Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

この夏はあっちこっちへTrip三昧! ああおそロシア・・・

この夏はですね7月から1ヶ月に渡ってあっちこっちに出掛けておりまして、ベイスターズ同様何が何だか分からない内に日々が過ぎて行くのであります。いまだ3位のベイスターズ、MQQNEYESStaff総出で応援に行く今月末までこの順位をキープしてほしい物なのであります。

で、私はと言いますと7月の2週目はArea-1 Staffの駆け出しPinstriperこと、Mitch Shinotsuka(茨城出身)と一緒にMQQNEYES USAにて開催された毎年恒例のOpen Houseに行って参りました。

40度の気温の元、Pinstripeデモを行って来ましたが、暑過ぎてよく覚えておりませんので、詳しくはこちらの “Mitch” Shinotuka’s USA Trip Report をご覧くださいませ。

そして3週目の週末には、東京は原宿にて開催されたThe Nashの25周年企画”Quarter Century of Detroit Junk”に参加して来ました。

Nash氏がDetroit Junkを立ち上げてから今年で25周年に当たりその記念としてKK ProのArtistや私らが集まり、さらにHCSでもおなじみのスティーブ・キャバレロも来日し、Art Showを開催しました。各地から多数のお客様が集まってくれてNash氏も喜ばれておりましたが、26周年記念もやると言っておりますので、それだけは阻止しようと思っております・・・・

そして月末から8月に掛けては灼熱の?マレーシアに出張して来ました。毎年恒例の”Art of Speed”に参加しましたが、ゲストにはコールフォスターやチョッパー・デイブらアメリカ組と多数の日本人の方々が招待され、Internationalなイベントになって来ています。

横浜元町で盛業中のKustom Style So.Calの左近君も招待されていて、自慢のFordも日本から持ち込まれて大人気でした。夜も楽しそうでした。

こちらの国では現在Hot Wheelsの生産国となっているので、マニアの方が多く、いつもHot WheelsへのPinstripeを依頼されますが、あまりにも数が多く、物が小さくて目が疲れますので、1/1スケールに描させて欲しいのです・・・・・

このツイン・エンジンのヤマハは抽選で当たるというイベントの目玉企画となっていましたが、本当にこれをもらったら一体どうするのか心配になっておりました。タンクに文字入れをさせて頂きました。

そしてこちらは80’sマニアにはたまらない存在のYAMAHA RZ350R”Kenny Roberts”であります!! […]