Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

カラフルで右ハンドルな街、クアラルンプールでGo! with M@@N

皆様ご無沙汰しております。

雨の神様改め、快晴王子Wildmanの予言通り快晴となったStreet Car Nationals以降、Wildman的にはあっちこっちへ出張で飛び回っておりましてアメリカ遠征後、気がつけば梅雨入りし、気がつけばベイスターズは連敗し続け、気がつけば人生初の東南アジア遠征となっておりました。
何が何だかよく分かりません・・・

で、正気に戻りまして今回はですね、マレーシアはクアラルンプールにて開催される”Art of Speed”というカスタムカー&カスタムバイク及びアートのイベントに招待して頂きまして、そちらで2日間Pinstripeデモを行うと
いう物でした。SteveのTrip Reportはこちらをご覧下さい。

20130614-001 20130614-002

Shige菅沼、快晴王子、Steveの3人での旅でしたが、Mooneyes Staffの村上君(御所山在住)に羽田空港まで送ってもらい、格安航空の誉れ高きAir Asia機で7時間のフライトとなりました。

20130614-091 20130614-092

Hot Seatなるちょぴっとだけ足元が広い席を確保出来たのでありますが、「何でHot Seatと言うのか意味がわからん」と思っていたところ、何だかとってもHot(暑い)なのです・・・

飛んでしまえばOKなのですが、飛び立つ前はナゼかまともに空調が効いておらず、じっとりと汗ばんでしまうくらいなのでした。

「ナールほど、これぞHot Seatだぜ!」と思わず納得してしまいました。

Air Asiaは飲み物も機内食も全部有料でしたが、食べたくないものを食べるよりもこのほうがイイやと思いました。

20130614-003

あっという間にクアラルンプール国際空港に到着すると朝の6時前、(時差は一時間でした)まだ真っ暗な空港に降り立つとHot Seatから降りたはずなのにそこはとってもHot!! こんなに暗いのに気温は日本よりもHotでして、分かっちゃいたけどここまで蒸し暑いとは思いませんでした、まだこんな時間なのに、トホホ・・・

20130614-096

空港には今回Mooneyes一行を車で案内&送迎して頂いたこちらヒゲのZoulさんがお迎えに来てくれていました。

20130614-004

滞在中本当にお世話になったのですが、何が凄いって運転が凄い!!

高速道路に乗るや否や、前を行く全ての車を煽りまくって追い抜かし気付けばメーターの針は190km/h!! 思わず全員がシートベルトを締めて身構えるといった状況が4日間続きました・・・

とっても緊迫した日々はとっても印象に残りましたので、最後にZoulさんには”Speed Racer”の称号を贈らさせて頂きました。Fast, Faster, Fastest!!!

20130614-005 20130614-007 20130614-008

空港から190km/hで激走し、最初に向かった先はテレビ局でした。

20130614-093 20130614-094

マレーシア版のめざましTVのようなZIP!のようなズームイン!! SUPERのようなあさズバッ!!のような番組で今回のイベントを紹介し、私たちもちょぴっとだけ出演致しました。

20130614-014

ちなみにこちらはTV局内のパスになるシールであります。

20130614-095

空港からいきなりTV出演、まるでハリウッドスターのような気分ですが、実は暑いだけなのでした・・・それにしても暑い、熱い、あつい・・・

20130614-006 20130614-009 20130614-012 20130614-013

日本と同じく左側通行で右ハンドルなのでこのようにIMPALAもLUVもCELICAも右ハンドルなのであります。

20130614-088 20130614-089 20130614-034 20130614-035

バイクが欠かせない交通手段となっているようで、高速道路にはバイク専用レーンもあったりしてこのような変形カブがたくさん走っております、しかもみんな速い、速い!! 見ているこっちがビビってしまいます・・・

20130614-015 20130614-016 20130614-017 20130614-018 20130614-085 20130614-086 20130614-087

マレーシアの街は想像以上に大きくて綺麗でして、このような観光地にも案内して頂きましたが、清掃も行き届いていて中々の物です。

20130614-019 20130614-076

巨大なツインタワーはじめ、横浜よりもデッカイ建物が沢山ある感じでした。

20130614-071 20130614-072 20130614-073 20130614-074 20130614-075

ホテルからの眺めはこのような感じで可愛らしいモノレールが走っております。

20130614-025 20130614-026 20130614-032 20130614-077 20130614-078 20130614-079

巨大なモール街に行ってみると、中には遊園地があったりして大げさな作りになっております。

20130614-080 20130614-081 20130614-082 20130614-083 20130614-084 20130614-032 20130614-033

食べ物はナゼかカラフルな物が多く日本色とは違った意味で「見て食べる」要素があるのかもしれません、1-Shot Paintの色見本みたいですね・・・・

20130614-023 20130614-024 20130614-036 20130614-037 20130614-038

意味が分かるような分からないような看板が沢山ありましたが、こちら「奇怪海鮮」という恐ろしい看板のお店ではカニをはじめとするシーフードのレストランでした、ちょっと納得。

20130614-020 20130614-021

そして”TAMA・YAKI”の看板があり、何かと思って覗いてみるとそれは紛れもないたこ焼きでありました。まあ丸いから球焼きなのでしょうか・・・

20130614-022

作り方も外観も日本のたこ焼きそのものなのですが、何が違うって作るのが「異常に遅い」ということでありまして、屋台のテキヤさんのようなSpeedyな提供が出来ないってことですね。

味は謎の液体を掛けてくれたら「甘い」の一言でした。だったら潔くホイップクリームでも絞った方が美味しいかもしれまぬ・・・

20130614-027 20130614-028

回転寿司のSUSHI KING(すし金)にてお寿司を食しましたが、こちらもとってもカラフルでございました。同じものを一気に作って一気に同じものが流れて来るというスタイルで、一気にそれを食すのです。

20130614-029 20130614-030

この日はサーモンの滝登りとなっておりました。

いいかげん食べ物の話が止まらなくなって来ましたのでもうやめておきます。

20130614-097 20130614-098 20130614-099 20130614-100 20130614-101 20130614-102 20130614-068 20130614-070 20130614-039

イベントはCITTA MALLというモール街にて週末土日の2日間開催でしたが、前日には会場でパーティーがありまして、そこでちょろっとデモを行って見たところ、ちょろっとでは済まなくなり、気付けば人だかりとなってしまい収集が付かなくなってしまったので「もうやめ~!! 明日、明日、明日にしましょう」と言うと皆さん素直に言う事を聞いて退散してくれましたが、素直に聞き過ぎてくれたようで、お客さまが明日どころか明後日までズラリと並んでおりました・・・沢山のお仕事を頂き、本当にありがとうございます!!

20130614-114 20130614-116

HWC MalaysiaというマレーシアのHot Wheels Clubの方々も沢山おみえになり、ミニカーと言えばWildman ,Wildmanと言えば変態と言うことで多数の方々からサインを求められました、嬉しい限りであります。

20130614-103 20130614-104 20130614-105 20130614-106

アート関連の会場内はエアコンが効いていて何とかしのげるのですが、一歩外へ出てカー&バイクショーのエリアはやっぱり灼熱地獄・・・・暑くて熱くてもう無理、ということで体力の消耗を防ぐために自分のブースに退散
するのでした、だってホントに暑いんだもん・・・

20130614-107 20130614-108 20130614-109 20130614-110 20130614-111 20130614-113

せっせと沢山のお仕事をこなしましたが、何とケンメリスカイラインのリアガーニッシュを持ち込まれた方がいて、本当に乗られているそうです。
どこの国にも変態は生息してるのですね・・・

20130614-040 20130614-041 20130614-042 20130614-045 20130614-046 20130614-050 20130614-051 20130614-053 20130614-054 20130614-066

暑くて、熱くて、忙しくて?カーショーはあまり見ることが出来ませんでしたが、このような変わり種が結構ありまして、東南アジア圏でカスタムカーの変態化は進んでいるようでした。

20130614-049 20130614-047 20130614-048 20130614-062 20130614-063

浜松ナンバーのスターレットや意味不明な巨大スクープを装着したレオーネ、どうしていいか分からないギャランラムダ等々、みなさん思い思いに楽しんでおられるようでした。

20130614-057 20130614-058

こちらのボルボはエンブレムのカスタムがしゃれておりました。跳ね馬ならぬ跳ね鹿といったところでしょうか・・・・・じゃなくって跳ねトナカイですか???

20130614-043

快晴王子Wildman的なBest of Showはこの三菱コルトバンであります。

20130614-044

「何でこんな珍しいのがマレーシアにあるの???」と唸ってしまいました。

ていうか、Kustom化が凄過ぎますね・・・・

20130614-060 20130614-061 20130614-059 20130614-064 20130614-065 20130614-010 20130614-011

バイクはですね当然Harley-Davidsonはじめとするチョッパーが多いのですが、4気筒の日本車ベースのカフェレーサー風カスタムも結構ありましてWildman的には楽しめました。

20130614-119

こちらは”Mooneyes Pick”となったYAMAHAであります、おめでとうございます!!

20130614-069 20130614-112

快晴王子として乗り込んだマレーシアでしたが、気がゆるんでしまい、雨も降らせてしまいました、申し訳ございません・・・

20130614-115 20130614-117

2日間のイベントは大盛況の内に終了致しました。

20130614-120

東南アジアでもこういったイベントが開催されるようになり、カスタムの世界はボーダーレス化が進んでいるようですね、もちろん変態もボーダーレスですな!!

20130614-118

そして最終日にイベント主催者のAsep & Deniさんが空港まで見送りに来てくれました。

本当にお世話になりました、ぜひ今年のYokohama Hot Rod Custom Showにお越し下さいませ!!

右に写るはSpeed RacerことZoulさんで、暴走行為を反省したのかヒゲを剃ってネクタイ姿に変身されてました。本当は立派なビジネスマンなのであります。

これにて快晴王子Wildmanのマレーシア遠征は無事終了致しましたが、次はヨーロッパに出没する予定です。もちろん快晴のレポートをお届け致します。

Be Sociable, Share!

???????????