Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

インフルエンザで快進撃!?DeNAベイスターズ発進だぜ

プロ野球のキャンプも始まり、我が新生「横浜DeNAベイスターズ」も中畑新監督のインフルエンザ感染という形で最高のスタートを切りましたね、さすがです・・・・

親会社はWildmanには縁もゆかりもないゲーム会社のDeNAに決まり、巨人時代には罵声を浴びせ続けた中畑さんが監督になってしまうなど、思いもよらぬ展開のオフシーズンでしたが、何とか本拠地横浜残留となり今後もプロ野球を楽しむ事が出来そうです。

さすがに新潟に行ってしまったらとてもじゃないけど応援する気にもなれませんので40数年にわたるプロ野球趣味生活にピリオドが打たれるところでしたね・・・ 漫画家のやくみつる先生はDeNAが嫌いで横浜ファンをやめてしまいましたが・・・

「男・村田」さんとかいう12球団で一番チャンスに弱い4番バッターが目出度く巨人にFAしてくれて、代わりに統一球にいまいち対応出来ず、落ち目とはいえ2000本安打目前のラミレスが巨人からやって来るという不思議な現象が起こりましたが、横浜にとってはこっちの方が良かったと思います。村田なんかよりも怖いですぜ・・・

横浜スタジアムにて目の前で中日の優勝&胴上げを見せつけられ「あの優勝の輪に入りたいから、ぼくちゃんは強くてお金持ちのチームに移るのさ、そうすれば簡単に優勝出来て楽しいじゃん」という前代未聞の迷言を残し横浜を去った「男・村田」さんでしたが、まあその気持ちも分からなくは無いですね。 横浜は本拠地で他チームの優勝をこれまでに6回も見せつけられているという奇跡的なお人好しなチームなのですから・・・・21回の最下位というのも12球団最多ですが・・・

それにしても横浜ファンに向かって言うような言葉じゃないですよね・・・・まあ、どうせ彼は巨人じゃ夏までに代打専門になりますからどうでもいい事なのですが。各チームが良いピッチャーを当ててくる巨人戦じゃ、とても打てないと思いますよ、横浜だからこそ何とか取れたホームラン王なのですから・・・

ラミちゃんは来日時、大韓航空でやってく来るなど親しみを感じさせ?「やっぱ期待大だぜ」と思ってたらあっさりインフル感染と早くも横浜らしさを体で表してくれました。

素行に問題のある?かつての最多勝左ピッチャーの藤井が「男・村田」の人的保障で巨人からやって来ましたが、最後にもう一花咲かせて欲しいですね。 地元横浜高校出身の筒香、石川、荒波の3人が一皮むけそうで、中日の小池や巨人の鶴岡など、元横浜選手がFAで出戻りしたり、若い国吉というイキのいいピッチャーに期待が持てたりと、ここ数年の間では中畑監督のリップサービス中心にですが、何かとマスコミにも取り上げられるようになり、多少なりとも期待が持てるシーズンです。と言っても期待というのは5位になれるかどうかというレベルなのですが・・・

で、そんな中、この様な本がベースボールマガジン社より出版されました。 「夢をありがとう!横浜ベイスターズ 1993-2011」という一瞬球団消滅を匂わせるようなタイトルで小心者をビビらせましたが、何の事はない今シーズンより親会社が変わり、 横浜ベイスターズから横浜DeNAベイスターズになったので、横浜ベイスターズお疲れ様、それではサヨウナラという感じの物でした。ややこしいなもう・・・

「横浜大洋ホエールズ」から1993年に「横浜ベイスターズ」に変わり、2012年シーズンより「横浜DeNAベイスターズ」となったので、93年から11年までの横浜ベイスターズ時代を振りかえりましょうという、熱心な横浜ファン以外には何とも寂しい内容の本なのです。

親会社がホエールズ時代の大洋漁業からTBSに変わったり、38年振りの奇跡の優勝を果たしたりと激動の横浜ベイスターズ時代でしたが、この本ではやはり優勝したついこの前の98年にスポットを当てて「栄光の1998年V」をいまさら完全再現レポートしています、なんて寂しいのでしょう・・・・

  

大魔神佐々木、マシンガン打線、西武を破って日本一、優勝パレード・・・横浜ファンにとっては数少ない良い思い出の時が刻まれています、ああ胸が熱くなりますねえ。

 

ベイスターズ初年度の93年には横浜移転前年の77年から抑えのエースとして活躍して来たヒゲの「斉藤明夫」が引退されていましたね。 新人王、セーブ王と弱小大洋時代を支えてくれた偉大な選手でありました。 こちらの色紙は横浜大洋時代に頂いたサインになります、ああ有り難や・・・・

 

こちらのサインは現在はファームの打撃コーチである高木由一さんの選手時代の物です。 ついこの前の1980年9月23日対阪神タイガース22回戦の時に頂きました。この日は横浜スタジアムでハマケイの鶏のから揚げセットを食べた記憶が残っております。 まったく先週の出来ごとのように感じますね・・・

 

元祖裏切り者?として横浜ファンの思い出に残る82年の首位打者、長崎慶一さんから頂いたサイン色紙には「孝洋君へ」と私宛ての物になってます。

この人、阪神に移籍してから自分の歴史の中で大洋時代を抹殺しているようでして 12年在籍の大洋時代、3年在籍の阪神時代では阪神の方に重みを置いておられます。経営する焼肉店看板や荒川区議選出馬時のポスター等、全て「元阪神」で押し通しております・・・・まあ85年の阪神優勝時にはそれなりに貢献してるので御本人の勝手ですから。もっとも商売上は「元阪神」の方が聞こえが良いですからね、気持ちもわかります。

そんなこんなで横浜大洋&ベイスターズ時代の選手サインは他にも色々と手元にありますが、あと30年以内の優勝を夢見て今後も大切に保管しておきます。

2012年は「横浜DeNAベイスターズ」元年となりましたが、報道陣を集める事と元気の良さが取り柄の中畑新監督の元、多少変わったメンバーでとりあえず5位を目指しますので横浜ファンの皆様は期待して応援致しましょう、失うものは何も有りませんから・・・

[…]