!

皆様、こんにちは。ただ今私はとっても緊張しております・・・ 不肖Wildman、本日26日(土)の午後6時から7時までの間にですね日本の首都、東京は代官山のUPSTAIRS GALLERYにて開催中の”LOWBROW-ART MEETS GIRLS”という女性アーティスト様のグループショーになぜかゲストとして招待されまして、トークショーをやることになっております。 何たって「愛しきヘンタイ」が勝手にしゃべるトークショーなのでどうなるのか自分でも分かりません。 ”HENTAI MEETS GIRLS”ではありませんのでご注意ください・・・ お時間のある方はぜひ遊びに来て下さいませ!!

で、緊張といえば今から15年以上前(といってもついこの前ですが)のある日、出張Paintでとある施設に行っておりました。 そこで日本最大級の巨大アトラクションを持つ○゛○○゛○ー○○○゛のパレード車両にPinstripeを描く作業をしておりました。 不思議な形をした車でしたがさらっと作業を済ませ、施設内をトボトボ歩いていると塗装ブースの中に黒い巨大な物体を発見しました。 「こ、こ、これは何と御料車ではないですか!!!!!!!」と声にならない声を上げたと思うとその場で緊張して直立不動となり「天皇陛下万歳!!」と一発かましそうになったのでした。危ない、危ない・・・

そう、そこに鎮座なさられていたのは天皇陛下のために、今はなきプリンス自動車が精魂込めて作り上げた御料車「プリンス・ロイヤル」だったのです(写真撮影当然NG)

日産とプリンス自動車が合併直前の、全くついこの前である昭和42年2月25日に第一号車が宮内庁に納入されてしまったので正式名称は頭に日産の文字が追加されてしまい「ニッサン・プリンス・ロイヤル」となってしまいましたが、私的には「プリンス・ロイヤル」と呼びたいですね。 今となってはプリンス自動車の車名は「スカイライン」と軽トラの「クリッパー」しか残ってなく、寂しい限りであります・・・

当時プリンス自動車が御料車の製作を受注出来たのは皇太子殿下が普段プリンスの車を愛用されていて人脈もあり、都内に会社があった事によりメンテナンス面でも好都合だったことが上げられるようです。

皇太子殿下は免許取得後、このような’54年型セダンや’57年型のスカイライン等を愛用されておりました。

ファンキーなイエローボディーのミニカーは当時物モデルペットの傑作である同型のスカイラインであります。殿下のも黄色だったらなあ… Go! With MOON

プリンス・ロイヤル登場以前の御料車といえば現在ドイツの博物館で余生を送っている’35「グロッサー・メルセデス」や’50「キャデラック」 ’63「ロールス・ロイス ファンタムV」等が有名ですが、やはり日本で皇室の為に作られたオンリー・ワンな存在のプリンス・ロイヤルが最高峰なのであります、天皇陛下万歳!!

短期間で作られたロイヤルはエンジンもプリンスが開発した6,4リッター260psのV8で(ATはGM製でしたが)ブレーキと燃料系統は何が起こっても作動するように2台分搭載されていて、8人乗りの巨大なリムジンは何と車重3トンを軽く超える超ド級の自動車と化したのです。低速走行をスムースにこなし、アクセルを踏み込めば一気に160km/hに達する性能も持ち合わせていました。 タイヤもブリジストンがロイヤルの為にだけ特製の15インチタイヤを開発したのでした。

ボディ・デザインはGMのポンティアックから拝借したデザインのA30グロリア(タテグロ)と共通なイメージで顔面はそっくりサンなのでした。 Wildmanがロイヤル実車に遭遇した時、塗装の補修でブースに入っておりましたが、どう見てもボディー塗装は2液性ウレタンの焼付け塗装ではなく昔ながらのラッカー手塗りに見えましたが、やっぱりそのような仕上げで新車時はソリッド・ラッカーの12回塗り吹き付け塗装だったそうです。これなら当時の日本中どこでも補修が可能だったという理由により、最新ブースによる焼き付け塗装は避けたそうです。

絶対に実車が手に入らない御料車のロイヤルですがミニカーならこれが可能になります!!! 1970年代に不出来なミニカーを平気な顔をして次々と製造していたヨネザワ玩具のダイヤペットが、ついこの前の1975年8月に突如として発表したのが何とプリンス・ロイヤルだったのです。

前代未聞、皇室の専用車両をさらっとモデル化してしまうとは良い時代でしたね。フロントグリルの造型が素晴らしいこのモデルは、菊の御紋も再現され、重厚感溢れる仕上がりとなり、7ミニカーとなりました。天皇陛下万歳!!

でもさすが当時のダイヤペット、ミニカーのシャシーに刻まれた商品名がROYALじゃなくってLOYALになっちゃってるのです、全く素晴らしい商品管理だぜ、やってくれるぜダイヤペットよ!!

同じくダイヤペットが全くついこの前である昭和42年10月に発売したタテグロのミニカーとこのように並べると、変態としてはもう完全に酔っ払った状況となり昇天してしまいますね・・・・

そしてこちらは当時の日産のカタログです。なぜかロイヤルが掲載されていますが一億円積んだって売ってくれなかったでしょう・・・

6台が納入されたプリンス自動車の誇りともいえるロイヤルはその後長きにに渡って御料車として活躍しました。外務省で外国貴賓用として使われた車両のうちの1台をハイルーフ・ワゴンの特別車に改造し、大喪の礼の際、昭和天皇の御柩を八王子の御陵までお送り致しました、悲しいぜ・・・

その後21世紀になり日産自動車の「もう古くて危ないからマジで使わないで下さい」という申し出により、プリンス・ロイヤルはお役目を終えてひっそりと引退致しました。払下げが行われれば私が一番入札したのに・・・ […]

ヘンテコ日本語の帰国子女とロールス・ロイスの思ひ出・・・・

ここの所、左ハンドルづいておりますMoon Garageに今度は1970年型の「MS55Lクラウン・デラックス」が入庫してまいりました。 とってもオリジナル度が高い車両で、殆ど何もしないまま普通に使って40年の月日が経ってしまったという感じで、特に内装はとっても素晴らしいコンディションなのであります。エンジンも6気筒2,2リッターですよ。 アメリカからやって来た帰国子女のクラウンにご興味のある方はぜひ本牧まで足を運んで頂き、実車を確認して下さいませ。

そしてこちらは最近我がコレクションに加わった英国はCorgi Toys製のビンテージ・ミニカーであるロールス・ロイス シルバーシャドウであります。

英国製ミニカー黄金時代の最後を飾るモデルの一つで、センスの良いツートンの塗装が素晴らしいミュリナー・ボディー製2ドアーのロールスは驚異のアクションを備えておりました。 「ゴールデン・ジャッキ」と命名されたこのシリーズはホイールの脱着アクションを持っていて、シャシーに装着されたゴールドのレバー(ゴールデン・ジャッキ)を引っ張るとホイールが外れてスペアタイヤと交換出来るという子供にとって大変魅力的なアクションを備えておりました。 1970年から約1年間の製造期間しかなく、大量生産を誇った当時のCorgi Toysの中では少なめの180,000台という生産で終わっています。

で、帰国子女とCorgiのロールスの思い出といえば、キタニ君なのであります。 また何を言っているのかさっぱりわからないでしょうが、全くついこの前である1975年、小学5年生の時に突然転校して来たのが帰国子女のキタニ君なのでありました。

担任の先生が「イギリスから転校してきた、キタニ君は帰国子女です」と紹介されましたが、少年Wildman含むアホな4組の面々は「一体何なんだ、帰国子女って、だってあいつ男じゃん」とザワつき始めます。

フィンガー5のボーカリスト、アキラ君のサングラス並みにデカイ眼鏡を掛けたのび太君顔のキタニ君は突然カタコトの日本語で「ハジメマシテ、キタニデス」と自己紹介したと思ったら今度はMy Name is〜と流暢な英語でペラペラとしゃべりだし、黒板にチョークでスラスラと筆記体の英語を書き始め、4組の面々はあっけにとられておりましたが、少年Wildmanは一人筆記体の美しさに感動しておりました・・・・

キタニ君はお父様の仕事の都合で殆どイギリスで育ったそうで、日本語はあまり得意でなくヘンテコ発音でしたが、完璧な英語を話せたので、まるでクラスに外国人が転校してきたような感じでした。

1975年といえば、少年Wildmanがミニカーをオモチャとしてではなく、コレクションとして認識するようになり、現在まで36年に渡り世捨て人としてコレクター生活を送っていますが、そのスタートととなった記念すべき年なのであります。

「これは便利なヤツが転校してきたぞ!!」と思ったのは言うまでもありません。 なんたって外国製ミニカーのシャシーやパッケージにはローマ字読みしか出来ない少年Wildmanには全く難解である英語がいっぱい書いてありました。 それらミニカーに刻まれた英語の数々をキタニ君に読んでもらって意味を知るという素晴らしい事を思いついたのです。

「Made in West Germanyって何?」と聞けば、「コレハ西ドイツデツクラレタモノダネ」「With Windowsって??」と聞けば「ガラスガツイテイルッテコトダヨ」「Fire Engineって???」と聞けば「ショウボウシャダヨ」とナゾナゾのような会話が成立し色んなナゾが解けて行く毎日となりました、全く嬉しいぜ!!

そんな人間自動翻訳機が備わり、コレクションに弾みがつくようになりましたが、ある日友達数人とキタニ君の家に遊びに行く事になりました。 我が家とは全く違う英国調の調度品が備わるキタニ君の家の広いリビングに通され、ジュースなんぞを御馳走してもらっていると、彼が自分のミニカーを見せてあげると言って何台か持ってきてくれました。 その中に先程説明したCorgi Toys製のロールス・ロイスが入っていたのです。

「ゲッ、これは絶版モデルのコーギーじゃん!!!何でこんな素敵な物を持ってるの??」 と羨望のまなざしでキタニ君に聞くと、 「コレハイギリスニイタコロ、ロンドンノデパートデカッテモラッタヨ」 と説明してくれました。

「ロンドンのデパートだって、何かすげえぜ、きっと2万台くらいミニカーを売ってるんだろうな・・・こっちはせいぜい横浜高島屋か伊勢佐木町のオモチャのマリヤで買うくらいなのに・・・」と格差を感じました。

しかもですよオリジナル箱に入ったままのミント状態で保存していたことに深い感銘を受けた少年Wildmanは以後「ミニカーの箱は必ず保存する」と心に誓い、ますます変態道に深くはまっていったのです。

その後、キタニ君は6年生の途中で、またもやお父様のお仕事の都合でどこか遠くへ引っ越してしまい、少年Wildmanがこよなく愛した翻訳機付きの友人とはお別れとなってしまいました、全く悲しいぜ・・・・

あの時見せてもらったロールスと同じ物が36年後にやっと手元にやって来ましたがこれを見るとあのヘンテコ発音の日本語で、のび太君顔の帰国子女であるキタニ君の事が思い出されます。 本当についこの前のことなのですが・・・

[…]

スーパースターボルグ様はスーパースクーターがお好き!?

先週はですね、Pomonaにて開催された62nd Grand National Roadster Showに参戦して来ました。 相変わらずHi QualityなShow Carが並ぶ会場は熱気に包まれ、世界中から多数のカーガイが訪れておりました。

そしてまたやってしまいました、3日間のイベント開催の最終日である日曜日の午後、空から雨がパラパラと・・・・・またもや雨の神様の異名をほしいままにするWildmanによってCaliforniaの青空を一変させ、Pomonaの街はあっというまにビシャビシャとなってしまいました・・・・世界中の皆様、本当にすみませんです。

このイベントの模様は今回一緒に出張したMooneyes Area-1 Staffの”Kid Rocker”こと松井kunが今後MMMにて詳しくレポート致しますのでそちらに注目です!!

で、日本に帰国するとArea-1にはこのような真紅の素敵なPick upが入庫して並んでおりました。 これです、とても珍しいマニア注目の香港トミカ「ダットサン1300トラック」です。 オリジナル箱も付いて最高のコンディションなのであります!!

じゃなっくって、こっちです。北米からの帰国子女、真紅の”Datsun 521 Pick up”なのでした。LHDのこちらはオリジナルコンディションを保ち、機関も好調で私の香港トミカもビックリの個体なのでした。

For Sale車両なのでぜひArea-1まで足を運んで頂き、じっくりとご覧になって下さいませ、必見であります!!(申し訳御座いませんがトミカは付きません)

で、もう一つ、こちらの「ライトニング」誌2011年3月号が発売になっておりました。 特集は「愛しきヘンタイ」とのことで、大変な変態である私も先日取材を受けました。 「変態」というのはWildmanの登録商標だと思っていたのですが・・・・

各分野のでスペシャリストである変態さんが紹介されておりますが、なぜか私だけ分野が沢山あって?ミニカー、スニーカー、ボルグ様、KISS、力道山先生、スクーターといった、ささやかな趣味が掲載されていました。本当に趣味の少ない男ですな・・・

ボルグ様といえば引退してから今年で28年が経過致しましたが、私の中では未だに力道山先生と共に永遠のスーパースターなのです。

日本のサッカーが強くなろうが、イチローがメジャーで大活躍したところでボルグ様と力道山先生の前ではただの人なのであります。

この前You Tubeでボルグ様が起用された80年代初頭のホンダ・リードのテレビCMを拝見致しましたが、あまりのカッコよさに久々に興奮してしまい、家の中でFila Borg Modelを着てラケットを振り回し、デッドストックのテニスシューズであるイタリア製DiadoraのBorg Modelを履いてしまいました(部屋の中です)

こうなるとやっぱりスクーターGTの異名を取った初代ホンダ・リードが欲しくなりますね。 でもビートでパーツの無さに懲りてるから、あの年代のスクーターの維持は大変なのであります。 当時はこの50ccのリードに乗ってましたが、あの頃欲しかったのは後から発売になった驚異の125ccモデルである「リード125」でした。

2ストロークのアルミシリンダー125ccエンジンは10馬力を絞り出し、剛力スクーターとしてピンクナンバーの王者でありました。 クリーンなデザインの50に比べて、SFかチンドン屋としか思えないシルバーとレッドの無茶苦茶なカラーリングは迫力満点で、kawasaki KH250に乗っていても思わず道を譲ってしまいました・・・

[…]