Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

翼よ、あれが巴里の灯だ! 快晴王子、時差ボケの旅

皆様お久しぶりでございます・・・・ここの所、時差ボケか天然ボケなのかさっぱり分からなくなってきたWildmanですが、日本に戻って来てやっと正気になりました。まだ白昼夢は見ておりますが・・・

アメリカはサンタマリアに行ったと思ったら、マレーシアのクアラルンプールで大汗をかいて、今度はベルギーに行って雨を降らせ、最後はハンティントンビーチにて道に迷いました・・・・
この1ヶ月半、自分がどこにいるのかさっぱり分からない感じで、その間に我がベイスターズは交流戦最下位に終わり、せっかくAクラスを確保してたのに定位置に舞い戻ってしまいました。意味の無い交流戦は即刻中止にすべきですな!

ということで昨年に引き続き、ベルギーはChimayの街に行って参りました。

昨年はEuropean Hot Rod & Custom Showの開催でしたが(Wildman’s Blog 2012年6月30日参照)今年は同じ場所でEuropean Bug-In 5の開催となりました。同じ主催者により今後も交互に開催されて行くようですね。

今回の旅は不肖WildmanとSteveそしてMr,Kの3人でヨーロッパに乗り込みました。

wildman-001 wildman-002 wildman-003 wildman-004 wildman-011

まずは大雨の成田空港よりエールフランス機に乗って6,039マイル、11時間39分の長旅となりました。

早朝のシャルルドゴール空港はやっぱり雨・・・快晴王子の称号があやしくなって来ました。

wildman-005

のどが渇いたので、自販機でジュースを買おうと思ったらこのお値段・・・

円安の現在、とんでもなく高いので買うのをやめました。

wildman-006

Smokerのお二人は長時間禁煙後の幸せな喫煙タイムとなりました。

タバコを吸う方々は本当に面倒くさいですね・・・

wildman-009 wildman-010

気を取り直してトイレに行ってみると、このような芸術的なトイレでした。

wildman-007

そんなことよりHERTZレンタカーのカウンターに行ったら、ナゼかスタッフが一人もおりませぬ・・・私たちより早い飛行機で到着していた方々が数組待っていて、みなさん怒り気味の風体であります。

そう、早番のスタッフが寝坊をし?営業時間になっても誰も現れないのでした。

日本では考えられないような事が起きるのが外国の楽しいとこですね。

wildman-008

看板を見ると「Wildmanようこそ」書いてあったので感動しそうになったのですがよく見たら「Willkommenようこそ」でした、つまんないの・・・・

wildman-023

結局一時間近く待たされ、お寝坊スタッフが現れて何の悪気も無いそぶりで手続きを済ませ、今回レンタルしたのはこちらOPEL INSIGNIAというディーゼル、6速マニュアルのステーションワゴンでした、燃費最高だぜ!!

wildman-012 wildman-013 wildman-014 wildman-015 wildman-016 wildman-018 wildman-029

パリの街に繰り出してみると、素敵な街並みが続いておりました。凱旋門やらエッフェル塔やらWildmanには縁の無かった物が見れて楽しゅうございます。

wildman-019 wildman-020 wildman-021 wildman-022

ま、東京タワーの方がカッコいいけどね・・・・

wildman-024 wildman-025 wildman-026 wildman-027 wildman-028 wildman-017

オシャレなCafeで朝食を食べたり、素敵なからし色のFIAT 500に遭遇したり、LVマークの某ボッタクリショップの前を通ったりとパリの街を少し堪能した後、パリ名物恐怖のロータリー交差点を抜けて、一路ベルギーはChimayの街に向かいました。

wildman-031 wildman-032 wildman-033 wildman-034 wildman-035

のどかな田舎道を突き進み、マクドナルドを発見!!ナゼか看板は緑色なんですけど意味が分かりませんので、知っている方教えて下さいませ。

wildman-036 wildman-037

さっぱり分からないフランス語のメニューを見ると、280なる商品が目につきこちらを注文、どんなものか分かりませんが伝えやすかったのでこれに決めただけです・・・

wildman-038

四角いバンズでパテは普通のマックの味でしたが、きっと280グラムあるのでしょうか? 御馳走様でした。それにしても値段が高い高い、バリューセットで¥1,000近くになるなんて日本では考えられませんな。

wildman-039 wildman-040 wildman-041 wildman-042

そしてイベント会場となるChimayのサーキットに到着すると、可愛らしいType IIがお出迎え、Mr,Kと記念写真をパチリ、この時は快晴なのですが・・・

wildman-044 wildman-045 wildman-046 wildman-047 wildman-048 wildman-049 wildman-050

会場にはすでに結構な数のVWたちが集まっておりました。

wildman-051 wildman-055 wildman-052 wildman-053 wildman-054

宿は昨年と同じ趣のあるホテルでしたが猫を発見、昨年もいたあいつじゃありませんか。今年はフレンドリーになり触ることも出来ました、いつまでも元気でな!!

wildman-074 wildman-057

昨年も利用した地元民憩いの場、スーパーマーケット”Match”に行き、大変美味しかったストロベリーパイを今年も購入、ベルギーはこれに限りますね。

wildman-056

店内にはこのように素敵なType IIを模したお菓子のディスプレイスタンドがありました、ほ、欲しい!!

wildman-060 wildman-061 wildman-065 wildman-066 wildman-067

さて肝心のイベントなのですが、今年は日本から”Moon Bug”とFLAT 4さんの”Inch Pincher III”が持ち込まれました。

wildman-089 wildman-090 wildman-091

どちらのクルマも私がPinstripeやLetteringを施したので、この2台が並んで海外のイベントに来るとは感無量であります!!

wildman-068 wildman-069 wildman-070

それにしてもMoonbugにはすぐに虫が付きます。ヨーロッパの虫さんたちも黄色系が好きなようで、ほっぽっておくとBugだらけのMoonbugなのでありました。

wildman-063 wildman-092

Bug-Inはカーショーあり、ドラッグレースあり、キャンプありと、とっても内容の濃いVWイベントなのですが、3日間開催の内2日間雨が降るという事態を招き、皆様にご迷惑を掛けてしまったことは深く反省しております。

wildman-062 wildman-064

それでも何とか雨はやみドラッグレースも開催され、我がMoon BugやInch Pincher III,そして昨年のYokohama Hot Rod Custom Showにも来ていたSchley BrosのLightning Bugも豪快に走りました、良かった、良かった・・・

wildman-071 wildman-079 wildman-080

Car ShowもVWが沢山集まってましたが、ゲテモノも多くて感動致しました。

wildman-159 wildman-160 wildman-161

私の一押しはこれらのクルマですが、まずはこちら西ドイツはDKWのバンであります。Type IIを超えるデザインの顔面を持ち、2ストロークエンジン搭載の素敵なクルマなのです。

wildman-153 wildman-154 wildman-155

ついでに秘蔵の当時物ミニカーも見せておきますね、最高です!!

wildman-157 wildman-158

こちらはFIAT 850 スパイダーにVW Flat4エンジンを搭載したレーサーですが、車高とタイヤのマッチングが何とも素敵でありました。

wildman-081 wildman-082

これはイギリスから来ていたクルマですがType Iにシトロエン・ディアーヌのボディーをかぶせてある、意味不明のクルマでした・・・

wildman-075 wildman-076 wildman-077 wildman-078

これもよく分からないのですが、Type IシャシーににへんてこなType IIのボディーをまとった不思議なクルマでした。遠くから見るとType IIなのですが、近くによると大きさのバランスがおかしく、遠近感がなくなる訳のわからないヤツでした。ハイエースや軽自動車のType IIキットに通ずる物がありました。

wildman-073 wildman-156

そしてMooneyes PickはSuper ClaenなType IIに決定、おめでとうございます!!

wildman-058 wildman-059 wildman-083 wildman-084 wildman-088 wildman-085 wildman-086

Pinstripeのお仕事も沢山頂きました。特に最終日は本当に全部終わるのか不安になってしまいました。ヨーロッパの皆様本当に有難うございました。

wildman-095 wildman-096 wildman-097 wildman-098 wildman-093 wildman-094 wildman-092

そんなこんなであっという間に3日間が過ぎ、打ち上げPartyでは豚さんの丸焼きを食し、草原の牛さんや馬さんに別れを告げてヨーロッパを後にしました。

そして日本に戻ってから今度はアメリカはMooneyes Open Houseに向かいました。

wildman-099 wildman-100 wildman-101 wildman-102 wildman-103 wildman-104 wildman-105 wildman-110 wildman-111

毎年恒例のイベントですが、今年も沢山のHot Rodderたちが集まり、年に一度Santa Fe Springsがお祭り騒ぎとなるのでした。

wildman-109 wildman-106 wildman-107 wildman-108

Machine Shopを開放したり、来場者にタダで!!サーブするChico’s Burgerも大好評でしたが、夏の暑い一日は暑過ぎてブッ倒れそうになりました・・・

wildman-112 wildman-113 wildman-114 wildman-115

日本にも来たDaleさんのCometにMoonのロゴマークを描いた所、俺のにも私のにも描いてくれとたのまれてしまい、大変描くのが面倒な??Moonのマークを炎天下で描き続けるハメになってしまいました・・・マジ死ぬかと思った・・・

wildman-116

なのでこのイベントの写真は殆ど取れませんでした、すみませんです。

wildman-117

そしてこの日の夜はハンティントンビーチアートセンターで開催される”Kustom Kulture II”のオープニングレセプションに行って参りました。

wildman-119 wildman-118 wildman-122 wildman-123 wildman-124 wildman-125 wildman-126 wildman-127

20年前、エド・ロス存命時に開催された伝説のイベントの第2回目ということでしたが、多数の来場者で物凄い盛り上がりを見せ、貴重なアート作品も沢山展示されていて、一見の勝ちのあるイベントでした。

wildman-120

私が大好きなエド・ロスのSurfiteも展示されてましたよ!!

wildman-128 wildman-129 wildman-130

8月24日まで開催されていて、最終日のクロージングレセプションにはThe Nash、M&KのMakoto、Mr,Gも来られるそうなので、興味のある方はぜひ足を運んでみて下さいませ。

wildman-133 wildman-134 wildman-135

素敵なハンティントンビーチの夕暮れ時の景色を見ながらクルマの置いてある場所に戻ろうとしたら、景色に見とれて過ぎてしまい30分近く歩き回るという遭難を経験してしまいました・・・

wildman-136 wildman-137 wildman-138 wildman-139 wildman-140 wildman-141 wildman-142 wildman-143 wildman-144

そして帰国日の午前中はEl Mirageまで行って来ました。Dry Lakeは相変わらず変わらない時間が流れていて、みなさんあの独特な雰囲気の中、カッコいい車やバイクを走らせていました。

wildman-145 wildman-146 wildman-147 wildman-148 wildman-149 wildman-150 wildman-151 wildman-152

今回Chicoさんは走りませんでしたが、533 Race Carは8月の”Bonneville Speed Week”に向けて準備万端!?なのであります。

これにてWildmanのあっちこっちへ時差ボケの旅は終了となりましたが、日本に帰ってきたら又もや雨が降り、快晴王子の看板は暫く外すようにしておきます・・・

 

Be Sociable, Share!

???????????