Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ああ我がベイスターズよ、迷走の果ては天国か地獄か!?

先週末の第22回クラウンピクニックには多数のマニア(変態)の方々がお集まりになられ大変盛り上がりました、本当に有難うございます!!

  

このように金メッキされた車両のエントリーも多くなり、最近の金市場の高騰とシンクロしているようで、マニアの集まりでも世の流れが感じられますね・・・

こちらの「自家用」マークは80代の超ベテラン看板職人様が描いた物だそうです。
まるで文字が生きているような躍動感があり、文字を囲む直線のラインもマスキング無しのフリーハンドで仕上げるという豪快さであります。

言葉も出ない凄い作品に最敬礼のWildmanでありました。40年後に私もこういった文字を描けるように精進致します・・・・

さて、昨日モバゲーのDeNAがいよいよTBSからの球団譲渡を申請し、いよいよ「横浜DeNAベイスターズ」の誕生となりますね。楽天がいくら参入に反対しても無理な状況になりました。「モバゲー」も球団名はNGになったようだし。

ゲームの会社がプロ野球球団持つなんてを考えてもみませんでしたが、これで迷走する我がベイスターズは何とか来年以降もプロ野球球団として存続されるので私的には良かったとするしかありません・・・・

カリスマ成田店長がブログで叫んでいたように、京浜急行、ミツウロコ、シウマイの崎陽軒らが組んだ「横浜連合」でベイスターズを買い取れれば横浜市民としては一番良かったのですが、いかんせん参戦が遅過ぎました、財力でも絶好調のDeNAと比べると厳しい感じです。

マルハの「大洋ホエールズ」時代からのファンと致しましては、ゲームの会社がオーナーになるなんて信じがたき事実なのですが、とりあえず横浜に本拠地を残してくれる方向なのでもう受け入れるしかありません。だって横浜から出てったらさすがの私も興味なくなりますから。

でも私はゲームに関しては全く興味もないし、今後も絶対にやらないので残念ながらDeNAの本業に協力する事は出来ません。

ついこの前の昭和53年に「スペースインベーダー」が登場し日本中でブームになった時もついぞ一度もやることは無く、家庭用ゲーム機器が流通するようになり、実際自宅にも弟が買った物が沢山あっても、触ることすらありませんでした。

70年代、スペースインベーダーは当時一回¥100だったので、友人たちは必死にそのお金を調達していましたが、あんなゲームを3回やれば¥300も消えてしまうのです。

  

そのお金があればマッチボックスが1台買えたし、カービートやホリデーオートも1冊買えたので私はそちらを選びました。

友人たちは「おまえはバカだ」といっていましたが「おまえこそ底なしのバカだ」と言い返していた私の勝利はゆるぎない物があります。

だって33年後、インベーダーに何万円も費やした友人たちの手元には何も残っていませんが、私の手元にはちゃんとマッチボックスもホリデーオートも残っているのですから・・・・俺の勝ち!!

とにかくゲーム嫌いの私にはモバゲーなんかやってる無駄な時間は無く、ミニカーの手入れと読書に勤しまなければ人生を全う出来ないのであります。

話がそれましたが、今回の買収劇によりとりあえずTBS以上の資金を得たベイスターズは一からチームを作り直さなければなりません。

監督も何もかも総入れ替えとなるでしょうが、そのくらいしないとどうにもならない状況にまで落ち込んだチームなのでチームカラー一新と行きましょうね。

確かに猛烈に弱いのですが、今年の戦いぶりなんか見てると、常にボロ負けばかりしている訳ではなく、一歩間違えれば本当は勝っていたと思われる試合が多々ありました、負け惜しみではなくて。そういうあと一歩を上手にセコく勝つのが優勝したセコい中日ドラゴンズでありましてああいうのが本当にセコくて上手い野球なのでしょうな、つまらんけど・・・・

何たって今年は一時的に失点も得点もセ・リーグNo.1という奇妙な戦い方をしていたので、問題の意味の無い失点さえ防げれば、このチームは化ける可能性があるのです。10点取っても15点取られるというギャグのような戦い方をとりあえず止めましょう・・・

この10年でチームの主力はFAでことごとく引き抜かれ、それら出て行った選手は皆活躍しているという状況もひどいです・・・今年のホークスの内川素晴らしいですね。

チームの要であるキャッチャーが同一リーグへ移籍するという信じがたいパターンの移籍は98年優勝時のキャッチャー谷繁の中日移籍から始まり、ヤクルトに移籍した相川も大活躍だし、何だかアホらしいですね。

谷繁なんて真面目な森監督のイジメに耐え切れず出て行ったような物なのですから、もうああいう旧時代の大物監督はヤメにしてチャラく行った方が良いと思います。

新庄監督でもクロマティ監督でも佐々木監督でもいいし、とりあえず話題性を作ってチャラいチームを作り38年後の優勝を目指しましょう、行くぞ大洋!!

あ、来年も間違えなく最下位ですので他の5球団のファンの方、ご心配なく・・・・・

つまらないセ・リーグの立役者、横浜DeNAベイスターズを宜しくお願いします。

Be Sociable, Share!

???????????