Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ゴミか芸術か!? 箱が命のミニカー・コレクション(外国車編

この前ですね、Pinstripeのお客様でBMW 320iへの施工がありました。MooneyesのBMW740i ”Mond Augen”を見てリスペクトして頂き、お仕事の依頼を受けました。

ご覧の通りまっ白けの一見ごく普通のE90 320セダンなのでありますが、実は何ともレアというか、普通買わないというか、やっぱり変というのか「6速マニュアルトランスミッション仕様」のクルマでした。どうしても力いっぱいクラッチが踏みたいのか、マニュアル・シフトに強いこだわりをお持ちのオーナー様は、日本仕様ではディーラーに在庫が無いような3ペダルの新車を御注文なさって、はるばる船で運ばれて来るのを待っていたそうです・・・気が長いぜ!!


オーナー様の御希望色にてさらっとPinstripeを描きましたが、それだけでもクルマの雰囲気は結構変わりまして、満足して頂けました。変わったオーナー様、変わった仕様のBMWを末長く大切に乗って下さいませ。で、先週に引き続き、ミニカーの箱のお話であります。箱というより「紙箱における芸術作品」の御紹介なのでありますが、前回はMade in Japanの国産黎明期の物でしたが、今回は当時物の外国製ミニカーたちになります。1960年代まではミニカーといえば外国製品の黄金時代でして、世界各国でその地の特色が表れている作りで、当時のミニカーはパッと見ただけでどこの国のどこのブランドというのがすぐに分かりました。

これはイタリア製、これはフランス製、これは西ドイツ製というようにマニアならすぐに分かったのです。ほんとだってば!!!現在のようにデザインだけ自国で行い、作るのは人件費の安い国に任せてるミニカーたちは、全くブランドとしての特色がなく、それはミニカーではなくて「どれも同じつくりの超精密自動車模型」でしかありませんな(自論)だからそれらは芸術作品ではないのです(これも自論)同じく箱も紙製で実車の写真なんかじゃなく美しいイラストが描かれていなくてはいけないのです(やっぱ自論)

という事でほっぽっておくと話が長くなってしまうので、芸術作品を御紹介致します。まずは世界最強のミニカー・ブランドだったディンキートーイズ製のモデルたち(の箱)になります。

フランス工場にて作られたモデルたちですがド・ゴール大統領の専用車だったシトロエン・プレジデンシャルの実車はストレッチされたDSに防弾装備を施し、内装の仕上げはヴィトンやらエルメスとなっているそうです。ミニカーは昭和40年代中期に日本にも輸入されましたが、売価が¥2,700となっていて、当時ではありえない高額なオモチャだったそうです。まあ芸術作品ですから仕方ありませんが・・・・

室内のライトが付いたり、内装は起毛仕上げで凝ってますが、箱絵も秀逸で真剣な表情の運転手さんがたまりません。

同じくフランス製ディンキーのプジョー204カブリオレは夏の日差しの中、サングラスを掛けたブロンドのお姉さまが素敵です。

フランスの山道を疾走するフェラーリ275GTBはこの後カウンターを当てたまま谷底へ落ちてしまうのでしょうか・・・心配です。

英国製ディンキーのエルカミーノはトレーラーを2台も引っ張っていて運転が大変そうですが、ぜひこのスタイルでエルカミーノ・ナショナルズへのエントリーを期待しております。


イレギュラーな香港製ディンキーのビュイック・リビエラですが、箱絵は華やかな夜のパーティーが終わったあと、酔っ払い運転で自宅へ帰る姿というのが想像出来るのです、いい時代ですな、素晴らしいイラストです!!


フランス製のキラルという短命に終わったブランドのガルウィング300SLですが箱のイラストは絶対に写真やミニカーを見ながら描いたのではなく、何も見ないで頭の中で300SLを想像して描いたとしか思えません、これこそが芸術です。

お次はスペインのリコというブランドのプラスチック製ミニカーになります。

まずはセアト・セダンの箱絵はカップルが休日にドライブに行きました。素晴らしいスペインの山の景色を堪能する二人はとても楽しそうです。

そして帰り道、この二人は崖から転げ降ちる事故を起こしてしまい「セアトの救急車で救急病院に運ばれる図」というのがこのイラストになるのです。

もちろん私の勝手な想像ですがきっとそうに決まっています、ハイ。デンマークのテクノというブランドは独特の作風で近年ビンテージとして評価が高まっている5〜60年代製ミニカーの逸品です。

ボルボP 1800ですが、子供のころはコンテッサと並んで怖いクルマのトップクラスに入るデザインでした。だって前も後ろも気持ち悪いんだもん!!(特に後ろ姿は最悪)

箱絵はダンディーなおじ様がドライブのあとパイプをくわえて一服というものです。


マーキュリー・セダンとサンダーバードはまさにサーカスのアメリカン・フィーリングといった風情で箱絵プリントの色使いが泣けてきます。


ハーレーのサイドカーは実車じゃなくきっとこのミニカーを見ながらイラストを描いたのでしょう。いいなあ、こんな仕事・・・


べスパもサイドカー仕様になってますが、運転するのはグレゴリー・ペック、そして舟に乗るのはヘプバーンに決まってますな・・・・ああワイルドマンの休日。


疾走するポルシェ356のイラストは全てにおいて完璧で、漫画にも通ずるタッチは今後参考にさせて頂きます。空冷エンジンの吸気音が聞こえてきそうです・・・

と、ここまで書いたところで我にかえりましたが、写真を撮り過ぎてしまい全然話が終わりません・・・


本当に申し訳ありませんが、続きは次回に持ち越しとさせて頂きますので宜しくお願い致します。

Be Sociable, Share!

???????????