Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

本は増えるし知識も増える、Moon Illustrated発売で御座います!!

皆様お待ちかねのMoon Illustrated Vol.8 秋・冬号が発売となりました!!

もうご覧になった方もいられると思いますが、今回は20th Anniversary Yokohama Hot Rod Custom ShowのGuest&車両の紹介がメインとなっておりまして、Moon Space Agency ”Pan”君が撮影した入魂の画像が素晴らしい物となっております(ちなみにPan君の体重は11月24日9:00pmの時点で軽く服を着て靴を履いた状態でジャスト100キロを記録しておりました)

他にもKid Rockerの復活物語やShige菅沼の「立川基地でのDrag Race」のお話は貴重な画像と共にこの時代を知ってる方にも知らない方にも楽しめる内容となっています。

  

そして特別インタヴューとして「Wildman石井の人生を変えた、この1冊!変態は一夜にして成らず・・・・・・」が大好評掲載中となっております。 全くついこの前である80年代の時点では、一瞬にして情報を得られるインターネットなんぞ有る訳もなく、本こそが変態の貴重な情報源でありました。 数々の本との出会いによって変態の感覚は研ぎ澄まされて行きましたが、逆にその積み重ねが悲劇をも呼び込んでしまいまして、今では家じゅう多量の本が積み重ねられております。何故か昭和の本がメインなのですが・・・

今回は9冊しか紹介し切れませんでしたが、今後は特別付録として私の本を1冊付ける予定です、あくまで予定ですが・・・

他にも色々と紹介したい本を用意していたので、本日のブログでちょろっと紹介して行きます。 これまで古い本ばかり紹介して来たので新し目の物を取り上げてみました。

 

まずは久々の力道山先生ネタでありますが、先週の事としか思えない2001年に突如発刊された「写真集・門外不出! 力道山」には驚かされました。 だって先生の没後40年の時点で突如としてこのような写真集が出版されるとは思ってもみなかったので感動の嵐でありました。 最初はきっと見たことのある写真ばかりだろうとタカをくくっておりましたが、見てビックリ、初見の物がいっぱいありましてとっても貴重な資料となりました。 こうして本はどんどんたまって行くのです・・・

先生がポーズを決めているこちらのC1コルベットですが、静岡のとある町にこの実車があるという噂を耳にしているのですが、都市伝説なのか真実なのか今後調査を進めて行く次第であります。

こちらの細身の少年は当時19歳のアントニオ猪木さんであります、挑戦的なアゴを見れば一目瞭然ですね。

変なカッコしてるのもTV映画「チャンピオン太」で死神酋長に扮する猪木さんですね。当時の氏の苦労ぶりが伺えます・・・・

赤坂は「リキ・アパート」のプールの息子たちを突き落とす先生はとっても楽しそうです。 それにしてもキケンな作りのプールですね。

お次は「ベースサイドタウン福生 カーウォッチング」という本ですが2005年に発売されました。 昭和30年代は自分で車を持つなんて、庶民には夢のようなお話でした。 当時はバードウォッチングならぬカーウォッチングなるクルマ趣味が御座いまして変態(マニア)たちは街角に偵察に行き、写真を撮りまくるという素敵な世界が繰り広げられていました。

  

著者のドクター高木様もそういった趣味をお持ちの一人だったそうで、福生や立川、横浜、横須賀といったアメリカ軍の基地があった場所に出向きアメリカ車を中心に多数の写真を撮っていたそうです。 モノクローム画像に展開される旧い街並みと、撮影当時新車だった’50~’70年代の車の貴重なカットはあまりにも素晴らし過ぎて声も出ませんです、ハイ・・・・

こんな車の画像があると「もしやいま目の前にあるこれなのではないか???」と楽しい想像をしてしまいますね。

 

こちらは横浜版の写真集にある画像ですが、まさに本牧ムーンアイズ・エリア-1の目の前の風景なのです(40年前)

こういった歴史を画像として記録してくれた偉大な趣味人様たちに感謝なのです。 まさにShige菅沼並みの物がありますね!!

[…]

42年お待たせしました、ブラックホールよりプレジデント来たる!!

巨人清武の乱があったり、日本シリーズが盛り上がったりと、プロ野球の話題で持ち切りな今日この頃でありますが、我がベイスターズ売却問題はいまだ楽天の包囲網によるDeNA買収反対運動が起こっておりまして、中々決着がつかない感じがしますね・・・早いとこ決めて頂かなくてはファンとしても落ちつきませぬ。

決着といえば私事ですが、42年間の問題であったある事にやっと決着がつきました!!また何を大袈裟にと思われるでしょうが、私にとっては人生における大問題だった「松坂屋プレジデント事件」が解決したのであります。

2008年11月1日のブログ「さらば横浜松坂屋、プレジデントの思い出と共に・・・」でお話し致しましたが、ついこの前である昭和44年に家族で今はなき横浜松坂屋へ日曜日のレジャーに行ったところ、幼年Wildmanは松坂屋おもちゃ売り場にてショーケースの中で燦然と輝く高級ミニカー、米澤玩具ダイヤペットの日産プレジデントを発見致しました。

  それは日本製ミニカーでは初となる「4ドアーオープン」という驚異のアクションを持ち、お値段も当時としては驚異の¥780というセレブなプライスタグを引っ提げておりました。

アイボリーのボディーカラーのそいつは4ドアーをガバっと開けてケースのど真ん中にディスプレイされていて、一瞬にして幼稚園児の心を奪ってしまったのです。 「こ、こ、これ猛烈に欲しいぞ、買ってくれ~」と叫びましたが、そんな高級品はとてもじゃないけど誕生日かクリスマス以外には買ってくれるはずもなく、泣けど騒げど親には全く相手にしてもらえませんでした、当たり前ですね・・・・ 結局いつも通り¥150のマッチボックスを1台買ってもらい、伊勢佐木町の不二家にてペコちゃんサンデーを食し、なだめられ悲しみの帰途についたのはついこの前の昭和の出来事でありました。 それ以来生産量の少なかったレアな「アイボリーのプレジデント」は私にとってコレクションの鬼門となり、途中茶色のを1台入手し、お茶を濁していたまま42年の歳月が過ぎてしまいました。42年なんて本当に一瞬なのですが・・・

 

横浜松坂屋もとっくに閉店してしまい、もう思い出の中でしか会えなかったアイボリーのプレジデントでしたが、2011年11月夢か幻か42年越しでついに私の手元にやって来る運びとなりました、おめでとう!!

私、日本で最も歴史のあるミニカーのクラブに属しておりますが、1960年代初頭よりミニカーのコレクションを一度もやめることなく継続している偉大な重鎮コレクターのI様というメンバーの方がおられます。 数万台にも及ぶそのコレクションは凄まじく、昭和、平成と途切れることなくミニカーを集めまくって来たその内容は圧巻なのです。 あまりの物量なので、当然買ってから一度も開封しなかった物や、数十年間箱に入れたままずっと眠っていたようなモデルも多々ありまして、御本人も自分が何をお持ちなのかよく分からないという「ブラックホール状態」のコレクションなのであります、凄過ぎます・・・

  

そんなブラックホールをたまに「虫干し」という事で箱を開封して中身を確認するとの事なのですが、今年の虫干し時にブラックホールの中から何とアイボリーのプレジデントが発掘されたのです!!! 40年以上前にデパートで2台購入されたという事なのですが、その内の1台が偶然にもレアなアイボリーだったのです。 おそらくこの40年で1~2度しか開封していないような状態で発掘されたので、新車のような激烈なコンディションを保っていたのです。まるでタイムカプセルです、す、素晴らしい!!!

で、以前から「松坂屋のアイボリーのプレジデント」と意味不明な言葉で一人大騒ぎしていた私の事を覚えていてくれまして、声を掛けて頂き、このたびそのミニカーを目出度く譲って頂ける事となりました、ああ、ありがたや。

余りの嬉しさにコレクションルームで一人号泣してしまいました。42年前は松坂屋で号泣していましたが・・・

念願かなってついにブラックホールよりやってきたアイボリーのプレジデント、欲しい欲しいと思っているといつか手元にやって来るものなのですね。ケースに飾るとあの時の興奮と悲しみが同時に蘇って来るのです。 たぶん42年後の2053年も一人号泣しております!!

[…]

ああ我がベイスターズよ、迷走の果ては天国か地獄か!?

先週末の第22回クラウンピクニックには多数のマニア(変態)の方々がお集まりになられ大変盛り上がりました、本当に有難うございます!!

  

このように金メッキされた車両のエントリーも多くなり、最近の金市場の高騰とシンクロしているようで、マニアの集まりでも世の流れが感じられますね・・・

こちらの「自家用」マークは80代の超ベテラン看板職人様が描いた物だそうです。 まるで文字が生きているような躍動感があり、文字を囲む直線のラインもマスキング無しのフリーハンドで仕上げるという豪快さであります。

言葉も出ない凄い作品に最敬礼のWildmanでありました。40年後に私もこういった文字を描けるように精進致します・・・・

さて、昨日モバゲーのDeNAがいよいよTBSからの球団譲渡を申請し、いよいよ「横浜DeNAベイスターズ」の誕生となりますね。楽天がいくら参入に反対しても無理な状況になりました。「モバゲー」も球団名はNGになったようだし。

ゲームの会社がプロ野球球団持つなんてを考えてもみませんでしたが、これで迷走する我がベイスターズは何とか来年以降もプロ野球球団として存続されるので私的には良かったとするしかありません・・・・

カリスマ成田店長がブログで叫んでいたように、京浜急行、ミツウロコ、シウマイの崎陽軒らが組んだ「横浜連合」でベイスターズを買い取れれば横浜市民としては一番良かったのですが、いかんせん参戦が遅過ぎました、財力でも絶好調のDeNAと比べると厳しい感じです。

マルハの「大洋ホエールズ」時代からのファンと致しましては、ゲームの会社がオーナーになるなんて信じがたき事実なのですが、とりあえず横浜に本拠地を残してくれる方向なのでもう受け入れるしかありません。だって横浜から出てったらさすがの私も興味なくなりますから。

でも私はゲームに関しては全く興味もないし、今後も絶対にやらないので残念ながらDeNAの本業に協力する事は出来ません。

ついこの前の昭和53年に「スペースインベーダー」が登場し日本中でブームになった時もついぞ一度もやることは無く、家庭用ゲーム機器が流通するようになり、実際自宅にも弟が買った物が沢山あっても、触ることすらありませんでした。

70年代、スペースインベーダーは当時一回¥100だったので、友人たちは必死にそのお金を調達していましたが、あんなゲームを3回やれば¥300も消えてしまうのです。

  

そのお金があればマッチボックスが1台買えたし、カービートやホリデーオートも1冊買えたので私はそちらを選びました。

友人たちは「おまえはバカだ」といっていましたが「おまえこそ底なしのバカだ」と言い返していた私の勝利はゆるぎない物があります。

だって33年後、インベーダーに何万円も費やした友人たちの手元には何も残っていませんが、私の手元にはちゃんとマッチボックスもホリデーオートも残っているのですから・・・・俺の勝ち!!

とにかくゲーム嫌いの私にはモバゲーなんかやってる無駄な時間は無く、ミニカーの手入れと読書に勤しまなければ人生を全う出来ないのであります。

話がそれましたが、今回の買収劇によりとりあえずTBS以上の資金を得たベイスターズは一からチームを作り直さなければなりません。

監督も何もかも総入れ替えとなるでしょうが、そのくらいしないとどうにもならない状況にまで落ち込んだチームなのでチームカラー一新と行きましょうね。

確かに猛烈に弱いのですが、今年の戦いぶりなんか見てると、常にボロ負けばかりしている訳ではなく、一歩間違えれば本当は勝っていたと思われる試合が多々ありました、負け惜しみではなくて。そういうあと一歩を上手にセコく勝つのが優勝したセコい中日ドラゴンズでありましてああいうのが本当にセコくて上手い野球なのでしょうな、つまらんけど・・・・

何たって今年は一時的に失点も得点もセ・リーグNo.1という奇妙な戦い方をしていたので、問題の意味の無い失点さえ防げれば、このチームは化ける可能性があるのです。10点取っても15点取られるというギャグのような戦い方をとりあえず止めましょう・・・

この10年でチームの主力はFAでことごとく引き抜かれ、それら出て行った選手は皆活躍しているという状況もひどいです・・・今年のホークスの内川素晴らしいですね。

チームの要であるキャッチャーが同一リーグへ移籍するという信じがたいパターンの移籍は98年優勝時のキャッチャー谷繁の中日移籍から始まり、ヤクルトに移籍した相川も大活躍だし、何だかアホらしいですね。

谷繁なんて真面目な森監督のイジメに耐え切れず出て行ったような物なのですから、もうああいう旧時代の大物監督はヤメにしてチャラく行った方が良いと思います。

新庄監督でもクロマティ監督でも佐々木監督でもいいし、とりあえず話題性を作ってチャラいチームを作り38年後の優勝を目指しましょう、行くぞ大洋!!

あ、来年も間違えなく最下位ですので他の5球団のファンの方、ご心配なく・・・・・

つまらないセ・リーグの立役者、横浜DeNAベイスターズを宜しくお願いします。

[…]