Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

読書の梅雨、シュールな本で梅雨明けを待ちましょう!!

042

先週末の土曜日にCaliforniaはSanta Fe SpringsのMooneyes USAにて夏恒例のOpen Houseが開催されました。

001 002 003 004 005 006

毎年、私も参加しておりますが、今回はDean Moonが造った伝説の車両、Mooneyes Dragster、Moonbeam、’34 Fordの3台も展示されいつもとは違った雰囲気での開催となり来場された皆さんも喜ばれていましたね。

024 025

この3台は永遠にここにある訳ではありませんので、この夏アメリカにお越しの際はぜひMooneyesに寄って頂き、この3台を堪能して下さいませ、カッコイイですよ!!

009 007

今回は本牧Area-1の店長Gin前田(前田吟ではありません)といっしょに行きましたので、詳しいイベントレポートはこちらでどうぞ!!

そして私は帰国日にチョろっとだけGalpin Fordに寄らせて頂きMuseumを見学しました。
街の一角全てがGalpinのDealerでFordから始まったGalpin帝国は乗用車からスーパーカーまでを扱う巨大自動車Dealerでありました。

038 039 040 033

そこにMuseumも併設されていてカスタムカーやレースカー、変態車両まで素晴らしいコンディションで展示されています。

036 037

今年のHot Rod Custom ShowのGuest Carである’34 Ford “Iron Orchid”と’65 Ford Econoline “Backup Pickup”も飾ってありましたので、一足先に見させて頂きました。2台ともすんごいクルマですので是非年末は横浜でじっくりと見て下さいね。

034 035 041 026 027 028 029 030 031 032

他にもこういったWildman好みの変態車両が沢山ありまして、さらにEd “Big Daddy”Rothのクルマもずらっと展示されていて何が何だか分からなくなり頭がクラクラして来ました・・・アメリカってヤッパリ凄いところですね。

で、日本に戻りますとそこは未だ梅雨の世界・・・カラッとしていた夢のCaliforniaからジメっとした梅雨の日本に逆戻りであります。

ということで梅雨は「読書の梅雨」と決まっておりますので、家に引きこもっての読書が大好きなWildmanとしては読書の季節なのです。

014

まずこちらはついこの前の昭和38年6月1日に学研より発行の「よいこのがくしゅう」であります。素晴らしくシュールなイラストで構成されていますが、これを読んだ子はきっとよいこになったことでしょう・・・

016

主役は何とダイハツ・ミゼットでありまして、もう3輪トラックがすたれて行く時代ですが、最後の花道を飾る物語になっています。

ダイハツの工場で作られたミゼットたちが、それぞれの就職先のカラーに塗られて旅立って行き、その後再会するという就職物語になっております。「みんなおなじこうじょうでうまれたきょうだいだ」とさけび、「ぼくたちはまちやむらで、いろいろなしごとをするために、はこばれる」とシュールな展開になって行きます。

017

青いミゼットは魚屋で働き、黄色いのは牛乳屋になったそうです。青いのがある日、牛乳屋にあったそうで「ちょっぴりよごれていたけれど、きいろはとてもげんきだった」と仲間の仕事ぶりを喜んでおります。

なんたってこの黄色のミゼットは希少なパネルバンで、看板文字も素敵過ぎます!! こんなの描いてみたいですね。

015

雨の日に赤にあったそうで、郵便車になっていました。「きみはさかなやか。ぼくもげんきではたらいているよ」と赤は走っていったそうです・・・それぞれの人生を見事に表しています。

素晴らしいのはそのイラストでして高橋透画伯なる方が描いておりますが、路面の表現もまさに梅雨を描いていて、濡れた感じを完璧な技法で仕上げています。

スタンダードグリルにしか見えない40系クラウンや、EssoじゃなくってEssaなガソリンタンカーにしびれてしまいます。メルセデスもカブも最高のわき役になっていますね。この本を読んだ子供は、よいこを通り越してよいマニアになったことでしょう・・・

010 011

こちらは新刊としか思えないくらい新し目の昭和53年7月20日発行のメンズクラブ別冊、スニーカー・カタログになります。まるで先月出たような気がしますね。新しい本なので写真も全然綺麗で、美味しそうな新作スニーカーたちがごっそり紹介されています。

012

なかでもヒゲのモデルさんの短パン姿にしびれてしまいます、昭和の男はこうでなくっちゃ、ハーフパンツなんて履いてる場合じゃありませんね。

そしてスニーカー・マニア羨望のナイキ・ニューボストンを手にするヒゲのモデルさんはNHRAのパチモン?のようなTシャツもきまっていますね!!(ヒットユニオン製)

008

Wildmanもニューボストンを持ってみました、ポロシャツはセルジオタッキーニのマッケンローモデルで決めて見ました、カッコいいぜ!!

013

この本には久留米市の当時の日本ゴム本社工場の事が記事になっていて、「日本製ナイキ」を作っているラインが紹介されてます。ワッフルトレーナー様はこうやって日本で作られていたんだなあと一人感慨にふけってしまいます。ラインの方たちは適当に作った試作品のへんてこカラーをおうちに持ち帰ったのかしら??とドキドキしてしまいますね。

018

そしてこちらは新し過ぎる昭和55年9月10日発行のバン・トラガイドブックになります。1980年じゃ半年前くらいの気がして、アマゾンで新品が買えそうですよね・・・

019 020

当時の有名バニング車両が紹介されていまして、アメリカにも取材に行っているようです。未だ夢のカリフォルニアであります・・・

021

アメリカのパーツショップも紹介されていて、インターネットの無い時代、指をくわえて見ていたことでしょう、いい時代ですね!?

022 023

この2台は似たようなのが現代の日本にもありますよね・・・一台はどこかの芸術家が本当に家として使っていますが・・・

Be Sociable, Share!

???????????