Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

苦節37年、夢のコラボは横浜DeNAベイスターズだぜ!!

皆様お久しぶりでございます、ここのところあっちこっち出張が続いてしまい、出たり消えたり行方不明ですみませんです・・・

先週末はですねMooneyes USAにて開催された恒例のOpen Houseに出撃して参りました。

 

今回はなんとArea-1のカリスマ成田店長と一緒の旅だったのです。

せっかく一緒に行ったのだからとりあえずカリフォルニアの雨でも見せてあげようと思ったらやっぱり初日はバッチリ雨となりました、雨の神様健在であります!!

      

でもイベント当日は快晴となり、たくさんのPinstripeのお仕事を頂きまことに有難うございました。

  

今年も好評のChico’s Burgerはカリスマ店長も大活躍し、炎天下の中真っ赤になって次々とパテを焼いておりました、さすがカリスマだぜ!!

このイベントの詳しい情報はカリスマ店長がバッチリレポート致しますのでこちらをクリックしてご覧になって下さいませ!!

     

あ、今回も当然大好物のカニを食しましたが、こちらの”Joe’s Crab Shack”なるお店でこのように豪快な「キングクラブのバケツ蒸し?」を頂きました、とっても美味しかったです、カニって本当に素晴らしいですね!!

そして話題変わりましてWildmanは只今猛烈に感動しております!!!

何が感動してるかって?? それは言えないぜ、サヨウナラ・・・じゃなくって

苦節37年、ついに夢がかないました。

思い起こせばついこの前の1975年、生まれて初めて親父に川崎球場へ連れて行ってもらい大洋 x 巨人を観戦し、それ以来大洋ホエールズのファンになり、1978年には私の地元横浜に奇跡の移転となり「横浜大洋ホエールズ」が誕生し、80年代は優勝を信じてせっせと横浜スタジアムに通い続け、全く優勝は無理と分かっていてもたまに勝つことに生きがいを感じ、5年くらい前にしか感じない1993年に「横浜ベイスターズ」に生まれ変わった後も応援し続けました。

そして1998年には38年ぶりの優勝という人生最高の瞬間を迎え「もう思い残す事は無いぜ!!」と豪語しましたが、やっぱり小心者は思い残すことが沢山あったので、今も細々と暮らしております。・・・

そんな事はどうでもいいとして、優勝後の数年間は暗黒時代を迎えてしまい「もうプロ野球なんかどうでもいいや、所詮他人がやってる事だし・・・」などと言ってはいましたが、夜になるとついプロ野球の結果を調べてしまい、勝率3割台でも「勝負というのはたまに勝つことに意義がある、しょっちゅう勝ってたら全く意味がない」という新理論を展開し、応援し続けておりました。

その後、球団売却、本拠地移転問題にハラハラしながらも動向を見守り、何とかDeNA様に救って頂き「横浜DeNAベイスターズ」の誕生となりました。横浜じゃなきゃ意味がないのですよ!!

中畑新監督を迎え今年は新たな船出となり話題性も大きくなりましたが、成績自体はなかなか上向きません。でもね、たとえ負けても面白い試合が多かったり、若手が伸びて来たりと昨年までよりも楽しくて夢のあるチームになって来ましたぜ。

そして感動の本題です・・・・ついにその時がやって来ました、14年振りの横浜優勝!!

じゃなくって何とビックリ、Wildmanもビックリ、横浜のMooneyesと横浜DeNAベイスターズがコラボレーションし横浜X横浜の”Yokohama Connection”なる展開でコラボグッズが販売となったのです。しかもデザインは私、Wildman石井が担当させて頂きました!!感動し過ぎて涙が止まりません、カリスマ店長のクシャミも止まりません・・・

大洋時代より応援し続けて37年、夢にまで見た球団オフィシャルグッズのデザインをさせて頂くとは感無量であります!!

Tシャツ、キャップ、マフラータオル、トートバッグ、リストバンド等々、横浜DeNAベイスターズ初優勝へ向けて入魂の一筆なのです!!

この後の勝手な予定としては、優勝記念グッズのデザインや夢のユニフォーム・デザインまで妄想は広がるのです・・・とりあえず優勝グッズは先にデザインしておきましょう。5年以内に使いますから・・・

それと選手全員の自家用車にPinstripeを描いてもいいですね。

アイテムは現在、横浜DeNAベイスターズオフィシャルショップ、同公式オンラインショップ、横浜スタジアム等で販売されておりますが、もうすぐMooneyes Area-1での発売もスタート致しますよ!!

いつかは中畑監督とのサイン会をArea-1店頭で行いたいものですな、もちろん優勝パレードは本牧通りと御所山で、熱いぜ横浜! Go! Yokohama DeNA Baystars

[…]

大相撲と力道山先生とキッコーマンと味の素

先日、こちらの可愛い車にPinstripeを施工致しました。 最近すっかりその姿を見なくなったダイハツ・ミゼットIIであります。

二代目ミゼットにペイントするなんてあの伝説のV8ミゼッパチ以来ではないかと思えるくらい久々のお仕事でした。 Moon Discがとっても良くお似合いですが、ウチの社用車ではありませぬ。

そしてナルシストWildman登場であります・・・

そういえば以前、大阪より本牧はMooneyes Area-1までMidget IIで自走で遊びに来られたお客様がいらっしゃいまして驚かされました。

で、最近このような本が手元にやってきました、その名も”Sumo”であります。 表紙は伝説の大横綱「大鵬」でして「巨人、大鵬、卵焼き」の大鵬様ですね。 私に言わせれば「大洋、力道山、焼きプリン」なのでした・・・・ 格調高き大相撲時代の大人気力士ですよね。

全て英語で書かれているこちらの本は何かと申しますと、ついこの前の昭和39年に発行されておりますが、当時大相撲が初めてのアメリカ本土巡業をした際のパンフレットになります。 ロスアンゼルスのオリンピック・オーディトリアムにて1964年の2月14、15日の2日間開催されたようです、残念ながらまだ生まれておりませんので・・・

 

スポンサーはJALで、冊子の広告にはキッコーマンや味の素が掲載されていてオリエンタルなムードを醸し出しています。

ページをめくりますと大相撲の歴史や蔵前国技館の画像、Sumo Ranking(番付表) Oyakata(親方) Grand Champion(横綱)以下各ランキングの力士たちが紹介されております。 Dohyo-iriやTorikumi、Yobidashi等の英字表記が面白いのです。

そして6ページ目をめくりますと、そこには”RIKIDOZAN”力道山先生が現れるのです!! 昭和39年の2月と言いますと、すでに先生は他界(昭和38年12月15日)された後なのですが、現役横綱の大鵬よりも目立つように「プロレスラー」、「大相撲関脇力士」として紹介されています。

先生はすでに亡くなられた後で大相撲海外巡業には全く関係の無いように思えますが、この冊子には”Riki Tourist Development Co., Tokyo”とプリントされています。 この会社は力道山先生が経営されていたリキ・エンタープライズの「リキ観光開発」になるのです。 この時の大相撲海外巡業(ロスアンゼルス)は相撲協会としては初のアメリカ本土巡業だったので、誰かの助けを借りなければ廻らない状況でした。 そこでプロレスを通じてアメリカには沢山のコンタクトが取れる力道山先生にお願いする事になったのです。 自分で髷を切ってケンカ別れの様な形で廃業した先生にとっては何とも嬉しい話で、相撲協会が向こうから頭を下げてお願いしてきた事は痛快だったようです。

そして運命の昭和38年12月8日を迎えました。この年の最後の試合を終えた後に高砂親方が先生の元を訪れ、酒を交わしながら海外巡業の話をして盛り上がり、その後ラジオ収録まで行い、そのまま勢いでニューラテンクォーターに向かってしまって、あの事件が起こり、先生は一週間後の12月15日に亡くなられてしまいます。

先生がニューラテンクォーターに向かってしまうきっかけを作ったのは、リキ観光開発のキャピー原田専務だったそうです。

先生の没後もリキ観光開発が継続してこの大相撲ロスアンゼルス巡業をサポートしたようで、巡業は無事に行われました、目出たし、目出たしと・・・・

もしも力道山先生が亡くなられていなかったら、きっとロスまで同行して次なる愛車を買付け(実はこの頃イタリアはフェラーリ本社で一台新車をオーダーしていたそうで、生きていれば日本初のフェラーリ・オーナー??)黒タイツ姿で大相撲に飛び入り参加していたかもしれませんね。やっぱり力道山先生は偉大なのであります!! やっぱ朝青龍のやってる事なんて小せえ、小せえ・・・・

[…]