Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

アメリカで、でっかいワーゲンと仏蘭西の芸術品を見てきました!

毎年暑い季節になりますと、やって来ますMQQNEYES USAのOpen Houseが!!今年も行ってまいりました。

空港からレンタカーで105 Freewayを走っていると右前方にちょっと古い(ボロ)カローラが走っていてナゼかホイールだけキラキラと美しく光っていました。ちょっとハミタイに見えましたが、やたら前のタイヤだけハミタイというか「それ出過ぎだろ」と思ってたら突然ホイールごとはずれて、タイヤが我がレンタカーの前を斜めに横切っていったのです!!

「ゲッ、危ない」と急ブレーキを踏み減速、後ろの車たちもみな減速するとタイヤさんは中央分離帯に激突し、そのまま中高く跳ね上がり落ちたと思ったらCar Pool Laneを勢い良く直進して行きました・・・タイヤが外れたボロカローラは3輪走行となり路側帯に停車してました。馬鹿かお前は!!

もしぶつかったら、生まれて初めてのエアバッグを体験出来たかもしれないのですが、小心者はあとからビビッてしまいました・・・日本で30年運転してても、高速道路でタイヤが外れてこっちに飛んで来たなんてことは一度もなかったので、やっぱりアメリカのスケールの大きさに感動した次第であります。

でOpen Houseなのですが、その前にMQQNEYES Buildingの看板文字描きという中々Heavyなお仕事もあったのです。

BuildingはMQQN Yellow Paintの為、塗装後10年以上経つと色がかなり褪せてしまい、クリーム色の建物になってしまうので、今回鮮やかなYellowでAll Paintされておりました(もちろん職人さんのお仕事)なのでBuildingに描いてあった看板の文字は全て消えてしまったのでそれを描き直してまいりました。

141 142

前回はフラフラしながらはしごを使って描いたのですが、今回は素晴らしい電動昇降マシーンをレンタルしてもらい、安全な作業となりました。猛烈に暑かったので、危険を察知した小心者は日本から日焼け止めスプレーを持ち込み見事一本消費してしまいました。

137 139 140

思い起こせばついこの前の92年の第一回Hot Rod Custom Showが終わった後、Guestとして日本に来ていたEd. Rothと一緒にアメリカに来て、当時MQQNEYES USAで行われていた”Rat Fink Reunion”イベントの前にこの建物の看板を描いたのでした。その時は高いところに上って、一緒に描いてくれるのかと思っていたら
Rothは下から「はい、そこから何インチ、文字の空きは何インチ、太さは何インチで」と指示するだけで、高いところでフラフラしながら、結局一人で全部描いたという楽しい思い出があるのでした・・・・

その後もう一度建物を塗り直し、文字が消えてしまいまた描いたのですが、その時は作業中に突然の豪雨に見舞われ、ペンキが涙のように流れてしまい涙したのを思い出します・・・直している時間の方が長かったのですね。

138

今回のRepaintで長いことこの綺麗な状態を保ってほしいですね。

131 133 136112 113 114 115 116 108 119 120 132 135

で、看板描きも無事に終わり、Open House当日は見事な快晴となり、沢山のお客様が訪れました。Shopの外にも車が並び、皆さま楽しい一日を過ごしておりました。

102 103 104 109 110 111 118 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 134

Open House名物Freeで提供されるChico’s Burgerも行列となり、昼頃には無くなっていたようです。これが目当ての方も沢山いるようで・・・・

105 106 117 101
こんな可愛いスバル・サンバーが来たり、今年のHot Rod Custom Showにやって来るKiyo’s Garageさんの危険な香りのするエンジン二基掛けマシーンも来てくれて、本当にエンジンを掛けてくれました!! この世のものとは思えない激烈なサウンドを醸し出しておりました、ああ驚いた・・・
095 096 097 098 099 100 107

Pinstripeのお仕事も沢山頂きまして、一日中描きまくっておりました。現地のお客様、いつも有難うございます!!

072 073 074 075 078 085 092 079 080 083 084 091 093 094

次の日はですね、Long BeachのSwap Meetに出向いてみました。今回Car Showには結構沢山の車が来てましたが、古い中途半端な日本車やヨーロッパ車も並んでいて、変態の目を楽しませてくれました。

076 077

大好きなMercedes 300d アデナウアー・リムジンは実物大のおもちゃに見えて素敵なのです。

081 082

こちらのDe Tomaso PanteraはオーバーフェンダーでイエローペイントとWildman好みのツボを押さえている車でした。嘘かマコトかオリジナルペイントとの事でした。当時日本に来ると錆びの塊と化したPanteraもこちらだと結構綺麗なのが残っていますね。

087 088

フラフラ歩いてると、今度は前方にビートルのカブリオレが見えました。オリジナルで綺麗そうな車だなあと近づいて行くと、遠近感がおかしくなってきました。「あれ、車の周りの人が小さい人ばかりだ、気が小さいのは僕だけど・・・」と思ってると、人が小さいのではなく車が馬鹿デカいのでした!!頭がおかしくなったのかと思いましたが、やっぱり車がデカ過ぎる、でもどう見ても完璧にビートルにしか見えません。

なんのことはない、本当に大きさを40%アップしてカスタムメイドされたとんでもない車だったのです。3500点もの、大きさ40%アップのオリジナルパーツを作ったというアホらしいというか気が遠くなるようなプロジェクトだったのです。

086 090 089

広い駐車場に単体で停まっていたら大きさが良く分かりませんが(あまりにもビートルそのものなので)人や他の車が横に来ると変態っぷりな大きさが良く分かります。ちなみにエンジンはChrysler Hemiとのことです。

このやり方でVW Type II Busの40%増しを作ったら本当にマイクロバスになってしまいますね、だれか作って下さい!!

大きいワーゲンを見てゴキゲンになった変態は、そのまま改装なったPetersen Automotive Museum(ピーターセン自動車博物館)に向かいました。適当にFreewayを降りたらまぐれで一発で着いてしまいました、ビックリです。

143 034 035 036 037 038 039 040 061 062 063 064 065 066

ついこの前の99年に初めて訪れた時はDisneylandの街並みの作りのようなレイアウトや展示方法に感動し、その後10年くらい前に来た時はEd. Rothの車が並んでたりHot Rod的な面が強い博物館でしたが、今回の改装で、かなり違ったイメージの物になってました。

032 033 019 071 041 042 043 044 045 046 047 048 049 050 051 052 053 054 067

もちろんこのようなHirohata Mercuryや日本にも来たCadzzilaといったKustom Carやスティーブ・マクイーンのJaguar XKSSや映画の劇中車両、アメリカのコンセプトカーなんかも沢山ありますが、全体的な印象はVintage Carの方が強くなっている感じがしました。Wildman的にはそれでも全然OKなのでした。

068 069 070

貴重なVintage FerrariやPorsche , Alfa Romeoらが並び、こんな素敵なRolls Royceは最近視力が落ちた目に焼き付けておきました。

058 059 060

バイクの展示もありましたが、夢にまで見た西ドイツのMunch 4 TTSにお逢い出来たのは感無量でありました。4輪のNSUのエンジンをむりやりバイクに積んでしまったというドーピングの元祖のような変態マシンは中学生の時、少年ジャンプのグラビアを見たり、村上もとか先生の傑作漫画「熱風の虎」に出て来た姿をいつかこの目で見てみたいと思っていた長年の夢がかなったのでした。カッコいいぜMunchよ!!

057

それにしてもMunchのヘッドライトってクラウンの40系の物がそのまま使えそうなのは、実物を見て改めて感じたのでした(40年前からそう思っていました・・・)

014 015 016 017 018 023 024 025 026 027 031 020

そして今回のハイライトは博物館のオープニング企画である1930年代の仏蘭西車たちなのでした。ブガッティ、デラヘイ(ドライエ)、ヴォアザン、タルボ・ラーゴといったアール・デコの極致のよう芸術車両をたくさん見ることが出来ました!!

029

もうね、CADじゃなくって人間の頭の中で作った自動車というのは君は薔薇より美しすぎて失神してしまいそうでした。中でも球根モチーフのフィゴニ&ファラシのボディを持つデラヘイは私の大好物のデザインでありまして、実物を目の前にしてあまりの美しさに完全ノックアウトとなりました。

028 030

1939年式のデラヘイType 165は究極の前後フェンダースカートを持ち、機能よりも「カッコいいからこうした」というデザイン重視の作り方が素敵過ぎます!!

021 022

そしてこちらは10年後である1949年式のデラヘイType 175のドロップヘッドクーペであります。だいぶ近代的なデザインとなっていますが、まだまだフェンダーのデザインに球根のモチーフを感じますね、球根大好き!!

055 056

今度は仏蘭西ではなくアメリカ車ですが、1936年式のスタウト・スキャラブであります。元祖猫バスともいえる顔をお持ちですが、これを芸術と呼ばずして何と呼ぼうか!! 美しすぎて涙が出て来ました。

あまりに感動してしまったので、恒例のミニカー紹介となります、もちろん当時ものですよ!!不肖Wildmanのミニカーコレクションのポリシーとして「ミニカーというのは、その実車が作られた同じ年代に、同じ空気の下で作られていなけれ
ばならない」という身勝手な判断により成り立っております。だから最近作られた精巧な1966年式のMustangのミニカーなんて申し訳ありませんがどうでもよく、コレクション対象外とさせて頂いております。健全なコレクターの皆様はくれぐれもマネしないほうが宜しいかと思います、だって気づけば身の回りが遺品だらけになりますから・・・・

009 010 011 012 013

ということでこちらは仏蘭西はJFというブランドのデラヘイType 165になります。1940年代の製造と思われますが、あまりにも古過ぎちゃって適当に傷んでいますが、このスタイルは紛れもなく球根モチーフのデラヘイなのであります!!最初のオーナー様はご存命でしたら今お幾つなのでしょうか・・・という事はあまり考えないようにしております。

005 006 007 008

こちらは仏蘭西のSolido社製のミニカー、デラヘイType 175になります。ドロップヘッドの見事なボディーを表していますね。このシリーズは分解組み立て式で、着せ替え人形のようにボディーやシャーシ、タイヤ等を交換出来、ゼンマイも仕込むことが出来るという優れたオモチャなのであります。もちろん1950年代に作られた物です。最初のオーナー様は今お幾つでしょうか??

001 002 003 004

で、こちらはアメリカのBuddy L製のスタウト・スキャラブであります。もう玩具の域を超えてしまい、壺などの焼き物に匹敵する芸術性を感じさせますね。その昔Long BeachのSwap Meetで発掘致しましたが、最初のオーナー様は現在お幾つになられたでしょうか? いや、もう気には致しません・・・

ということで、今回のアメリカ出張も無事に終わりまして、タイヤに激突されることも回避出来ました。皆様もお時間有りましたら、来年はぜひMQQNEYES USAのOpen Houseにお越し下さいませ、くれぐれも転がって来るタイヤには注意して下さい!

Be Sociable, Share!

???????????