Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ゴミか芸術か!? 箱が命のミニカー・コレクション(外国車編Part II)

先週末にですね、新装なったVWとMotorcycleのSpecial Shopである”One Low”さんのOpen Houseにお招き頂き、美味しいBBQを頂いてまいりました、御馳走様でした。

思えば3月の地震の時には、こちらの建物の3階部分の看板文字描きをしているまっ最中でありましたが、強風なのかめまいなのかさっぱり分からないまま3階足場の上でひとりフラフラしていましたが、今こうやって見てみるとやっぱり高いですね・・・

お、こんな所に可愛い仔猫が!! 捕まえて家に持って帰ろうと思いましたが、そんなことをしたら我が家では7匹目のネコとなってしまい、エサ代で破産しそうなのであきらめました・・・

One Lowさんの手前エリアは横田基地がありますが、その周辺はなんとも趣きの有るこういったお店が立ち並んでいて「基地の街」というのを感じさせます。 横浜には無くなってしまった風景が沢山あって楽しそうなので、今度じっくりと再訪してみたいです。 で、先週からの引き続きでミニカーの「箱」のお話の時間がやって参りました。 本当にですねミニカー本体も箱も60年代までの製品は各国の作り(デザイン)の違いがよく出ておりまして、マニアなら一発でどこの国のどこのブランドのミニカーとわかるのでした。私も98%以上の確率で言い当てることが出来ると思います。 何て言ってるとまた勝手な話が終わらなくなってしまうので、ミニカー(の箱)を紹介して行きます。 芸術の国イタリアでは、芸術的なミニカーが60年代までは多数生産されておりました。 中でも「マーキュリー」というブランドは箱絵が秀逸なものばかりで、時には中身よりも箱絵にウットリしてしまいます・・・・

マセラティ3500GTですが実車の特徴であるロングノーズを協調し、箱絵もミニカーも確実に実車以上の仕上がりとなっております。バックの芝生もたまりません。 コレの実車は60年代、突発的に日本に上陸致しましたが、当時では宇宙船を買うくらいの感覚だったのではないでしょうか・・・

同じくマーキュリーのランチア・フルビア・ラリーカーですが、これはもう完全にアートですね。雪のモンテカルロ・ラリーを疾走するフルビアのイラストはヘッドライトの明かり、舞い散る雪、共々臨場感あふれるのでした。 ドライバーとコ・ドライバーの会話も聞こえてきそうで、これは額に入れて飾りたいくらいなのです。

イタリアのTOGIというマイナーなブランドは90年代に入って再販されてしまい私をとってもがっかりさせましたが、60年代オリジナルの箱絵はこんなに素敵だったのです。 鬼才フランコ・スカリオーネのデザインによるアルファロメオ・ジュリエッタSS(スプリント・スペチアーレ)はWildman的には好きなデザインベスト5に入るクルマなのです。その昔、俳優の夏木陽介氏も乗られていましたね。 箱絵はそのまま絵本にもなりそうなくらいの仕上がりですが、その時のタイトルは「ジュリエッタ君の冒険」で決まりです。 お次は地球の裏側で作ってたアルゼンチン製ミニカー達(の箱)です。いいですよね、南米産・・・日本やヨーロッパのデザインで製造はアジア諸国なんていう下請け生産の大人向けの個性無きミニカーたちとは違って、自国の子供たちの為に自国で作ったミニカーというのは最高なのであります、スピリットが違います。 アルゼンチンの「ブービー」というブランドは1950年代後期よりミニカーの生産をしていて自国ではかなりのシェアを持っていました。

フォード・ファルコンですが、当時あまりミニカー化されなかった車種なので貴重な存在となっております。箱絵もご覧の通り実車カタログ並みのクオリティーのイラストが描かれ、中身よりも感動してしまいます。

シェビーII ノバはレース仕様となっておりまして1970年代劇画タッチでサーキットを疾走する4ドアのノバが描かれています。 ミニカー本体のボンネットを開くとそこにはナゼかストレート6が鎮座されていてとってもエコなレーサーになっております。

メルセデスのトラックはブービーの傑作ミニカーとなっていて、物凄く出来がいいのです。これを初めて手にした時は「南米産ミニカーおそるべし」と思いました。 箱も立派なデザインで、工事現場に向かうおっちゃんの威勢良い声が聞こえてきそうな迫力があります。

おフランスの芸術はティンプレート(ブリキ)製のべラム・イセッタになります。 モデル自体もおにぎりのようでそのまま食べてしまいたいくらい可愛いのですが、箱絵に至っては問答無用の芸術で、あまりの迫力に言葉を失ってしまいました。 天才赤塚不二夫先生のキャラクター「べし」も逃げ出しそうなくらいのイラストです・・・これでいいのだ!! JEPというおフランスのブランドはプラスチック製ボディーにダイキャスト製のシャシーを組み合わせるという不思議なミニカーを作ってました。 不思議なのはミニカー本体だけでなく箱も不思議な作りで、組み上げると何とジオラマ風景になるというイカしたヤツなのでした。

シトロエンDSは岸壁で自分のコレクター人生を振り返っているナイスミドルが表現されているようです。

変なクルマ、パナールは箱を組み上げるとドーンとお城がおっ建っていて、もっと変になるのでした。意味分かりません・・・・ そしてやっとミニカーの故郷、英国製品(の箱)のご紹介です。 Hot Wheels登場以前に隆盛を極めた英国レズニー社のマッチボックスは 幼少時代もっとも親しんだミニカーなのでした。トミカなんてまだなかったし・・・ 当時絶対に買ってもらえなかった豪華ギフトセットがこちらになります。 RACE’N […]

ゴミか芸術か!? 箱が命のミニカー・コレクション(外国車編

この前ですね、Pinstripeのお客様でBMW 320iへの施工がありました。MooneyesのBMW740i ”Mond Augen”を見てリスペクトして頂き、お仕事の依頼を受けました。

ご覧の通りまっ白けの一見ごく普通のE90 320セダンなのでありますが、実は何ともレアというか、普通買わないというか、やっぱり変というのか「6速マニュアルトランスミッション仕様」のクルマでした。どうしても力いっぱいクラッチが踏みたいのか、マニュアル・シフトに強いこだわりをお持ちのオーナー様は、日本仕様ではディーラーに在庫が無いような3ペダルの新車を御注文なさって、はるばる船で運ばれて来るのを待っていたそうです・・・気が長いぜ!!

オーナー様の御希望色にてさらっとPinstripeを描きましたが、それだけでもクルマの雰囲気は結構変わりまして、満足して頂けました。変わったオーナー様、変わった仕様のBMWを末長く大切に乗って下さいませ。で、先週に引き続き、ミニカーの箱のお話であります。箱というより「紙箱における芸術作品」の御紹介なのでありますが、前回はMade in Japanの国産黎明期の物でしたが、今回は当時物の外国製ミニカーたちになります。1960年代まではミニカーといえば外国製品の黄金時代でして、世界各国でその地の特色が表れている作りで、当時のミニカーはパッと見ただけでどこの国のどこのブランドというのがすぐに分かりました。

これはイタリア製、これはフランス製、これは西ドイツ製というようにマニアならすぐに分かったのです。ほんとだってば!!!現在のようにデザインだけ自国で行い、作るのは人件費の安い国に任せてるミニカーたちは、全くブランドとしての特色がなく、それはミニカーではなくて「どれも同じつくりの超精密自動車模型」でしかありませんな(自論)だからそれらは芸術作品ではないのです(これも自論)同じく箱も紙製で実車の写真なんかじゃなく美しいイラストが描かれていなくてはいけないのです(やっぱ自論)

という事でほっぽっておくと話が長くなってしまうので、芸術作品を御紹介致します。まずは世界最強のミニカー・ブランドだったディンキートーイズ製のモデルたち(の箱)になります。

フランス工場にて作られたモデルたちですがド・ゴール大統領の専用車だったシトロエン・プレジデンシャルの実車はストレッチされたDSに防弾装備を施し、内装の仕上げはヴィトンやらエルメスとなっているそうです。ミニカーは昭和40年代中期に日本にも輸入されましたが、売価が¥2,700となっていて、当時ではありえない高額なオモチャだったそうです。まあ芸術作品ですから仕方ありませんが・・・・

室内のライトが付いたり、内装は起毛仕上げで凝ってますが、箱絵も秀逸で真剣な表情の運転手さんがたまりません。

同じくフランス製ディンキーのプジョー204カブリオレは夏の日差しの中、サングラスを掛けたブロンドのお姉さまが素敵です。

フランスの山道を疾走するフェラーリ275GTBはこの後カウンターを当てたまま谷底へ落ちてしまうのでしょうか・・・心配です。

英国製ディンキーのエルカミーノはトレーラーを2台も引っ張っていて運転が大変そうですが、ぜひこのスタイルでエルカミーノ・ナショナルズへのエントリーを期待しております。

イレギュラーな香港製ディンキーのビュイック・リビエラですが、箱絵は華やかな夜のパーティーが終わったあと、酔っ払い運転で自宅へ帰る姿というのが想像出来るのです、いい時代ですな、素晴らしいイラストです!!

フランス製のキラルという短命に終わったブランドのガルウィング300SLですが箱のイラストは絶対に写真やミニカーを見ながら描いたのではなく、何も見ないで頭の中で300SLを想像して描いたとしか思えません、これこそが芸術です。

お次はスペインのリコというブランドのプラスチック製ミニカーになります。

まずはセアト・セダンの箱絵はカップルが休日にドライブに行きました。素晴らしいスペインの山の景色を堪能する二人はとても楽しそうです。

そして帰り道、この二人は崖から転げ降ちる事故を起こしてしまい「セアトの救急車で救急病院に運ばれる図」というのがこのイラストになるのです。

もちろん私の勝手な想像ですがきっとそうに決まっています、ハイ。デンマークのテクノというブランドは独特の作風で近年ビンテージとして評価が高まっている5〜60年代製ミニカーの逸品です。

ボルボP 1800ですが、子供のころはコンテッサと並んで怖いクルマのトップクラスに入るデザインでした。だって前も後ろも気持ち悪いんだもん!!(特に後ろ姿は最悪)

箱絵はダンディーなおじ様がドライブのあとパイプをくわえて一服というものです。

マーキュリー・セダンとサンダーバードはまさにサーカスのアメリカン・フィーリングといった風情で箱絵プリントの色使いが泣けてきます。

ハーレーのサイドカーは実車じゃなくきっとこのミニカーを見ながらイラストを描いたのでしょう。いいなあ、こんな仕事・・・

べスパもサイドカー仕様になってますが、運転するのはグレゴリー・ペック、そして舟に乗るのはヘプバーンに決まってますな・・・・ああワイルドマンの休日。

疾走するポルシェ356のイラストは全てにおいて完璧で、漫画にも通ずるタッチは今後参考にさせて頂きます。空冷エンジンの吸気音が聞こえてきそうです・・・

と、ここまで書いたところで我にかえりましたが、写真を撮り過ぎてしまい全然話が終わりません・・・

本当に申し訳ありませんが、続きは次回に持ち越しとさせて頂きますので宜しくお願い致します。

[…]

ゴミか芸術か!? 箱が命のミニカー・コレクション(日本車編)

思い起こせばついこの前である36年前の1975年、ミニカーをオモチャではなく芸術作品とみなし、遊ぶ物からコレクションへとシフトし「自分が好きなクルマ」のみに絞って集め続けて参りました。なので私のコレクション内容は無茶苦茶で全くシリーズ化されてなく、日本車からアメリカ車、ヨーロッパ車、共産圏のクルマ、レーシングカー、スーパーカー、商用車、軽自動車と何の脈略もない物達が揃っております。

ある程度数が集まって来ると自分でジャンルを決めて、ミニカーブランド別に集めたり、車種を決めて集るのが普通なんですが、そんな事をしたら自分が興味のないどうでもいいミニカーまで揃えなくてないけなくなるので、お金が幾らあっても足りなくなるし、買ったらそのまま段ボール箱へポ〜ンなんていう状況はせつないので(こういう人沢山います)何はともあれ自分が「これはミニカーにおける芸術だ」と認めたモデルだけを集めているのであります。

 

ニューモデルが出たら片っ端から買うような方もおられますが、ああいうのは修行にしか思えません、私には到底無理でございます・・・ という事で36年という短い期間、ミニカーコレクションを続けておりますが、集め始めた最初の頃はミニカーが入っている「箱」というのはそれほど重視しておりませんでした。ただカッコイイイラストや写真が使ってある箱は何となく手元に取っておいたのですが、当時のオモチャ屋では入荷した時点で箱を処分してしまい、お客さんにはミニカーを包装紙でくるんで渡すというような店も多々有りました。

  しかしですね、ミニカー専門店に通うようになり、知識も高まってくると「箱」の重要性が理解出来るようになりました。専門店でビンテージの絶版ミニカーが並ぶコーナーを見ると、同じミニカーなのに箱があるものと箱が無い物ではお値段が違っているではありませんか。モデル本体のコンディションは同じなのに箱が付いているだけで何割か値段が高くなっているということは、ミニカーというのは出荷時の姿に限りなく近い方が価値が高くなるという事が判明致しました。”Mint in Box”(箱付き傷無し)というのが最強のコンディションになるという事なのです。最近では「箱付きと「箱無し」では倍くらい値段が違ってしまうという恐ろしい状況も生まれております。そこまでしなくてもいいと思うんですけど・・・・ それ以来、買ったミニカーの箱は全て保管しなくてはならないという義務が生まれてしまいましたが、そんな箱たちをじっくり見てみますと、5〜60年代の昔のミニカーの箱たちは殆どがイラストによるボックス・アートで、それぞれのブランドで全く違ったタッチで描かれていてとっても面白かったのです。

ブリスターパックの物や最近のアジア産精密ミニカーたちはプラスチックケースに入っていて、あんなのは開けてしまえばただのゴミで、箱がどうこうという物ではないのですが、イラストが描かれた昔の紙箱たちは完全に芸術作品と認めざるおえないのです、本当に・・・・ そんな芸術的な箱を見ていると「これを描いた人たちは一体どんな気持ちで描いていたんだろう」と妄想が膨らんでしまい、カルピス・ソーダでも酔っ払ってしまいます。 という事で私的に芸術作品と思われるミニカーの箱たちをちょろっと紹介させて頂きます。今回は国産車編という事で宜しくお願い致します。

まずは伝説のブランド大盛屋の第一号車であるスバル360になります。ミニカー自体も可愛いですが箱はもっと可愛い!!! スバルだかお椀だかわからないような絵と、くすんだ黄色とブルーのパッケージデザインは日本製なのに日本語が一切入らない物で独特のオリエンタルな雰囲気があります。

同じく大盛屋のマツダR360クーペですが、こちらは箱の上面と側面の2面を利用し、そこにドーンとクルマのイラストを持ってくるという大胆なレイアウトが素敵です。とても日本人のデザインとは思えません。

さらに大盛屋のプリンス・マイクロバスでは箱の上面が街中を疾走するバスで側面が田園地帯を行くバスになっていて、そのタッチは小学校高学年でクラスの中で一番絵の上手い子が描いたような説得力のある作品になっています。こんな素敵なバスでどこか遠足にでも連れて行って欲しいものです・・・

今度はアサヒ玩具のモデルペットになりますが、スバル360は大盛屋の物とはミニカーも箱も違うテイストで仕上がっています。現在のミニカーは精密過ぎてどこのブランドも同じに見えてしまいますが、昔はこのように各ブランドで解釈の仕方が全く違っていて、実車同様ミニカーでも個性があったのですな。スーサイド・ドアを開いて身を乗り出すお姉さんのイラストがたまりません。

モデルペットのトヨタ・スポーツ800は私の好きなミニカーベスト3に入る芸術作品ですが、箱の側面はヘルメットを被りやる気満々のナポレオン党とも思われるお兄さんがヨタハチに乗るイラストで、上面は実車でなくミニカーをモチーフにイラスト化しているという気のきいたデザインになっております。

つり目のスカイライン・スポーツですが、ミニカーも箱もちゃんとオープンとクーペを作り分けているモデルペットは偉いのでした。実車はミケロッティのとっても優雅なデザインでしたが、子供のころは日野コンテッサと並んで「怖いクルマ」リストに入っていた怖ろしいデザインのひとつでした、だってあの顔怖いんだもん・・・・

そして今度はミニカーではなくとっても古いプラモデルの箱でして「ミドリ」というブランドの一本バンパーのデメキン・スバル360になります。中身の出来がどうこう言えるようなレベルのプラモではないのですが、ご覧の通り箱絵は堂々とデッサンが狂ったヘタウマイラストで仕上げていて、全てを吹き飛ばしてしまいます。顔の判らないドライバーのイラストが恐怖感を醸し出していてホラー的な芸術作品となっております。

お次は昭和30年代に作られていた「木製キット」のダイハツ・ミゼットMPです。1978年に元町サンセットにて購入しましたが、プラモデル以前に木のキットがあったのはこのモデルで初めて知りました。これは中身よりも箱絵が重要でして、完璧なデッサンのミゼットは京浜工業地帯(推定)を疾走しております。仕上がった金物を納品に行く若夫婦はとっても幸せそうなのでした、三丁目の夕日の世界です。

ちなみに箱の裏には完成図の写真が載ってますが、ご覧の通り凄まじいキットなのでした。これはこれで芸術かもしれませんが・・・

最後はこちらも木製キットのダットサン・ライトバンであります。久々に取り出したら包んであったビニールがびりびりに破けてしまいましたが、秀逸なイラストは健在です。お父さんが新車のダットサンを買って、これからドライブに行く幸せ家族の一日をテーマにしています。女の子のドレスからしてかなり裕福なご家庭と思われ、お父様はもしかしたら日本プロレスで力道山の下で働いていたのかもしれません。羨ましいな・・・・ という感じで何点か国産モデルの芸術作品をご紹介いたしましたが、次回はさらに芸術的な外国製品の箱絵を紹介致しますのでお楽しみに!!

[…]