Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ダーリンとは何ぞや?プラスチックなクルマたちはカッコいいぜ!!

皆様おはようございます。

先週の土曜日、日テレの「ぶらり途中下車の旅」ご覧になって頂けたでしょうか?

というか、あのような朝の時間帯の放送にも関わらず、多数の方々より「テレビ見たよ」と言われこちらが驚いてしまいました、本当に有難うございます。

TVスターとなったWildmanはこのままジャニーズに入り同い年のマッチと共演しデビュー曲は「ビンテージスニーカーぶる~す」で決まりなのです!!

そんなことはどうでもいいとして、やっぱりクルマはプラスチックなのであります。

Wildman-blog-20130222-001

また頭がおかしくなったとお思いでしょうが、先週富士のTried Customsさんに出張Paintでお伺いしたときに、このように素敵なC2のコルベット・スティングレイが鎮座されておりました。ワゴンRスティングレーじゃありませぬ・・・

プラスチックなFRP製のブラックボディが何とも艶めかしく、やっぱりクルマはプラスチックだぜ!!と一人つぶやいておりました。

Wildman-blog-20130222-002

このC2は何とオリジナルの427ビッグブロックエンジン搭載車でありまして425hpを誇る凶暴な個体の生き残りでありました、凄いですね・・・

プラスチックのクルマって走ってるだけでバラバラになってしまいそうです。

ということでFRPボディを持つクルマたちをいつものようにミニカーで勝手に語らさせて頂きます。

Wildman-blog-20130222-028 Wildman-blog-20130222-029

初代のC1コルベットは1953年にFRPボディを身にまといエレガントな2シーターのアメリカ製スポーツカーとしてデビューしました。

Wildman-blog-20130222-030

といってもエンジンは直6で、ミッションは2速ATと雰囲気重視のカッコだけスポーツカーといった感じでした。その後度重なるドーピングにより強力なスポーツカーに変貌を遂げて行きますが、初代C1の女々しさが何とも素敵なのであります。

Wildman-blog-20130222-011 Wildman-blog-20130222-012

こちらはC1コルベットが製造されていた頃、販促品とされていたプラスチック製プロモーショナルモデルで実車同様60年前に作られております。

Wildman-blog-20130222-013 Wildman-blog-20130222-014

プロポーションは正確でして、何といってもプラ製なので実車同様の質感が楽しめるのです、ああ楽しい。

Wildman-blog-20130222-025

そしてC1コルベットと同時期にアメリカではへんてこスポーツカーがFRPで作られていました。

Wildman-blog-20130222-024 Wildman-blog-20130222-004

以前ブログでご紹介したこちらのへんてこ乗用車「カイザー・ヘンリーJ」のカイザー社がヘンリーJのコンポーネンツを使用してFRPボディを着せて突発的に2シータースポーツカーを作っちゃいました。

Wildman-blog-20130222-027

C1コルベットよりちょっとだけ遅れてデビューしたこちらのへんてこは「カイザー・ダーリンDKF161」と命名されたアメリカ流スポーツカーでした。

Wildman-blog-20130222-026

エンジンは直6で161cu.inの90hpという可愛らしい物が載せられておりましたが、コルベット同様ドーピングが施され、数百台しか作られなかった短い生涯の間に最終的にはキャデラック用のV8 365cu.inで335hpというエンジンが無理やり載せられておりました、かわいそうなダーリン・・・

Wildman-blog-20130222-003

このクルマはドアーがスライド式で、後ろから前へズルッと開く変態振りなのです。

当時遥かかなた東洋の島国でどうやってこのクルマの資料を手に入れたのか分かりませんが日本製のティンプレート(ブリキ)製モデルが存在してました。

Wildman-blog-20130222-005 Wildman-blog-20130222-006 Wildman-blog-20130222-007

殆ど輸出用だったと思われますがコスゲ(製造)とアサヒトーイ(販売)のダブルネームでこちらのモデルがあったのです。

Wildman-blog-20130222-010

郷愁漂うイラストの箱は秀逸ですが、ボディは寸詰まりとなっていてダーリンだか何だか良く分からないのですな。きっと職人さんは1~2枚の写真をたよりに想像しながら(適当に)作ったのでしょう。

Wildman-blog-20130222-008 Wildman-blog-20130222-009

でも60年前の実車と同時期に造られた当時物ということに意義があるのであります。室内のプリントなんか芸術以外何物でもないのです!!

Wildman-blog-20130222-032

そしてお次は又コルベットに戻りまして、MAKO SHARK(メイコシャーク)であります。

GMのコンセプトカーでありまして、そのデザインは次期コルベットに受け継がれて行くクルマたちでありました。

Wildman-blog-20130222-031

1962年の初代マコシャークはGMスタイリングのボス「ビル・ミッチェル」がフロリダ沖でメイコシャーク(アオザメ)を釣り上げた事に由来しているそうです。

サメっぽいデザインですし、クリアーのバブルルーフは潜水艦として本当に海の中に潜って行けそうなのです。

メイコシャークは次期コルベット1963年のC2にそのデザインコンセプトが生かされましたね、カッコいいなあ・・・

Wildman-blog-20130222-016

香港の雄、プレイアートがコルベットじゃなくナゼかこのメイコシャークをモデル化してくれていて大変感謝したのでありました。

小スケールながら非常に出来が良く、バブルルーフも見事に再現されています。

Wildman-blog-20130222-017

しかし70年代の時点で流通していたのはこちら後期モデルの不細工なレモンの輪切りみたいなホイールを履いていた物ばかりでした。

この初期の2ピースホイール仕様はなかなか見つかりませんでした。しかも初期型はボンネット開閉アクションもありちゃんとV8エンジンがモールドされていたのです。

Wildman-blog-20130222-018

後期型はホイールも不細工でボンネットも開かず、とても同じミニカーには見えなかったのでした、実車もミニカーもキモはやっぱりホイールなのであります。

その後、初期型の2ピースホイールにもバリエーションがあったことに気付き、変態としては一人感動しています・・・

Wildman-blog-20130222-019

白いボディの方がタイヤの偏平率が低く、タイヤが薄くてカッコいいのです、自己満足ここに完結せり・・・

Wildman-blog-20130222-035 Wildman-blog-20130222-034 Wildman-blog-20130222-037

そしてついこの前の1965年には次期コンセプトモデルとしてMAKO SHARK IIが発表されました。

Wildman-blog-20130222-036 Wildman-blog-20130222-038

メイコシャークIIのデザインコンセプトは見ての通り翌年のC3コルベットにそっくり生かされていますね、カッコいいなあ・・・

Wildman-blog-20130222-033

アメリカ車を馬鹿にする輩が沢山おりますけど、細かいとこみるとイタリアンスーパーカーはこの手のアメリカ車のパクリ部分がたくさんあるんですよね・・・リアのルーバーなんてその後ミウラがお手本にしてますよね。

メイコシャークIIなんてクルマもナゼかミニカーになってました。

Wildman-blog-20130222-020

アメリカのAUROLA社がCIGAR BOX SERIESというタバコサイズの箱に入る小さなプラスチック製ミニカーを作ってました、やっぱプラスチックなんですよ!!

元々はHOスロットカーのボディだったものを流用し、ミニカー化していたシリーズなんですけど、そのプロポーションは素晴らしくて見事にメイコシャークしています。

Wildman-blog-20130222-021

そしてもう一台は南米アルゼンチンからやって来た、黒いメイコシャークIIです。

Wildman-blog-20130222-022

Bubyというブランドの小スケールラインなのです。30年以上前にそのメイコシャークIIの存在を知りましたが、当時アルゼンチン製のミニカーなんて入手するすべも無くずっと「欲しい、欲しい、欲しい」と思っていましたが、21世紀になってインターネットという魔法のツールのおかげで黒いサメは我が家にやって来ました。

Wildman-blog-20130222-023

どうってことのないモデルなんですけど、あまりにも長い時間待ち焦がれたので、お気に入りの一台となりました。色違いや香港製のト○カなんかに何万円も使うのだったら、こういった珍奇なモデルを探し求めた方がよっぽど楽しいと思うのですが・・・

ということで久々に話が終わらなくなってしまいましたので、次回もプラスチックなクルマのお話は続くのであります。

Be Sociable, Share!

???????????