Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

Down Under!! 南半球へGo!して眠くてDownだぜ・・・

皆様お久しぶりでございます。不肖Wildmanこのたび人生初の南半球遠征でコアラとカンガルーの国オーストラリアに行って参りました。
だって華やかな夏休みですもの・・・・

じゃなくって赤道をまたいで仕事をしに行ったのです、仕事を!!ほんとだってば!!!実はですね、オーストラリアはブリスベンという街にて開催されているカーショー”GreazeFest”というイベントがありまして、これまでにイベント記念のTシャツのデザインなんかをさせて頂いておりましたが、イベント主宰のLoriさん(女性)より「ぜひ今年はGreazeFestに来ませんか?」とありがたきお誘いを受け、今回招待されたのでした。

そこで週末3日間開催のイベントに合わせてBossと2人でDown UnderへGo!となったのでした、ほんの4泊でしたが・・・・

ちなみにこちらが今年のTシャツやステッカーに使用されたデザインになります。

で、木曜日の朝に羽田より出発となったのですが、ブリスベンまでの直行便が無いので、まずシンガポールまで行きそこで飛行機を乗り換えてからブリスベンに向かわなくてはならないという恐怖のトランジットなのでした。

  
羽田10:55am発の便でシンガポールには夕方17:10pmに到着。そこで4時間以上待って21:25発の便に乗ると翌日の朝6:30amにブリスベン到着となる怖ろしい移動時間なのでした。
朝7時に横浜を出発しているので、殆ど24時間の旅となってしまいました・・・・日本とブリスベンは時差は1時間しかないのに訳が分からなくなってしまいました。

    

訳の分からないうちに借りた今回のレンタカーはこちらの地元オーストラリア製の「ホールデンSV6」なるクルマでした。昔っからGM資本のホールデンですが、日本では見ることが出来ないのでこういったのを運転出来るのは嬉しいですな、カーグラ風にレポートしたいくらいです。

しかしこのクルマ、排気量は3.6リッターもあってレンタカーとして考えると???という感じです。大袈裟なレンタカーですね。

      

早速ブリスベンの街に繰り出しましたが、なんか変なのです・・・
だって目の前に広がる景色はまさにアメリカとおんなじで、当然看板なんかの文字も全部英語だし、建物のデザインや街並みも全部アメリカしてるのに道路は左側通行でクルマは右ハンドルときてるから走る感覚は日本とおんなじ・・・・
外国に来たらやっぱ右側通行で左ハンドルというふうに体が覚えているので、最初は景色とのギャップににとまどってしまい、本当は左側通行は得意なはずなのに慣れるまでとっても変な感じでした。

 

あと、日本でいうところのロータリー交差点が沢山あって(トラフィックサークル)そこは信号が無いのでロータリー侵入のクルマの優先権をつかむのにとまどいました。永遠にグルグルと廻っちゃいそうです、やっぱ小心者ですので・・・・

    

街中では旧いクルマは殆ど走って無く、この程度の物しか見られませんでした。サニトラはよく見かけましたが、何と言っても目に付いたのは200系ハイエースでして商用車として沢山使われていました。凄い生息率でオーストラリアではヒット商品なのではないでしょうか。


名前もHIACEとそのままでしたが、この和製英語のようないい加減で不思議なネーミングのまま販売しているのですね。だったらウルトラマンエースでもベンザエースでも何でもいいですね・・・

  

オーストラリアと言えばヘンテコピックアップの国ですが、ホールデン始めこのように劣悪なデザインが好まれているのは何とも切ないですな・・・どうしたらこのようなデザインセンスになるのでしょうか。

   

今回のお宿はこちらの画像の”Brisbane Street Studio”というこじゃれたネーミングとデザインのモーテルでした。部屋は綺麗だし、お湯もちゃんと出るし、トイレもちゃんと流れるし、生活用品も全部揃っていて、建物から見える青空もこんなに素敵だし、「こりゃ結構いいかも」と思ったのは昼間の内だけなのでした・・・・

だって建物の目の前は主要幹線道路で、朝夕ひっきりなしにクルマが走ってて、デッカイトラックもディーゼルエンジンの雄たけびと共に早朝から爆走し、救急車は通るし、犬はうるさいし、目の前は信号のある大きな交差点なので、信号が変わって発進時の音も強烈で、Bossともども全く眠ることが出来ずノイローゼ気味になってしまいました・・・・
ここはまさにStreet Studioといった感じでおかしな名前で判断しておくべきなのでした、一本取られましたな。

 
全然眠れないので頭に来てTVを見てたらオーストラリアでは絶大な人気を誇るスポーツ、「クリケット」の試合をやってたので観戦してましたが、いくら見ても何が何だかさっぱりルールが分からず、しまいには「一体こんなことをやってて何が面白いのか!!」とキレ気味になり、ますます睡眠不足になってしまいました・・・・完全にDownですな。

あ、これはオーストラリアドルのお札になります。なぜかどの金額のお札も一部シースルーの透明な部分があり向こう側が透けて見えます。なぜだろうと考えると余計眠れなくなりました。

さて今回の参加イベントGreazeFestは週末3日間の開催で、金&土曜日は夕方6時からスタートで深夜1時までという寝不足野郎にはつらいスケジュールのライブ中心の物で、最終日の日曜日は朝から夕方まで終日カーショーを行うといった感じなのでした。

というわけで、最初の2日間は日中はヒマになってしまうのであっちこっちに行ってみました。
でもあくまで仕事なのでコアラやカンガルーと戯れる事は出来ませんでしたが・・・・

   

こちらはこの50系クラウンセダンを愛している板金&レストアショップSmooth CustomsのKellyさんであります。やたら話し好きの人で、何かひとつきっかけを作ってしまうと永遠にしゃべり続けるような方なのでした、親近感を感じますね。

   

クラウンについてるこのエンブレムはオーストラリア仕様の貴重なものだそうです。
Go! Crown Classics

   

Kellyさんがレストア中のこのヘンテコクルマは’62年式のホールデン ステーションワゴンになります。GM資本なので仕方ありませんが、どう見ても’57 Chevyにしか見えませんな。
このようにテールの処理はまんまChevyになります。かなり気合を入れて直していて、完成したらきっと素晴らしいクルマになることでしょう。日本では理解されませんが・・・

そしてお次に向かったのはオーストラリアのクルマ雑誌”Cruzin”のエディターであるGavinさんの所です、こちらのデッカイお方になります。態度はウチのカリスマ店長の方がデカイですが・・・

      

こ奇麗なWarehouse内には氏のV8関連ビンテージ パーツのコレクションが得意げに?並んでいて圧巻でした。素晴らしいコンディションを保つ’59 ビスケインも飾ってありました。


二階の事務所には私が描いたMoon Discが飾られていました。2004年にGavinさんが

結婚された時にMooneyesより贈った物です。7年前なんて全くついこの前のことなので思い出して来ました。

     

その隣には他の人のWarehouseがあり、中はご覧の通り夢のような世界となっておりましてどこの国にも好きな方はいるのですね。

           

Gavinさんの案内で向かったのはすんごい山奥にある”Juice’s Custom Garage”です。
本当に箱根の山奥にあるような感じで、山小屋風の自宅にFactoryが隣接していますがレースカーからカスタムカーまでいろんなペイント作業をやってました、箱根の山奥で・・・

  

あ、こちらはここの番犬の子犬です、名前は忘れましたがとってもかわいくて持ち帰りたかったです。

最後にGavinさんに案内され山奥にある地ビール?のお店に行きました。
ここでランチをとったのですが、メニューには何と”Wagyu Burger”とありました。
「Wagyuって和牛ですか???」と言った感じなのですが、街のステーキハウスにもWagyuというメニューがあるそうなのです。

聞いたところ、これは本当に日本の和牛がベースの正真正銘の和牛で

高級牛肉として価値のある存在だそうです。

 

画像のようにかなりヘビーなバーガーなのですが、味は結構いけましたよ(最後は疲れますが)
それにしてもオージービーフの国なのに和牛って言われても変な感じですね・・・・

  

マクドナルドでは”Grand Angus Burger”なる物があったので食してみました。オーストラリアの高級肉アンガスビーフを使用していて、パテはデッカくて普通のマックのよりもふっくらとしている感じでしたね。大好きなフローズンコークも取り扱ってました。

   

食べ物の話はまだ続きますが、こちらは街のCafeにて食したパンケーキであります。
画像じゃ分かりにくいですが、実はこの下にももう2枚パンケーキがかくされてました・・・・
トッピングのアイスクリーム2スクープとホイップクリーム、フルーツとのコンビで朝っぱらから満腹で苦しいのです。

  

フレンチトーストも無理に大きくて、やっぱりこの国の生活観はアメリカそのものですね、ごちそうさまでした・・・それにしても眠いぜ・・・

そしてクルマで走ってるとどっかで見たような看板が目に入りました。
「ああ、バーガーキングですな」と思ったら「ハングリージャックス」と書いてあるではありませんか! 「一体なんだこれは?? どっかの国の偽Apple Storeみたいな偽バーガーキングなのか??」とナゾが一つ出来てしまいましたが、現地の方に聞くと「あれはサイム バーガーキングだ」と言われました。
「サイム?サイムって債務のこと??バーガーキングが破綻して債務を背負って乗っ取られたのか?」と頭の中を色んな思考が駆け巡りましたが、サイムって”same”のことでした。
つまり”Same Burger King”ということでバーガーキングはオーストラリアではその商標を使わず、ハングリージャックスという名で展開していたのです。

だからバーガーキング=ハングリージャックスだったのでした。
オーストラリアの方はアルファベットのaの発音が強いようでsameはサイムだし、
Paintはパイントだし、Sundayはサンダイという風に発音されてました。
Hentai(変態)はヘンタイのままですが・・・・

    

さて肝心のイベントですが今回は招待してくれた主宰のLoriさんがこのようなハデなWildmanバナーを用意してくれました、すんごい色使いですね。
会場はRocklea Showgroundsという馬のレーストラックを使うというかなり規模の大きな所でした。

   

初日は6pmから室内でライブ&ダンスパーティーとなり、その横で眠い目をこすりながらデモを行いました。この時は一人でいたので残念ながら画像は無いのですが突然ブロンドの女性がやって来て、マジックペンでいいから腕に少しだけピンストライプを入れてほしいと言われちょろっと描いたのですが、チップを渡されるときに突然KISSの嵐となり、会場は爆笑の嵐、小心者は茫然としてほっぺたにキスマークを付けたままその後もデモを続行しました・・・

  

2日目も6pmスタートとなりましたが昨日同様室内で午前様まで色々と描きまくりました。
老若男女、踊るのが好きなのであります・・・

   

3日目の日曜日はやっとカーショーとなり、屋外のレーストラックに数百台のクルマやバイクが集まってとってもにぎわいました。ベンダーブースも多くかなり盛り上がってます。

     

私は外のテントに移動となり、朝から予想以上のペイントオーダーが入ってしまい嬉しい悲鳴をあげる事となりました。せっかくブースを訪ねて来てくれたのに出来なかった方々、大変申し訳ありませんでした。

 

あまりのピンストライプ人気ぶりにBossがぽろっと「技術は国境を越えるな」と感動的なお言葉を発しましたが、どちらかと言うと「変態は国境を越えるな」と言われた方が嬉しいのかもしれません・・・・

                                     

カーショーの方はアメリカ車、VWそして地元のホールデンといろんなのが来てましたがやはり元々アメリカに憧れている部分が強いように感じましたが、この国だけで展開されているセンスもあり面白かったです。日本と同じようですな・・・
残念ながら日本車のカスタムは皆無に近く、この国ではあまりカスタムベースにはなりえないのかなと思いました。

あ、こちらは残念ながらマツダ・ロードペーサーではなくホールデンでした。

 

表彰式なんかもあって無事イベントは終了となりました、皆様お疲れさまでした。

 

そうだ忘れてた、Wildman的にはこちらのクルマがBest of Showなのでありました。
ベンダーとして来ていたアイスクリーム屋さんはなんと1960年代の「コマー・キャリアーバン」なのでした!! 何を一人で興奮しているのかって、だってさまさかミニカーで子供のころから慣れ親しんで来た大好きなコーギー・トーイのアイスクリームバンの実車版にオーストラリアでお会い出来るとは全く嬉しい限りでございます・・・・・
(Wildman’s Blog 2010年5月15日参照)

  

この素晴らしいクルマの前では残念ながらどのショーカーも沈んでしまいますね。

その日の夜はイベント主宰のLoriさんの家にまぬかれ夕食を御馳走になりましたが、何とブリキの日本製ロボット類(ビンテージ)を集めてる事が発覚し、コレクターとしてのつながりが持てました。こちらがその素晴らしいコレクションです。

でももっと感動したのはLoriさんは何とKISS Armyだったのです。現在でもKISSはオーストラリアにおいて大変人気があるのですが、ついこの前である31年前の1980年、オーストラリアにKISSが初上陸し、当時大変な騒ぎとなって国中がKISSブームとなりました、本当ですよ。メルボルンでは1日で四万人を動員し、その後も各地でとんでもない集客をして当時アメリカや日本で去ったKISSブームを再現し、最後に遅れてやって来たオーストラリアでの人気は彼らの懐を潤わせたのでした。
こちらはその時のツアージャケットになります、四国じゃないですよ・・・

その時14歳だったLoriさんはKISS Armyとなったのですが、何とコンサートのバックステージパスに当選し、その時KISSメンバーとご対面していたのです!!!
ちゃんと当時の新聞をお持ちで、14歳のLoriさんがジーン・シモンズたちKISSメンバーといっしょに写真に写ってました。御見それ致しました、完敗ですな・・・

そんなこんなで今回のWildman Down Under Tour(ウワ~カッコイイ!! KISSみたい)は無事終了となりましたが、帰りもトランジットがあったので、月曜日の朝8時過ぎにホテルを出発しブリスベンより飛行機に乗ってまたシンガポールで乗り換えて羽田空港に到着し、会社に帰ったのは次の日の朝7時になってしまいました。
何が何だか分かりません、今度こそ完全にDownですな・・・

Be Sociable, Share!

???????????