Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

Wildman Ishii Italy Trip Report

Wildman Ishii Italy Trip Report 今週の Wildman Blog はこちらの Italy Trip Report でお楽しみください!

夢か幻か、マックイーン・マシンズはミニカーと共に

さてしつこく先週からのお話の続きなのですが、俳優スティーブ・マックイーンといえば劇中でもプライベートでもクルマとの絡みが多かった方でした。 彼の一番の強いイメージといえば先週お話しした映画「ブリット」の中での’68ムスタングなのですが、あれはあくまで映画の中での愛車なのです。

プライベートでの彼のイメージと言えば、私的にはやっぱり’57ジャガーXKSSにつきますね。 だってこの車自体が最高にカッコよくて私が子供の頃より大好きな車なのです。

1955年から3年連続でルマン24時間レースを制したのはジャガーDタイプでした。 ストレートシックスの3,4リッターDOHC XKエンジンを搭載したDタイプは歴史に残るレーシングカーですが、何といっても特徴的なのは運転席後部より伸びる垂直尾翼なのです。Wildman的にはこのデザインがたまらないのです、カッコイイゼ!!

オタマジャクシのような両生類的なデザインはフロントエンジン時代のレーシングカーの最高峰だと思っております、本当に・・・

で、当時ジャガーのファクトリーには最先端レースカーとしての使命を終えた市販Dタイプの売れ残り分25台が有りましたが「売れないのなら保安部品を付けてロード・バージョンにして売ってしまいましょう」というどちら様かの無鉄砲なアイデアにより、公道仕様の限定版GTカー「ジャガーXKSS」が作られました。 Dタイプの垂直尾翼を取っ払ってソフトトップを付け、内装も革張りのシートにし、脱着式のサイドカーテンや助手席側のドアー、火傷しない程度のサイドマフラーを装備して一丁上がり! という感じでレースカーまがいのGTカーが作られちゃいました、良い時代でしたね・・・・

しかし1957年にジャガーの工場が大火災にあい、残っていた25台のDタイプの内、XKSSに改装されたのは16台だけに過ぎず、あとの9台は治具やパーツとともに焼失してしまいました、残念無念・・・ なのでXKSSはこの世に16台しか存在しないとっても貴重なクルマなのでした。

 

マックイーンはこの車を1958年にハリウッドのサンセット・ブルーバードで見つけて、5,000ドルで購入しました、彼で3オーナー目だそうです。 アイボリーだったボディをブリティッシュ・グリーンに塗り替え、内装のレザーをドラッグ・レーサーのトニー・ナンシーに貼り替えてもらい、グローブボックスには何とヴォン・ダッチが金属でカバーを作ったそうです!!有名どころで固めてみましたという感じですね。 XKSSは「グリーン・ラット」というニックネームを付けてられてマックイーンのお気に入りクルマとなりました。 でもスピード違反の切符切られまくりで、マックイーンは免許を失いかけたそうです・・・

 

その後1967年にハーラー・ミュージアムに売却されましたが、10年後マックイーンが買い戻しました、やっぱりお気に入りだったのですね・・・ 没後、1984年に遺産オークションで148,000ドルで売却され、その後2000年になってピーターセン・ミュージアムのもとに行き映画スターの愛車コレクションとなっております。 現在ではXKSSは3,000,000ドルの資産価値が有ると言われております・・・・

で、前置きが終わってやっとミニカーのお話になるのでした、もちろん当時物で。

その昔、英国にはSPOT-ON「スポットオン」というミニカー・ブランドがありました。偶然にも何とジャガー社同様1967年に工場火災が起こり消えてしまったブランドなのです、恐ろしい・・・・

スポットオンは1960年代当時、火事の前にこの貴重なXKSSをちゃんとミニカー化してくれておりました、感謝感激なのであります。日本にも当時ごく少量が輸入されてました。

 

マックイーンのグリーンラット号と同じこの緑色の個体は、ついこの前の1984年に横浜のビッグ・ボーイにて捕まえたオタマジャクシであります。スポットオン独特のゆるキャラ的な作りが両生類のXKSSにとっても合っているのでした。

 

XKSSのベースとなったDタイプのミニカーを並べてみました。垂直尾翼付きのDタイプのミニカーは同じく英国のCRESCENT「クレセント」というブランドで今から50年以上前のDタイプ現役時代に作られたミニカーなのです。ちなみにゼッケン4は1956年の優勝車両ですね。 こうして並べると、兄弟車両としての2台の雰囲気が伝わってきますね、最高です!! ミニカーならDタイプもXKSSもオーナーになれるのでありました。

 

そしてこちらの問題の2枚の写真なのですが、こちらは10年以上前に、私めがカリフォルニアで撮った物なのです。 まだ存命だったMooneyes伝説のボンネビル・レーサー「フレッド・ラーセン」がSCTAから表彰されるというイベントがありまして、その時たまたまアメリカ出張中だった私もナゼかノコノコと付いて行きました。 始まるまで時間が有ったので会場裏のParkingでいろんなクルマの写真を撮っていると、そこには夢か幻かジャガーXKSS様が鎮座されているではないですか!? あまりの事態に興奮しまくりましたが、どう見てもレプリカではなく本物のXKSSに見えます。 「まさかマックイーンのクルマか??」と思いましたが、あれは緑色なのでこれは違うだろうと、その時は勝手に解釈しておりました。

そうこうするうちにイベントが始まったので、会場内に入りしばらくしてからもう一度Parkingに戻るとそこにはすでにXKSSの姿はございませんでした・・・・・なんでこうなるの・・・・

ピーターセン・ミュージアムに行く前の遺産オークションで買ったオーナーはマックイーンの友人で元の自宅の(ハリウッド)隣人だったとのことで、このあたりをあのXKSSがウロウロしていてもおかしくはなかったのです。

あれはいったい何だったのでしょう?? 今思うとその後マックイーンのXKSSは濃紺のような色に塗り替えられて現在の姿になっているので、もしや私が見たのはマックイーンズ・マシンその物だったのではないか?? いや、きっとそうにきまってる!!と勝手に良い方向に解釈する今日この頃であります・・・

夢か幻か、Wildmanの白昼夢はまだまだ続くのです。

[…]

年男より新年あけましておめでとう御座います!

皆様、新年あけましておめでとう御座います! 同士の皆様、本年もMooneyes並びにSigns & Pinstriping Studio並びにWildman石井を宜しく御願い致します。

2012年は辰年ですね、そう私は年男なのであります! ついこの前、年男だったと思ってましたが、あっという間に又もや年男になってしまいました。 毎年が年男のような気が致します。 今年はきっと色んな夢が叶うのではないかと期待してしまいます。 だって初夢なんか、ボルグ様とジーン・シモンズのご両人と対談するという強烈な夢をみてしまい、目覚めた瞬間「 なんちゅう夢だ、ヤッパリ俺は年男だ」再確認した次第であります・・・・

年末はスーパーの閉店を時間ギリギリまで粘って、このようにステキなアワビ様を半額にてゲット致しました、正月のプチ贅沢なのであります、小さいけど・・・ アワビ様は不肖Wildmanにとって最も大好きで重要な食材でありまして、霜降り牛肉を差し置いて私的には最上級のご馳走なのです、だって美味しいんだもん・・・(カニも美味しいですけど)

アワビ様は刺身ではなくステーキや踊り焼きといった調理方法で熱を加えて食すのが最高ですね。未だ食した事の無い「アワビ様のしゃぶしゃぶ」を食べるのが当面の目標なのであります。

何てお話しはどうでもよいとして、皆様は御正月は如何過ごされたでしょうか? 相変わらず私はほぼ自宅にひきこもり状態となりまして、整理のしようの無い部屋の整理を行ったり、ミニカーのワックス掛けをしたりと忙しい日々を送っておりました。

崩れ落ちそうな本の山の整理に気が遠くなりますが、いけないと思いつつパラパラとしばらく見てなかった本のページをめくってしまい、あっという間に数時間が経過し箱根駅伝も終了してしまうのです・・・ああ恐ろしい。

そんな中でこちらの本に目が留まって、久々に読み耽ってしまいました。 McQUEEN’S MACHINES(マックイーンズ ・マシンズ)という写真集なのですが、皆様ご存知の銀幕のスター、スティーブ・マックイーンの所有した(又は撮影で使った)狂ったような数の車やバイクたちを紹介してる本なのです。

本当に狂った様な数の車両たちなのですが、商用車、乗用車、セレブな高級車、レースカーとジャンルを問わないマックイーンのカーガイ振りが偲ばれますね。 ジャンル問わずというのは私のミニカーコレクションとよく似ております。 これからは私の事をマックイーンと呼んでくれてもぜんぜん結構です・・・・

こんな写真集を見てると、つい自分の所有するミニカーたちと照らし合わせてしまうのが変態の性でありまして、ケースから取り出しウットリと白昼夢が始まるのですな。

マックイーンといえば映画「ブリット」がカーガイの皆様には突き刺さると思いますが、サンフランシスコを舞台としたムスタングとダッジ・チャージャーのカーチェイスが印象深いですよね。

 

390ciビッグブロックのエンジン&4スピードの組み合わせの68年式マスタングと、悪役がピッタリはまる、こちらも68年式のチャージャーR/Tは440ciマグナムエンジン&4スピードの組み合わせで正に当時のマッスルカー対決となっております。

チャージャーはほぼノーマルの外観でしたが、ムスタングは馬のエンブレムが外されてメッキ部品がブラックアウトされアメリン・レーシングのトルクスラストDマグホイールが付いてたりして迫力が増しております。

共に撮影時、2台が製作されたそうですが、チャージャーは2台とも破壊され現存しておらず、ムスタングも2台の内、1台は解体されてしまいました。 残る1台は撮影終了後、ワーナーブラザーズの社員に売却され、さらに1974年になってロード&トラック誌の広告で売りに出されてしまい、その後2人位のオーナーの元を転々とし、現在はオーナーの名前は公表されずアメリカ南部でひっそりと余生を送っているそうです。 この間、自動車コレクターや映画関係者、マックイーン自身もこの車を手に入れようとしたそうですが誰も成功しなかったとのことです。 私のミニカーが一向に売られて行かないのと同じ事なのであります・・・・

前置きが長くなってしまいましたが、やっぱりミニカーも当時もので楽しまなければ全く意味がないのであります(持論)

このブリットな2台は非常に珍しいミニカーで有りまして1968年当時に発売された物なのですが、何とプラモデルで有名なアメリカのAMTが極短期間販売したミニカーなのでした、知らなかったでしょ?知ってたらすみません・・・・

 

1/65の小スケールモデルで非常に出来が良いのですが、出た時期が悪過ぎました。 1968年というと、何と言ってもホット・ホイール元年でありまして(ウィールぢゃないよ)世界中で吹きまくったホット・ホイール旋風に吹き飛ばされてしまい、あえなくAMTのミニカーは消えて行きました・・・・

   

古き良き時代の走らないミニカーだったので、走るミニカーであるホット・ホイールには全くかないませんでした、子供たちのアイドルはホット・ホイールだったのです。

走らないミニカーをこよなく愛するWildmanとしてはAMTの方に軍配を上げてしまうのでした。入手にも大変苦労したのも良い思い出で有ります・・・

シリーズ名をPUPSといい、箱にはそれを表すおイヌ様プリントされています、なんてカワイイのでしょう・・・・ 2台共ブリットと同じ68年式をモチーフにしてるところが泣かせてくれますね。

  

特にチャージャーの出来が秀逸で、小さいスケールながらMopar Muscleの迫力が伝わって来ます、最高です!! これさえあればスグでもにブリットごっこが出来るのですな。

ついこの前の1968年に作られたミニカーをウットリと部屋で眺める年男の変態行為は当分治まりそうにないですね・・・

という事でマックイーン・マシンズのお話は一回では済まなかったので、来週も宜しく御願い致します、改めて年男より新年あけましておめでとう御座います!!

[…]