Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ペンギン・パレードの島でRod & Customだぜ!

遅くなりましたが、皆様あけましておめでとうございます。本年もMooneyes & Wildman石井並びに横浜DeNAベイスターズを宜しくお願い致します。

今年の目標はDeNAベイスターズ優勝となっておりますので、(別に私が野球をやるわけではありませんが・・・)皆様覚悟しておいて下さいませ、秋は狂乱の横浜市となるはずです。Yとかいう東京のチームの小心者ピッチャーは必ず粉砕しますのでお楽しみに!

皆様、お正月はどう過ごされたでしょうか?私はミニカーのワックス掛けも程々にし、気づくとオーストラリアの大地に立っておりました、初夢ではなく・・・

今回ですね、オーストラリアはメルボルンのMQQNEYES Dealerである”John’ s Rod & Custom”というShopからのお招きにより、”Kustom Nationals”というイベントに招待して頂きました。オーストラリアはついこの前の2011年8月にブリスベンのイベントに参加して以来5年半ぶり、2度目の訪問となりました、またもやDown Under Tourだぜ!!

254

昨年の夏過ぎにですね、このKustom Nationalsのイベントポスターのデザイン依頼を受けまして、描くクルマの資料を送ってもらったところ、来たのがこの画像というおそろしい事実・・・・いいぞ~オーストラリア人!!

255

クルマはきっとイベント時には完全に出来ているのでしょうと仕方なく勝手に解釈し、仕上げたのがこちらのポスターでした。

074

そして今回現地で見た実車がこれでした。何にも出来てないじゃん!!

010

そんなビックリ体験をさせてくれたのがこちらJohn’s Rod & CustomのLukeさんです。笑顔は子供のようになるとってもシャイなカーガイでありました。

253

前回ブリスベンに行ったときは途中シンガポールで乗り換えがあり、朝横浜を出るとブリスベンに着くのは翌朝という恐怖の24時間移動でしたが、今回はメルボルン直行便がありまして約10時間の旅ですみました。真下に行くだけですがやっぱり遠いのです・・・・

249 250 251

オーストラリアは風景はアメリカなのに、右ハンドルの左側通行なのでヘンテコ気分になってしまいます。

252 191

Wildmanがタイの国民車と認めたタイエースじゃなくって、ハイエースはオーストラリアでも沢山走っておりました。200系ハイエースの世界制覇恐るべしですね・・・

097 098

こんな高速有鉛なトラックも現存してました、いい感じです。

208

おおっ、こんなところにバブルの名残のスバルSVXが・・・

248 211 237 245 238 240 244 231 235 246 247 241 242 243

空港から1時間ほどクルマで走ると大草原があり、そこに John’s Rod & Customがありました。草原の中のカスタムショップであります、避暑地でカスタムしている感じです。避暑地と言ってもオーストラリアは今は真夏、最高気温は何と35度に達し、真冬の日本から来た私には罰ゲームのようでした。

233 234 236 223 219 209 210 214 215 218 216

どこまでがお店の敷地なのかさっぱり分からない広さの土地に沢山のアメリカ車が置いてありました。

232 213 212

こちらのスクールバスは素敵過ぎですし、オーストラリア名物の「アメリカ車右ハンドル無理やりピックアップ」も当然あります。

239

こちらの車はオーストラリアにもっとも古くからあるHot Rodだそうです。

220 229

おおっ、こんなところにナゼか日本のパチンコ台が・・・

221 222 224 225 226 227 230

どれもこれもプロジェクトカーとの説明を受けますが、一体いつ作業が始まって、いつ完成するのかさっぱり分からないのんびり屋さんのプロジェクトなのだなと思いました・・・・

217

ビンテージな建物の壁には、今回15回目を迎えるKustom Nationalsの第一回目の看板が貼られておりました。

228

こちらは大草原を一人歩く、かわいい猫ちゃんでありました。ウチの猫の方が全然かわいいですが・・・

そして空港から計2時間ほど走ったところに今回のイベント会場となるPhillip Islandに到着しました。江の島を巨大化した観光地みたいな感じでローカルな良い雰囲気な場所です。

199 200 201 202 203 204 205 206 005 006 008 018

初日は少し時間がありましたので、動物園に行ってカンガルーにエサをあげたり、訳の分からない鳥やコアラさんを見たりと観光気分を味あわさせて頂きました。

195 196 197 198

さらにこの島の観光の目玉は「ペンギンパレード」なる、とっても小さなペンギンさん達が海から上陸する風景を見学する物がありまして、日本からも沢山の観光客が訪れておりました。

194

ちょうど今がシーズンだそうで、私もそのかわいらしい姿を見学させて頂きましたが撮影禁止なので、パレードが来る前に隠し撮りしたヒナの姿しかありません。ウチの猫の方が全然かわいいですが・・・

193 207

食べ物はですね、特に現地料理なる物には遭遇せず、英国名物のフィッシュ & チップスを何回も食べてました。

096 094 095

日本食屋さんにも入りましたが、普通な巻物と無難な(インスタント)ラーメンの味でした、いたって普通です。醤油はキッコーマンかと思ったら正田醤油でした。

135 081 147 146 091 092 093 119 139 145 082 083 151 154 155 156 157 158 159

そしてイベントはこの島で三日間に渡ってのんびり行われるのですが、初日は橋のたもとの公園でクルーズ形式で行われサンセットが綺麗なところに沢山のカスタムカーが集まり、Mackのビンテージなトレーラーがステージを引っ張って来てライブ演奏も行われていました。

099 102 103 104 105 108 109 112 113 114 115 116 117 118 120 121 122 125 126 127 128 129 131 132 134 136 162 165 167 168 171 172 173 174 177 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 192

もちろん車はアメリが車が多いのですが、当然右ハンドル率が高く不思議なものになっております。

087 083 085 086 090 089 137 138

日本車カスタムは前回のブリスベン同様殆どなくて、こちらロータリーRX3やロータリー換装のホールデン(いすゞジェミニのエンブレム)サニトラくらいしかありませんでした。RX3画像に写るおっさんは勝手に飛び出してきました。

100 101 106 107 130 133 140 141 142 143 144 148 149 150 152 153 160 161 163 164 166 169 170 175 176 178

そしてオーストラリアといえば何たってMade in Australiaのホールデンなのであります。今回もあっちこっちに新旧ホールデンが来ておりまして、変態の目を楽しまさせてくれました、ホールデン・ピクニックです。

124 123

こちらトーラスかと思っていたら、よく見るとホールデンのCalaisというクルマでV8の5リッター5速マニュアルという変態仕様でした。

111 110

こちらのクラウン観音開きにしか見えない1960年型セダンのオーナーさんはMQQNデカールを差し上げるとすぐに貼ってくれました。

048 049 040 029 080 028 032 033 034 035 036 037 038 039 041 042 043 044 045 046 047 056 057 058 059 060 061 062 063 064 065 066 067 068 069 070 071 072 073

のんびりイベントの2日目と3日目は場所をPhillip Island Circuitに移し、そこのピット周辺で展示を行い、2日目の夜は海辺の道路を一部閉鎖しそこでクルーズを行うといった流れでした。このサーキットはMoto GPも開催されている本格的なコースでありました。

013 055 020 017 016

Wildmanにはピット内のガレージを用意して頂き、35度の暑さをしのいでデモを行うことが出来ました、助かります。

075 076 077 078 019 079 054 021 022 023 024 025 026 027

2日間沢山のPinstripeのお仕事を頂き、ありがたかったです。ただ、サーキットが6pmでクローズドなので、それまでに作業を終わらせないと大変なことになるので、小心者は結構焦っておりました。

015 011 014

今回は途中でPinstripe Schoolも行いました。こちらが卒業生の方々になります、おめでとうございます!!今回受講された内、2人の方は趣味でPinstripeをやられているそうでとっても上手で驚きました、素晴らしい!!

009

オーストラリアの方々は毎年沢山Yokohama Hot Rod CustomShowに来られているので、日本でもオーストラリアでも見る顔が多くなっています。

053 052 051 012

又、今回いろいろアテンドして頂いたPeterさんが私を乗せてサーキットのコースを2周ほど走ってくれました。そのクルマが昔アメリカのTASCA FordでSpecial Orderで作られた427 Big Block搭載のFord Galaxy 500XLという貴重な個体でありまして、素晴らしいサウンドを響かせてました。クラッチもステアリングも重そうでしたが・・・

031 030 007

MQQNEYES からのAwardは個人的には変態ホールデンにあげてしまいたかったのですが、MQQNEYES Pickではなくて変態Pickになってしまうので、自重してこちらのクリーンで車高バッチリのPorsche 356A Coupeに決定しました、おめでとうございます!!!

なんだかんだで3日間のイベントはあっという間に終了し、2回目のオーストラリア出張は無事終了となりました。

今年もオーストラリアの方々は皆さん横浜に来られると言われていました、パシフィコでお会いしましょう!!!

そして日本に帰国後はオーストラリアの思い出をかみしめる為に、ミニカーで思い出にふけりました・・・

001 002 003 004

こちらはMade in AustraliaのMicro Models(マイクロ・モデル)という1/43スケールのミニカーでありまして、もちろん当時物(1950~60年代)になります。
Ford Mainlineは見事に「変態オーストラリア仕様無理やりピックアップ」を再現しており、裏板にはミッションやドライブシャフト、デフまで彫り込まれています。

ガラスも内装もない素朴なビンテージ・ミニカーですが、当時マイクロ・モデルは殆ど海外に輸出されないガラパゴス状態のミニカーだったので、入手が難しくコレクターは手を焼きました。

この気持ちの悪いルーフラインを見ているとオーストラリアを思い出しゾクゾクして来ました!!

Be Sociable, Share!

???????????