Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

激走クイック・デリバリーはカリスマ店長の相棒だぜ!!

明日16日は2nd Annual Muscle Maniacが東京はお台場にて開催されます。

最近の私はですね「雨の神様」転じて「晴れの神様」に進化したようで仕事で出掛けるときは晴れ、
プライベートで出掛けるときは雨、というようになって来ているので、
仕事となる明日の天気はきっと晴れになりますので皆様ぜひ快晴のお台場にお集まりください。
昨年はあっという間に売り切れとなってしまった会場限定Tシャツですが、今年も販売致しますので宜しくお願いします。

で、仕事といえばこれまでMooneyesにはいろんな社用車(働くクルマ)がありました。
1986年の創業時から2011年現在まで働き続けている’74 VW Type IIは殿堂入りしても良い働きぶりですよね、まったく御苦労さまです。


アメリカでは90年代にこのように巨大なトレーラーを使ってましたが、これは
出張して一人で看板文字を描いた巨大な仕事でした。もちろん作業中には巨大な雨を降らせましたが・・・
建物の上部に写っているブルーシートが前日の大雨の名残であります。

あ、この画像で1995年に文字描き中の私が着ているブルーのパーカーは
2011年現在も愛用しています。
買ったのはついこの前の1990年ですが、まだ使えますので毎日着ています・・・
エリア-1のカリスマ成田店長には「一刻も早く買い替えて下さい」としょっちゅう言われております。
頑固な店長に言われるとこちらも一層頑固になり、たったの21年しか着てないのでそうやすやすと替えるわけには行きません。
あと9年ほど着たら新しいのにしようかなと思ってます。

で、話が戻って働くクルマなのですが、Mooneyes名物だったのがこちらの
「トヨタ クイックデリバリー」であります、スタッフは通称「クイック」と呼んでました。




Mooneyesで使った初代クイックは純正塗装のアイボリーを生かし文字やストライプ
を描き”Mobile Dealer”なんてカッコイイ看板を入れて走り廻りました。
もちろん足元はMoon Discであります。
初代のコイツは5速マニュアルミッションでしたね。

2代目クイックはオートマチック仕様でMoon Yellowにオールペイントし文字や
ピンストライプで仕上げました。こちらの方が長期間使用し、軽く10万キロ以上走って、
現在は沖縄で余生を送っております。沖縄に行った方は見れるかもしれません。

クイックデリバリーはその素性が元々宅急便の配送車両として開発されただけあって、
とっても小回りが利いて狭い横浜の街を走るには最高のクルマでした。
着座位置が高くて視界が良く、誰が運転してもクイックに走り廻れましたね。
荷室も広くて四角いので信じられないくらい沢山の荷物が積めました。

あちこちのイベントにも行き皆様の目に触れたと思いますが、難点はスピードが
あまり出なくて加速も悪く高速道路の上り坂では大変でした。
あと横風にも弱くて、ベイブリッジ走行時に強風が吹くと平気で1車線くらい吹っ飛んで
くれました。でも車自体は本当にタフで故障もなく素晴らしい商用車でありました。

私も出張の時、何度も乗ってゆきましたが、バンナイスさんへ出張Paintした帰り道、
夜の11時ころ富士インターより東名高速に乗ってすぐにフラフラと蛇行し始め、
「ありゃ、強風が吹いてるのかな??」と思ったら、後輪がパンクしてました・・・
路肩にクイックを停めて「さあ深夜のタイヤ交換だぜ」と意気込んだら、リアに吊ってある
スペアタイヤを下ろすツールが見つかりません・・・もちろん取扱説明書も見当たりません
でした。

まっ暗闇でいくら探してもツールは見つからないので仕方なく次のSAまでフラフラ走って
ガソリンスタンドにたどり着き、スタンドの兄ちゃんに「すみませんツールが見つからないん
です、見つからないと家に帰れないので一緒に探して下さい」とお願いし、二人であちこち
探したら何のことは無い、運転席のすぐ後ろにポヨンとくっついてました・・・・
灯台もと暗しであります。

クイックの思い出は色々とありますが、クイックといったら何と言ってもカリスマ成田店長に
つきますね!!

「クイックを世界一愛した男」といっても過言ではなく、当時カリスマ店長は営業スタッフだった
ので日本中をクイックでクイックに走り廻っておりました。
他にエルフとか長距離を走るのに楽なクルマがあるのですが、かたくなにクイックにばかり
乗り続け、もともと短距離配送用に設計されてるクルマに鞭打って、帯広平野を激走し
関門海峡を渡る「横浜ナンバー」のクイックデリバリー・・・・それは不思議な光景だった
ことでしょう。営業で「みちのく一人旅」に出た際はBossに「もう帰ってこなくていいぞ」と
言われていました・・・これぞ特攻営業カリスマ店長の生きざまです。

クイックとカリスマ店長の思い出といえば、ついこの前の1993年に名古屋パフォーマンスカー
ショーに行った際のことでした。
イベントが無事終了しブースの片付けをしていたところ、会場内をカッコつけてクイックで走る
カリスマの姿が・・・
運転席のスライドドアーを開けて身を乗り出し勢いよくバックして来たカリスマはナゼか勝手に
急ブレーキを踏んで止まろうとしました。
クイックがキュッと止まった瞬間、スライドドアーは半ドアーだったのでそのままスライドし、半身を
乗り出していたカリスマの顔面めがけてゴチーン!!!
思わぬカウンターを食らったカリスマの顔はセンター中心に真っ赤に腫れあがり、みるみる涙が
あふれ出て来ました。
本気で泣いたカリスマ成田店長の姿を見たのはあの時が最初で最後の貴重な体験でした。

もうあまり走っている姿を見なくなった90年代のクイックデリバリーですが、たまに同型車が
走ってる姿を見ると、涙を流しながら高速道路を激走するカリスマ成田店長の姿が浮かんで
来るのです。クイックデリバリー(とカリスマ)は永久に不滅です!!

Be Sociable, Share!

???????????