Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ミナト横浜演歌の雄叫び、ハコスカGT-Rは北島三郎だぜ!!

先日の金環日食は自宅前で待機し、愛犬ルルと一緒にサングラスを掛けてその瞬間を待ちました。

 

曇り空だったので見えないのかと思っておりましたが、何とかこのようにうっすらとですが確認出来ました。 次に横浜で見れるのは300年後という事なのですが、そんなのあっという間なので次回は青空に期待致しましょう・・・

 

金環日食の数日前にはこの様な貴重なクルマがMooneyes Area-1の駐車場に停まっていて、旧車イベント以外では久しぶりに近くで拝見する事が出来ました。

日本人の心、存在自体が演歌そのもので問答無用、北島三郎のような立ち位置の名車中の名車「スカイライン2000GT-R」であります。 ベテラン・ドライバーご夫妻が乗って来られたこちらの個体はコンディションも素晴らしく、S20の官能的なエンジン音を本牧の街に響かせておりました。

ハコスカGT-Rは1970年代、小学生の頃より「特別なクルマ」というのを認識しておりまして、当時でも街中で本物のGT-Rに遭遇したらタップリと3日間は友人に自慢出来ました。 「あのオーバーフェンダーは偽物だ!」、「これはガラスが透明だから本物だ!」などとくだらない事で一喜一憂しておりました。

ついこの前の’75年に綾瀬の街でハコスカ4気筒ショートノーズのタクシーを見掛けた時は友人に一週間自慢していましたが誰も反応してくれませんでした・・・横浜ではそんなの走っていなかったのに。

 

Moon Equipmentで組んだChevyエンジンを積んで’68日本グランプリを制したニッサンR381の先代にあたる、プリンスR380のGR8型エンジンをベースに開発されたGT-Rの心臓S20型エンジンは、直列6気筒ツインカム24バルブという精緻なメカニズムを持ち、当時の量産車用エンジンとしては世界的にも例を見ない贅沢な作りでした。

  

最初にセダンタイプの4ドアボディスカイラインにS20を乗せて、日本版「羊の皮を被った狼」スカイライン2000GT-Rが誕生し、その後ショートホイールベースの2ドアハードトップボディも出て、こちらが当時のツーリングカーレースで大活躍となり、マツダのロータリー勢が台頭して来るまで50勝という金字塔を打ち立てスカイライン神話が誕生しました。

しかし当時世界に出て行ったマツダ・ロータリー勢とは違い、GT-Rはあくまで国内限定のご活躍で、メジャーリーグを目指さない一流プロ野球選手?のように日本に留まっての激走振りはまさに演歌そのものなのでした、でもそんなところが好きなんです・・・

  

で、本題となる当時物GT-Rのミニカーですが、まず最初にGT-RのS20型エンジンのベースとなったGR8型エンジンを搭載した日産R380-IIが米澤玩具のダイヤペットからついこの前の昭和43年3月に発売されました。 形自体はそれなりの出来なのですが何とかして当時の技術で前後カウルをガバっと開けたかった様で、完全にバランスが崩れているところが芸術作品なのでした。 でも良くもこんなクルマをミニカー化してくれましたね。

 

そしてセダンGT-Rがまたもやダイヤペットからついまったくこの前である昭和45年9月に発売されました。 何ともダイヤペットらしい大雑把な作りでして、現在市販されてるハコスカGT-Rのミニカーたちとは比較の対象にもならない様な出来でありますが、こちらには比較にならない程の重い歴史が有るのです。 何と言っても実車が作られていた当時に同じ空気の中で造られたものなのですから・・・

  

でも「サーフィンライン」やグリル周り、なんとなくそれらしく見えるS20型エンジン等Wildman的には昔から大好きなミニカーの一台なのでした。 GT-Rには不要なレザートップや間違えてるフロントグリルの「2000GT」エンブレムもたまらなく魅力的なのです、ここに大きな芸術性を感じるのです。

 

そして翌昭和46年12月にはハードトップGT-Rのミニカーがまたもやダイヤペットから発売されました。 セダンをさらに大雑把に仕上げた感じなのですが、各部の彫りは悪くはなく全体のバランスが乱れてしまっていて、この様な芸術作品に仕上がっているのです、本当に素晴らしい!!

 

こちらのミニカーはさらに貴重なお品となっておりまして、ドアーにペタリと貼られたステッカーに価値が有るのです。 プリンス・モータリストクラブの1972年の総会時に会場にて来訪者のみに配布された記念ミニカーなのでした。 フロントバンパーには1972年のシールも貼られていますね。 私は当時小学校2年生だったので力道山先生の結婚式同様、この総会には出席出来ず、後年苦労してこのミニカーを入手致しました、疲れるな・・・

  

そしてこちらのハードトップGT-Rはレジン製で重量感が全くないのがたまにキズですが、ハコスカGT-Rのミニカーとしては異常なまでのディテールを誇っています。 ダイヤペットと比較すると幼稚園児のイラストと美大生の作品位の差がありますが、幼児は皆天才なのです・・・・

  

こちらは当然当時物ではなく90年代初頭に現在も盛業中の東京のアイアイアドカンパニーさんというミニカーショップが、AMSというブランドで少量生産したモデルで300台の限定生産でした。 このころ勢いで実車R32 GT-Rを買ってしまった変態が、勢い余って一時的にスカイラインのミニカー収集にはまってしまい、勢いで買ってしまった「現代物」ミニカーなのでした。と言ってももう20年くらい経ちましたが・・・

そしてこちらはオマケ画像になります。 ダイヤペットは出来云々は別として、その時代、その時代で本当にこまめに国産車をモデル化してくれていて、レースの世界ではGT-Rの息の根を止めたマツダのロータリー・エンジン車も多数作ってくれています。

私が好きなのはコスモ・スポーツとファミリア・ロータリー・クーペの2台でして、どちらも各部の立てつけの悪さ、異常な車高の高さが素晴らしい芸術作品となっています。

ボンネットを開けてそれらしく見えるロータリーエンジンを眺めてると、下品で甲高いロータリーサウンドが聞こえてくるのです、やっぱりいつでも白昼夢なのです・・・

日中、会社でGT-Rの実車を見て、夜は家でミニカーのGT-Rを見ておさらいする。 […]

巨星墜つ、さらばキャロル・シェルビー

先日のYahoo!ニュースでさえトップで伝えていたので、クルマ好きの皆様はすでにご存じだと思いますが、コブラ生みの親「キャロル・シェルビー」がテキサス州ダラスの病院で亡くなりました、享年89歳・・・・・

とても長生きされましたが元々心臓を患っておりまして、2回も!!心臓移植を行い、その都度手術は成功し89歳まで生き抜かれましたね、凄いです。

シェルビーについてはあまりにも偉大過ぎて、私の様な若輩者が語れるような立場ではありませんが、夢の60年代に夢の様なクルマたちをお造りに夢の様な活動をされて来ました。 何と言っても名前がカッコイイ!! 「キャロル・シェルビー」という響きは日本人にとってもカッコ良く感じる物だと思います。これがキャロル・チャップリンやフランクリン・シェルビーじゃここまでの名声は得られなかったと思います、本当に。

アメリカ人レーサーながらF-1を走り、スポーツカーレースではアストンマーチンを駆って59年のル・マン24時間で優勝、その後心臓疾患でレーサーを引退してからはとっても速いクルマ造りやレース活動でその名を世界中に知らしめました。

 

英国製の軽量スポーツカー、ACのシャシーに米国製フォードV8エンジンを押しこみ、世界中の誰もが(アメリカ車嫌いさんたちも)憧れた凶暴スポーツカー「ACコブラ」はあまりにも有名ですよね。

1962年当時シェルビー・アメリカンはSanta Fe SpringsのMoon Equipment内にありコブラの一号車は現Mooneyes USAのFactory内で作られたという事実は語り継がれる伝説の一つです。 私もアメリカ出張時にはその場所に立ち、最敬礼してしまうのです・・・

コブラ開発後はフェラーリ買収に失敗してル・マン制覇に向けやっきになっていた大フォードより「フォードGT40」のプロジェクトを一任されてその才能をいかんなく発揮し、’66年から’69年までル・マン4連覇を成し遂げその時点で歴史に残る伝説的な人物となりました。 フォードとの結びつきは強く、当時バカ売れ大人気となっていたマスタングのハイ・パフォーマンスバージョンとして自らの名を冠した「シェルビー・マスタングGT350 & GT500」を作り上げ、高性能なフォードのイメージリーダーになりました。

あのトヨタ2000GTもアメリカのSCCAレースで走らせ「シェルビー2000GT」も有名であります(これの実車をトヨタは酷いモディファイをしてしまいましたが・・・・)

フォードと別れた後はクライスラーと組んでダッジのモディファイを手掛け、’90年代にはバイパーも生まれましたね。 その後フォードと復縁し?シェルビー・バージョンのマスタングが復活したりして、年老いても精力的な活動をされておりました。

 

Wildmanにとってのシェルビーはやっぱりマスタングなのです、しかも’68年型・・・ その後’66年型を所有したり、ラッキーな出会いによりオリジナルの427コブラを御所山周辺で運転させて頂いた事よりも強烈な思い出は’68年型GT350になるのです。

 

当ブログの記念すべき第1回~3回に渡って長々とお話しましたが、22歳の何も分からない身の程知らずが、偶然の出会いにより身分不相応ともいえる’68年型のシェルビー・マスタングGT350を手に入れてしまったのはついこの前の’86年のことでした、今思えば当時たったの18年落ちだったのですね、本人も22年落ちだし・・・

それ以前に中学生の頃、近所のK様邸にこのグリーンの’68年型GT350が止まっていて通学時にウットリ見とれていたのが初の実車シェルビー体験でした。

  

さらにそれ以前小学生の頃、ミニカーをコレクションとして認識する前からずっと手元にあったのがこのオモチャ、バンダイの「電池で走るミニミニカー、シェルビームスタング」なのであります!! やっぱマスタングじゃなくってムスタングですよね、日本人は。

1/45程度のスケールでプラスチック・ボディーなのですが2本の単5電池によりモーター走行が出来るという物なのです。 やたらディテールが良くってシェルビーの特徴であるエアスクープ類やコブラのエンブレムまで再現され、片側だけの四角いドアミラーは実車を彷彿させ、自分の車に同じミラーが付いてた時はそれだけで感動致しました・・・・

もちろんワンオーナーでずっと持っているモデルなのですが、シェルビーに関しても実車より先にミニカーでその存在を知ったクルマの一台なのでした。 やっぱりクルマはミニカーで勉強するのです、これぞシェルビーなのです。

   

後年こちら箱入りのデッドストックも入手しましたが、この様に世界の切手がもれなく付いてるのです。40年近く前の電池は果たして使えるのでしょうか??

   

さらにこちら警視庁パトロールカー仕様GT500という恐ろしいバリエーションもあるのですが、7リッター428エンジン搭載のドアミラーなパトカーがホントに実在してたらさぞや素敵なパトロールが出来た事でしょう・・・・ちなみに切手は入っていません。

また話が訳分からなくなってきましたが、とにかく偉大なるカーガイ、キャロル・シェルビーは天に旅立ってしまいましたが、沢山の素晴らしいクルマや思い出を私たちに残してくれました、誠に有難うございます!!

[…]

ミニカーの方がカッコいい!!プリンス・スプリントは 今いずこ

先月のShige菅沼ブログ、Mooneyes Expressでも紹介されていましたが、Bossの御学友?でもあり、Wildmanにとってはミニカーコレクターの先輩でもある「板谷熊太郎」氏が一冊の本を出されました。 板谷氏はモデルカー誌にも毎月マニアックなコラムを連載されておりますが、このほど入魂の一冊を書き上げました。

こちらの二玄社より出版された「プリンスとイタリア」という本になります。 パープルレインでお馴染みのミクロマン、プリンスのイタリアツアーをまとめた物なのです。

ぢゃなくって、国産車の歴史を語る上で欠かせない、今はなきプリンス自動車に関するお話しなのでした、すみません・・・・・

謎多き昭和の自動車メーカー、プリンスですがこれまでも色々な本で色々な事が書かれて来ましたが、今回の板谷氏の本はプリンス自動車の歴史とその仕事を徹底的なリサーチと証拠物件を元に構成されていて、プリンスに関する書籍では決定版の一冊になると思います。 かといって堅苦しい内容ではなく、人間味あふれるストーリーも多々ありまして読み物としても非常に面白くなっております。

ここで私がその内容を紹介してしまうと、ミニカーと絡めて3倍位のボリュームとなってしまいクレームが発生する恐れがありますので、ぜひお買い求めになってその素晴しい内容をお確かめ頂きたいと思います、お勧めであります!!

 

でもその中で一つだけお話ししたいのがこちらのクルマになります。 Wildmanお得意の「実車より先にミニカーで憶える」というパターンで知ったクルマ「プリンス・スプリント」です。 10年前位としか思えない昭和50年にミニカーコレクションを始め、月刊ミニチュアカー誌でその存在を知り「かつてこんなクルマがあったんだ」と感激した少年Wildmanは一発でこのクルマが好きになってしまいました。

   

実車のプリンス・スプリントが発表された翌年、ついこの前である昭和39年8月に発売された大盛屋ミクロペット製のミニカーがこちらです。 Wildman生誕一ヶ月後に発売されたという私の兄弟の様なミニカーなのであります!!

   

ナゼかスプリント実車よりもカッコよくなってしまったというミニカーなのですが、作ったメーカーが大盛屋という、何かプリンス自動車に通じる物がある会社というところが良いのです。 その後両社ともはかなく消えてしまいました・・・

 

実車のヒストリーは板谷様の本に詳しく書かれておりますが、スプリントの事で一番驚いた事は1991年のノスタルジック・ヒーロー誌に二枚のモノクロの写真が掲載されてました。 古びた倉庫の中に佇む埃だらけのクルマたちの中の一台が何と憧れのスプリントではありませんか!! ショーモデルとして一台だけ作られたスプリントは、時が経てばお役御免となり廃棄されてしまうのが当然の成り行きですが、ノスヒロ誌によればついこの前の1982年頃までスプリントはこの倉庫に眠っていたのでした。

発表されてから20年近くが経ち、プリンス自動車も日産と合併していたのによくもまあ残っていた物です・・・・ その後スプリントは残念ながら廃棄処分になってしまったとの事でしたが、それはあくまで定説で「もしや・・・」と言う事も起こり得るかもしれません。 旧いミニカーも見つかるのですから実車でも奇跡は起こるのです・・・Wildmanのリサーチは続くのでした。

だって海外じゃこのフェラーリのように土の中から40年振りに掘り起こされるクルマも実際にあるのですから・・・・ そこらへんで愛犬ルルといっしょに土を掘ってるWildmanを見掛けたら優しく見守ってあげて下さいませ。

[…]