Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

さらばポールよ、12年と359日ありがとさん!!

不肖Wildman、ただ今悲しみに包まれております・・・・ 我が家のペット7頭の内、唯一のお犬様であるポールが10月23日(日)午前9時35分、天に召されてしまいました・・・・合掌。

思い起こせばついこの前である1998年、私にとって思い出深き横浜ベイスターズ38年振りに優勝した年、横浜駅西口のペットショップで売れ残っていた?「キャバリア・キングチャールズ・スパニエル」の仔犬が縁あって我が家の一員となりました、目と目が合ったという理由だけで・・・

名前は「ポール」と命名されましたが、これは私の好みで勝手にKISSの「ポール・スタンレー」から取った訳ではなく、カミサンが子供のころ家で飼っていた犬の名前がポールだったという単純極まりない理由で二代目ポール襲名となったのであります・・・

とにかくやたらに性格の大人しい優しいヤツでして、人にも犬にも愛想が良くて私同様とっても小心者のようでした。 散歩している時にコーギー犬に噛みつかれ恐怖におののいたり、我が家の増幅して行くネコ達(現在6匹)にからまれても大人しく暮らしておりました。(Wildman’s Blog 2008年11月7日~12月20日分参照) もちろん番犬にもなりませぬ・・・・・ 中型犬なのでピーク時には体重9キロくらいありましたが、半分くらいの体重のネコ達の方が攻撃的で、しょっちゅう餌を取られてしまうポールがとっても可哀そうでしたが・・・ それでもネコと一緒に寝たりしていてそれは不思議な関係を保っていました。

キャバリアというのは元々心臓疾患が出やすい犬種のようで(そんなこと飼うまで知りませんが)1才で33%がこの病気を持ち、4才以上では60%に達ししまうそうです、なんて恐ろしいのでしょう・・・ ポールは9~10才くらいで発症し腹水が溜まるようになり、最初は3ヶ月に一度病院に預けて水を抜いていましたが、そのうち2ヶ月、1ヶ月に一度とインターバルが短くなり、最後は1~2週間に一度といった感じで見ているのもつらかったです。

平気で1キロ位は歩いていた大好きな散歩も、この1年くらいそんな距離はとても歩けなくなってしまい、しょっちゅう休憩タイムを取るようになり、この夏以降は家の周り半径50メートルが行動範囲となってしまい、最後は散歩ではなく、ただ外に出るだけといった感じとなっていました・・・

 

10月になってからはこんな感じで1日中グッタリと寝ているだけでとっても痛々しく、もう頑張らなくてもいいよと思っていましたが、先週の金曜日に本当に具合が悪くなり、病院に入院させましたが、2日後の日曜日の朝に病院で息を引き取りました、トホホ・・・ 私が病院に到着する数十分前に亡くなってしまったので最期をみとる事は出来ませんでした、まだ体は温かかったですね。

今日10月29日がポールの13回目の誕生日だったので、この日まで持ってくれればなと思っていましたが、あと6日足りませんでした、ああ残念無念・・・・ という訳で我が家の動物メンバーが一頭減ってしまったのであります。

さらばポールよ、12年と359日ありがとう!!

でもポールがいなくなっても動物一家にはいまだ6匹のネコと変態一人が生息しておりますが・・・

[…]

ビレット・ホイールの王者、ジンガーニール様のお通りだぜ!!

先週のブログでお届けした「カリスマ成田店長の伝説」特集でしたが、クイックデリバリーの写真を探しているうちに色々と懐かしい写真が出て来ちゃいましてつい見とれてしまいました。

Deuce FactoryさんのGraffiti Coupeが日本に入ってきた頃、ナゼか御所山倉庫にてパチリと写した一枚になります。 生まれて初めてDeuceなる乗り物に座らさせて頂き大変感動致しました。 最初に見たのがこのクルマですから、本物の劇中車両よりもこっちの方が断然カッコ良く頭の中にインプットされてしまいました。

こちらは姿かたちは変われど、今も静岡に生息しているVannuysさんの’53 Chevyであります。 こちらも御所山倉庫の前で写していて、アメリカから日本に来て軽くPinsteripeを入れて富士へ旅立つ前にパチリと写しました。

 

そしてこれは北米仕様の極上フェアレディ260Zになります。 じゃなくって変質者しか乗りこなせないであろう、フォード・マベリック”ドラゴンフライ”というウルトラレア車でした。 ワンオーナーでずっと横浜に生息していた正規輸入車ですが、この違法改造とも思える奇怪な形がオリジナルなのであります。 北米で大ヒットしたNissan Z Carをイメージして、サイズが近いマベリックで偽Z Carを作っちゃいましょうというノリで作られたとしか思えず、メーカー純正のパチモンといった栄誉があるクルマなのです。 このクルマはその後まっとうなマベリックの姿に戻され、現在は富士の街で一番の腕利きといわれる床屋さんがオーナーとなってドラッグレースを楽しんでおります。

あのバブル期の遺産ともいえるガルウィング車両はブルーパニックさんが製作したトヨタ・セラですね。 ナゼか今になって見てみるととてもPinstripeのやりがいのあるクルマに見えて来ました。もう一度描いてみたいので、どちらかのオーナー様ぜひ仕事をくださいませ。

かわいらしいディスプレイのこのショー会場は大阪Super Showでしょうか? 熱かったあのころが思い出されます、金子社長は今も熱いですが・・・・

 

こちらの2台は共に一世を風靡したBoyds Wheelsを履いた、まさに90年代スタイルのカスタムですね。 このように古い日産キャブライトにも、当時最新鋭だったNissan 300ZXにも履けてしまったBoydsというホイールは偉大な存在だったのですね。

そして最後のこちらがMooneyesにとっての90年代を代表した1台である日産アベニール”Zingernir”(ジンガーニール)なのであります。

  

以前のブログにも書きましたが、このハデなグラフィックスはもちろんクレイスミスをモチーフとしてデザインしましたが、出来た時は本当にハデ過ぎて「これちょっとヤバイかも・・・」と反省しましたが、ふたを開けてみると何処のイベントでも人気者のアイキャッチャーとなりまして、アベニールのUS BumperやBillet Grille、BoydsZinger Wheelは沢山のお客様に愛されて、日本中でジンガーニール仕様のアベニールが走っていましたね(除くPaint)それまでの「アメリカンカスタム」をAmerican Customに押し上げたのがZingernirでありました。

ついこの前のMooneyes Nooz 1994年6月号にて紹介されていますが、当時のNoozの文章は英語の比率が7割5分、日本語が残り2割5分といったあんばいでこれを解読するには読解力よりも忍耐を必要とする感じなのです。凄い読み物なのでした・・・

1994年のHot Rod Custom ShowにあのBoyds Chezoomと共に展示された事も記憶に新しいです、全くついこの前の事なのですが。

この画像はそのイベントのあと、旧Moon Cafeにて行われたAfter Party(打ち上げ)の時の物でジンガーニールの横には今は亡きボイド・カディントンさんが写っています。 一番前にはMade in USAだった頃のブルックス430ヴァンテージを履いたWildmanが座っていますね。この靴の残骸は今も手元にありますが、ジンガーニールは何処にいる事やら・・・・・

[…]

激走クイック・デリバリーはカリスマ店長の相棒だぜ!!

明日16日は2nd Annual Muscle Maniacが東京はお台場にて開催されます。 最近の私はですね「雨の神様」転じて「晴れの神様」に進化したようで仕事で出掛けるときは晴れ、 プライベートで出掛けるときは雨、というようになって来ているので、 仕事となる明日の天気はきっと晴れになりますので皆様ぜひ快晴のお台場にお集まりください。 昨年はあっという間に売り切れとなってしまった会場限定Tシャツですが、今年も販売致しますので宜しくお願いします。

で、仕事といえばこれまでMooneyesにはいろんな社用車(働くクルマ)がありました。 1986年の創業時から2011年現在まで働き続けている’74 VW Type IIは殿堂入りしても良い働きぶりですよね、まったく御苦労さまです。

アメリカでは90年代にこのように巨大なトレーラーを使ってましたが、これは 出張して一人で看板文字を描いた巨大な仕事でした。もちろん作業中には巨大な雨を降らせましたが・・・ 建物の上部に写っているブルーシートが前日の大雨の名残であります。

あ、この画像で1995年に文字描き中の私が着ているブルーのパーカーは 2011年現在も愛用しています。 買ったのはついこの前の1990年ですが、まだ使えますので毎日着ています・・・ エリア-1のカリスマ成田店長には「一刻も早く買い替えて下さい」としょっちゅう言われております。 頑固な店長に言われるとこちらも一層頑固になり、たったの21年しか着てないのでそうやすやすと替えるわけには行きません。 あと9年ほど着たら新しいのにしようかなと思ってます。

で、話が戻って働くクルマなのですが、Mooneyes名物だったのがこちらの 「トヨタ クイックデリバリー」であります、スタッフは通称「クイック」と呼んでました。

Mooneyesで使った初代クイックは純正塗装のアイボリーを生かし文字やストライプ を描き”Mobile Dealer”なんてカッコイイ看板を入れて走り廻りました。 もちろん足元はMoon Discであります。 初代のコイツは5速マニュアルミッションでしたね。

2代目クイックはオートマチック仕様でMoon Yellowにオールペイントし文字や ピンストライプで仕上げました。こちらの方が長期間使用し、軽く10万キロ以上走って、 現在は沖縄で余生を送っております。沖縄に行った方は見れるかもしれません。

クイックデリバリーはその素性が元々宅急便の配送車両として開発されただけあって、 とっても小回りが利いて狭い横浜の街を走るには最高のクルマでした。 着座位置が高くて視界が良く、誰が運転してもクイックに走り廻れましたね。 荷室も広くて四角いので信じられないくらい沢山の荷物が積めました。

あちこちのイベントにも行き皆様の目に触れたと思いますが、難点はスピードが あまり出なくて加速も悪く高速道路の上り坂では大変でした。 あと横風にも弱くて、ベイブリッジ走行時に強風が吹くと平気で1車線くらい吹っ飛んで くれました。でも車自体は本当にタフで故障もなく素晴らしい商用車でありました。

私も出張の時、何度も乗ってゆきましたが、バンナイスさんへ出張Paintした帰り道、 夜の11時ころ富士インターより東名高速に乗ってすぐにフラフラと蛇行し始め、 「ありゃ、強風が吹いてるのかな??」と思ったら、後輪がパンクしてました・・・ 路肩にクイックを停めて「さあ深夜のタイヤ交換だぜ」と意気込んだら、リアに吊ってある スペアタイヤを下ろすツールが見つかりません・・・もちろん取扱説明書も見当たりません でした。

まっ暗闇でいくら探してもツールは見つからないので仕方なく次のSAまでフラフラ走って […]

ハイジな国のスーパーカーは426ヘミでハイになってビックリだぜ!!

マクドナルドの株主である(つもりの)私のもとに新しい2冊の株主優待券がやって来ました。これにより12回はダブルクォーターパウンダーのLLセットが食せるという訳でありまして、大変有意義な食生活が待っている訳であります。

    

この前は鎌倉プリンスホテルの期間限定ランチバイキングに行って参りまして「フォアグラステーキ食べ放題!!」というキャッチに見事のせられてしまいました??? 気合いを入れて4つほどフォアグラを食しましたが、その後ローストビーフや天ぷら、パエリア、ポトフ、そしてあんみつ&モンブランと攻め込んだ所、急に気持ちが悪くなってしまい、吐き気をもよおしながら帰宅し4時間ほど寝込んでしまいました。 その後2日間は胃薬が手放せませんでした????皆さんもフォアグラの食べ放題には注意しましょう。

寝込んだ後は自室に引きこもり、口直しにミニカーを鑑賞していましたが、久々に手に取ったミニカーで面白いのがありました。

その昔、ハイジの国スイスで突然クルマを作り始めた奇特なお方がおりました。 といってもついこの前の1960年代の事なのですが、スイスなんて時計のイメージしかなく、自動車会社があったなんて不思議な感じがしますよね。 「ピーター?モンテヴェルディ」さんという方がおられまして、元々フェラーリやBMWのディーラーを経営していたのですが、フェラーリとの確執等いろいろありまして、一発奮起、独力で高級車市場に乗り不出して来たのです。 あの時代のヨーロッパは成り上がりさん中心に(イソ、ランボルギーニ等々)どうしても速くて高級なクルマを突然作りたくなる方々が沢山おられましたね、大変なのに???

でも、いきなり全部自分の所で作れる訳もないので、基本的にスペースフレームのシャシーのみ自社で作って、エンジンとギアボックスはあそこから、ブレーキはそちらから、パワステはこちらから、ボディーはこちらにデザインしてもらいましょうといった感じで、スイスのクルマといってもパーツは各国から調達しておりました。

速くて値段の高いクルマを手っ取り早く作るにはやはりアメリカンV8という訳でありまして、モンテヴェルディも心臓にクライスラー製のデッカイV8エンジンを選びました。

67年にやっとこ出来上がったクルマはこちらの「ハイスピード375S」というモデルでその心臓はバラクーダなんかに搭載されていたマッスルカーマニアにはおなじみの「440マグナム」で7,2リッターの排気量から375馬力を絞り出していた強烈エンジンでした。

その後もクライスラー製のビッグブロックにこだわり続け、巨大な4ドアセダンの「375/4」はマックス240km/hに達し、当時世界最速のVIPサルーンとなり、モンテヴェルディは世界に認められ始めました。 日本にも当時1台だけ新車でこの375/4が輸入され、東京の街を走っておりました。

こうなって来るとスーパーカー?ビジネスに参戦したくなるのは人情というもので、モンテヴェルディも禁断の果実、ミッドシップのスーパーカーを作っちやいました。

その名も「モンテヴェルディ?ハイ450SS」というハイスピードでハイになりそうなネーミングなのですが、ハイというのはHighではなくHaiというスペルでしてドイツ語で鮫の意味なんだそうです。スーパーカーの名前は色々と面白いですね。

ミッドに搭載されたエンジンはついに「やっちゃいました」という感じで、クライスラー製の最強エンジン「426ストリートヘミ」を放りこんでしまいました。アメリカ車マニア垂涎のエンジンですな。 7リッターの排気量から450馬力を発生し、ハイ450SSはカタログ上では290km/hという最高速度を豪語しておりました、これはあっぱれですな!!

実際当時の市販車最高速度テストではフェラーリ?デイトナ(280km/h)やランボルギーニミウラ(272km/h)次いで第3位の270,5km/hをたたき出したのは立派というほかありませんね。 でも、シフトのリンケージの取り回しがが上手く行かずに、シフトパターンは上下がひっくり返ってしまったという変態的な世にも恐ろしいスーパーカーとなってしまいました。 さすが手作り自動車メーカーですね???450馬力のシフトを間違えてしまったら、小心者としてはそんな事を考えただけで眠れなくなってしまいます。

結局オイルショックも重なり、ハイは数台の生産で消えて行ってしまい、モンテヴェルディも1982年には自動車の生産を止めてしまいましたとさ??? ハイジの国のスーパーカーは歴史の彼方に消えてしまいましたが、ミニカーとして残っているのが変態的には嬉しいのです、もちろん当時物として???

スペインにAuto Pilen(オートピレン)というミニカーブランドがあったのですが、こちらは創業時は他の一流ブランドの金型を利用してミニカーを作っていて海賊版扱いされていました。 でもオートピレンはただのマネッコではなく、見本としたオリジナルの物よりも開閉アクションを増やしたりして、独自のスタイルを確立していました。

   こちらのC2コルベットは左がオリジナルの英国製コーギートーイなのですが、右のオートピレンはコーギーでは無かったドアーの開閉アクションが追加されているのです。

その後オートピレンは独自の金型の開発にも着手し、70年代中期から後期に掛けてオリジナル金型の素晴らしいミニカーを作り始めました。 その中になんとモンテヴェルディ?ハイがラインナップされていたのです。

  

ついこの前の1978年に横浜市鶴見区のつくの商店街にあった「チェッカー」にて購入させて頂きましたが、いま手にとっても本当に素晴らしいミニカーだと思います。

 

この時代は外国製ミニカー暗黒時代で、どのブランドもプラ製のタイヤ&ホイールで実車のイメージ丸出だめ男なのですが、オートピレンはダイキャストホイールにゴム製タイヤという最強の組み合わせで、それだけでウットリしていたものです。

プロポーションも良くてハイ独特のボディーラインが見事に再現されております。金型職人の魂が感じられるのです。現代のCADなミニカーなんかとは比較になりませぬ???? 上品なゴールドの塗装もたまりませんね。

このミニカーを見ていると、アルプスの峠に行きハイジになってハイに乗って逆パターンミッションを駆使してハイな気分で290km/hを出してみたくなりますね、だから当時物ミニカーはやめられないのです!!

[…]