Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

今年も暑くて熱いインドネシアに行って参りました!

皆様こんにちは、私は猛烈に悲しんでおります。DeNAベイスターズが前半戦首位ターンから、終わってみれば最下位に転落したという日本プロ野球史上前代未聞の出来事を大変に悲しんでおります・・・

じゃなくって「我が家のペットはシックスパック!?」(2008年11月22日ブログ参照)でおなじみの愛猫ロビンが先日旅立ってしまったのです。推定13歳でした・・・合掌

167 168

思えば11年前、旧御所山Studio前にて放浪していた純血種のロシアンブルーを捕獲、ケガの手当てをし警察に届けても一向に飼い主は現れず、結局ウチで飼うこととなり、さらに他のネコも増殖して気付けば我が家には6匹のネコが生息するという異常事態?が続いておりました(現在も)
御所山出身脱走ネコのロシアンブルーは「ロビン」と名付けられ、その後も幾多の脱走を繰り返し、11年間我が家のボスネコとして君臨して来ました。捕獲時が推定2歳位(獣医さん見解)だったので約13歳での旅立ちとなってしまいました・・・・7キロもあった体重が最後は3キロしかなくなってしまい、捕獲した頃のスリムな姿となり、ラスト数日は脱走もせずに私が休みの日に我が家で息を引き取りました。こういう時はいいヤツだったな・・・さらば脱走ネコのロビンよ、また御所山で会いましょう!!

154 155 156 157

ということで悲しみに暮れる中、今年も暑い暑いインドネシアに行って参りました。インドネシアはJogjakartaにて開催のカスタムカー&バイクのイベント"Kustomfest 2015"に3回目の参戦となりました。今回で4回目の開催となるイベントなのです。実は昨年ですね、インドネシアでは調子に乗っていろんな物を食したのですが、帰国後猛烈な腹痛に襲われて病院送りとなり、人生初の内視鏡検査を経験するという事態に見舞われたのです。
以降、か弱い小心者はさらに気が小さくなり、今回は一切水と氷は口にせず、歯磨きもミネラルウォーターで行うという気の小ささ振りを徹底し、見事ピンチを潜り抜けたのでした!!俺の勝ちだぜ!!!

C_0537

出発前の空港で自分への壮行会として寿司を食べて気合を入れ、現地ではステーキやハンバーガーやアイスクリームを主食として、これまで見たことのない物はなるべく遠慮させて頂きました。小心者なので・・・・・

006

こちらは一番美味しかったナシゴレン弁当?であります。

013 143 152 153 012

徹底した自己管理の元、週末2日間のイベントは元気一杯に過ごすことが出来ました、最高だぜ!!

140 139

イベントはいつもと同じ会場で開催されましたが、主催のメガネのLTさん(通称やくみつる)は今年もやっぱりやくみつるなのでありました。

025 027 028 141 142 143

ステージではライブ以外にも民族舞踊?なんかも行われ、ああここはインドネシア何だなあと思いました。

あといつも思うのですが、東南アジアのインドアイベント会場内の照明はナゼかやたら薄暗くて、ピンストライプが描きにくかったり、写真が撮りにくかったりと、節電なのか演出なのかよく分かりません・・・皆さんよっぽど目が良いのでしょうか??

064 065

このHot RodなVWは2014年、私が文字入れしたクルマで、昨年のくじ引きの景品となっていました。どちら様が当選なされたのでしょう??

134 135 136 133

今年はこちらのバイクが2015年度の景品となっていてGuestの皆さんでサインを入れてました。仕上げはTeam Nashの面々がペンキで文字やストライプを入れましたね。

090 DSC_0535 007 008 014 015 016 017

今回もHelmetや小物、バイク等の色々なPinstripeのお仕事を頂きました。現地の皆様いつも有難うございます!!

クルマやバイクのカスタムのレベルは年々レベルアップされている感じで、特に塗装技術はかなり進んでいるのではないでしょうか。

123 124 125 126 127 128

世界中で?はやっている日本車のカスタムはこちらでもありまして、こんなオーバーフェンダーなカローラ・スプリンターもございました。フェンダー無ければカッコいいのに・・・・

114 115 117 121 122 129 130 131 144 002 101 102 103 104 109 110 113

他、アメリカ車やオーストラリアのホールデン、VWたちが定番のカスタム車両になっています。

107 108 151 105 106

こちらのマスタングたちは何と主催のやくみつるさん(LTさん)の持ち物だそうで相当なマスタング・フリークのようです。特に69年のMach 1は、素晴らしくオリジナルなコンディションでありました、カッコいいぜ!!

118 119 120 111 112

オーストラリアのホールデンたちは東南アジアでは定番ですね。

132 150

VWは強烈にガバっと開くType IIIが皆さんの視線をくぎ付けにしておりました、ある意味ハデですね・・・

051 052 053 054 055 056 057 058 059 060 061 062 063 066 067 068 069 070 071 072 073 074 075 076 077 078 079 080 081 082 083 084 085 086 087 088 089 091 092 093 094 095 097 098 099 100

バイクはH/D始め、大きな排気量の車両が以前より増えた感じで、特にペイントは皆様凝っておりました。

096

おや、こんなところにナゼかTZ350が・・・

049 050 034 035 036 037 038 039 040 041 042 043 044 045 046 047 048

小さなバイクたちは相変わらずアイデア満載で、クオリティーも高く、とっても楽しいのです。

019 020 021 023 024 026 029 030 031 005

自転車やモデルカー、ヘルメットのペイントコンテストなんかもありまして、それぞれ多数のエントリーがありました。

DSC_0538

このType IIは文字の剥がれ具合まで日本のMQQNのクルマを再現しているのでしょうか??

022

ベンダーブースも多数出店がありまして、こちらは現地のMQQNEYES Dealer様になります、Go! with MQQN

004 001 003

MQQNEYESからの賞"MQQNEYES Pick"はこのあざやかな黄色のFord Maverickに決定となりました。Mustang Boss302をインスパイアした感じの仕上がりで、MustangのBumperを装着し、ミラーなんかも黒く塗って小技の効いたお洒落さんで、車高もいい感じに落ちていました。塗装の仕上げもとっても綺麗です。

145 146 147 148 149

Wildman的なBest of ShowはなんといってもこちらのVIP CARになります。VIP CARといってもセドグロやシーマではなく、本当のVIPで
ありまして、なんとあのスカルノ大統領の公用車両であったソ連の「チャイカ」であります、鉄のカーテンの向こう側で作られてた・・・・デヴィ夫人も乗られていたのでしょうか??それにしてもパッカードみたいなフォードみたいな1950年代のアメリカ車の組み合わせみたいなボディーデザインは、クラウン観音開きも真っ青で、これぞはやりの「トレース」といった感じであります!! デボネアもビックリの長期生産車両なのでした。

009 010 011

表彰式は恐ろしく長いのですがギャラリーの皆様はずっと見ていて、凄くがまん強いのであります・・・

ステージから見るとこんな感じでスター気分になり、一曲歌いたくなるのでした。

DSC_0541 DSC_0557

なんやかんやでずっと健康体のまま2日間の暑くて熱かったイベントは無事終了致しました。今回はですね徹底した小心者ぶりが功を奏し、日本に帰ってからも体は絶好調なのであります!!(本当に良かった・・)

Be Sociable, Share!

???????????