Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

歴史も一緒にコレクト、本当は怖いんですが・・・・

暑い中、最下位争いが熾烈になって来たセ・リーグですが、我がDeNAベイスターズは勝手に落ちてきてくれた阪神と壮絶な裏ペナントレースを展開しております。

ファンを喜ばせる為にベイはたまにしか勝たないのに、ナゼか阪神もたまにしか勝てなくなって来たので、気が付けばトラの尻尾が見えてまいりました。 うまく行けば最下位脱出も見えて来ましたので、今後の展開が楽しみなのです。

今年のセ・リーグは5球団で争っていると認識しております。各チームからいろんな人材を集めて独り相撲を勝手にやってるジャイアンツはどうでもいいので、2位のチームが見事優勝という私だけのルールで楽しんでおります、中日ドラゴンズ優勝万歳!!

ジャイアンツから裏金選手とFA選手が一人もいなくなったら、私だけのセ・リーグに入れてあげます。まあそれは永遠に無理でしょうけど・・・例の監督事件も上手くもみ消しましたよね、さすが栄光のナベツネ巨人軍であります、巨人軍は紳士たれ!!

そんなことはどうでもいいとして、長くコレクションをしていると色々な「偶然」が起こります。

  

昔のブログでご紹介しましたが、こちらの英国はSpot-On製のジャガーXKSSを21世紀に手に入れて、よ~く見たらグリルにペイントの付着があり、40年前のミニカー雑誌に出ていたモデルそのものでひっくり返りそうになりました。

 

こちらのジャガーXK120も同じく40年前の雑誌に出ていたやつが手元にやって来ましてだんだん怖くなって来ました・・・

   

古い雑誌には、最初に買った方が御自分の名前を書いたり「蔵書」のスタンプが押してあったりして「ついこの前の50年前にこれを買われた人は今頃どうしているんでしょう?」

なんてふと考えると「うお~何かこえ~!!」と部屋の中で一人で騒いでると「お前の方がよっぽど怖い」とよくカミさんに言われます・・・

  

そう考えると私の手元にあるミニカーたちはどんなに新しくても30年以上前の物でして、中には6~70年前の物まで平気で並んでおります。 ということは「70年前、最初にこのミニカーを買われた人はどこのどちら様で、今はどこでどうしているのでしょう??」なんて考えるとまたもや「うお~何かこえ~!!」と部屋で叫んでしまい「ウルサイ!!」とカミさんに言われてしまいます・・・

コレクションのポリシーとして「なにはともあれ当時物しか集めない」なんてスタンスでやってますから、自分がファーストオーナー以外の物は当然数十年前の物しか揃いませんので部屋の中は誰の持ち物だったか分からないような物ばかりなのです、うお~ヤッパリこえ~!?

 

こちらのSports Cars Illustrated誌1960年7月号ですがMoonbeam号が表紙に写ってます。

この本はアメリカに行けばSwap Meetなんかで探せば出てくるのですが、こちらは当時から日本にあった本になります。だって領収証がはいってるんだもん・・・・・

ついこの前である大洋ホエールズ初優勝の昭和35年6月22日に北野様が東京の海外出版貿易を通じて¥2,120で購入されたようです。ちなみにアメリカでの定価は50セントです。

当時¥2,160って強烈な金額でして、ペラペラの車雑誌に払う額としてはハンパじゃありません。立派な図鑑が買えてしまいます。北野様は財閥だったのでしょうか・・・・

そしてこちらはついこの前の昭和37年にプリンス自動車が出たばかりの初代スカイラインをフランスのパリサロンに出品したと事を報じる「パリのスカイライン」というプリンス自動車が出した小冊子になります。今度「本牧のカリスマ」という本を出したくなります・・・

 

国産車が世界に出て行ったごく初期の歴史のひとコマですが、横浜港から船積みされたスカイラインが現地に到着し、展示され話題を振りまいたお話を簡潔にまとめた物ですが、面白いのは当時英国紙が「ジャップのスカイラインなんてヨーロッパ車のものまねだ」という記事を出し、それに反論する形でプリンスが長々とコメントを載せています。

十数年後英国車はただのゴミとなり、日本車が世界に羽ばたいて行ったのは何とも皮肉でありますが。

    

さらに紙面には当時力道山先生も惚れていた?女優の岸恵子さん始め日本の著名人が会場を訪れた事が紹介されているのですが、こちらの写真に注目です。

「古垣駐仏大使御夫妻、パリ到着時より色々御世話戴き、スカイラインの成功を心から喜んで下さいました」と紹介されています。当時の大使様なのですね。

で、こちらのモノクロ生写真なのですが、何とビックリこの小冊子に使われているものと同じ写真なのであります!!何で!?

出所はヤフオクなのですが、何がどうなったのか他の古いクルマの写真数枚と一緒に出品されていたのです。

当時のカメラマン様が処分したのか、印刷所から流出したのか何だかわかりませんが、偶然50年以上前の小冊子に使われていた写真がナゼか手元にやって来たのです・・・うお~何かこえ~・・・

このように独り相撲を展開していると、予想外のものが手元にやって来てしまい、嬉しいやら怖いやら収拾のつかない収集がエンドレスで続いて行くのです。

そのうち力道山先生からの手紙が来たりして・・・・うお~こえ~!!

[…]

スカイラインのサポーターはポルシェ904だぜ!!

先週のブログにてお伝えしましたが、我がベイスターズは私が観戦し勝利したあの試合以降は見事に3連敗となりまして、「たまに勝つから見ていて楽しい」というベイ勝利の方程式は今季も崩れることはなく、ますます応援に力が入るという物であります。皆様Mooneyes x 横浜DeNA Baystarsコラボレーションも宜しくお願い致します!!

で、話はガラッと変わりまして、この前崩れ落ちて来た本の山からこんな素敵な表紙の一冊が出て参りました。

「自動車JUNIOR」誌の1964年6月号であります。ちなみに定価¥140、送料¥18となっております。

64年なんて全くついこの前である東京オリンピック開催の年なのですが、そういえば6月では私は生まれていない事に気付きました。

でも当時の出来事を沢山覚えているのはナゼなのでしょう・・・

やはり前世があったとしか思えない「時の旅人Wildman」なのであります!!

そんなことはどうでもいいとして、この自動車JUNIOR誌は伝説の「第2回日本グランプリ特集号」となっています。

表紙はあまりにも有名なGT-IIクラスのスタートシーンでポルシェとスカイラインGTが写っています。

裏表紙は日産ブルーバードのCMですが、遠くに見える江ノ島の位置、角度から推測すると三浦半島の荒崎海岸あたりでロケしたものでしょうか?

今度私もこの場所へロケに行って参ります・・・

 

さて本の方はかなり気合が入っている内容で、モノクロですが豊富な写真とレースの各クラスの詳細なレポートが記してありまして、まるで当日現場に行ったような気分にさせてくれますね、だから私もよく覚えているのか!! ナ~ル程・・・・

なにはともあれこのレースはスカイライン神話を生んだGT-IIクラス(1000cc~2000cc)が後世に語り継がれる物になってますよね。

前回のグランプリでトヨタに惨敗したプリンス自動車が、1,5リッター4気筒のスカイラインのノーズを無理やり伸ばし、グロリア用2リッター6気筒を押し込んで和製マッスルカーをグランプリマシンとして作り、このスカイラインGTが主役になり絶対に勝つというプリンスにとってのシナリオが書かれていたはずでした。

性能を考えたら他の国産車ではスカイラインGTに太刀打ち出来るはずもなく、プリンスが圧勝してトヨタに雪辱を果たすはずでしたが、そこに突如として現れたのが当時最新鋭のミッドシップ・レーシングカーである「ポルシェ904カレラGTS」でした。

 

904はFRPの軽量ボディに180bhpの空冷2リッターDOHCフラット4をミッドシップに積んだレーシングカーで、6気筒とはいえ乗用車ベースのスカイラインやべレット、トラックのフレームのフェアレディたちでは太刀打ち出来るはずがありません。

中学生の運動会に突然ボルトが飛び込んで来たようなものです・・・

長きに渡りこのポルシェ904の突然のグランプリ参戦に関してはトヨタが金を出して輸入し、前回クラウンで優勝したドライバー、式場壮吉にドライブさせスカイラインGTの優勝を阻止する目的だったという小説のようなストーリーがありました。

しかし近年の式場氏のインタビューでは、そんな馬鹿バカしい話ではなく、来日した当時のポルシェのレーシング部門監督を通じ、自分でミツワ自動車から「たったの571万円」で買ったとお話しされております。

私的にはトヨタ説の方が物語が面白くって好きなのですが、本当の事は当事者様たちにしかわかりません。

力道山先生の死とともにどちらも半世紀近く前のお話なので真相は闇の中であります・・・

レース2週間前にパンナム機であわただしく輸入された904はぶっつけ本番のような形でレースに挑みましたが、神様はプリンスに味方したのか904は予選でクラッシュしてしまい見るも無残な姿に変わり果ててしまいました。

200キロ近いスピードで突っ込んだらしく、フロント部を中心に大破してしまい、これではレース出場は無理でしょうという状況になってしまいました。

プリンス首脳陣はさぞや喜んだことでしょう・・・

 

自動車JUNIOR誌の偉いところはこの雨に打たれる無残なポルシェ904の事故直後の姿を捉えている所でして、当時のオートスポーツ誌始め、他の雑誌では事故前や修復後の写真は載っていても、グシャグシャの姿は殆ど紹介されてなく当時の貴重な資料写真となっております、流石だぜ自動車JUNIORよ!!

もうレース参加は絶対無理だと思われていたポルシェ904でしたが、名古屋の名人のもとに運ばれ徹夜の2日間で無理やり修復し、レーススタート4分前にガムテープだらけでグリッドに並ぶという奇跡が生まれました。

名古屋の名人は並行して予選でクラッシュしたロータス・エリートも修復し、2日間の徹夜で2台を修理しレースに間に合わせるという離れ業を演じたそうです。流石だぜ昭和の名人よ!!

レースの方は皆様御存じの通りポルシェが飛び出しましたが、ほんの一瞬だけスカイラインGTがトップに立ち観客を狂喜させ「国産車がポルシェを抜いた」ということで、ここにスカイライン神話が誕生し、スカイライン・ブランドは現在も存続し、日本人に愛されてきました(最近は厳しいですが・・・)

 

結局ポルシェ904の圧勝に終わったレースでしたが、プリンスはグロリア始め他のクラスで勝ったので、このことを大々的に報じCMに生かし見事販売に繋げました。当時はレースの結果が販売を左右するというおおらかな時代でありました。

こちらのレース後のCMではグロリアを押し出し「プリンス圧勝!」を謳っておりますが、スカイラインGTの所だけ「国産車上位を独占しました」となってるのがとっても寂しいですね・・・

  

ちなみにこのミニカーは日本グランプリを記念して当時発売された大盛屋のミニカーになります。

 

ツーリングカーⅥクラス優勝のグロリアとⅤクラス優勝のスカイライン1500です。よくぞこんなモデルを作ってくれました、今は亡き大盛屋に感謝であります!!

傷つき優勝したポルシェ904はその後どうしていたのかと思っていたら、ついこの前の1978年に大枚¥1,800を投じてイワセ商店街は湖南書房にて購入した企画室ネコ発行の心に残る名車の本シリーズ”The Porsche 1978”に実車が紹介されていて少年Wildmanは仰天しました、¥1,800という本の値段にも・・・

当時秋田のコレクターのもとにあった904は美しくれストアされ、ナンバーも取得しロードバージョンとして素敵な余生を送っていました。

[…]

勝ったけどつらい試合、DeNAベイスターズ絶好調だぜ!!

先日ですね、4月以来久しぶりに横浜スタジアムに足を運びプロ野球観戦を堪能してまいりました。

 

皆様御存じの通り、我が横浜DeNAベイスターズはここまで圧倒的な弱さを誇り最下位を独走し、夏休みを前にシーズン終了といった流れを保ち「たまに勝つから楽しいし、意義がある」といった私はじめ、多数のベイファンをとりこしているのであります。

勝率5割以上のチームなんか応援してもしょっちゅう勝ってるから感動しないしつまらないのです、勝率3割台のDeNAベイを応援していれば週に一回くらい勝利した時の感動は優勝並みになるのですな・・・

今回の相手は今季コテンパンにやられ、バッティング練習の相手にされているとしか思えないような広島カープとなり、3連戦の最終日に見に行きました。

初戦は4対4の引き分けでしたが、本来なら完全にDeNAベイの勝ちゲームですがあっさり追いつかれてしまいました・・・

そして2戦目は球界を代表するカープのエース、マエケンこと前田健太に対し打線はキリキリ舞いとなり、カープの各バッターにはいつも通り試合中にバッティング練習をさせてあげて12対0という何のスポーツかわからないようなスコアで大敗となりました。

中畑監督も「こんな試合をしてしまいファンに対し申し訳ない」とガックリしていましたが、全然申し訳なくなんかないのであります!!

こうやって十分に負けたあとでたまに勝つからベイファンは楽しいのです。監督、気になさらないで下さいませ・・・

ということで広島カープに対して今季1勝12敗1引き分けという圧倒的大差の中「たまに勝つ」ことを信じ「いくらギャグでもそろそろ勝つだろう」という希望的観測も含めて、カープ3連戦最終日に横浜スタジアムへ乗り込みました。

もちろん私はVIPのオーナーなので(ウソ)こちらのシートになるのであります。

 

仕事が終わってから横浜スタジアムへ向かったのですでに試合は1回表裏の攻防が終わっておりましたが、この通りすでにカープが1点リードしているところがギャグなのです、さすがDeNAベイスターズ、期待通りだぜ!!

球場外には「ハマスタBayガーデン」なるものが併設され巨大モニターで試合を見ながらのビアガーデンとなっておりました。球場の外で球場でやってる試合を画面で見るというのも変なのですが、そんなこと酔っぱらいには関係ないのでしょう。ここでケーキバイキングでもやってれば大変嬉しいのですが・・・

 

そしてやって来ました「DeNAベイスターズオフィシャルショップ」であります。

   

前回のブログでお伝えした通りWildmanデザインのMooneyes x DeNA Baystarsのコラボレーショングッズも好評発売中となっておりました!!

大洋ホエールズファンとなって以来苦節37年、自分でデザインしたものがこうやって横浜スタジアムで販売されているとは感無量であります!!

ムーンアイズエリア-1店頭でも販売しておりますので、”YOKOHAMA Connection”を皆様宜しくお願い致します。

 

そして球場内に突撃致しました、もちろんコラボレーショングッズを身にまとってです。

VIP席に座り弁当を食べたりかき氷を食べたり忙しくしていると、携帯の着信が何回もあったことに気付きました。「誰だ、こんなクソ忙しい時に電話してくるヤツは、けしからん!!」

と着信履歴を見るとMooneyes Staffの通称オッチャンからでした。

何だろ??と思い返信してみると「石井さん手を振ってくださ~い」と意味不明の言葉が聞こえたので、小心者が手を振ってみると遥かかなた反対の3塁側応援席でこっちに手を振る集団が豆粒のように見えました。デジカメのズームで思いっきり拡大してみるとそこにはオッチャンやらPan君やらSteveやら広島出身カープファンのもみじ君ら総勢6名のMooneyesStaffの姿が見えました。

何の事はない、彼らも仕事が終わってから勢いでこの試合を見に来ていたのでした。

この後オッチャンはビールと酎ハイで逝ってしまい、横浜スタジアムのトイレで轟沈したのでした・・・・

 

試合の方はですね、1回の表にカープに1点を先制されたあとズルズルと何も起こらないと言うか、今シーズンこれまでDeNAベイに1点も取られていないという天敵野村投手に6回までなすすべなく抑え込まれておりました。

    

「やっぱりこのまま1対0で負けるというのも美しい敗戦かもしれない、大敗12対0に続いて1点の僅差で敗れるのもベイのロマンだぜ、ああコーラが美味い!!」と思い込んでいた矢先の敗戦濃厚な7回裏、ポンポンとヒットが続き、野村投手をマウンドから引きずり降ろし、その後、金城の逆転タイムリーヒットが出て3対1と試合をひっくり返してしまいました。

 

さらに8回裏にはまたもや金城のタイムリーが出てしまい5対1となって「あとは金城のヒーローインタビューを聞くだけだな、これもロマンだぜ、スタジアムでベイのヒーローインタビューを聞くなんて何年ぶりかしら??」と思い始めたとたんに何が起こるか分からないのがDeNAの良いところでありまして、4点も差があるのに9回表は不安定度No,1の守護神??ストッパー山口投手を送り出しここから山口劇場の開演となったのです・・・・

抑え投手なのに何人もランナーを出してヒヤヒヤしながらセーブをするのが得意で、私的には演劇のようなスリルが味わえるので好みなのですが、まともなファンの目で見たらたまったもんじゃないでしょうね。

 

そうこうしているうちにヒットが2本続き、1アウト1,2塁となってしまい「さあ、ここからホームラン打たれて1点差で勝つのがスリル満点の山口劇場だぜ!!」と息巻いていたら、事故は起こりました。

代打の会沢選手の頭をめがけて山口の放った148キロのストレートが直撃したのです!!

結構近くの席だったのでパキャンと鈍い音が聞こえ、会沢選手はその場に倒れてもがき苦しみました。

球場内が騒然となり両軍の選手もホームベース付近に集まり、試合は一時中断となりました。

すぐに担架が運ばれて来たのですが、ヘタに動かさない方が良いと判断されたのか、会沢選手は寝かされたままの状態で全然動かなくなりました。

どんどん時間が経過しカープファンは会沢コールとともに騒ぎ出し、ベイファンも心配そうに見守る中「ご覧のような状況なのでしばらくお待ちください」というアナウンスがありました。

「ご覧のような状況」って言われても確かにご覧のような状況ですけど、これヤバくない??

といった雰囲気が球場内に立ち込めました。

  

[…]