Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ハイエース王国タイでランボルギーニだぜ!

先月、久しぶりに結婚式に招待されまして、Bossと一緒にはるばる名古屋まで出撃致しました。(新幹線なので全然楽チンでありました)

079 078

何とビックリ、同じ変態仲間のThe Nash殿が突然結婚されることとなりまして、式に招待して頂いたのであります。結婚式なんて久しぶりでしたので、小心者は緊張してしまいました。

077

Nash氏と初めて会ったのは四半世紀前のアメリカはBonneville SpeedWeekでした。一人で観戦に来られていて「変わった日本人がいるな」と思っていました。日本に帰ってからはついこの前の1991年、本牧に初代 MOONEYES Area-1 & CafeがOpenした際、Nash氏が当時日本ではとても珍しかったNash Metropolitanに乗って意気揚々と遊びに来られたのでした。その時もこの人変わってると思いました。

075 076

Street Car Nationals等のイベントで会う時も、いつも短パンに巨大な帽子といういでたちで、やっぱりこの人変わってると思いました。

DSC_1019 072 073

その後都内にDetroit Junkなる雑貨店をOpenさせ、さらにいろんな意味で激しい執筆活動を始められて、ついに今も続くコアマガジンBurn Out誌を発刊させてインターナショナルに活躍するKustom Kultureの伝道師としての立場を確立させました、やっぱりこの人変わっています・・・・

Wildman 25周年イベントの時もサポートして頂き、他のイベントも含めてこれまで色々とお世話になって来ました。

074

まさか四半世紀を経て、結婚式にお呼ばれするとは思っていなかったので本当にビックリしてしまいました。式当日はTeam Nashの面々や海外からの来賓もあり、とても盛り上がっていました。オシャレな結婚式場での開催もWildmanは初体験だったので面白かったです。なにはともあれThe Nash夫妻、御結婚おめでとうございます!!!

で、その結婚式翌日には日本との気温差が20度以上あるタイ王国に行って参りました。暑いんですよ、これが・・・

038 039 052

今回の出張はですね、タイはバンコクでのカスタムカー&バイクのイベント、”Bangkok Hot Rod Custom Show”にお招き頂き、現地でPinstripeデモを行うという物でありました。

マレーシア、インドネシアに続きタイでもこのようなカスタムイベントが開催されるに至って、東南アジアのカスタム業界は熱くなっています。気温も暑いんですけど・・・・

055 056 057 058 059 060 029 030 034 040 043 044 045 046 047 048 049

週末の2日間開催されたイベントはですね、多数の車両エントリーがありました。お客様は日中は暑いせいか少ないのですが、夕方から夜に掛けて気温が下がり始めると沢山来られるという流れでありました。暑い国は大変であります・・・

053 054

有り難いことに2日間共に沢山のお仕事を頂きまして、イベント会場をゆっくり見ることは出来ませんでしたので、あまり写真を撮ることが出来ませんでしたが、Wildman的にはこちらGo! with MickeyなH/Dが面白かったです。

042

こちらSpeed Master Wheel装着のクジラクラウン・ハードトップもおシャレさんでありました。

DSC_1087 031 032 033 035 036 037 061 062 063 064 066 067 068 070 071

そんなこんなで、ヘルメットやらタンクやらシューズやら沢山のOrderを頂き、もうパンク状態となってしまいこれ以上時間内に出来ないので現地スタッフに頼んでこちらの看板を書いてもらいました。「もう終わりだよ」と書いてあるのでしょうか・・・

エントリー車両の画像やイベントの詳細は一緒に行ったSteveのTrip Reportに記載されておりますのでこちらをご覧くださいませ。

069 DSC_1061

グルメリポーターのWildmanですが、辛い物が苦手でありまして、東南アジアの食べ物は手ごわいのですが、それ以外の物はとても美味しく頂きまして、こちらの芸術的なお寿司?や東京なら¥2,000位しそうなグルメバーガーが素晴らしく美味でありました。

065

コカコーラの缶ですが、きっとコークと書いてあるのでしょうか?缶だけにCanとしか見えませんけど・・・

そして街中を走っているクルマは新しめの物が多くて、旧い車両は殆ど見ることが出来ませんでした。

026 027 050 051 024 025

何よりもビックリしたのは右を向いても左を向いてもハイエースだらけという事でした。もちろん私たちを送迎してくれた車両もこちらのリムジン仕様のハイエースでした。

日本でもハイエースはベストセラーですが、タイではそんなもんじゃないぜという感じで、これなら車名をハイエースじゃなくってタイのエース、タイエースにしたほうがいいのではないかと本気で思ってしまった次第であります・・・すみません。

022 023

ちなみに現地カスタムショップで大改造中だったこのクルマも初代ハイエースでありました。完成後を見てみたいものです。

020 021 011 013 019

タイでは何件かカスタム関連のお店を訪ねましたが、こちらのFatboy Designさんはカスタムバイクのお店で、広い敷地内に沢山のパーツや車両がディスプレイされていました。

014 015 016 017

Mooneyes商品も沢山ストックされていて、とっても綺麗に並べてあったので、嬉しくなってしまいました。

018 012

壁にはWildman 25周年記念の時のポスターやサインを飾ってくれていて恐縮してしまいました。タイにお越しの際はこちらのお店まで、ぜひ足を運んでみて下さい。

010 009

その後、このお店のOwnerのMarkさん(ほんとにFat Boyです)のご自宅にお邪魔しました。

008 005

田園風景の中に突如現れる大豪邸に驚き、さらにGarageを見てひっくり返りそうになりました。Garageには世界の名車が沢山並んでおりましたが、一番端っこには何と漆黒のランボルギーニ・ムルシエラゴSVが鎮座されていました。

007 006

タイに来てナゼかランボルギーニを見て興奮するとは思っておりませんでしたが、真近で見せて頂き「こりゃ大満足だぜ、いい思い出が出来ました」と喜んでいると、Markさんが「さあ、乗ってみましょうと」とやさしいお言葉を投げかけてくれます。

ついこの前の1977年、スーパーカーブーム時のイベントでカウンタックやロータス・ヨーロッパのシートに座らせてもらった時の事を思い出し「こりゃあの時と同じ気分だぜ」と興奮して座ったら、Markさんは「座るだけじゃなくって、運転していいよ」と血迷ったお言葉を投げかけてくれます。

私も完全に血迷ってしまい、ガルウィングのドアを開いて図々しくも本当にコックピットに座って、出発進行!!となってしまいました、マジですかこれ・・・・何が起きているのか把握しないままガルウィングのドアを閉めて、パドルシフトを1速に入れ、恐る恐る発進するランボルギーニ。

こちらがその時の動画になります。

敷地外の公道に出てアクセルを踏むと6リッター超え、600ps級のV型12気筒が炸裂、アワワワとなりどこでシフトアップするのかよく分からないまま、のら犬や三輪自動車が行き交う農道を12気筒の爆音とともに疾走するWildmanとランボルギーニ・ムルシエラゴSV・・・・・意味分かりません。

「こ、これは夢か幻か??何やってんの俺」と、あまりの非現実さに何が何だか分からないまま邸宅に戻り、タイ王国でのランボルギーニ試乗会は無事終了となりました。

DSC_1028

本当はこういったタイ名物のTuk Tuk(三輪タクシー)に乗るつもりだったのに、タイに行ってナゼかランボルギーニに乗って来た私・・・変態道まっしぐらであります!!

不思議な体験となったハイエースの国、タイ王国出張物語でありました。

あ、それと明日6日の日曜日はですね、本牧はMooneyes Area-1店頭にてSidewalkSaleが開催されます。もちろんPinstripeデモも行われ、今回は棚卸後の為、沢山の商品も並びますのでご期待下さい!

Be Sociable, Share!

???????????