Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

空冷V8のお通りだ、三つ目のタトラはCQQQLだぜ!!

最近やっと気温が上がり始めまして、Moon Garage内でのPaint作業も多少は楽になって来ましたね。 お店に来たお客様から「こんな寒さの中で作業して大丈夫なんですか?」などと心配そうに優しいお言葉を掛けて頂きますが、私は全く大丈夫であります、ハイ!!

長年に渡り外で作業してきた事により鍛え上げられた肉体は、シンナーとミニカーで多少感覚がおかしくなっている事と重なり、皆様ほど寒さを感じない様な気が致します、たぶん・・・

なので皆様どうぞご心配なく変態を見守って頂き、Garageにお越しの際は気軽に声を掛けて下さいませ。

で、よくお客様や雑誌編集の方々から「Wildmanはクルマは何が一番好きなのですか?」質問されるのですが「ハイ、1/43のミニカーが一番好きであります!!」と答え、そこで会話が終わってしまうのです、本当にすみません・・・

「あの、ミニカーじゃなくって実車の話で・・・じゃあ今後欲しい車は何ですか」と会話が再開されると「ハイ、やっぱ一番欲しいクルマはタトラであります!」と元気よく答えてしまい、またもや会話が続かなくなってしまいます、なんでだろ・・・

「多寅、たとら、他戸羅???」とお客様の頭の中はこんがらがってしまい、これはやばいと思い「あ、今のはジョークです、本当はACコブラ289とかトヨタ2000GTなんかが欲しいですよね、ワハハハハ」となって普通に会話は盛り上がって行くのでした、目出度し、目出度し・・・

そう、私の夢のクルマはチェコスロバキアの至宝「タトラ」様なのであります。 「やっぱり、こいつ頭おかしいや」と思われるでしょうが、私はタトラこそ生まれながらのRod & Customだと認識しており、BIGに当選したら車高を落としただけで、あとはノーマルのままでGrand National Roadster Showあたりに持って行って並べたいくらいなのです、カッコいいぜ!!

旧チェコスロバキアで生まれたTatraは1800年代から車を作っていた歴史のあるブランドで、機動車やヒコーキまで作っていたという凄い会社なのです。

特に1930年代の「流線形」を取り入れた自動車のデザインは実に素晴らしく、当時のアメリカ車なんかにも決して負けない物だと思っています。

  

これらのタトラ77シリーズのデザインは強烈でして、その後ろ姿なんか形容のしようがなく、センターに生えたフィン(背びれ)はその後の50’sのアメリカ車なんか完全にぶっ飛んでしまいます、これじゃヒロハタ・マーキュリーさえも太刀打ち出来ませんな・・・・

 

そして戦後のこれらタトラ87やタトラプラン600は流線形を保ちながらもこの様に少しおとなしいデザインに変わって行くのです。

が、後ろ姿は相変わらず強烈でしてこの有様です、ああ美しいな・・・・

さらに1950年代に入るとまさに”Lead Sleds”としか思えないニューモデル「タトラ603」発表しました。これが欲しいのです私は!!

「2,5リッター空冷V8エンジン!!」をリアに搭載する世界最大のリアエンジン乗用車の603は全長5mで車幅は1,9mとアメリカンなサイズですが、前後のオーバーハングが1mを超えているという変態バランスで気持ちの悪いプロポーションをさらに気持ち悪くしています、何てカッコいいんだろ・・・・

何と言ってもデザインのハイライトは顔面にありまして、見ての通り「三つ目」なのであります、全く信じられないくらいアヴァンギャルドなのです。

「何もかも流線形だぜ!!」というコンセプトの元に作られたので、ヘッドライトを三つ並べてそれを一枚物のレンズでカバーして曲面にするという手法は、最近のLEDヘッドライト全開のドイツ車たちも一発で吹っ飛ばしてしまうような素晴らしいデザインです。

リアのエアスクープなんか、空気どころか鳥や空き缶までをも吸い込んでしまいそうなデカさなのです、全く良く冷えるぜ!!

殆どチェコスロバキア国内だけで流通していたタトラ603でしたが、新車当時日本にも上陸していたのですな。

 

この通り我が書斎(ただの戸棚)から引っ張り出して来た2冊の本は、ついこの前の1959年と1964年に出版された「月刊自家用車」とベース・ボールマガジン社時代の「CARマガジン」であります。

モノクロページで紹介されてますが、チェコ大使館の車でして「外」ナンバーが燦然と輝いております。

フロントには巨大なトランクが有るのでここに巨大なエアサスのタンクを積めば車高もバッチリ決まるし、室内なんてそのままでもKustomなのであります。

あまりにも美しいタトラ603でしたが、マイナーチェンジを繰り返して、気持ち悪さの方にも拍車が掛かってしまいます。

  

この様にヘッドライトが4つになりまして、真ん中に寄ったり端っこに行ったり異型ランプまであったりと、妖怪さながらの姿を呈して行くのでした・・・・

1975年まで20年に渡り20000台以上作られた603でしたが、その後普通の?デザインのこちら613にバトンタッチされます。 でもこの613もとっても変で相変わらずの空冷V8はコッグドベルト駆動の3,5リッターDOHC 4カムとなり、またもやリアに搭載されてました・・・ チェコの人って本当に凄いですね。

で、やっと当時物ミニカーの話と行きたい所ですが、残念ながら603は当時ダイキャストミニカーとしては作られず、チープなプラ製の物が数点出ていただけでした、しかもチェコスロバキアで・・・

しかし同じ東欧の共産圏「東ドイツ」にて巨大なリモコン・モデルが作られていたのです。もちろん「ベルリンの壁」が無くなるずっと前の事なのでした。

”PRESU”というさっぱり分からない東ドイツのオモチャメーカーが全長30cmを超えるこのデッカイモデルを1960年代に作っていました。

強烈な603のプロポーションを見事に再現し、色もBarris Kustomもビックリの強烈グリーンになります、東ドイツなのにカリフォルニアしてるなあ・・・・

[…]

祝ナイキ40周年、華々しく欠陥品の復刻だぜ!!

今週はですね、富士のTried Customsさんへ出張Paintに行ってきました。

 

いつも沢山のPinstripeのお仕事ありがとうございます。

 

で、その日の昼食はと言うと、かねてからの私の希望により名古屋の味「寿がきや」に行って参りました。そう、あの独特なチープなラーメンを提供してくれる寿がきやであります。元々愛知県が本拠地の会社で東海地方を中心に出店していますがついこの前の1980年代までは横浜にもお店があったのです。高校のテニス部の帰り道、京浜急行金沢文庫駅のテナントに入っていてとっても安い値段でデザートまで食べられましたので重宝しておりました。

 

しかしその後、値段が安すぎた為なのか東京や横浜からは撤退してしまいまして、今回四半世紀振りくらいにあの懐かしい白濁色のチープなラーメンが食べられたのです、大変満足しました。どうやったらここまで薄く切れるのかに挑戦しているようなチャーシューと独特な味の白いスープは素晴らしい組み合わせなのであります。デザートのクリーム白玉あんみつも秀逸でありました。

 

あんまり嬉しかったので、インスタント仕様のラーメンと寿がきやオリジナルの先っちょがフォーク状になった不思議なスプーンを買って帰りました。とっても良い出張Paintとなった訳なのであります!!

で、やっと本題に入ります。今年2012年はナイキが創立40周年とのことで色々とエポックメイキングなシューズが復刻販売されるそうです。それにしても創立たったの40年なんてトミカやHot Wheelsと並んで歴史の浅いブランドなんですね・・・

 

もうマニアの皆様のお手元には行き渡っていると思いますが、1月にナイキの歴史を語る上で欠かせないこちらのモデルが復刻されました。期待していた方も多いと思われます、私もその一人になります。

 

1978年に発売されたこいつはナイキ御自慢のエアソールを初めて搭載した”Tailwind”テイルウィンドです。「追い風」ですね。

 

アメリカでスニーカーが売れ始め、まさに追い風に乗っていたナイキが革新的な物を作ろうと開発したのがテイルウィンドになります。元NASAの技術者のアイデアで、圧縮ガスをエアバッグの中に入れてそれをシューズのクッションとしてつかうという物で、ナイキの前にも他のメーカーに(アディダスなど)売り込みに行ったそうですが、ナイキだけがこのアイデアを本気にして契約を結びました。

こうして革新的なテクノロジーはナイキの物になり、その後エアジョーダンやエアマックスで空前のスニーカーブームが起こり、ナイキといえばエアソールというイメージが定着しました。もしアディダスの物になっていたら世の中はどのような流れになっていたのでしょう・・・・ナイキは倒産してたかも。

初のエアソールを持つテイルウィンドは1978年のホノルルマラソンでの発売を目指して開発され、紆余曲折何とか完成にこぎつけ、初回生産分230足はホノルルの小売店に向けて出荷され、スニーカー史上最高価格の$50というプライスで店頭に並べられましたが24時間後には完売したそうです。空前のジョギング・ブームですから・・・

ハイテクノロジーなイメージを作る為、テイルウィンドはシルバー色のメッシュのアッパーを持ち、いかにも高価な物に見えるように作られました、実際高価だったのですが。ホノルルマラソンでの発売後、メインランドでも本格的に発売開始となり、テイルウィンドは高価にもかかわらず爆発的に売れました。しかし数ヶ月後には爆発的な返品の嵐が待っていました。

「高級そうに見えるし、光って綺麗だね」という理由からメッシュにシルバー塗装をしたという何ともつまらない理由でテイルウィンドは欠陥品となってしまいました。

シルバーの染料の中にはの金属粒子が含まれていて(当たり前です)その粒子が極少の「剃刀」の役割となり、ランナーの足が着地するたびにメッシュの繊維をこすり上げ、しまいにはメッシュアッパーとエアソールが剥離してしまうという信じがたい結果となってしまいました。

鳴り物入りで登場した世界初のエアソール搭載シューズ「テイルウィンド」は予定外の悲しいデビューとなってしまったのです。すぐにマイナーチェンジが施されシルバーのメッシュアッパーは普通の地味なグレーのナイロン地に変更され、剥離のトラブルは解消されました。

 

ついこの前の1980年My First Nikeの頃、テイルウィンドは並行輸入で日本にも輸入されていてショップで現物を手に取りましたが、それはマイナーチェンジ後のグレーのナイロン地のヤツでした。アメリカ製の並行輸入品だけに何よりもその価格が凄まじく\18,800というプライスでは手の出しようが有りませんでした。今で言うと\30,000くらいのクツを買う様な感覚でしょうか・・・その後少し値下げして正規販売もされました。

インフルエンザで快進撃!?DeNAベイスターズ発進だぜ

プロ野球のキャンプも始まり、我が新生「横浜DeNAベイスターズ」も中畑新監督のインフルエンザ感染という形で最高のスタートを切りましたね、さすがです・・・・

親会社はWildmanには縁もゆかりもないゲーム会社のDeNAに決まり、巨人時代には罵声を浴びせ続けた中畑さんが監督になってしまうなど、思いもよらぬ展開のオフシーズンでしたが、何とか本拠地横浜残留となり今後もプロ野球を楽しむ事が出来そうです。

さすがに新潟に行ってしまったらとてもじゃないけど応援する気にもなれませんので40数年にわたるプロ野球趣味生活にピリオドが打たれるところでしたね・・・ 漫画家のやくみつる先生はDeNAが嫌いで横浜ファンをやめてしまいましたが・・・

「男・村田」さんとかいう12球団で一番チャンスに弱い4番バッターが目出度く巨人にFAしてくれて、代わりに統一球にいまいち対応出来ず、落ち目とはいえ2000本安打目前のラミレスが巨人からやって来るという不思議な現象が起こりましたが、横浜にとってはこっちの方が良かったと思います。村田なんかよりも怖いですぜ・・・

横浜スタジアムにて目の前で中日の優勝&胴上げを見せつけられ「あの優勝の輪に入りたいから、ぼくちゃんは強くてお金持ちのチームに移るのさ、そうすれば簡単に優勝出来て楽しいじゃん」という前代未聞の迷言を残し横浜を去った「男・村田」さんでしたが、まあその気持ちも分からなくは無いですね。 横浜は本拠地で他チームの優勝をこれまでに6回も見せつけられているという奇跡的なお人好しなチームなのですから・・・・21回の最下位というのも12球団最多ですが・・・

それにしても横浜ファンに向かって言うような言葉じゃないですよね・・・・まあ、どうせ彼は巨人じゃ夏までに代打専門になりますからどうでもいい事なのですが。各チームが良いピッチャーを当ててくる巨人戦じゃ、とても打てないと思いますよ、横浜だからこそ何とか取れたホームラン王なのですから・・・

ラミちゃんは来日時、大韓航空でやってく来るなど親しみを感じさせ?「やっぱ期待大だぜ」と思ってたらあっさりインフル感染と早くも横浜らしさを体で表してくれました。

素行に問題のある?かつての最多勝左ピッチャーの藤井が「男・村田」の人的保障で巨人からやって来ましたが、最後にもう一花咲かせて欲しいですね。 地元横浜高校出身の筒香、石川、荒波の3人が一皮むけそうで、中日の小池や巨人の鶴岡など、元横浜選手がFAで出戻りしたり、若い国吉というイキのいいピッチャーに期待が持てたりと、ここ数年の間では中畑監督のリップサービス中心にですが、何かとマスコミにも取り上げられるようになり、多少なりとも期待が持てるシーズンです。と言っても期待というのは5位になれるかどうかというレベルなのですが・・・

で、そんな中、この様な本がベースボールマガジン社より出版されました。 「夢をありがとう!横浜ベイスターズ 1993-2011」という一瞬球団消滅を匂わせるようなタイトルで小心者をビビらせましたが、何の事はない今シーズンより親会社が変わり、 横浜ベイスターズから横浜DeNAベイスターズになったので、横浜ベイスターズお疲れ様、それではサヨウナラという感じの物でした。ややこしいなもう・・・

「横浜大洋ホエールズ」から1993年に「横浜ベイスターズ」に変わり、2012年シーズンより「横浜DeNAベイスターズ」となったので、93年から11年までの横浜ベイスターズ時代を振りかえりましょうという、熱心な横浜ファン以外には何とも寂しい内容の本なのです。

親会社がホエールズ時代の大洋漁業からTBSに変わったり、38年振りの奇跡の優勝を果たしたりと激動の横浜ベイスターズ時代でしたが、この本ではやはり優勝したついこの前の98年にスポットを当てて「栄光の1998年V」をいまさら完全再現レポートしています、なんて寂しいのでしょう・・・・

  

大魔神佐々木、マシンガン打線、西武を破って日本一、優勝パレード・・・横浜ファンにとっては数少ない良い思い出の時が刻まれています、ああ胸が熱くなりますねえ。

 

ベイスターズ初年度の93年には横浜移転前年の77年から抑えのエースとして活躍して来たヒゲの「斉藤明夫」が引退されていましたね。 新人王、セーブ王と弱小大洋時代を支えてくれた偉大な選手でありました。 こちらの色紙は横浜大洋時代に頂いたサインになります、ああ有り難や・・・・

 

こちらのサインは現在はファームの打撃コーチである高木由一さんの選手時代の物です。 ついこの前の1980年9月23日対阪神タイガース22回戦の時に頂きました。この日は横浜スタジアムでハマケイの鶏のから揚げセットを食べた記憶が残っております。 まったく先週の出来ごとのように感じますね・・・

 

元祖裏切り者?として横浜ファンの思い出に残る82年の首位打者、長崎慶一さんから頂いたサイン色紙には「孝洋君へ」と私宛ての物になってます。

この人、阪神に移籍してから自分の歴史の中で大洋時代を抹殺しているようでして 12年在籍の大洋時代、3年在籍の阪神時代では阪神の方に重みを置いておられます。経営する焼肉店看板や荒川区議選出馬時のポスター等、全て「元阪神」で押し通しております・・・・まあ85年の阪神優勝時にはそれなりに貢献してるので御本人の勝手ですから。もっとも商売上は「元阪神」の方が聞こえが良いですからね、気持ちもわかります。

そんなこんなで横浜大洋&ベイスターズ時代の選手サインは他にも色々と手元にありますが、あと30年以内の優勝を夢見て今後も大切に保管しておきます。

2012年は「横浜DeNAベイスターズ」元年となりましたが、報道陣を集める事と元気の良さが取り柄の中畑新監督の元、多少変わったメンバーでとりあえず5位を目指しますので横浜ファンの皆様は期待して応援致しましょう、失うものは何も有りませんから・・・

[…]

我が家にブリキがやって来た!そいつの名前はフェロー君

皆様、先週分ブログのWildman Ishii Italy Trip Reportはご覧になって頂けたでしょうか? 予期せぬ極寒の地、イタリアでの修行に近い1週間は「人生において先入観は禁物だ」という事を教えてくれました、だってあそこまで寒いとは思わなかったんだもん!!

   

そんな寒い中、ベニスやヴェローナの街を走り回りましたが、旧車といえるような現役車両はほとんど見かけませんでした。 ヨーロッパの街並みにたたずむ旧車のある素敵な風景にはなかなか巡り合えず、2年前に行った時は何度か見かけたイタリアの国民車Fiat 500(昔のね)も1台見掛けただけでした。コマネズミ達はどこに行ってしまったのでしょう・・・

Moon Cafe ItalyのAlbertoさんにその事を聞くと「もう500なんか殆どまともに走ってないよ、滅多に見ないね」とその現実を知らされました。

  

そんなAlbertoさんより先日メールが来て何かと思ったら、街中で見かけたFiat 500の画像を送ってきてくれました。それも貴重なバンタイプの商用車「ジャルディニエラ」でした。 500の後部に無理やり荷室を付けたようなヘンテコ車ですが、ノーマルと違い最終型までドアーはスバルのように逆開きのままだったので、ビンテージ感があふれていますね。

で、こちらは60年代当時物ジャルディニエラのミニカーになります。

 

白いのはフランス製ノレブ(NOREV)というブランドのプラスチック製ミニカーですが、プラだけに細部の彫りまで素晴らしく、実車さながらのプロポーションを誇っております。

 

茶色いのは御当地イタリア製ポリトーイ(POLITOYS)の物で、実車同様テールゲートが横開きで開閉するというとっても素敵なアクションを備えておりました。 しかも室内にはカーペットが敷きつめられているという変な凝りようなのでした。

この様に極寒の地イタリアの自動車文化を楽しんでいる間に、日本の我が家に素敵な物体がやって来たのです・・・

2008年5月31日のブログ「我が家に新車がやって来た!そいつの名前はフェロー君」にてお話しました「ダイハツ・フェロー」の事なのです。

初代フェローは昭和40年代初頭、ウチの親父が2台の中古スバル360を乗り継いだ後、昭和43年に最初に買った新車なのでありました。 石井家始まって以来のテレビより高い買い物となった白いフェロー君でしたが、さすが新車だけあり、中古デメキンスバルのように立ち往生する事もなく、ついこの前の昭和46年に親父が「フェロー・マックス」に買い替えるまで実に立派に自家用車としての使命を全うしてくれました。

私としてもこのフェロー君での思い出は沢山あり、石井家自家用車史上一番印象が残っているクルマなのであります。

しかしですね、当時フェローはナゼかミニカーにはならず、幼年Wildmanとしてはとても不満な日々を送っておりました。プラモデルにはなっていましたが、まだ上手く作れるような年齢にはなっておらず論外でした、プラモデルはあんまり好きじゃなかったし・・・・ そうこうしているうちに1970年代も中盤を過ぎ気がつくと立派なミニカーマニアに成長していていろんな古いおもちゃを調べるようになっていました。

するとですね、初代フェローはデビュー当時ブリキのおもちゃ(ティンプレート)になっていた事が判明したのです。 でも幼年Wildman的には当時そのブリキに出会った記憶がありませんでした。 昭和40年代前半までは結構ブリキ玩具は作られていて、自動車もすでにミニカーには押されていましたが、まだまだいろんな車種が作られていました。 初代カローラや二代目セドリック、スバル360なんかのブリキが我が家にもあり、おもちゃ屋でも色々な車種を目撃しましたが、フェローなんか一度も見た事ありませんでした。

それもそのはず、フェローのモデルは基本的には市販用の玩具としてではなく、ダイハツの販促品の一つとして製作されていたようなのです。 セールスマンが色見本として配ったりするようなプロモーショナル・モデルなので、一般の販売ルートには殆ど乗らず、市場では流通しませんでした。

そんな物、幼年Wildmanの目に留まるはずもなく、マニアとなるまで存在すら知りませんでした。 存在を知ってからも実物に出会う事もなく、2008年のブログの時も「だれか譲って下さいな」と懇願しておりました。

するとだれかが本当に譲ってくれました!!思い詰めてると夢は実現するのです・・・・

  

こちらがそのブリキのモデルになります。真紅のボディーは我が家の白いヤツとは色が違いますが、まぎれもなく初代フェローをモデル化していました。

コクピットを覗くとあの懐かしい風景が甦り、伊豆家族旅行を思い出してしまいます。ついこの前の事なのですが・・・・

 

箱のイラストはデザイン含めて小ざっぱりしていて、おもちゃというよりも販促品的な匂いが致します。 フリクションモーターはちゃんと後輪駆動になっていてFRのフェローを表していますね。 ウィンカーやテールランプなどはプラ部品が使われていて、ブリキのモデルでも終わりの時代の作りになっています、といっても45年前の物ですが・・・

  

2012年、時代は進んでも、頭の中と我が家の中は完全に逆行しまくり、この様に時代ズレした物ばかりが集まって来ます。おかげさまでどの時代にでも簡単にタイムスリップ出来るのでありました。 Back to the Future!!

[…]