Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ペットボトルが我が家の家宝!?地獄のKISS Alive 2015

皆様、ゴールデンウィークは楽しく過ごされたでしょうか?Wildmanは特に何もしませんでしたが、とっても楽しく過ごしておりました。

何が楽しかったといいますと、奇跡的な事ばかりが起きまして我が横浜DeNAベイスターズが何と首位に躍り出てしまったのですよ、首位に!!!20勝到達一番乗りというオマケまで付いて来てしまい、わけが分からない状況になってしまいました。

最速20敗到達一番乗りは過去に何度も経験しておりますので何とも思いませんが、最速20勝到達というのはホエールズ時代より42年振りとのことでして、ベイスターズファンとしましては初体験なので、嬉しさよりも緊張しまくっております。もうペナントレースは5月でおしまいにして頂き、ベイスターズ優勝ということにしたいです・・・

まあ、これから交流戦に入り流れはどうなるか分かりませんが今年はプロ野球を楽しむことが出来そうなのであります!と言ってもベイファンは最下位でも全然楽しかったりするのですが・・・プロ野球の楽しみ方は人それぞれなのです。

楽しいと言えば最高に楽しい春を過ごさせて頂きました。そうです、無事にKISSの東京ドームライブに行って参りました!!

今回はですね、ビックリ仰天の「ももいろクローバーZ参戦」というKISS初のアイドルとのコラボという前代未聞の展開になりましてKISS ARMYのおじさんたちはどうしたらよいのか分からなくなっておりました。「ジューシィ・フルーツとコラボすればいいのに」と思っていましたが、本当にももくろとのコラボによるコンサートになってしまいました。

今回も来日前から大騒ぎでして、来日特集の雑誌が沢山出たりNHKでももくろとのコラボに関する番組が放送されたり、ミュージックステーションにも出演したりと相変わらずお忙しいKISS御一行様なのでありました。

ここ10年くらいは「力ずく」でアリーナ席のチケットを手に入れて、少しでも前で見なくてはという考えで動いておりましたが、今回は少しだけ大人になりまして正規でチケットを購入することに致しました。 ”Ultimate Experience Package”なるVIPチケット?が発売されまして見事なボッタクリ値段の元、その策略にはまってしまいまいした・・・

記念Tシャツやバッジ、バッグ、ポスター等のお土産がついて、アリーナ席の前から20列目以内の確保というチケットなのでありました、お相撲みたいですね。そして一番の売りは「コンサート前にノーメイクでのアコースティックライブを見せてあげるよ」という物でした。 これにつられてボッタクリチケットを買ってしまったのは言うまでもありません・・・・・商売上手ですね。

当日は「アコースティックライブがあるから早く来やがれ」というウドーからの指令があったので、小心者はさらに指定の2時間以上前には到着しておりました。

もちろん京浜急行快速特急の運転席後ろに陣取り、「うお~120km/hだぜ、さすが京急最速だ!これならあっという間に東京ドームだぜ!!東横線じゃこうは行くまい!!と運転手さんの後ろにずっとへばりついておりました。

そして宿敵巨人軍のホームである、あまり好きじゃない場所、東京ドームに到着致しました、武道館が良かったのに・・・・

「ボッタクリチケットをお持ちの方はこちらに並んでくださ~い」と叫んでいるので、一人でそこに並んで待ってました。そんな事をしてるうちにグッズ売り場は大変な事になっておりまして、長~い行列がどんどん出来ていました。みんなKISS商法の餌食となるのです・・・

「どうせボッタクリチケットを買うような世捨て人はあまりいないでしょう」と思っていたらこれがビックリ、そこは長蛇の列と化しておりまして、ドームに入ると私同様KISSに貢いでいる方が沢山おりました・・・みんな大丈夫??

ボッタクリチケットは噂によると600枚くらいは売れたそうで、それだけで数千万の売上ですね・・・・さすが地獄の商人ですな。

で、無事アコースティックライブを堪能させて頂き、それが終わるといったん外に出されてしまいました。あわててグッズ売り場に並び、パンフレットやTシャツを購入し又もやKISSに貢いでしまいました・・・・ダメ人間なので。

やっとこ本番ライブ時間となりまして、再びドームに入り着席となりました。もう何時間このあたりにいるのでしょう・・・

席はですねステージ左のジーン・シモンズ側で、確かに前から20列目以内となっておりました。一昨年の武道館は奇跡の2列目でしたので、それと比べるとだいぶ後ろになってしまいましたが、ドームは広すぎるので、この位置なら全然OKという感じでしょうか。それにしても席番は偶然141(いしい)番なのですが、横浜スタジアムでもこの番号だったりして、何かわざと発券されているような気が致します・・・ただの偶然ですが。

廻りを見ますとモノノフ(ももくろファンの皆様)が結構おりまして、ペンライトを持っていたり衣装?でわかるので「これは大変なことになるかも」と小心者は今回の特殊なコラボライブが心配になって来ました。

”All Right […]