Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

Go! DeNAベイスターズ、4度目のコラボは優勝に向かって!

私がマレーシア出張に行っている間、日本のプロ野球交流戦はどんどん消化され、帰国後無事終了となりました。 我がベイスターズは3勝14敗1分、勝率.176という記録的な惨敗に終わり、たっぷりあった貯金を見事使い果たし、慣れ親しんだ借金生活に逆戻りとなりました、お見事!!

私も5月末に今季初参戦し、横浜スタジアム開催の対オリックスバファローズ戦に臨みましたが、4-3の1点差負けで見事撃沈致しました。

最終回に盛り上がるだけ盛り上がったのですが、横浜名物「追いつかない程度の反撃」は健在で「やっぱりベイスターズはこうでなくっちゃね!」と再認識した次第であります・・・

最終的に10連敗!!!を見事達成し話題に事欠かないチームなのですが、なぜか他のセ・リーグのチームも全て調子が良く無くて、10連敗したのに未だ2位に着けているという世にも不思議な現象を生み出してるのです・・・変なの。

もう交流戦はヤメにしましょう!! セ・リーグとパ・リーグの野球は根本的に違い過ぎますね。指名代打制があまりにも大きな違いだと30年前から持論を展開しているのですが、フルスイングで馬鹿打ちし、1点でも多く点を取るパの野球と防御率勝負の守備重視のせこいセの野球では、交流戦のような短期勝負では無理がありますね。だから日本シリーズも廃止で結構です、出れないけど・・・・

と、勝手なことを言っておりますが、交流戦の最下位なんて想定内の出来事で有りまして、全然ヘーキなのですな。私に言わせれば今年のベイは未だ絶好調なのであります。

6月18日現在、32勝33敗1分というのは素晴らしい成績なのです。だってついこの前の1954年シーズンなんてペナントレースが終わった時点で32勝96敗2分という成績でして、首位中日から55ゲーム差!! 5位国鉄スワローズからも23ゲーム差という完全無欠のブッチギリ最下位という記念碑もありました・・・

それに比べれば今期はもう1954年と同じ32勝もしていますので、全然大丈夫なペースなのです、ウン、ウン・・・

ということで公式戦最下位じゃなくって再開に向けてタイムリーな話題をお届け致します。

2015年も横浜DeNAベイスターズX MQQNEYESのコラボが実現致しました!! Wildman的にも最高に嬉しいのであります!2012年から始まったこの”Yokohama Connection”コラボも今季で4回目を迎えまして、今回はこれまでのTシャツやバッグ、キャップ、タオルといった商品以外にもポロシャツやマキシドレス等の新しいラインナップも加わりました(一部は7月発売です)商品の詳細は横浜DeNAベイスターズHPやMQQNEYES HPで確認出来ますよ。デザインによっては在庫の少なくなっている物もございますので早めのチェックをお願い致します。

MQQNEYESでは本牧のArea-1店舗のみの販売となりますのでご了承下さいませ。

横浜DeNAベイスターズ夏の復活へ向けてGo! with MQQNなのであります!!

[…]

パワーアップの街道レーサー、今年もマレーシアは熱いよ!

先週末はですね、3回目となりますマレーシア出張に行って参りました。いつの間にか3回も訪れておりますが、今回も”Art of Speed”というイベントへの参加が目的となりまして、Shige菅沼、Steve、Wildmanの3人でマレーシアはクアラルンプールへと向かいました。

いつもと同じくAir Asia機の”Hot Seat”を確保致しましたが(足元だけが広い席)何のことは無い、飛行機はとっても空いておりまして、どこでも座り放題の状況で全てがHotSeatと化しておりました・・・

今回で4回目の開催となるArt of Speedですが、これまではモール街の広い駐車場を利用したほぼアウトドアのイベントでしたが、今回からはインドアイベントにパワーアップされ、エアコンが効いた建物の中での開催という素晴らしい物に生まれ変わったのです、ああ涼しいな!!

パシフィコ横浜のミニチュア版といった感じで、レイアウトもHot Rod Custom Show的なイメージなので、前回までのHotな屋外イベントとはかなり違った雰囲気になっておりました。

今回も日本よりTeam Nashの面々が参加しました。Makoto、Mr,G、BOO、Jet WrenchのArtistは昨年に続いての参加で皆さんマレーシアでもとっても人気があるのです。さらに今年は日本からPumpkin Sally、Luck MC、Heiwa Motorcycleさんらが参加となっていて、アメリカからはNoise Cycles、Pangea Speedらも来ていて、もちろん近隣のインドネシアからも多数のゲストが来られていました。

今回The Nashは何とあのPu○○y WagonがGuest車両として招待され、海を渡って会場に展示されて人気者となっていましたよ!! 車も目立つし、本人の声も大きいし、世界中どこにいても存在感があり過ぎるのです・・・

今回も現場では沢山のお仕事を頂きましたが、今年はHelmetやクルマ以外にHot WheelsへのPinstripeの依頼が異常に多くなりまして、2日間ずっとミニカー相手に描きまくる事になってしまいました。物が小さいので目が疲れるのです・・・

Hot Wheelsの生産国なので毎年多くの依頼はありましたが、どんどんコレクターが増えている感じで、熱心なコレクターを多数お見受け致しました。皆さんミニカーは程々にした方が身の為だと伝えたくなって来ましたね・・・・

Car & Bike Showはインドアになったので、暑い日差しの下で見るよりも落ち着いた感じで見えるのかなと思ったら、さらにパワーアップされチキチキマシン&街道レーサーっぷりに磨きが掛かっておりました、マレーシア恐るべし・・・

Wildman最初の愛車であるTE71カローラがナゼか大人気でありまして年々数が増えている感じなのです、なんでだろ??

トボトボ歩いておりますと「おお、屋根ぶった切りのVWタイプIIIか!?」と近づいてみますとこげなテールレンズとなったパブリカコンバーチブルでありました、ややこしいですね・・・

こちらのケンメリは素敵な顔面となっていまして、足元はBoydsで決まりなのです。どこまでがセンスでどこまでが偶然なのかよく分かりません・・・

[…]