Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

1964年、東京オリンピックと力道山とWildman

せっかくDeNA Baystars x Mooneyesのコラボグッズが出たと思ったらBaystarsは完全に失速し、ジャイアンツに手も足も出ず3連敗となり2013年度は終戦となりました・・・・

bay

クライマックスシリーズへの道はまだ終わってないですがそんな事はもうどうでもよくなってしまい、来年への再建を期待することにしました。

獲れそうなピッチャーは全員獲ってもらい、ドラフトもトレードもFAも全てピッチャー狙いで行って下さい。

野手は今のメンバーで全く問題ありませんので、とにかくピッチャーの補強に全ての資金をブチ込んで頂ければ、必ずこのチームは大化けしますのでDeNA様、宜しくお願い致します。

20130914-wildman-001

ということでオリンピックも2020年東京開催が決定し、ついこの前の1964年以来2度目の日本における夏季オリンピックとなりましたね。

1964年といえば東京オリンピックが開催され、新幹線が開通し、かっぱえびせんとワンカップ大関が発売され、日本武道館が開館し、大洋ホエールズは1ゲーム差の2位となり、王選手が55本の本塁打日本記録を樹立し、クレージーキャッツの日本一のホラ吹き男が封切られ、7月にはWildmanが誕生致しました・・・・何てエポックメイキングな年なんでしょう!!!

そして1964年の東京オリンピック前年の9月に力道山先生は五輪基金として財団にポンと一千万円を寄付していたのです。

「今度の東京オリンピックはアジアで初めてのオリンピック。国民はオリンピックを開催できることを誇りに思い、それを成功させて“どうだ”とと世界に胸を張ってみせるんだよ。ワシも誠心誠意オリンピックには協力したい」と言われて風呂敷に包んだ現金一千万円を寄付致しました。

20130914-wildman-024

大卒初任給が¥14,600の頃の一千万円ですから凄い金額ですよね、さすが力道山先生!!

私も誠心誠意Baystarsには協力したいので、もし日本一になったらポンと金一封を選手たちに送る予定です・・・・

20130914-wildman-020

しかし力道山先生はその東京オリンピックを見ることなく、1963年の12月に亡くなられてしまいました・・・合掌。

20130914-wildman-021

で、力道山先生をリスペクトしてきた事に対して、先生からの御祝儀?としてこのたびネコ・パブリッシングのDaytona誌10月号に「力道山、執念で呼び寄せた珠玉のコレクション」として不肖Wildmanが紹介されております、あら嬉しい・・・

20130914-wildman-023

「超絶マニアの楽しい世界」の記事の中で出てますが、変質者の集まりは本当に楽しいですね。

20130914-wildman-022

私の力道山リスペクトのきっかけとなった「力道山のロールスロイス」は復刊されましたので、皆様もぜひお読み下さいませ。

20130914-wildman-028

で、1964年といえばWildmanの愛車でもあるフォード・マスタングが生まれた年でもありますね。

徹底的なマーケティング・リサーチとフルチョイスシステムにより爆発的な大ヒットとなった初代マスタングもこの年の誕生でした。

当初はトリノとかクーガーというネーミングが予定されてましたが、最終的にマスタング(野生馬)となり結果的に車のイメージにぴったりのネーミングとなりました、名前も重要なのです。

子供のころはムスタングと呼んでいたので、今でもそっちの方がなじみがあり言いやすいのですが・・・

60年代当時、本牧エリア-1前の通りを親父の初代ダイハツ・フェローで疾走中、ベースの中から出てきた薄いグリーンのハードトップの印象が忘れられず、ムスタングは大好きなクルマの仲間入りを果たしました。

マッチボックスやテクノのミニカーを買ってもらい遊び倒したのはついこの前の出来ごとであります。

20130914-wildman-002 20130914-wildman-003 20130914-wildman-004

で久々のミニカー紹介となります。ムスタングと言えばコレで決まりの1960年台当時物デンマークはテクノ(Tekno)製のモデルです。

20130914-wildman-005 20130914-wildman-006 20130914-wildman-008 20130914-wildman-009

初めて買ってもらったフルアクションを持つミニカーで、ドアは開くはボンネットは開くは、中にエンジンは入ってるは、シートはリクライニングするは、トランクには三角表示板とポリタンクが入ってるは、ライトはダイヤカットでキラキラ光るはと、至れり尽くせりの贅沢ミニカーで、幼年Wildmanにとって衝撃的なモデルでありました。

20130914-wildman-007

アイボリーのボディに赤の内装はとってもオシャレで、まるで実車を見ているようでいつもウットリしていました。(その後初代は1974年頃、弟により完全破壊)

そしてもう一台はこのカッコいいムスタングです。

「なに言ってるの、これはムスタングじゃないでしょ」と怒られそうですが正真正銘ムスタングなのでした。

20130914-wildman-026

1965年のニューヨークショーで公開されたイタリアはベルトーネデザインの100作目にあたるデザイン・スタディ・モデルで、ムスタングのシャシーにイタリアンデザインを身にまとったクルマなのでした。

20130914-wildman-027

天才ジウジアーロの匂いがプンプンするデザインですが、ワンオフのこのクルマ、今こそカスタムカーとしてだれかに作って欲しいですな。

20130914-wildman-011 20130914-wildman-012 20130914-wildman-013 20130914-wildman-015 20130914-wildman-016 20130914-wildman-017

こちらはイタリアのポリトーイ(Politoys)が60年代絶頂期に作ったミニカーでもちろんフルアクションを備えて、ボンネットを開けると289 V8エンジンやバッテリーが現れ、内装は起毛で再現されてカーペットのようになってるのです。もちろんシートはリクライニングします。

20130914-wildman-014

裏を見るとドライブシャフトやマフラーが別パーツで再現され、リアのリーフのサスペンションは実際にポヨン、ポヨンと可動するのでした!!

20130914-wildman-018 20130914-wildman-019

当時の技術でやるだけの事をやった感じで、60年代的傑作ミニカーの一つだと思っております、ああ楽しいな!

そんなこんなでついこの前の1964年にムスタングや新幹線やかっぱえびせんと共に生まれてきたWildmanですが、変態道はヤッパリやめられないとまらないという感じなのでした。

Be Sociable, Share!

???????????